車載スマホホルダーの新潮流!?マグネット式実機レポ

エアコンのルーバーにマグネットのベースグリップ挟み込み、スマホ側の鉄のプレートと引き合うタイプのスマホホルダー。定番になりつつありますが、普及し始めるとバリエーションが増えたり安く出回るモノも増えたり、安くても使い勝手良くまとめ上げたりできたりします。

実際に買ってみたものを知人の車とスマホで装着・組み合わせてレビューしたいと思います。

まずはクリップ式のエアコンルーバー挟み込み型のマグネットベース。

20191019_132211.jpg



硬く絞まった硬質のゴムのようなクチバシ型の物をエアコンの吹き出し口に差し込むタイプの物が主流でしょうか。



バリエーションとしてオンダッシュに接着剤で取り付けるものもあります。


吹き出し口にベースパーツを装着した状態。ケース型の包み込むタイプのホルダーよりもスッキリしていると思います。
20191019_150350.jpg
接着ではないので脱着も出来ます。運転席側、助手席側、センター・窓側、収まりのいい場所にセッティングが可能です。

着けてみても違和感はなし。スマホの液晶サイズが大きいと他のインテリアのパネルと干渉しますが、がたつきはなくしっかりと固定されます。写真はiPhoneXR、6.1インチの液晶サイズです。
20191019_132256.jpg
スマホの画面を横にも縦にもセッティング可能で、ナビでの使用など、用途に合わせて切り替えましょう。

いきなりスマホを装着した画像を載せましたが、スマホ側にも磁石と引き合うように鉄のプレートなどのセッティングが必要です。
商品であったり、タイミングに寄ったりしますが両面テープ止めの鉄の丸い板が同梱されていたりします。
20191019_133552.jpg
スマホに直接貼るというよりも、ケースに貼ったり、スマホケースの裏に仕込んだりしたりします。

もしくはスマホリングと一体になったメタルベースプレートなども活用しても良いでしょう。



ケースなどと一体になったものもあるので、そういうのも活用するとスマートかもしれません。



機種ごとにいくつかはラインナップがあったりします。
メジャーで最近の機種であれば、ケース一体リング式マグネットベース付きなのは結構あったりします。

20191022_191512.jpg

机の上に立てて動画をチェックするのに便利です。
後ろのリングを起こして使います。手持ちの時には指を通して落下防止に活用したりします。

20191022_191706.jpg

横にも
20191022_191548.jpg

縦にも
20191022_191656.jpg

少し角度を付けるだけで画面への変な映り込みが減って見やすかったりします。簡易的なスタンドで、これも結構使ってみると便利です。

車載スマホホルダーとリングとスマホケースと、上手くコーディネートしていきましょう。
コネクテッドカーというコンセプトであったり、スマホと車を接続しての使い方など、スマホの担う役割が大きくなってきています。スマホを活用しやすいセッティングであったり、充電しながら使える環境だったりと、収まり良くセッティングする参考になればと思います。

・・・とまあ、ここまでスマホを車へセッティングするアイテムを紹介してきましたが、運転中の操作はやめましょうね。
過去のブログでも相当グレーゾーンについて説明してきましたが、運転中の手に持っての操作は違反です。
画面を注視しても違反です。

手に持たず、注視しないなら違反ではない。

ここを上手く汲み取って解釈して、結果、スマホホルダーが必要だねってことをご理解いただければと思います。

過去記事も参照いただければと思います。

運転中のスマホ操作で違反に!その基準と対策とは

クルマ用ハンズフリーはJabraかプラントロニクスがイイよね!

つっぱらないL字足袋靴下✩ラソックス

さて、皆さんはバイクでのツーリング中や、長時間のドライブなどで足がつりそうになったり、足首が痒くなるなどの不快な思いをされた事はありませんか?

そういったトラブルの主な原因としては、長時間同じ姿勢をし続けることによる体のこわばりや、もしかしたら靴下があっていない、ということもあるかもしれない?今回はそこいらへんをピックアップ!

そういった足首周りの不快感を緩和するソックス、知る人ぞ知るアイテムを今回は紹介したいと思います。


そのアイテムと言うのは、アウトドア系のショップなどで取り扱いのあるラソックスと言うブランドのソックスです。オシュマンズやワイルドワンなどのセレクトショップっぽいアイテムを揃えるようなお店で取り扱いのある、。

FA583F99-EAD6-4127-89B3-8E2FCA74937B.jpeg

ラソックスは履いたときに足の形になじむように作られており、足の前の部分への靴下のたるみによる不快感、足首の後ろ部分のつっぱった感じなどないような、ストレスフリーの履き心地を目指して作られてます。

7041E35E-B970-41A8-B244-6A9A9D17941A.jpeg

私も登山、ウォーキング、バイクでの長距離ツーリングの時などに使うため、持っており締め付けの少ない柔らかい履き心地が気にいってます。

価格帯としては1500円から2000円位、決して安いソックスではありませんが、足の不快感を緩和する靴下としてはなかなかに気持ちの良いアイテムです。

ラインナップも幅広く、スニーカーに合わせるための低いローライズソックス、フットカバータイプや



登山靴やハイカットシューズなどに合わせるミディアム丈、



スラックスなどに合わせる時には、クルー丈、ビジネスソックス丈のような膝下近くまであるような物などもあります。



柄も一風風変わりな物も多く、サイケデリックなタイダイ柄や多色使いで派手目な山ガール【死後⠀】にウケそうな感じで、面白いチョイスが出来ます。この色使いがためにラソックスを指名買いする人もいるそうです。



私もまさかのタイダイ柄をチョイスしました(笑)

63FB9EC1-8D4A-460D-8031-8BD9A0F3EB81.jpeg

ラインナップによって素材は違いますが、綿のものは吸湿性が良く、かつ丈夫に作られていると思います。ウール素材の物は寒い時用と言うだけでなく、吸湿と乾燥、体温調節の機能などがあります。個人的には綿のさらっとした質感が好きですね。

ウールの五本指ソックスも足袋っぽくて柔らかい風合いです。

DD64245E-CC15-411B-9C12-E21304963050.jpeg

ライトトレッキングや系登山等に最適化されたものではありますが、日常遣いにも全く問題はありません。バイクや車に乗るときなどに活用してみるのも全然ありだと思います。ライトトレッキングや軽登山等に最適化されたものではありますが、日常遣いにも全く問題はありません。バイクや車に乗るときなどに活用してみるのも全然ありだと思います。ランニング用には滑り止め等がないので向いてないようにも思います。そこら辺うまく使い分けて快適なモーターライフを目指しましょう!

クールマックスソックスのベストバランス?コミネのアイテム!

蒸れる足 それでも靴下を履くあなたへ捧ぐ クールマックスⓇソックスあれこれ

カローラがコネクテッドカーの未来を拓きそう…だね!

コネクテッドカーの未来を拓き、そしてカーナビメーカーが売り上がらなくなる・・かも。

賛否両論がある、2019年の新型カローラに標準搭載されたディスプレイオーディオ。
CDやDVDなどのメディアの再生はできず、DCMを介した通信機能を全グレード標準として、新しい時代の幕開けを感じさせるものをリリースしてきました。今後はモデルチェンジごとにDCMをデフォルトで搭載ということもありそうです。

カローラツーリングのナビ・CDなしの価格とか総合評価!試乗インプレ③

価格帯や車のサイズがやや上級志向になったとは言え、カローラのような大衆車・量販車がコネクテッド機能を標準で搭載するとなると、一気にコネクテッドカーが普及していくような気がします。ビックデータと呼ばれる物も、実際に走る車が増えれば活用出来る情報も増え、フィードバックも多く集まるようになれば使い勝手も一気に加速しそうな気もしますね。
ネットに繋がると言う事だけでなく、車と車がつながる未来がすぐそこまで来ているような気がしませんか?
これまでも輸入車で上位グレードや上位車種などで、通信機能を備えた車はありましたが、価格帯も高いことがあり、一般に広く普及したとはいいがたいと思います。ナビメーカーもスマートループやギャザズ、DCM等のティーコネクト対応ナビ、など意欲的なシステムなどもありたしたが、あくまでオプションであったり、一部の人だけが選ぶものであったように思います。使ってる人は便利さを享受できたとしても、ユーザーが多くないとメリットの拡大が難しく、他メーカーとは共有もされないため一定以上の便利さで頭打ち、ということもあったかもしれません。例えばティーコネクト太陽ナビDCエム搭載モデルだと普通のナビゲーションよりも40,000円ほど高価と言うこともありました。

ファイル_001.png
G-BOOKと呼ばれる通信対応のナビは2004年ごろから連綿と続いてはいるものの、現行プリウス系やアルファードなどに用意されているこのDCMパッケージのナビ、あやふやなセールスのアピールでこの差額の4万円強、使うかどうかわからないものに投資する人は多くはなかったように思います。特に、車両価格が300万円前後の場合、ナビオプションの値段で車体の1割を占めるとなると、積極的に選べなかったものです。

実際、新型カローラの値上がりに関してはこのDCMと7インチ、ないしは9インチのディスプレイモニターを全車種標準という事で10万円前後は乗っかっているかもしれませんが、そこを感じ取っての車選びとなりますね。

新型カローラの通信システムとしては、当初対応していたスマートデバイスリンクはLINEカーナビだけでありましたが、ナビタイムも対応すると言うことになり、今後の発展性が期待できるところです。スマホとの親和性が高いアプリなどを積極的に取り込み、ソフト面を充実させていく流れですね。ただ、今までディーラーオプションなどで台数を稼いだり、カー用品量販店の後付けで人気があったナビメーカーなどは入り込む余地が少なくなり打撃を受ける、という事はありそうでもあります。車両の設計段階で組み込まれたものに割って入るのは難しそうです。

使い方の良い感じのイメージはトヨタのディスプレイオーディオのサイトでチェック。
https://toyota.jp/dop/navi/displayaudio/

新型カローラツーリングではTV(フルセグ)+Apple CarPlay+Android Auto™のセットオプションで33,000円。
T-Connectナビキットはマップオンデマンドなどの地図更新サービスオペレーターとの対話型でのナビ設定・検索などができる上位モデルで110,000円となっていて、カローラの価格的には高過ぎず、悪くない設定です。と言うのも標準で乗っかっているDCMユニットなどで車体価格が上がっているのでソフト的な部分だとさほど高価ではないことが分かります。

現状はオペレーターとのやりとりでしかできないことでも、AIやクラウドでの情報処理速度の進化などで、殆どのことがカバーできるようになる、と言うのも現実味を帯びてきています。メルセデス・ベンツ、BMW、レクサスなど400万円~のモデルの更にはオプションで付いてた物が、一気に200万円台のカローラに降りてきた、ここから一気に普及すると言うのも有り得る話です。

ただね、このディスプレイオーディオ(モニター)のスマートリンクやナビなど、走行中に操作できない部分が多いとかだと正直使い勝手が悪いままです。画面の注視やタッチパネルでの操作をさせないための音声操作ではありますが、助手席の方が操作するなど状況によっては解除できるようになって欲しいもので。

TVジャンパーキットなどの後付けのメーカーの物に頼らず、色々任意に設定できるようになると良いですよね~
安いのを探すならやはりアマゾンで。車種で絞り込みましょう。


長年の歴史があるデーターシステムの物であれば信頼できるという方はこちら。こちらも定価よりかはかなり安いです。


走行中に操作できる範囲は増えた方が機能をフルに発揮できるとも思うので、参考までに。


カローラに限らずコネクテッドカーを自称する車は増えて来ています。メルセデスベンツAクラスや、BMW、レクサスなど、実際にディーラーのデモカーなどで試乗して、色々ナビなどを操作して使い勝手を見極めましょう。ナビの機能で出掛けるのが楽しみになるとか、近場で乗るだけであまり必要ないかとか、必要かどうかを考えましょう。

しゃべる車とAIスピーカーとAクラス(2019)そのスマートさの完成度を探る!試乗インプレ①

カローラツーリングは何と比べて買いなのか?旧型か輸入車か・試乗インプレ④

カローラツーリングの試乗を通しての結論、果たして買いなのか??
走りや居住性、ナビのセレクトについては過去の試乗インプレからどうぞ

新型カローラツーリング試乗!スタイリッシュな3ナンバーやや狭めインプレ①

大きくなったようで○○になった?カローラツーリングインプレ②

カローラツーリングのナビ・CDなしの価格とか総合評価!試乗インプレ③

総括すると・・
走りは良い。

エンジンの選択は悩むところで、安くてお手軽なグレードが無いのが悩みでしょうか。
ビジネスユースを想定して旧型のカローラフィールダーも併売していますが、自動ブレーキの性能があからさまに劣り、ファミリーユースで使うのであれば積極的には選ばないところでしょう。

1.2リッターターボにのみマニュアルを設定していて、走りを楽しむ方やマニアックなチョイスをされる方向けのグレードではあります。

1.8リッターは長期的には主力となるモデルで、Sグレード辺りが価格と装備のバランスが良いと言えます。2,216,500円からと言うのはカローラでイメージする価格としては少し高いなぁ~と思われる方も多いかも。ですが、ランクと言うか、クラスが上に挙がっていると考えると割高ではないでしょう。

20190926_114329.jpg

新型登場時の人気のグレードとしてはハイブリッドのW×Bというトップグレードだそうで、カローラと言う名前を超越した価値を提供するミディアムサイズワゴンくらいに思うと良い感じでしょう。距離を走ったり、毎日のように通勤などで乗り回す場合には静粛性の高さなど満足度が高いと思います。2,799,500というプライスを考えるとカローラとは思えない!!となりますよね。スバルのベストセラーワゴンたるレガシィツーリングワゴンとインプレッサワゴンで言うならレガシィツーリングワゴン寄り、だと思った方が良いでしょう。

20190926_121559.jpg

乗り心地や走りの良さ、ハイブリッドであれば燃費性能の良さ(WLTC燃費25.6㎞/L~)くらいとランニングコストの安さが最大の強み、ドライビングの楽しめる素性などがストロングポイントでしょう。

プリウスなどと同様に強制EVモードも選ぶことが出来、深夜早朝の住宅街などで静かに移動できます。
20190926_115051.jpg
プリウスと違いシフトレバーは乗用車的、シフトミスや誤操作はプリウスよりも起こら無そうで好感が持てます。


インテリアもドライバーを中心として考えると完成度は高いです。
W×Bグレードのメーターは液晶でカラフルで情報量多く、輸入車の上位モデルばり。
20190926_121705.jpg
長く運転すると満足度が高く、グレードの高さでしばらくは後れを取らないレベルだと思います。

Sグレード以下ではメーターはシンプルになります。新しくなっていますが、旧型っぽいと言えば旧型っぽい。
20190926_114431.jpg

シートも全体にボリュームがあり、座り心地やホールド感も良し、ドライバーのポジションの自由度も高く、運転者はグッド。
ただ、リアシートに関しては気持ち狭めに収まる感じで、国産トヨタの80点主義の中では割とフロントに割り切ってリアシートを犠牲にするヨーロッパ的なつくりと言えます。

メカニズムとしてはジドウブレーキ&レーダークルーズコントロール(いわゆるアダプティブクルーズコントロール)が標準でついているというのがクラスを超えた装備として高く評価できます。踏み間違いによる急発進の抑制制御なども備わり、高齢者にも良いチョイスたり得る車の完成度です。プリウスミサイルという揶揄された表現が付きまとるプリウスよりも、カローラを薦めたいですね。

小物入れなどもオーソドックスな物が備わります。付けようと思えばQi対応の置くだけ充電なども備えることも出来ますが、13200円とのことで、USBで充電するほうが良いように思います。
ナビ、というか、ディスプレイオーディオでCD再生はできないのですが、CD数枚入りそうなセンターボックス。
20190926_114511.jpg


ナビはスマホ連動を売りに、7インチor9インチのモニターを備え、Tコネクトと言われるコネクテッドカーとしてもアピールしています。スマホ連動の初期設定費用が33,000円かかりますが、ナビを付けないでも道案内を可能とします。カーナビメーカーがあおりを受けそうですが、ソコを推しています。
旧来のような道案内専用のナビ自体は既存のディーラーオプションに比べてリーズナブル、66,000~110,000円となっており、オペレーターと通話しながらナビを使うなどレクサスと同等のサービスも選択できます。モニターで映像を楽しむ、と言うのはできませんが、ナビと通信、と言う意味では次世代っぽい感じの仕上がりで、カローラを超越した仕上がりで、日本で使う分には輸入車のコネクテッドよりも使い勝手はよさそうです。

20190926_114658 (2).jpg

カローラ、という名前に引っ張られがちですが、その性能はクラスレス。ある種コネクテッドに関してはレクサスとの共有サービスも利用でき、走りも欧州車っぽい。ネックは装備を充実させると300万円前後という価格帯でしょうか。それでもレクサスの400~500万円台の車や、ワーゲンの300~450万円前後の車格の車より、リーズナブルであります。ただ、過去の大衆車というカローラのネーミングに引っ張られる。

ある種、コネクテッドカーがスタンダードとなる次世代の大衆車の礎となる車かもしれません。カローラが時代を拓く、と言っても良いかもしれませんね。

さて、肝心の価格に対しての値引きはどの程度望めるのか?と言うところは多くの人が興味があるでしょう。
9月の発売開始で日が浅いこともありますが、10~20万円の値引きが見込めそうです。
ガソリンモデルで1か月半、ハイブリッドモデルで2~3か月ほどの納期がかかるほど初期としては人気であり、値引きも1割引きに届かないいう渋いところ。ナビやオプションとまとめて値引き、と言うのが効かせにくいというのも一因としてあるようです。

納期的に落ち着けば1割以上は値引き交渉も可能となるでしょう。ライバルとして想定するならマツダ3(旧アクセラ)、スバルのインプレッサやレヴォーグ(ちょっと車格が上ですが)などでしょうか。マツダもスバルもモデルチェンジやマイナーチェンジで値引きを渋く設定しがちな時期ですが、そちらも納期が落ち着くなどすると販売奨励金などで値引きが見込めるようになります。比較試乗したりしながら交渉すると良いかもしれませんね。




過去のその他の車種のインプレッションも参考になればと思います。

カローラスポーツはGRまで(もしくはマイチェンまで)我慢すべきモデル?試乗インプレ短評

レガシーを超えた?レヴォーグ 試乗インプレ①

インプレッサスポーツ試乗①・レガシィを超えるのか?

MCはあまり関係ない?ゴルフの買い時グレード選び!


続きを読む

カローラツーリングのナビ・CDなしの価格とか総合評価!試乗インプレ③

カローラツーリングにて試乗してナビを弄ってみての感想、ここにまとめていきたいと思います。

新型カローラツーリング試乗!スタイリッシュな3ナンバーやや狭めインプレ①

大きくなったようで○○になった?カローラツーリングインプレ②

過去のインプレ①・②にて外観や居住性についてはかなり詳細にレポートしたつもりです。営業マンがあまり話題にしたがらないネガティブな部分もあえて記事としてまとめています。このブログから見る方は過去記事も参考にしていただければと思います。

ドライバーを中心とした操作系の仕上がりはディスプレイオーディオをグレードを問わず標準としたことで、このクラスのベンチマークたるゴルフに対抗・対応できたかなってところ。ただ、この液晶をデフォルトにすることで10万円以上は車体価格に乗っかってきているのもあります。

20190926_114447.jpg

この液晶に関しては標準で7インチ、アップグレード金28,600円で9インチにできます。
セールストークとしては7インチじゃ小さいですよ、9インチの方が地図、文字情報など見やすいですよ、と売っています。
実際この差額だと3万出してもいいかな、と思いますが、冷静に考えると3万円あればタブレット端末やスマホのアップグレードにも使えるのでは??なんて思ったりします。後術しますが、DVDとかを見れるわけでもないただの液晶と考えると割高、と思わなくもないです。ただ、ナビを頻繁に使うのであれば9インチはアリです。

20190926_115027 (1).jpg


ナビに感しては液晶がプリセットされているので中身のソフトを買うイメージでオプション装着できます。
エントリー(ベーシック)で66,000円、
スタンダード(ハイグレード)で110,000円となっています。
どちらも通信機能付きですが、ベーシックの方が機能制限があります。

ハイグレードの方は通信機能がほぼレクサスと同様のものとなっており、対話式のオペレーターサービス(レクサスだとコンシェルジュと言ったりしてます)となっています。実際、中身のソフトなどはレクサスと同じです。あまりここはPRしないらしいですが、社外のTVジャンパーキットの対応表にてレクサスUXとかNXとカローラツーリングが同じくくりにされているので間違いないでしょう。レクサスの価値が薄れるからか、アピールしていませんが、高級車同様のサービスが受けたい、と考えれば意外と良いチョイスかもしれません。ただ、使いこなせる、と自信がある人向けかもしれません。

7インチ
20190926_114658 (2).jpg

スイッチ類での相違点があり、7インチの方がサイドボタンは大きく、ある意味操作しやすいかも。
9インチはフレームの枠が薄くスタイリッシュに見えます。レクサスっぽいのかもしれません。

9インチ
20190926_115419 (1).jpg

7インチでも9インチでも エントリでもスタンダードでも組み合わせることが出来るのでお好みで。
スマホとの連携を売りにしていますが、アンドロイドオートやアップルカープレイなどスマホ連携のアクティベートには別で33,000円かかります。無料でもSmartDeviceLink™を通じての操作も可能と言う抜け道もありますが、操作性が悪いとのことで営業マンは33000円のオプションを推してきますね。そしてなぜかこの費用の中にTV機能のアクティベートも含まれており、TVを見る(走行中は液晶オフで見れないけど)ためにはコストがかかります。

走行中に助手席やリアシートの方がTVを見れるようにするキットはこちら。



レクサス用になっていますが、データーシステムの最新の適合表にはこの品番でカローラツーリング対応とあるので参照してみてください。

20191012_112056.jpg

https://www.datasystem.co.jp/tekigou/seg/tvkit/seg_tekigou.php?req=toyota_mop

カローラツーリングを入力して適合を確認ですね。そして定価に対してのアマゾンの安さ(笑)

運転中のナビ操作なども可能になるので、同乗者に設定をお願いするなどナビとしてアップグレードするならばTVキットは入れといてもいいかもしれません。

さて、今回の新型カローラにおいてよく話題に上るのがディスプレイ問題に付随する、オーディオレス問題。
なんと、CDもDVDも挿入スロットがなく、音楽の再生手段がないという思い切りの良さ。
これはこれからの車の中での音楽を聴く手段を根本から変える大きな節目だったりするかもしれない。

スイッチ類も減って、スタイリッシュにもなっています。ここ最近のインテリアのトレンドに沿ったものです。

20190926_114459 (1).jpg

これからは車とスマホとの連携を軸に考えると、auのスマホを販売しているトヨタの強みが生きてくる、というところでしょうか。
お客さんの中にはこれを機にガラケーからスマホへと切り替えを薦められる方もいるようです。スマホの中で音楽の購入・もしくは無料配信などを利用するなどCDの必要性が薄れてきてもいます。もちろん従来のナビを求める方にも対応するためのナビキットもありますがCDは再生できない、今はスマホ推しに傾いてきているようです。

クルマの乗り換えを検討していたら、なぜかauのスマホへと乗り換えちゃう、そんなことも起こり得るかも。それもまた時代の流れなのかもしれません。

個人的にはナビで出来ることはたいがいスマホでも出来る、と思うので、カローラの購入にあたってはスタンダードナビは不要かな、と思います。9インチのナビの方が見栄えが良くインテリアにも華を添えるので悪くはないですが、地図さえわかればいい、と割り切れば7インチにエントリーナビで十分です。

ナビとスマホをつなげなければ、スマホは解放されるので、電池や通信データー量を消費せずに済むし、スマホのマウントを購入して別で活用するという事も出来るので、スマホ連携は微妙な気もします。

それこそ、車の中で過ごす時間や頻度、使い方によりますが、すこしでも車選びの参考になればと思います。良い機能で車で過ごす時間をアップデートする、それもまた良いかもしれません。

試乗インプレ④値引きと納期など へと続きます。




過去のその他の車種のインプレッションも参考になればと思います。

カローラスポーツはGRまで(もしくはマイチェンまで)我慢すべきモデル?試乗インプレ短評

レガシーを超えた?レヴォーグ 試乗インプレ①

インプレッサスポーツ試乗①・レガシィを超えるのか?

MCはあまり関係ない?ゴルフの買い時グレード選び!

続きを読む