シート高調整の松竹梅 ポジション良くして走りもグレードアップ!

バイクの造り、車でもありがちなコメントですが、既製品は万人受けするように作られているから、モノとして多くの人に常に及第点レベルとか。エルゴノミクスデザインとか言ったりはしますが、身長165㎝と180㎝の人では手足長さなど体躯が違い、実際のところどこまでエルゴしてくれているのかわかりにくかったりします。NC750 シリーズなど車種によってはローダウン(タイプLD)仕様などを用意して足つきに配慮していたりとかあります。(NC750Xのローダウンは派生車種のNC750Sのサスを組み込んだ仕様のようですが)
車はなんとか誰でも運転できるように作られていますが、バイクの場合であれば手足の収まりはかなりライディングに影響します。今回はそのシートポジションについて、コストとのバランスでいくつかのテクニックをご紹介。

最安値、ワッシャーばさみ

ゴム、シリコン、スチールと種類があります。耐久性、耐振動性、その他車体側との相性でセッティングすると良いでしょう。シート裏のゴム部分の先っちょに着けるならゴム、そのゴムを固定しているネジの間にカマすなら鉄とかでしょうか。
例えばシートが若干前傾であったりする場合には前側に3~5㎜相当のワッシャーを噛ませてシートをセッティングすれば、かなり改善されることもあります。たかが数ミリと侮るなかれ、お尻は正直ですよ。※シート固定があいまいになる車種や、フックやアンカーがしっかり固定されなくなる車種もあるので自己責任で。安上がりなポジション調整の参考に。

次点 10000万円以内で調整するなら
まさかのあんこ抜きをセルフで

ショップや通販的なところでも張り替え加工など10000円以内でやってくれるところもありますが、セルフであれば5000円以内で行けるかも。シワになる部分はドライヤーで温めながら伸ばすと上手に貼れるそうです。
ゲルザブなどのシート表面にバンド留めするものもリーズナブルです。シート厚が1~2㎝あるのでポジションアップします。基本はツーリングで長距離走る時にお尻が痛くならないというのがテーマですが、スポーティに走る時にも人間の重心が上がって良かったりします。倒し込みの反応が少し良くなるような感覚なのかもしれません。

シートを上げることのメリットもあったりします。街乗りでの足つきや駐輪時の取り回しにはシート高は低い方が良いですが、シート高を上げることで同じバイクでも若干スポーティになったりするなど、その運動性の向上が最近は認められていたりします。輸入バイクだと日本仕様はローシートのケースが多いのですが、標準仕様にするとプラス4万円前後とかなりハイコストに。そういった時にはワッシャーやシートクッションを活用して見ても良いかもしれません。

コストはかかるが美しい仕上がりとグレードアップを実現するのがシートのリプレイス。(リンク先商品はNC750X用)

SHAD(シャッド)、ツアラーテックなどは日本ではあまり聞きなれないメーカーではありますが、欧州バイクへのOEMなどでパーツを供給していたり、欧州バイクのアフターパーツメーカーとしては実は有名であったりします。

仮にNC750Xとかで、足つきだけであればローダウンリンクなどもあります。5000円前後

もっともコストが掛かるのはサスキットを入れるパターン。10万円コースでしょうか

サスキットであれば最大7㎝ダウンほどまで行けるようですね。ハイパープロの前後のバネのみの交換で7㎝とのこと。交換はDIYでも可能ですが、サスやバネをフルバンプさせる特殊工具など必要になるので、バイクショップでお願いする方が良いかも。

ショートサイドスタンドなども忘れずに装着しましょう。

車高は落としすぎるとコーナリングでスタンドやステップを擦ることになり危険です。NC750Xでなくて足つきのもっと良い他の車種にすればよいのでは?との声も聞こえてきそうですが・・・見た目の好みもあると思うので、そこらへんは敢えてその車種で突っ走るというのもアリでしょう。
ほんのちょっとのカスタムや手入れで愛着もかなり増したりするものです。

ダウンロード.jpg

100円のワッシャーから10万円のサスキットまで、イロイロと工夫をすれば今のバイクがより快適で楽しめるようになるかも?

バイクインプレッションなども参考になれば。

NC750X 試乗記 2016年モデルDCT これはカブ750なのか!?

試乗インプレ アフリカツイン CRF1000L Africa Twin

MT-07って優しいストリートファイターなのか?MTシリーズ比較試乗インプレッション

初心者に優しいバイクの新潮流を作れるか?スズキSV650

アフリカツイン以外はコストダウンが見て取れるモデルたち。購入した後に少しのカスタムでポテンシャルをかなりアップできる逸材ぞろいの国産大型バイクたちだと思います。良かったら各記事見て下さいね。

頭のAって文字の意味なに?数字大きいとエライの?アウディの命名ルール♪

Audiのモデル名 アルファベットの意味って何よ?

メルセデスベンツやBMWなどのドイツ車のブランド内の車種のヒエラルキーや、排気量、カテゴリーなどでアルファベットや数字が割り当てられています。ベンツだとSクラス、BMWだと7シリーズとかだとアウディだと何になるのか?メルセデスのAMGやBMWのM・アルピナってのをアウディの置き換えると何になるのか?

position_map.jpg

初めてのアウディ モデル名の由来などで公式サイトでも紹介されています。日本でも販売台数を毎年伸ばしてはいますが、車好きの中のメルセデス・BMWを外しての敢えての第3の選択肢としてアウディ、となることも多いようです。アウディのイメージは知的で先進的な面があったりします。ですが、反面ワーゲンとグループ会社ゆえに兄弟車関係になる車も多く、イマイチドイツ車ブランドの中では劣る面を感じることも。品質の高さはワーゲン、アウディ共通の美点としてありますが、あと少しメジャーになるために、モデルのラインナップや成り立ちの普及活動をしてくれてもいいのかも?

R8 Audiの最上級スポーツカーでルマン耐久レースでの優秀な戦績をフィードバックしたスーパーカー。
RSシリーズ レーススポーツの略と思っていいでしょう。サーキットで培った技術から生まれハイパフォーマンスモデル。オーバーフェンダーやカリカリにチューニングしたエンジン、激しいエグゾーストノートなどレーシーなチューニングが特徴。馬力を絞り出していてメルセデスベンツでいうところのAMGみたいなものです。
S ベーシックモデルをベースとして、よりスポーティにチューニングしたモデル。エンジンや足回りにも手が入っていますが、そこそこのレベルで仕上げたコンプリートカー的な感じ。ベンツやBMWにはないレベルのチューニングモデルかも。
S line ベーシックモデルにスポーティなエアロとアルミ、ホールド性のあるシートとカーボンやアルミをインテリアに配した見た目にこだわったスポーツ風パッケージ。
Aシリーズ AudiのA から来ていて、ものごとの始まりのA やAttractive(魅力的)に由来するとのこと。ラインアップを構築するセダン・アバントなどのコアモデル。ちなみにアウディではワゴンモデルのことをアバントと呼びます。他社ではツーリングやエステートと呼ぶこともあるかも。
TT Audiの考えるコンパクトスポーツクーペ。ツーリスト・トロフィーの略で、ロングツーリング×レースみたいなイメージを持たせている。二人旅に適しているクーペ的な。
Qシリーズ Audiが誇るフルタイム4WDテクノロジー「quattro®」に由来して「Q」となっている。基本SUVの4駆のモデルラインをQと言いますが、コンパクトモデルにはFFもあります。アウディの4WDの性能はラリーなどで証明され、スポーツカーにも4駆を、の先駆けであったりします。

数字が大きくなるにつれてボディサイズやエンジンサイズがアップします。Audi A1が排気量の小さいエンジンを積載したカジュアルコンパクトモデルで安いモデルであるのに対し、Audi A8はボディサイズもエンジンサイズもセグメントの頂点に立つハイエンドなラグジュアリーモデルとなります。間違いなく、数字が大きいとエライ、というか、価格も非常に高い。

「Vorsprung durch Technik」技術による前進、がアウディの掲げるスローガン。ゆえにステーションワゴンを「Avant」=前衛的 に銘打たれ、単なる荷物運搬用車両ではなく、先進的で合理的な乗り物という思想の表れだったりします。さらには4ドアクーペを「Sportback」と呼び、スポーティで美しいクーペフォルムをもちながらも、リアにハッチゲートを備えたファストバックであるとの意味だそうです。実用性でなく、美のために流麗なスタイルを採用しているんですね。

サイズやカテゴリ、チューニングにより、論理的にキャラクターを組み立てているイメージのあるアウディ。
各車種にそれぞれの魅力があり、それぞれに対応した価格が定められています(´;ω;`)
価格は高いですが、時期によっては値引きが期待出来たり、モデル末期の車種や販売テコ入れ車種であれば金利が0.1%であったとか、残価設定が高めになっていたりとか、手に入れやすい条件が出てくる時があります。
興味がある方は夏のボーナス時期、年末(年度末)、3月などに購入時期を当てていくと良いかもしれません。

アウディの試乗インプレッション各種

アウディA1スポーツバック3気筒1リッター 試乗インプレ スタイリッシュ都会派低燃費スペシャル

アウディA3スポーツバック 1.4リッターターボFF 試乗記

3シリーズが1.5ならアウディは1.4と来た A4新グレード追加情報

新型アウディA4 モデルチェンジで半自動運転を可能に?メーターも必見!

アウディQ3 1.4TFSI 試乗記 お値段の割に安全装備はイマイチかな?

ニッチでお得な名車?アウディオールロードクワトロが新型に!

新型アウディ Q7に試乗 速報インプレッションをお届け!

3列シートのSUVなんていかがでしょう? プレミアムなダイナマイトボディ、アウディQ7なんてどう?

続きを読む

MT-09トレーサーはヤマハのムルティストラーダに成れるのか?

ドゥカティムルティストラーダと同じ成り立ちと言える、MT-09トレーサー。クロスオーバー風のルックスのバイクでありながら、前後17インチのややワイドなタイヤを履いているなど、実際はほぼオンロードモデルというのが被っています。
アドベンチャーやクロスオーバーと呼ばれるモデルの市場がドル箱状態なので、各社魅力的なモデルが出てきて乗り比べるだけですごく楽しいです。ホンダでもVFR1200Xを筆頭にVFR800X、NC750X、400Xなど、オフも行ける風のアドベンチャーからオンロードメインの前後17インチモデル、エンジンのパンチが効いたもの or 低燃費スペシャルかなど、各種取り揃えています。

MT-09トレーサーはシャープなフロントカウルとウインドスクリーンとハンドガード、ボリュームを増したタンク、シート、そしてスッキリとしたテールまわりなど、全体的にメリハリがありつつもエッジが効いたデザインが特徴です。エンジンやマフラー、フレーム、前後サスペンションはMT-09と共通でちょっとチューニングを変えたくらいだそうですが、フロントのフェアリングの荷重が増えた分の微調整位だとか。MT-09のストリートファイター風のルックスよりもトレーサーのようなフェアリングがある方がなんだか自然に見えるのはなんでだろう?好みの問題かもしれませんが、結構スタイリッシュで機能美にも満ちたモデルと思います。

exterior01_002.jpg

ムルティストラーダやVFR800X、トライアンフの廃版になったタイガースポーツなど、前後17インチのアドベンチャーツアラー風のスポーツツーリングモデルは特に日本国内で99%オンロードを走ることを考えたら現実的かつ合理的な選択。MT-09トレーサーはABSだけでなくトラクションコントロールや「D-MODE」と呼ばれる走行モード切替システムで「STD」「A(ハイスロ化風のスポーツモード)」「B(穏やかで扱い易い出力特性)」の3種の出力特性をチョイスすることができます。ライダーズシートは手動で2段階に高さ調整が可能で、ハンドルライザーの組み換えで前後に10mmアジャスト可能なハンドル位置とも相まって、体格や好みに応じたライディングポジションに調整するというマンマシンインターフェースも備わっています。強いて言えばドゥカティでいうところのスカイフックサスペンション的なサスペンションコントロールまでは備わっていないのが残念ではありますが、プレミアムな感じはなくとも、ファンな感じはかなり濃いと思うので、十分なところかもしれません。ドゥカティでいうところのハイパーストラーダの方が近いかも。

846ccの水冷4ストロークDOHC4バルブ直列3気筒はMT-09譲り、110PSの最高出力と180サイズのリアタイヤなどとの組み合わせでスポーティに走ることも可能です。ライドバイワイヤでアクセルのレスポンスは良いですが、モードによっては過剰な反応をするような感じもあり、慌ててフロントブレーキレバーを引くと思いの外フロントのノーズダイブがしたりなど、ギクシャクしがちなので注意が必要です。特にノーマルのハンドルは幅が広く、操作に慣れるまでは繊細なコントロールを心がけましょう。個人的にはハンドル幅を狭めてやや手前に持って来たいと感じます。広げるのはハンドルに力を加えるようなオフ車的な乗り方には合うと思いますが、ツーリングバイクとしてスタンディングせずに乗るなら手元で操れる方がメリットが多いかと。それでも慣れれば扱いにくいこともなく、豊かなサスストロークで乗り心地の良さとコーナーでの姿勢変化などを楽しめる上に快適性もかなり高いという、素敵なバイクだと実感できるでしょう。

個人的にはMTシリーズの中のベストバイかなぁってところです。使い方によりますが、通勤メインならトップケースを着け、ツーリングメインならサイドケースを着ける、そんな感じでかなり便利に使えるバイクになるように思います。
Q5KYSK085E01.jpg
Q5KYSK069P02.jpg
トリプルボックス=フルパニアはヤマハのショップ的なにはNG・・?っぽいですが、取り付けや加工など応相談みたいな感じのようですね。
Q5KYSK085P03.jpg
耐荷重的にリアのフレームが心配と言えば心配なようなんですが、まぁ、よほどの重量オーバーでない限りは問題ないとのこと。


MT-09 TRACER ABS 1,047,600円 となっていて、MT07の 75万 MT09の 90万円くらいの価格と考えると、差額15万円、スクリーンにハンドガード、調整式のシートとハンドル、容量の増えたタンクなど、価値はあると思います。パニアケースやトップケースなどとも相性良さそうで、ツーリングとスポーツ走行のバランスの良い一台だと思います。MT-07トレーサーというのもいずれ派生車種としてラインナップされるようですが、走りのダイナミズムの高さでMT-09が色褪せることは無いでしょう。

MT-09はせっかちナンバーワンなのか?MTシリーズ比較試乗インプレッション

MT-07って優しいストリートファイターなのか?MTシリーズ比較試乗インプレッション

NC750X 試乗記 2016年モデルDCT これはカブ750なのか!?

NC750X 試乗記 後編 2016年モデルDCT 日本一周ツーリング応援バイク?

初心者に優しいバイクの新潮流を作れるか?スズキSV650

本当に万能なのか?ムルティストラーダ1200S 試乗レポート短評
トライアンフ タイガースポーツ 試乗インプレッション

その他の車種の試乗レポートなども見ていただければ。

Eクラスのワゴンを選ぶ理由とは?頂点のクルマって意味があるって知ってた?

Eクラスはヒエラルキーのどこに位置するのか?それは乗用ワゴン最高峰に位置しているということを意味する。Eクラスのエステートを選ぶということはそういうこと。
Eクラスはメルセデスではアッパーミドルクラスのセダンとワゴンの主力車種で、プレミアム感とラグジュアリーテイストがあるのが特徴。カラーリングによっては気品漂うとも言えるし、威圧感あるとも言えます。
歴代モデルのボディサイズは
2003年からの3代目 S211全長×全幅×全高4885×1820×1500mm
ME_S015_F003_M007_1_L_640x480.jpg
2010年からの4代目 S212全長×全幅×全高4910×1855×1500mm
02.jpg
ME_S015_F004_640x480.jpg
2016年からの5代目 W213型(セダン)ワゴンは未発表ですが、同程度のサイズが予想されます。 全長×全幅×全高4930×1850×1455mm
ME_S014_F005_M001_1_L_640x480.jpg
数値的に上記のようになっており、全長は5メートル以内に収まっていますが、かなり大柄なモデルであるのはお解り頂けると思います。

ちなみに、メルセデスの乗用車のヒエラルキーとしてはスペシャリティなSクラスを頂点に、エグゼクティブなEクラス、コンパクトなCクラスといった序列となっております。中間レベルの車種だからと言う理由でEクラスのワゴンを選ぶ人はいないかもしれませんが、敢えてSクラスでなくてEクラスの一番高いヤツ、とオーダーする人はいるようです(汗)Sクラスのワゴンが出ればそちらを選ぶ人もいるかもしれませんが(笑)番外編としてCLA、CLS・シューティングブレイクなどの派生車種的なセダン・ワゴンライクなモデルもあります。

Sクラスにはワゴンモデルは存在しないので、普通乗用車で世界最高級のステーションワゴンと言えば・・?との問いに、Eクラスのステーションワゴン、となります。セダンのようにフォーマルな見た目の固さではなく、広い荷室の分アソビのあるイメージを醸し出すということでワゴンボディがお勧めです。実際アウトドアなどの趣味の道具などもかなり詰め込んだりすることのできる実用性もあります。4WDを選択するもアリ。
もっと高価格でもっと大きなボディのモデルなどもありますが、わかりやすいセグメントの中でのある意味頂点に立つモデルというこで、覚えておきましょう。日本車も、ドイツの他のメーカーも、Eクラスのワゴンを一つのベンチマークとして車両の開発を進めているということもあるんですね。

メルセデスのEクラスは走りは過不足のない出力の実用型のエンジンに、新機軸の安全装備や快適装備を持ってきてベンツブランドの先進性の象徴となっていたりもします。時にはかなり先走った装備であった、雨天時走行にディスクの水分の除去を行う機能やディスクとブレーキバッドの間隔を狭める機能などを備えた「SBC (Sensotronic Brake Control)」が装備されたりして、不具合など安全性に重大な問題がありリコールが2回も行われたりしてその後すたれたり、忘れ去られるようなものもあったりしますが、チャレンジングな車であったりもします。

2016年のモデルチェンジでは半自動運転のドライブパイロット」というのがあり、「ディスタンスパイロット・ディストロニック」「ステアリングパイロット」「アクティブレーンチェンジングアシスト」「アクティブエマージェンシーストップアシスト」などなど、センサーの塊と言える見えないバリアで守られているような車になっています。

新型Eクラスの外装はSクラスに準拠したデザインでかなり保守的になりましたが、インテリアはハイテクで攻めた感じです。
20160815.jpg
ATのセレクターレバーをセンタートンネルから取り去ったのは数モデル前から、ハンドルの脇にいくつものスティックがそびえているタイプ。メータ―パネルはナビの液晶と一体となって、センターコンソールにはマウスのようなタッチパッドとロータリーダイヤル的な物があり、ダイヤルと共にコマンドシステムと呼ばれるナビを操作する感じです。パネルの面積も広く、レザーで多いステッチを効かせたダッシュボードはクルーザーなどの船舶をイメージしたものだとか。

価格もかなり高価格帯となり、700万円~のスターティングプライスとなっています。
4リッターターボ:500馬力オーバーのV8エンジンを搭載したAMGモデルだと1500万円~となり、スペックと共に価格も超ド級に。
2016年・2017年に導入されるEクラスステーションワゴンももちろん最新鋭でオススメですが、価格のこなれた中古車もオススメです。
2013年以降のモデルであれば、「BAS(ブレーキアシスト)プラス」「PRE-SAFE(プレセーフ)ブレーキ」「アクティブ ブラインド スポットアシスト」「ディストロニック・プラス」「アクティブ レーン キーピング アシスト」などの安全装備の充実したレーダーセーフティパッケージ装着モデルが中古でも出回っています。ディーゼルもかなり以前から日本導入していて、実は日本に於けるディーゼル人気の2000年代の火付け役とも言えるようなモデルであったりもします。400万円前後で世界最高峰のモデルを堪能するという選択肢、いかがでしょう?

続きを読む

3シリーズが1.5ならアウディは1.4と来た A4新グレード追加情報

アウディなりのテコ入れとして、A4に追加グレードで1.4リッターターボのFF廉価グレードが追加されます。

20161025_A4Avant1.4TFSI_1-600x449.jpg

A4は2016年初頭のモデルチェンジにて大幅な値上がりをしていまい、FFモデルでありながら500万円を超えるスターティングプライスに。先進装備などの評価は高く、一定のファンには受け入れられていますが、ヒットには至っておらず、3シリーズやCクラスには及ばない感じです。500万円を切るグレードの設定は必須ということで、初の1.4リッターターボの採用、日本導入となっています。今では3シリーズに1.5リッター3気筒が設定される時代。ダウンサイジングの展開は輸入自動車メーカーを筆頭にすごく勢いがあります。国産車ではまだそういったコンセプトの車が多くないので、そういった先進性も含めてドイツ車は進んでいると感じます。

最安のA4セダンで447万円~
A4アバントで476万円~
となっており、BMWやメルセデスと対抗する価格帯になっています。
アウディの自動ブレーキや、運転支援システムの一部、ナビは標準、半自動運転的な先進安全装備などセーフティパッケージ的なものはオプションです。内装はファブリックだと質感高くなくて微妙、レザー(もしくは合皮)とのコンビシートなどは質感高い物となります。

エンジンやDSG等はアウディA3、ワーゲンゴルフやパサートの1.4リッターエンジンと同じとなるので、アウディ・ワーゲングループ的な棲み分けが難しくて1.4リッターの採用は悩ましかったところです。2リッターをメインに据えると価格たが高めで販売面は苦しく、安いモデルを売るため背に腹は代えられないということで導入。他社はセグメントを代表するFRのスポーツセダンというのを強みにしている中、アウディ的にはFFでは太刀打ちするのが難しかったり、強みであるクワトロは高価だったりとか、売り方にも苦しんでいるそうです。実際の走りの完成度などはFFなどという駆動形式はもはやあまり関係なく、ゴルフなどを筆頭にスポーツ性・ハンドリング、走りの性能に関してもビハインドはあまりないと思います。FFモデルであってもアウディの中で選択肢が増えるということは歓迎です。

1.4リッター追加と同時にファーストエディションということで特別仕様車もラインナップされています。スポーツグレードであるS-line風にまとめたもので、セダン・509万円 /アバント・538万円 となっています。こういった登場当初の特別仕様車は、新しい物に飛びつく人向けに装備を豪華にまとめたもの。A4に興味がある方にはかなり割安なモデルだと思うので早めにチェックを。値引きに関しては出たばかりは厳しく、来年の3月頃には在庫車などでそこそこの額の値引きが見込めるようになると思います。そこまで待つのも一考かと。まずは展示車のチェックや試乗など、行ってみましょう。

パサート試乗記 1.4でアウディ要らず?

ワーゲンの不人気車?実はすごいハイテク先進安全NEWパサートについて

新型アウディA4 モデルチェンジで半自動運転を可能に?メーターも必見!

アバント=ワゴン アウディ新型A4アバント試乗記短編

3シリーズのディーゼルの性能は如何に?値引き情報も!

などの記事も参照いただければと思います。

続きを読む