旧型レクサスIS250 試乗インプレッション

レクサスの日本展開から早10年、中古でもかなりの台数が出回っているISシリーズ。
ISは2013年にモデルチェンジを行っており2006年~2013年までのモデルは7年ちょっとのモデルライフを全うした旧型ということになりますね。旧型と言えども、そのさらに前の先代モデルとなる「トヨタ・アルテッツァ」よりも価格帯は大幅に上昇、400万円~という価格設定になっていました。それでも当時のレクサスの中では最安値のエントリーモデルでした。今回は中古ということになる知人のワンオーナー車、IS250 Version L 2007年式走行6万キロ、の試乗インプレを、記事にしたいと思います。

1024px-2008_Lexus_IS250_--_NHTSA.jpg

全長×全幅×全高=4575×1795×1430mm、マークXやクラウン、GSなどと共通のプラットフォームでFRが基本、2.5リッターV6(215ps/6400rpm、26.5kgm/3800rpm)と3.5リッターV6(318ps/6400rpm、38.7kgm/4800rpm)となっていました。デビュー当時は標準モデル、スポーティなVersion S、ラグジュアリーなVersion Lとのグレード展開がされてたそうです。年次改良が毎年恒例で行われており、2010年に大幅なマイチェン、F SPORTSというBMWのM SPORTSまんまのグレードが追加設定されています。IS-Fのテクノロジーをフィードバックしたスポーツグレードと言うのも、Mシリーズの~と言うBMWとまんま同じコンセプトですね。そういうスポーツグレードはイメージアップとエアロを付ける口実、そした標準モデルとの差別化による単価アップなど、戦略としてはよくあるようです。ライバルとして想定されているのはメルセデスベンツCクラス、BMW3シリーズ、アウディA4などのプレミアムスポーツセダンといったところです。スポーティな走りや内装のデザイン、質感では欧州製のモデルに勝てませんが、信頼性の高さ(壊れなさ)や乗り心地の自然な柔らかさではアドバンテージがありますね。

Version Lは、最上級モデルという位置づけだったようで、どちらかというとラグジュアリーな方向での仕立てになっているようです。2.5リッターエンジンと共に適度な乗り心地の良さと、良くも悪くも過剰でないエンジンフィールが快適性に貢献しているように感じます。走行距離相応に足回りがヘタって柔らかい印象になっているのかもしれませんが、サス周りの異音や低級音と言ったノイズも少なく、快適な感じです。ドイツ車的な引き締まった感じはありませんが、ハンドリングもスムーズでナチュラル、
2006年デビュー当時のモデルの3.5リッターエンジン・Version Sにもちょこっと乗ったことはありますが、エンジンが物凄くパワフルで怒涛の加速、エンジンの回転フィールが良く、でも乗り心地があまりに硬すぎたという記憶があります。BMWのMスポーツ並みに閉口するような乗り心地のハードさでした。そういったハードな足回りのモデルはサスがヘタって柔らかくなるころには、サス周りのブッシュにガタがきて異音が発生したり、乗り心地の締まりがなくなったりする可能性があるので注意しましょう。

レクサスのモデルに関しては古くなってもガタがきていないのではないか?と思えるほどのデキかと。中古で探すとなると程度の差はあるとは思いますが、年一回の定期点検されているだけでレクサスの場合はトラブルも少ないのかな?と思います。ディーラーで整備されていれば、ほぼトラブルフリーではないのか?と所有者談。スポーツグレードに関しては初期のスポーツ性が中古で保証されているかというと微妙です。足回りのブッシュやアーム、ダンパーなどを交換するとなるとかなり高額なので、そこまで整備されているケースはほぼ皆無といったところのようです。

800px-Lexus_IS350_02.JPG

個人的に気になる点をいくつか挙げるとすれば、
・スイッチ類のレタリングがダサイ
・リアシート非常に狭い
・古くなってエンブレム以外で高級感は感じない
といったところです。内装は上質ではありますが、古臭さもあって高級車だったっぽいことはわかります。同次期のメルセデスベンツCクラスの方がやっぱり洗練されてていいかな・・・?ワゴンもあるし、と思わなくもないです。
室内は狭く、広さだけで言えばカローラの方が広いです。クーペでドアが4枚付いているくらいに思った方が良いでしょう。
4人乗りの実用面とFRスポーツセダンの両立といえば、プラットフォームを共有するマークX・クラウンの方が室内空間も広く、値段も安く、コスパは高いと思います。マークXやクラウンはセダン全体の人気低迷の中にあっては売れてます。ただしシニア人気かヤンキーやDQNな人々に人気というちょっとチョイスとしては微妙な面も。デザイン面やブランド性ではレクサスの方が洗練されてはいると思います。

長く付き合っても高い信頼性を維持していると感じるので、耐久性がレクサスの最大の強みなのではないかと思います。中古でもそんなに大きなハズレのような個体に当たる可能性も低いのではないかと。
中古車相場的には200万円前後のモデルが台数が多いようで、人気なようです。とりあえず2~3台実車を見てみると、グレード感や状態の良し悪しもイメージがつくようになると思うので、展示場に足を運ぶのをお勧めします。LEXUS認定中古車は割高ではありますが、保証は手厚いのでそれもオススメです。
マークXや、ちょい古のGSなどの試乗インプレなども今後UPしますね!

敢えての旧型レクサスGSをクーペのように使うとかどぅ?

型落ちになってメルセデスベンツ W204 Cクラスステーションワゴンのススメ!
なども良かったら見て下さいね。

続きを読む

スカウター付きヘルメット! SkullyとBMWから登場!予定

ドイツはBMW Motorrad から新たなコンセプトのヘルメットが登場予定!
透過型の HUD ヘッドアップディスプレイには走行速度や燃料タンク残量といった各種情報や、ナビゲーションと連携した情報表示なども表示可能とのこと。さらには前後に装着されるカメラで振り向かずとも後方の状況を確認可能だとか。

main.jpg

今回のBMWモトラッドが発表した物は市販のスケジュールはまだ先のようです。数年内には量産し、市販されるBMWバイクとの連携を図ることになるそうですね。
ヘッドアップディスプレー搭載のヘルメットの先駆としては、米国の Skully があります。2013年末に 、透過型のHUDを備え前後向きカメラを搭載するなど、今回 BMW Motorrad が発表したものに見本となる機能をそなえるヘルメットを発表し、2016年8月の発売を予定しています。
↓↓ アマゾンでも予約できますね。

・「スマートヘルメット」という名前からも想像できるようにBluetooth経由でスマートフォンとつなぎ、スマフォ経由でインターネットに接続も可能な次世代ヘルメット
・ヘルメットのシールドの一部がディスプレイとなり、様々な情報を投影
・視野角180度のリアビュー・カメラの画像をディスプレイに表示
・ヘルメットの?バッテリー寿命は最大9時間
・内蔵ナビゲーション・システムでターンを見逃すことはありません
との商品説明があります。
曖昧な情報が多いような(^-^;
その割に30万円を超えるとは(笑)

BMW Motorrad のヘルメットは、ライダーの右目前に備える透過型 HUD に各種情報を表示、スカウターのようでかっこいいですね。

107.jpg

走行中の区間の制限速度や道路標識による各種制限の道路交通情報の表示も出来るようです。
走行中の視界をそのまま記録できる前向きのカメラはドライブレコーダーとしての機能もありそうです。
将来的には、V2V(Vehicle-to-Vehicle) 車間通信コミュニケーション、R2V(Road-to-Vehicle)路車協調コミュニケーションの実用化などにも対応し、より多くの道路情報が表示可能となり、より安全な走行が可能になるという未来を提示してくれているようですね。
楽しみに待ちましょう!
現実的な価格になることを祈りましょう!


トヨタで半自動運転可能な車種がすでにあった・・・その車種とは?

トヨタが他社に対して遅れている技術、自動ブレーキを中心とした装備の普及ですね。
ラインナップが多すぎて搭載車種にバラつきがあり、大々的にCMできていない状況がありました。
2015年ごろから自動ブレーキを中心とした、トヨタセーフティセンスシリーズとして、Toyota Safety Sense P 、Toyota Safety Sense Cと、今後の普及を図るための安全装備のネーミングを発表、現在に至ります。

そんな中で、セーフティセンスと言うネーミングの普及以前に実は半自動運転を可能にしていた車種があったんですね。(2016年4月時点 独自調査)

それは・・・

現行のエスティマ(ハイブリッドも含む)とSAI(サイ)、そして2016年新型のプリウスToyota Safety Sense P搭載車、です。(グレードやオプションによる)
エスティマとSAIはセーフティセンスという名前のパッケージングは与えられていないんですが、なんと、半自動運転可能です。
同じセーフティセンスP搭載のランクルでもできないとこができます。

上記の車種でLKA=レーンキーピングアシスト機能がついている車種で、レーダークルーズコントロール搭載車であれば、手放しで自動運転できるわけではありませんが、ハンドルに軽く手を添えるだけの高速道路などでの一定の条件下であれば半自動運転可能ですね。

Toyota Safety Sense P搭載のランクルは車線逸脱の警報のみ、プリウスに関しては電動パワーステアリングを制御することで、車線逸脱を回避しやすいようにドライバーのステアリング操作をサポート、となっていてちょっと弱気ではありますが、同様に手を添えていれば半自動運転感覚にはなるかもしれません。

エスティマとSAIに搭載されているレーンキーピングアシストは、車線内自動走行を実現したものではなく、ドライバーがステアリング操作を行ってくださいとありますが、車線に沿った走行がしやすいように、ドライバーのステアリング操作をサポート、となっていてやや積極的な制御となります。

point_02.jpg

トヨタ的に大々的に打ち出さないのは搭載車種が少なく、かつ売れ筋のグレードが搭載しているわけでもなく、ネーミングや知名度、自動ブレーキすら搭載に至ってない車種の販売の失速を恐れてなど、いろんな事情があるようです。

エスティマに関しては売れ筋の車種、モデルチェンジを行わずにロングセラーとなっていて、今年中にビッグマイナーが入る予定。そこでToyota Safety Sense P 搭載と相まって、半自動運転を強めに打って出ることも考えられるでしょう。

自動運転実現に向けて、安全性の更なる向上を願って、より多くのモデルにさらなる安全装備が普及されることを願いたいものですね。世界一の販売台数を誇るTOYOTAにはその責任と義務があり、実現可能な実力があるように思います。期待しています!

続きを読む

賛否両論!? レヴォーグSTI Sportの先行予約を開始

富士重工業は27日、走りと質感の向上を図ったレヴォーグの最上級グレード「STI Sport」の先行予約受付を開始しました。なお「STI Sport」の発売は今夏が予定されているという情報のみで、販売日などは今のところ不明なようです。

レヴォーグSTI Sport は、走行性能および走りの質、内外装の質感の向上を追求し、スバルとスバルテクニカインターナショナル(STI)が手を組んで誕生させたモデルで、エンジンまで特別なチューニングを施されたモデルではありません。エヴォリューションモデルではなく、あくまで「STI Sport」。BMWでいうところのMではなく、M Sportsという位置づけです。完全なSTIバージョンはWRXの方に任せましょう。

足回りは、専用チューニングを施したビルシュタイン製可変減衰力サスペンション「DampMatic(ダンプマチック)II」をフロントに採用。ショックアブソーバーの特性を活かす専用コイルスプリングとの組み合わせにより、操安性と乗り心地の向上を狙っているとのこと。各種パフォーマンスダンパーの装着で粘りのあるボディ剛性も獲得して、ワゴンとは思えない切れのあるコーナリング性能を発揮するとのこと。

20160527-10245236-carview-001-1-view.jpg

エクステリアは、専用のフロントバンパー・フロントグリル、LEDフロントフォグランプのほか、専用18インチアルミホイール、専用大型デュアルマフラーカッターを装着。ボディカラーはベース車両に用意される7色に加え、「WRブルー パール」、往年のWRCカラーが設定されるとのこと。エアロチューンはフロントのみ、ってことです。

インテリアは専用テーマカラーの「ボルドー」のレザーでコーディネートされ、さらにレッドステッチやピアノブラックのパネルと組み合わせることで、スポーティで落ち着きのある上質なインテリアを目指しています。なぜにレッド系なのか?STIのチェリーピンクをイメージしたのか?謎です。ブラック系のインテリアも用意してほしいですね。その他にはSTI Sport専用アイテムとして、STIロゴ入りの専用メーターやステアリングホイール、サイドシルプレート、運転席&助手席ヘッドレストを採用するようです。

20160527-10245236-carview-004-1-view.jpg

STI Sportは、1.6リッターと2リッターモデルに追加設定で導入されるグレード。
トランスミッションはベース車同様、CVT=スバルではリニアトロニック(2リッターモデルはスポーツリニアトロニック)と呼ばれるもので、往年のスバルファンからはブーイングの嵐ですね。STI名乗るからには6MTか、チューンドAT、もしくはDCTを用意してでもスポーツ性能を楽しめるミッションにしてほしいという意見と、ワゴンでハンドリングをメインにチューンナップされていて、現実的に良い出来が期待できる、との意見とで割れているようです。
CVT自体のデキは悪くないんですが、スバルにATミッションを自社開発する力がない、など妥協の産物としてのCVT採用にも感じます。大人の事情やしがらみを感じるのは致し方ありませんが、スポーティなモデルにはそれ相応の特別なエンジンや足回り、ミッションも用意してほしいところですね。


価格は、ベース車両のGT-Sに対して約40万円UP

・1.6STI Sport EyeSight:348万8400円

・2.0STI Sport EyeSight:394万2000円

STIパーツ専用パーツの追加分だけでなく、内装などの特別感の演出、価格差の分の価値はあると思いますが、トップグレードとしてどこまで人気を博すのか楽しみです。


過去のレヴォーグについての試乗記事も読んでいただければと思います。
レガシーを超えた?レヴォーグ 試乗インプレ①

スポーツカー並みの走り レヴォーグ試乗インプレ②

狭さもスポーツカー並み?レヴォーグ試乗インプレ③ インテリア編

レヴォーグのオススメグレードは?全部アリ! 試乗インプレ④ 装備など

続きを読む

バイクカバー 敢えてのヤマハ製チョイスのススメ

1年間でバイクの盗難にあう確率は1.2%前後とか。100台バイクがあったら1台くらいは盗まれる・・ということになりそうです。
防ぐにはどうしたら良いのか?その対策について記事にまとめていきたいと思います。


盗まれるにしても、盗難に遭いやすい車種というのがあります。
人気車種はターゲットにされやすい。そういった車種を避けることも一つの手段ですが、ようするに人気車種を選べなくとなるということ。せっかくバイクの乗るのに、選択の幅を狭めるのは勿体ないですね。
ちなみにハーレーダビッドソンなどの大型バイクは人気が高いとか。ハーレーは基本設計も古いわりに高額で盗みやすく、高値で捌きやすいとか・・ハーレー乗りの方は注意が必要ですね。

まずはバイクカバーで車種を特定させないようにしましょう。

41f2sYFpcHL._SX425_.jpg

個人的にはヤマハ製のバイクカバーシリーズがお勧めです。3段階のグレードで解り易いし、前後も判別しやすい物が多く、使い勝手も耐久性も安物メーカーとは違います。
雨ざらしになる環境であれば上級グレードの物がオススメ。耐候性が高く、バイクから降りた後マフラーやエンジンの熱が冷めるまで待つべきではありますが、多少であれば大丈夫なように裏地が補強されていたりします。更には裏地がソフトでバイクに傷がつきにくく、高額なフルカウルのバイクなどにも適しているかも。
特に高額なスーパースポーツやアメリカンなどの車種にはそこそこのカバーをするべきかと。

サイズは風でばたつかないようにジャストサイズがお勧めです。
面倒でもメジャーでしっかりと計測しましょう。

リアBOX付きの車種向けのものもラインナップされています。


可もなく不可もなく、中間グレードのカバー。
屋外保管でも屋根付き、雨よけがあって、直接雨がかからないような環境であればこちらの物で十分。
九州地方で雨ざらしでの駐輪という同じ環境での耐久性としては、上級グレードが2年くらい持つところ、中間グレードでは1年くらいのイメージでしょうか。スタンダードグレードだと6か月前後で色褪せてしまし、雨が浸みることも(保管状況や、雨の多い少ない地域にもよる)



スタンダードタイプ。
ガレージや屋内保管に準ずる環境でなければあまりオススメしませんが、原付などの車体価格が20万に満たない車種のカバーに1~2万使うのはちょっと・・・ということであればこういったものをボロボロになるまで使って、また買い替えるの繰り返しでもいいかも。



高額なバイク、特にハーレーやBMW、DUCATIなどの高級輸入メーカーのバイクに乗っているのであれば、ヤマハ製のカバーは強くお勧めできます。車種が特定されないことも重要ですが、一応カバーがヤマハ製ということで、いろんな意味でのカモフラージュになるかも。

51zlp03M4RL._SX425_.jpg

カバーにロックなどの組み合わせは必須、できれば前後サークルロックをするなどしましょう。風でカバーが飛ばされるのを防ぐ効果も期待できます。

駐輪設備、電信柱など、バイク置き場の近くの構造物にしっかりと共締めして固定しましょう。

特に屋外保管の場合は、カバーをすることで、バイクに対しての環境ダメージも減るのでお勧めです。

バイクの盗難防止対策の基本として、まずはカバーリングしていきましょう!