花粉症対策に、花にエアフィルター付けてみる!?

この画像を見て、剥き出しのキノコフィルターを想像したのは私だけではないはず。

6174s3J+ZzL._SL1000_2.jpg



K&NとHKSはちょっとおいといて・・・これ、なんと、鼻用のマスクなんですね。

やわらかい素材で出来た鼻腔挿入型マスクなので目立ちにくく、水洗いで10回程度(実際は5回ぐらいが限界??)まで繰り返し使用できるアイテム。サイズは2サイズ展開で、レギュラーサイズは男性用、スモールサイズが女性用のような感じになっています。

6174s3J+ZzL._SL1000_.jpg

アマゾンでも購入できますし、ドラッグストアやハンズ、ロフトなどでも購入できます。
衛生的な面から試着できるところはないようで、お試しに買ってみるしかないようです。
使い切りのものと、洗って使用できるものと、ラインアップがあるので、お試しで使い切りモデルを買い、フィットするようであれば再利用可能な物を購入するのが良いかもしれません。



正直なところ、レビューなどを見ると微妙なアイテムと思われる方もいるかなぁと思いますが、花粉症に苦しんでいる方で、一定数の方には支持も得ているとも言えます。

私も花粉症ゆえに、過去のブログでも花粉対策などでいくつかのアイテムを紹介し、試しています。

バイクは花粉症との相性悪し 対策をしよう!

ダースベイダー・・ではないバイクヘルメットの消臭花粉除去に!

過去記事も参照いただければと思いますが、
バイクに乗る方は特に、花粉症との戦いは厳しいものとなっていると思います。
ドライバーの方でも花粉症で集中力が削がれると事故につながったりします。
花粉症で事故を起こした、という悲しいニュースもあったような・・
鼻水や涙が原因での事故ももちろん起こり得ると思いますし、鼻炎薬などの抗アレルギー薬の服用による極度の眠気などでもリスクにつながりますよね。

少しでも集中力を維持するために。こういったアイテムの活用を検討してみましょう。ちなみにこの鼻マスクはシリーズ累計150万個以上(2018年時点で)売れているようなので、そこそこの人の救世主となっているとも思いますよ。



さて件のノーズマスク、一見してHKSやK&Nのキノコ型エアクリーナーのように見えますが、まぁ、まんまそんな感じかもしれません。
吸入抵抗としてはなにもない状態が100として、ノーズマスクが80、口と鼻の両方を覆うマスクが60くらいのイメージでしょうか。口もとが解放される分だいぶ楽には感じると思います。

フィット感としてはすくなからず異物感はありますが、かなり目立ちにくい部類と思います。鼻の入り口にちょっと樹脂部分も見えなくもないですが、意外と目立たない。接客業の方でマスクを着用できない方には特に良いアイテムかも。

鼻水がだらだら垂れてしまう状態になると、フィルター部分に溜まって結局は鼻が詰まります。
鼻をかむ度に外さねばならず、花粉症の症状が相当激しい人には向いていない部分もある。

予防としてマスクをしていればかなり緩和される人には、鼻フィルターでも効果があり、そもそも鼻水だらだらだと効果を感じる前にフィルターをダメにしてしまう可能性もあります。

フィット感に関しては、個人差が大きいので何とも言えませんが、当たる部分の違和感は意外とすぐに慣れます。
どちらかと言うと、鼻水が垂れてきた後の使用感の悪さを指摘するレビューが☆少なく評されていると思うので、ご自身の症状であったり、お薬との組み合わせであったり、通勤の時だけ使うなどのポイントでの使用など、いろいろ想定して使用すると良いと思います。

鼻の中に塗る物、顔にスプレーするもの、ノーズ洗浄などなるべくマスクしたくない、という人のためのアイテムと組み合わせると効果が上がるかもしれません。



クルマだと、エアコンフィルターを交換すると多少は花粉症が緩和されるとも言いますね。

ボッシュのエアコンフィルターの特集ページをアマゾンで見てみる

辛い花粉症の時期、いろんなギアやお薬などとなんとかして乗り切っていきましょう!!
ライディングに気持ちの良いシーズン、花粉に負けずに出かけましょう!!

250のモンスターみたい?CB250R試乗!

軽量な車体にビート伝わるエンジン、そして俊敏な加速感にヒラリヒラリと軽い倒しこみ。まるでドカみたいだな・・と思う人もいるのでは無いか?そんな印象のCB250Rのインプレッションをしたいと思います。

ホンダのバイクらしく扱いやすさと信頼性の高さは担保してありますが、なかなかにしてデザインもエッジが効いてて攻めている感じです。

image-04.png

250㏄と言う排気量的には初心者向きであったり若向きであったりするイメージをお持ちの方もいるかと思いますが、たぶん、このバイクはアダルトな人が乗っても似合う上質さがあるように思います。体格的に大きなバイクが手に余る方にも良いサイズ感と言えます。

なによりも車体が軽い。144㎏となっていて、取り回しもしやすいです。シート高も見た目高めですが、実際は800㎜となっていて、初期の沈み込み量を調節できるプリロード調整があり、スリムなシート形状もあって、足つきはまあまぁ悪いくない感じです。シングルエンジンなんで当たり前なんですが、シートに跨って上から見下ろすとかなりスリムです。走る前から軽快感を感じます。KTMのDUKE250のようなモタードテイストの腰高感はあまりなく、純粋に軽さを感じるかと思います。タンク容量は10リッターくらいで、燃費的には30~㎞/Lくらい走る感じなので、無給油で300㎞くらいの航続が可能ですが、フューエルゲージ的にヤバいかな?と思うのが200㎞を超えたくらい、現実的にはその辺で給油でしょうか。

走りに関してはやはりノーマルマフラーのフン詰まり感はありますが、スタートダッシュもそこそこキレがいい。KTMの250㏄の33馬力に対しては27馬力と、絞り出しているわけではありませんが、マフラー交換で抜けを良くしたらポテンシャルを引き出すことが出来そうな気がします。
ノーマルマフラーもデザイン的には頑張っていると思いますが、やはりマフラー交換でこのバイクは完成するかなぁと思います。ノーマルでも十分早いですし、もっともっとと回したくなりますが頭打ちがあるかもしれません。
軽量化にも、抜けの良さにも、シングルのパワフルなサウンドを楽しむのも、やはり排気系のチューンが良いですね。



ヘッドライトはいつかの世代のモンスターに近似しています。

main-07.png

ヘッドライトユニットの中央を横切るライン。

monsuter 696 ABS right.jpg

リア周りのナンバーステーも正直フェンダーレスを入れて完成するデザインとも言えます。ノーマルで攻めきれて無い部分をカスタムで補完しないといけませんね。

61rlD+zp3kL._SL1000_.jpg



リアタイヤが250㏄クラスでは太目と言われる150幅の物、でもKTM250シリーズでもリア150サイズなので良いチョイスだと思います。140が多いリアタイアの中でたかだか1㎝といえども、見た目にも良いですよ。

スタイリッシュで良いですね。イタリアンバイクのようです。正直ここらへんのデザインでプチモンスターくらいに見えましたが、車体の軽さと倒しこみの軽さもドゥカティっぽいので、なかなかにテイストを出せていると思います。

高速の巡行はこなせなくもないですが、ステップやハンドルの振動がけっこうあるのと、風をモロに受けるので得意とは言えません。スクリーンや、バーエンドなどで振動や風の緩和が必要かも。ステップのビビリや振動はバックステップ系で多少は緩和されるかもしれませんが、ポジションとの兼ね合いもあるので、ツーリング向けのカスタムとしてはちょっと違うかも。

プーチやキタコ、モリワキなどなど色んなカスタムパーツが出ています。



あまり改造コストかけると50万円前後という価格帯のバイクの域を逸脱してしまうような気がしますが、少しイジルとよりそのポテンシャルを解放できそうな素材としての感触がある。試乗したり、跨ってみたり、カスタムしてある画像を見てみたり、さまざまなアングルでバイクを眺めて吟味すると、楽しさも増すかも。

main-13.png

ブレーキはABS付きのモデルがオススメです。電子制御には頼るべきだと思います。特にバイクは不安定な乗り物、選択肢にあるのであれば是非ハイテク武装のバイクの方が良い、という事でABS推しです。ブレーキ時代もフロントの倒立フォーク×ラジアルマウントキャリパー、そしてシングルとは言えウェーブディスクと、打てる手は打ってある感じ。コントローラブルで申し分ないです。個人的にはフルブレーキ時にどこまで握りこんでOKなのか解りにくいとも思うので、やはりABS付きが安心かと。

スクーターほど気軽に走り出せるわけではありませんが、かなり気軽に乗り回せるイメージのバイクです。軽さと扱いやすさ、取り回しの良さでバイクに乗りたくなる気持ちにブレーキをかけない、素敵な仕上がりです。値引きも3~4万円前後は利くようなので、良いチョイスかもしれませんね。

KTM新型250デュークは日本市場からの要請で作られたのか?

やり過ぎ価格?CBR250RR(2017)試乗インプレ①


中免で乗れるドゥカティのデキはいかほどか?スクランブラ―Sixty2 試乗インプレ①


過去の試乗インプレなども参考になればと思います。

低ダストブレーキパッドとの付き合い方(輸入車)の参考に!

輸入車のブレーキダストのひどさったら・・
パッドとローターの削れ具合と輸入車独特のブレーキの効き喰い付きの良さとのバランスで、トレードオフの関係として本当にホイールが汚れまくります。

輸入車の基礎知識 なんでドイツ車のホイールはあんなにブレーキダストで汚いの? の記事も参照いただければと思います。

さて、今回は低ダストブレーキパッドに交換したいくつかの車種や事例をもとに、ブログにしていきたいと思います。
ちなみにメーカーや車種によって、ブレーキパッドの初期設定・性能やキャパなどにより、そもそもの純正ブレーキパッドの持ちの良さ悪いさに差があったり、走り方や道路環境などによっても減り方は違ってくるので、何かのヒントにでもなればと思いますが、あくまで参考情報としていただければと思います。

img_02_2.jpg

輸入車の多くはブレーキパッドの消耗を知らせるセンサーが搭載されており、交換時期のおおよそ1,000~2,000㎞前に教えてくれます。



ブレーキパッドの残が2㎜前後になるとセンサーの先端がブレーキローターに接触し、警告を発するタイプの物が輸入車を中心にあります。
ブレーキ警告灯が付いた時にはセンサーが接触して摩耗を始めているので、センサー自体も交換が必要になるケースが多く、ブレーキパッドやローターの交換と合わせてセンサーの交換もしなければいけなくなるので、2~4,000は追加コストが掛かることになります。

目視でもパッドの消耗具合は確認出来たりするので、日ごろから気にかけておくと良いでしょう。
ホイールの隙間からブレーキパッドを除けたりする車種もあります。

20190116_111003.jpg

新品のパッドであれば約10㎜あり、十分にあると言うのもわかりますが、日々少しずつ摩耗していくとなると気づきにくいものです。1000㎞走行ごとにちょっと見てみるとかすると良いかも。

個人的なオススメとしてはDIXEL(ディクセル)の低ダストブレーキパッド
輸入車の適合が多く、値段もあまり高めではないです。



減りはそこそこのスピードで、ローターへの攻撃性も少なく、よってブレーキダストも少なくホイールも汚れにくい。
効きの体感性能としては、純正の効きが非常に良い輸入車のパッドに対して9割くらいの性能と言ったところでしょうか。いわゆる普通の国産車(特にトヨタ的な)ファミリーカーの素養を備えたパッドと位置付けられるかもしれません。絶対的な踏み込みの強さでABSが作動して車両を止めるという性能に対しては不足があるわけではありませんよ。あくまでフィーリング的に `カッ‘ と効きが立ち上がる傾向にある輸入車の純正パッドに対してややダルにブレーキが効くってことです。


ちなみにいくらかの車種でのブレーキ関係の交換サイクルの目安として上げておくと・・
メルセデスベンツ C200 60,000㎞くらい
C63AMG 2~30000㎞くらい
ワーゲンポロ 70000㎞くらい
ワーゲントゥーラン 50000㎞くらい
ワーゲントゥアレグ/ポルシェカイエン 35000㎞くらい
アウディS3 40,000㎞くらい
アウディA4アバント クワトロ 50,000㎞くらい
BMW MINI クーパー3ドア 5~60,000㎞くらい
MINIクロスオーバー 35,000㎞くらい
BMW3シリーズ50,000~65,000㎞くらい
ボルボXC90(初期型)70000㎞くらい


だいたの目安ですが、このあたりで警告灯が付くことが多いようです。(あくまで参考ですよ)
みんから などのブレーキパッド交換などでご自分の愛車の平均的な走行距離と交換サイクルの数値なども役に立つとも思います。

ちなみに、重量級の車種やSUVであってもスポーツ走行をウリにしているモデル・カイエンでは交換サイクルが早めであったり、ミニクロスオーバーやおそらくBMWグランツアラーなどは車重などに対してベースのブレーキのキャパが低めな物をMINI3ドアから流用するなどして消耗が早かったりするとか、あるように見えますね。S3やAMGなどは馬力に対してスピードを殺す方の性能も上げていて減りが早めなのはうなづけます。軽量な小型車種であれば比較的交換サイクルがが長めなので概ね予想通りな感じでしょうか。

車種やグレードによりますが、ACC(アダプティブクルーズコントロール)を頻繁に使うとパッドの減りが早いという事もあるようです。コーナリング制御のアジャイルハンドリングシステムや、姿勢制御などに頻繁にブレーキを介入させるシステムを多用していると、これまた減りが非常に速いと言うハナシもあります。これはドライバーがブレーキを踏まずともブレーキが使われることで、消耗が思いの外早い、という感覚もあるようではあります。

86のドラシャはなぜ折れるのか!? のポストでもブレーキによる車両制御について触れています。気が向いたら読んでみてください。

XC90(旧型)は走行性のはソコソコでも、重量級の車種な割には国産並みにブレーキの持ちが良かったりするようです。ボルボはローターについてはパッド2回につき一回の交換となるようで、意外にもブレーキ系のサイクルコストはかからないようでもあります。フォードとマツダと提携していた時期のモデルゆえに欧州車というよりもアメ車や国産車的なのでしょうか??

20190116_110930.jpg

BMWもメルセデスもワーゲンもアウディも、パッド交換の時にローター交換も合わせて勧められることが多いので、消耗が早くてコストもかかります。ローターの摩耗限界が来ているのか、それとも交換してしばらく走行したら計算上摩耗限界の数値を下回るのか・・あまり説明せずに交換を促す営業マンもいたりするので、スタートは何㎜で今何㎜、あと何㎜で下限の厚さとなるのかを確認して交換を1回くらいは先送りすることも検討しても良いかもしれません。ただ、それはあくまで街乗りメインである方という前提です。高速をぶっ飛ばす方や峠の下りを早めのペースで流す方、サーキットを走ることもある、というのであればむしろ交換はすべきでしょう。

ディーラーよりも街の整備屋の方が融通は利くしコストも安いのでその辺は相談してみても良いかもしれません。
ただ、センサーの交換やコンピューターのリセットなどは街の自動車整備工場では対応できないこともあるので、そこは注意ですね。


さてさて、ここまで色々書いてきて、情報提供に努めて参りましたが、オーナーの皆さんに役に立つものしてまとめると・・

①ブレーキパッドとセンサーが消耗してセンサーの交換コストがかかる前に換える

②ローターの摩耗が進む前にパッドだけ交換する

③低ダストパッドは検討の価値がある

という3点になります。

センサー摩耗の前に低ダストパッドに換える。これだけでブレーキ関係のランニングコストをかなり抑えて、サイクルの長期化をすることが出来そうです。輸入車専門チューニングショップなどでもそういったプランを薦めるところもあります。国産っぽく普通に維持費を抑えて長く乗る、というスタンスもショップを利用することで可能だという考え方ですね。国産車だとそもそもブレーキローターの交換を推奨されることは一部のスポーツ車を除きめったにあるものではなく、輸入車は維持費が高いなぁ~ という印象の一因ともなっているのではないか?と個人的には感じます。

せっかく輸入車にのるのだから、その乗り味やブレーキの効きの良さも思う存分堪能したい、ということであれば、純正や、消耗がより早くとも効きの絶大なカスタムパーツなども良いかもしれませんが、ここは選択肢の一つとして、ローターの交換をなるべく先送りしつつ、センサー摩耗よりも前に予めの予防整備的にも低ダストパッドもある、とお伝えしておきたいと思います。


国産車用のリプレースパッドもディクセルから出ています。輸入車だけではありませんね。




国産・輸入車問わず、ローターなどもリリースされています。DIYでいろいろできちゃう方は安いアイテムを仕入れてセルフでやっちゃうのも良いかもしれません。自分による自分の愛車の整備は専門知識を持った方が自己責任でお願いします。




ショップでの取り扱いや、持ち込み、DIYなど上手く活用して、維持費のかかると言われている輸入車であっても上手に長く付き合ってけるように、お祈り申し上げます。ではまた

キャンプグッズにオープナー一つ加えてみる?

バイクで長時間走っているとハンドルのビビリや振動で手が痺れたりすることないいですか?
特にソコソコの排気量でシングルエンジンの正立フォークのクレードルフレームなんかのバイクだと顕著かも?

こじつけかもしれませんが、旅先で弱った手先で気圧の変化で膨張してペットボトルのキャップが明けにくかったり、プルタブをオープンするのが大変な時に・・
そんな握力の弱った人向けの缶開けアイテムをちょっとご紹介!!

20190202_160544722.jpg

テコの原理などを応用して小さな力でグリップを効かせてラクラク開封できます。




いろいろ対応するマルチオープナーなら、缶詰の大きなフタから小さなフタ、プルトップもイージーオープン缶も開けることができます。
少ない力でフタをらくらくオープンでき、力の弱いお子様や高齢者の方にもおすすめですね。親御さんへのプレゼントとしてもいいかも。

20190202_160544722.jpg



ミニサイズは携帯にも便利です。

ちょっとしたアイテムではありますが、お子様や高齢者だけでなく、いろんな場面で活躍するかもしれません。

小さなお子様とかはこういったアイテムでセルフでオープンするとちょっと楽しいかも。

これぞ本当の隙間商品!シートコンソールクッション☆

若者の○○離れ、というと、車離れを想像したりしますが、スナック菓子離れも起きているそう。
その理由がスマホとの相性が悪く、液晶が汚れるのが嫌だから・・とか。

逆にトレンドとしては女性のネイルの売り上げが伸びているようで、スマホを保持した時に目にする指・爪先にキラキラしたものを着けて目にする機会が多いと満足度が高まるから、とか。

なんじゃかんじゃでスマホが中心になっておったりはしますが、そんな流れを受けて車用アイテムにも新種が増えて来ていたりします。

最近目にしたのがこれ。

20190105_141044.jpg

なんだかわかります?

どこに使うかわかります?

スマホと何の関係が・・?

ってなりそうなこのアイテム。

名称はメーカーなどによって違いますが、シートコンソールクッション、シートサイドピロー、シートパッドスペーサーなどなど。

シートとセンターコンソールに隙間のある車、一般的な乗用車(セダンやワゴンなどってことになるかな?)の隙間を埋めるクッションです。

昔からあるアイテムっちゃーそうなんでしょうけども、使用用途がシートの隙間にスマホなどを落とさないこと、というのが第一目標となっています。

20190105_141034.jpg

シートベルトキャッチの方を通す穴があり、ズレないようになっています。

20190105_141007 (1).jpg

隙間を埋めてスマートフォンやハンズフリーキットなどのアイテムをシートの隙間から滑り落さないようにできます。

20190105_140941.jpg

スラックスなどはポケットが斜めにカッティングされているのでポッケから滑り落ちやすい。
ガラケーは折り畳みが主流で畳んだ大きさや塊感などでポケットから落ちにくかったり、隙間に入らない薄さだったりしたってことですね。

20190105_140910.jpg


お値段は約1,000円~となっています。



クルマのブランドとコーディネートするのも楽しいかもしれません。
アウディクワトロだったり



Mスポーツだったり



AMGであったりロゴがバチっとあるとかっこいいかも?



こういったスキマアイテムをい活用して善きモーターライフを!!

スマホの運転中の操作はご法度です。

ルールや活用できそうなアイテム情報なども参考になれば

運転中のスマホ操作で違反に!その基準と対策とは

クルマ用ハンズフリーはJabraかプラントロニクスがイイよね!