ジャスティはやめておけ!?スバルの兄弟車は損をするかも というハナシ

スバル・ダイハツ・トヨタの国内戦略車、ルーミー・タンク、トールの兄弟車、スバルジャスティ。
日本で約21年ぶり車名復活となりましたが、ある意味初代のcompactハッチバックを現代の水準に当てはめればもしかしたらこうなるのかも?・・といった感じでしょうか。

デザインエッセンスがまんまトヨタのルーミーの標準フェイスと、ダイハツトール・トヨタタンクのカスタム顔という取り違っちゃったのかと思うような組み合わせで販売。エンジンが1リッターなんてのは旧ジャスティを彷彿とさせちゃう当たりはちょっと面白いところ。

スバルジャスティ 標準モデル
photo3.jpg

トヨタルーミー(カスタムですが・・)
IMG_20161206_113625.jpg

スバルジャスティカスタムグレード
photo5.jpg

タンクカスタム
IMG_20161206_113521.jpg


ちなみにつぶしにかかっているライバルのソリオ
1_o.jpg

ソリオバンディット(トヨタ・ダイハツで言うところのカスタムグレード的な)
4_o.jpg

デザイン的にはスバルの組合せはやはり謎。
ジャスティの美点としては全車スマートアシスト付きのグレードしか設定がないというところ。
自動ブレーキ普及の立役者的なメーカー故に、そこだけは譲れないようです。
スバルが本当に売りたいのはインプレッサやレヴォーグですが、どうしてもコンパクトカーや軽自動車をラインナップせねばならず、トヨタやダイハツの圧力に屈しなければいけない部分もあるようです。
しかし、販売店はジャスティを全然売る気がない。展示車も試乗車もほとんどのディーラーで用意しないという中々の暴挙。インプレッサの販売時期とややカブリ、どちらを優先・・となればOEMではなくて自社の自車となるようです。

同時期に販売が被ったスバルインプレッサの試乗記 シリーズで⑤まで続きます。
インプレッサスポーツ試乗①・レガシィを超えるのか?
インプレッサは200万円~でデキの良いスポーティな乗用車。ジャスティとはコンセプトが違います。

スバルでは以前もOEMでトヨタラクティス→トレジアを扱っていたりしましたが、全然売れませんでした。売れてもあまりスバル的には利益は出ず、走りの質感でも全くスバル車の水準ではなくプアなもので、中古市場では寝落ちが激しく下取りも悲惨と言う販売店泣かせな問題車であったりしました。

今回の新型ジャスティもOEMで供給されるものの、走りの性能ではイマイチです。1リッターのNAに関しては動力性能的にギリギリ許容できるかどうかと言うレベルだと思います。しかもスバルで買うと、メーカーのバッジのせいで売ろうとした時に二束三文になりかねないという多大なリスクを含んでいます。値引きも自販でないので渋く、魅力と言えば好みの顔の選び方とグレード選びがシンプルで、人気が微妙なため納期が早めなくらい(地域によってことなるそうですが)。

photo12.jpg

内装の使い勝手はスバル車にないものを備えており、子供などの家族を中心に短距離の移動、車内での過ごし方にフォーカスする車としては中々リーズナブルで、良いチョイスになり得ます。スバル車で広々とした室内とスライドドアの車は無かったりしますので、使い道によっては選択肢に上るかもしれません。

ただし、スバルで買うというデメリットが結構あるということを念頭に置いて検討しましょう。
トヨタ、ダイハツで買うことを強くオススめします。



過去の試乗インプレ参考にしていただければと思います。

ルーミー試乗 不足するパワーをどう考えるか?インプレ①

走りを楽しむのとは対極にある ルーミー試乗インプレ②

ルーミーのターゲットはメンズ?インテリア編 試乗インプレ③

ルーミー・タンクのリアシートはソリオ越え? 試乗インプレ④

ルーミー試乗インプレ⑤ 装備 価格 値引き編

ライバルの試乗記

トヨタ製のソリオに負けない スズキ・ソリオ試乗インプレ①

エンスト?進まない?走行状況に注意 ソリオハイブリッド試乗インプレ②

パクられまくっても負けてない ソリオ試乗インプレ③インテリア編

ソリオハイブリッドのユーティリティーはいかほど?試乗インプレ④

ソリオとルーミー値引きはどちらが大きいのか試乗インプレ⑤

続きを読む

C-HRは今買わない方が良い?オススメグレードは?試乗記⑤

納車まで3か月以上待つということで人気車種となっているトヨタ新型C-HR。ザックスのサスを装備して欧州車的な走りを実現、内装はデザイン製でそこそこの上質感を演出、プリウスとのプラットフォームの共有でコストを抑えてそこそこ割安に見え、ハイブリッドはプリウス・1,2リッターターボはオーリスと共有してコストカットでターボで4WDとなるとトヨタ的珍しい組み合わせ・・など売れる要素を備えまくっています。ハイブリッドには前輪駆動の2WD、ターボには4WDのみと割り切った設定。ハイブリッドの4WD、ターボの2WDは今のところ用意されていません。今後売れ行きを見て、ユーザーの要望に応えたという形で新しい組み合わせのグレードが展開されると思われるので、それを待ってもいいかもしれません。

ちなみに都市部のマンションなどに多い機械式駐車場ではC-HRは入らない可能性があります。
駐車場の規格をしっかりと確認しましょう。
ハイブリッドは全高が1550㎜となっていて利用可能なところが多く、ターボ(4WD)は1565mm、入らないところが増えます。
全幅が1795mmあるというのも要注意ポイントと言えるかもしれません。

081_o.jpg

過去のC-HRの試乗インプレも参考に
超速試乗 C-HR ターボ4WD試乗インプレ① 加速が重くないか?
C-HRは欧州車の香りがするのはなぜか? 試乗インプレ② ハンドリング編
C-HR試乗インプレ③ デザインとリアの居住性などなど
C-HR試乗インプレ④ ナビの収まるインパネって実は・・

ハイブリッドに関してはプリウスの試乗記も参照して頂ければと思います。
クラウン並みの静かさ? 新型プリウス試乗レポート 概要編 
その走りはVIPカーばり? 新型プリウス試乗レポート エンジンモーター走り編

C-HRのハイブリッド仕様のインプレも近日中にアップ予定です。

出たばかりですが、納車までにそこそこの期間がかかるとのことでエコカー減税の適用を受けられるのか?といったことも気にかかる人も多いとか。3月末までに納車分であれば適用OK、4月以降・来年度も概ねエコカー減税延長されるだろうとの見通しで見積もりを作ることも多いようです。もし、納車スケジュールと減税で問題あればその分は販売店が持つ!と強気で言い切るところもあるようです。震災・天災的なもので不可抗力的に遅れることもしばしばあるので余裕を持った車選び、納車スケジュールとできるように、常日頃から新車チェックは大事ですね!

ちなみにエコカー減税の概算でいくと 
ハイブリッドが10万円くらい
1.2リッターターボが2万円くらい
と、なっています。ハイブリッドを選択する方には割と重要になってくる額です。

人気のグレードは1.2リッターターボ(4WD)のG-Tグレード。18インチアルミのモデルですね。
2,775,600円~ からのグレードです。
20161217_1303400.jpg

次いでハイブリッドのG(上級グレードのほう)
2,905,200円~
その次がハイブリッドのS
2,646,000円~
最後がS-Tのターボの廉価グレード。
2,516,400円~
新車の販売開始直後の傾向として、上位グレード、装備てんこ盛りが多く出るというのがあるようで、販売が落ち着くと廉価グレード~中間グレードに人気が映るというのが通例だそうです。

装着の多いオプションがナビ 10万円~30万円までありますが、30万円のナビは値引きが出来るとのことで比率が高めになっているとか。
ダウンロード.png

次いでLEDランプ関係のもの。15万円くらい。
レザーシート(7万円)は装着率は微妙だそうです。ノーマルのファブリックやハーフスエードレザー調のものでも十分に質感が高く満足度が高め、必要性が薄いとのことです。

カラーはホワイトとレッドが有償で3万円くらい。
下取りに有利な白黒とカタログでのイメージカラー的なシルバーも人気が高いとか。陰影がきれいに見えるということで濃い目の色が映えるということで色選びは楽しそうな車種です。おそらく流行りのツートンのルーフカラーのモデルが追加になるとのことですが、時期は未定だそうです。1年とか2年経ってのモデルやグレードの何かしらの目新しさを出す時に合わせてくる可能性が高いでしょう。

値引きに関しては渋く、5~10万円前後とのこと。オプションの装備品によって値引き・・とありますが、ナビ・バックモニター・ETC、コーティング関連の値引きがメインとのことです。本体と合わせての値引きとしては20万円前後が限界かと思われますが、直近でMAX値引きは3月頃にならできるかも、販売店による提示条件との兼ね合い次第でしょう。

比較となりそうなモデルとしては日産のジューク、
ホンダのヴェゼル、
そしてマツダのCX-3と言ったところ。
輸入車だとプジョー2008とかだと値段的に260万~ と、バッティングするところでしょう。
それぞれのモデルに一長一短あると思いますが、簡単にまとめると
ジュークは単純に安い。173万円~
ヴェゼルは広い。走りがスポーティ、だけど硬い乗り心地。ここ最近のコンパクトSUVのベストセラーでランキング上位。200万円前後~
CX-3はデーゼルゆえに走りもパワフルで乗り心地も欧州車的、室内はC-HRと同じような感じで狭め。しかしディーゼルオンリーで値段が高め(と言ってもC-HRと同じくらい)250万~ となっていて売れてない不人気車種になっています。

C-HRの初期のオーダー的には乗り出しで330~350万円前後のモデルが多いという話です。
多少は割高でも、新しくてトヨタが満を持して販売するSUVだから人気、という気もしますが、まずは実車の早めのチェックが大事かもしれません。新しものに飛びつくタイプでなければ、今後のグレード展開やカラーバリエーションの追加など、年次改良やマイナーチェンジくらいまで待っても良いかもしれません。そこらへんで完成度・満足度が高まる車かもしれませんね。

目が細くて背が伸びたデミオなのか? CX3試乗 走り編

プジョー2008マイチェン! 全高はちょっとよろしくないが自動ブレーキは歓迎☆

などの記事も良かったら見て下さいね。

続きを読む

C-HR試乗インプレ④ ナビの収まるインパネって実は・・

高い完成度で評判となっているブランニューモデルのトヨタC-HR。
コンセプトカーの形を忠実に市販モデルに落とし込んだと人気を呼んでいます。インテリアにしてもショーモデルのような高いデザイン性とドライバーオリエンテッドな雰囲気が人気を博す理由のようではあります。

しかし、ショーモデルやカタログとちょっと違和感を覚えたナビ周りのインテリアの質感。
試乗したのはG-Tという1.2リッターターボの上級グレードですがナビなしのモデル

20161217_130742.jpg
ややドライバーの方を向いているナビやエアコンのスイッチ類ですが、ナビ周りのボリュームが少ない・・?
20161217_1307423.jpg
蓋をしてあるから・・?と思いきや、
9インチのナビを付けるとセンタークラスターパネルが一回り大きめの物に変更になるとのこと。

カタログに写真掲載されていたり、試乗車でデモカー的に仕立てる時は9インチのナビをインストールするよう仕向けられていたりするようです。
05_01.jpg
センターパネルごと交換して9インチのナビを装着。C-HRのインテリアにはこれくらいのボリューム感などがマッチするように思います。
05_011.jpg

パネルごと交換する9インチのナビは25万~30万円くらいの設定です。
7インチのナビで10万円~20万円くらい、このタイプだとセンタークラスターは標準の(私の乗った試乗車サイズ)ものとなり、やや小ぶりにはなります。大きいナビが収まる方が車の外観とのバランスやサイズ感的に似合うような気がしますが、9インチの装着で300万円超えてくるのは間違いないでしょう・・

インテリアの見どころとしては、フロントシートのボリューム感が良いことがあり、着座感がワンクラス上のモデルのように感じること。コンパクトSUVという括りで言えば、シートに関してはレクサスNXと比べても見劣りしないかもしれません。

デザインのアクセントとしてはダイヤモンドの形、ひし形がモチーフとなっているそうです。
ルーフを走るダイヤモンドの流れ。
08.jpg

ドアの内側のパネルの紋様もダイヤ風。
carlineup_c-hr_interior_cockpit_pic_13.jpg

エアコンのスイッチやハンドル埋め込みのスイッチ類もダイヤモンド柄になっています。
20161217_130734.jpg

ミニが丸・〇モチーフを使ってデザインの全体のコーディネートをするような感じで、C-HRも随所に菱形のデザインを入れてきていますが、これが伝統として貫き通せるかが見ものです。トヨタのそういったモチーフは万人受けしないとなるとあっさり変更になることも多く、一貫性のないモデルデザインとなることが多かったりしますので、マイナーチェンジやモデルチェンジで古臭くならないことを祈りたいと思います。

外観、内装のデザインの目新しさやに心を奪われがちですが、インパネの質感、触り心地でいうとけっこうハード系のプラスチックを使っていて、実はそんなに高級感はありません。レベルでいうとシエンタに近い感じでしょうか。デザインで質感の低さをカバーする≒コストが低い素材をそれなりに仕立てる好例としてあげらることの多い車種ですが、なんとなく似ているものを感じます。爪で押したり叩いたりすると音と感触で質感が解るかもしれません。若干ですがプリウスの内装の方が良い素材(感触の良い素材)を使われている面積が広く、長期間保有したときの質感の高さで差が出るかもしれません。
ターボの4WDモデルでも車内へのロードノイズなどの侵入は少ないので、走りの実の部分を優先して作られているように感じます。
この辺はぜひ実車をチェックしてほしいところです。

試乗インプレ⑤へと続きます。

過去のインプレも参考にしていただければと思います。

超速試乗 C-HR ターボ4WD試乗インプレ① 加速が重くないか?

C-HRは欧州車の香りがするのはなぜか? 試乗インプレ② ハンドリング編

C-HR試乗インプレ③ デザインとリアの居住性などなど

クラウン並みの静かさ? 新型プリウス試乗レポート 概要編 

その走りはVIPカーばり? 新型プリウス試乗レポート エンジンモーター走り編

続きを読む

C-HR試乗インプレ③ デザインとリアの居住性などなど

C-HR、見るからに狭そうに感じるのに、よくコレで市販に踏み切ったな・・と多くのトヨタ車ファンの方は思ったのではないでしょうか?コンセプトカーに似せて、しっかりとデザインにエッジを効かせて登場させてくれました。

リアのランプの造形とか、かなり頑張っています。鉄板の加工で実現できないデザインの部分は樹脂パーツを用いて形を作るなど、こだわりが見えます。トランクスポイラーとルーフから傾斜の流れなど、ワゴンとは思えない角度でガラス面が備わり、アグレッシブさを強調しているようです。
20161217_130720.jpg

個人的には色んなライバル車からのインスパイアを受けたものもあると思いますが、その筆頭と言えばリアドアのハンドルでしょうか。

20161217_130726.jpg

ドアハンドルのレバーをヒデゥンタイプの物を採用していて、ジュークとヴェゼルの後に続いています。アルファロメオにも多かったタイプですが、リアドアがスムージングされたようにキレイに面が出せるというメリットや空力的なプラスポイント、デザインのアクセントになっています。反面、ドアを開けるときがやや手間だったりします。たぶん、C-HRのドアは子供からすると非常に開けにくい。100㎝の子供であれば届くとか、開けられるとは営業マンの話ですが、小学生未満には開けずらいのは間違いないので、そういったキッズがいる場合にはエスコートして開けてあげましょう。

リアのガラス面積は異常に狭いのですが、室内は思いのほか閉塞感はないかもしれません。
20161217_1303401.jpg

スライドやリクライニングは無く、荷室とのアレンジもシートの6:4に分けての前倒しのみですが、リアシートの着座感はまあまあ。肘周りのスペースがあり、そこそこ広くは感じますが、印象としてはパッソのシートと同じような感じかと思いました。
12.jpg

外からの見た目の割に広めです。
大人4人の乗車であれば難なくこなせる居住性と言えます。
2016.jpg
フロントシートが大きめでセミバケット風、肉付きの良いシートバックゆえに圧迫感を感じる方も居るかもしれませんが、足元、膝前のスペースに関しては確保されています。物理的には空間はあっても、見た目の印象的には圧迫感はあるので、感じ方は人によって差がありかもしれません。ぜひ実車を見てみましょう。

なぜかリアシートばかりのインプレッションになってしまいましたが、見た目に反してトヨタ的な快適性は最低限担保されている印象。ラゲッジスペースがそこまで広くないということや、リアシートのスライドできず荷室スペースの調整ができないなどの使い勝手でやや不便な部分はありますが、コンパクトSUVとしてそこそこ広くて快適、3人くらいであれば板3枚積んでスノーボードに行くなどの使い方もできると思います。トヨタでSUVでスノボ・・というとあまり他の車種で選択肢はハリアーかランクル(笑)、となんだか大げさな車というチョイスに。パーソナルでコンパクトなスノーボードエクスプレスとしてはもしかしたらC-HRは良いのかもしれません。

超速試乗 C-HR ターボ4WD試乗インプレ① 加速が重くないか?

C-HRは欧州車の香りがするのはなぜか? 試乗インプレ② ハンドリング編

このあとにも
試乗記続きます。
C-HR試乗インプレ④ ナビの収まるインパネって実は・・
更新しました。

続きを読む

C-HRは欧州車の香りがするのはなぜか? 試乗インプレ② ハンドリング編

1.2リッターターボの動力性能は凡庸ではありますが、ハンドリングと乗り心地に関してはヨーロピアンな香りがする、トヨタC-HR。バッジだけ変えてレクサスを名乗っても良いような、NXの弟分としても良いような気がします。大衆向けトヨタからは振り切れた存在のように感じます。

超速試乗 C-HR ターボ4WD試乗インプレ① 加速が重くないか?

20161217_1303400.jpg
G もしくは G-T のグレードは 足元が18インチ(225/50R18)になり、アルミのデザイン性も中々純正にしてはかっこいいと言えるもの。乗り心地も悪くなく、サスペンションとの相性が良いように感じます。エッジの効いたデザインのC-HRにも、イメージ的に18インチが似合っていると思います。

標準の S ・ S-Tには17インチ(215/60R17)となっています。乗り心地は18インチのアルミ装着モデルよりも柔らかい感じになることが想像されます。
余談ではありますが、スタッドレスは16インチまでインチダウンすることもできるようで、215/65R16サイズがイケるかも?とのこと。
インチアップに関してはモデリスタなどのトヨタ系のチューニングメーカーから19インチが早くもラインナップされているとかで、より派手さを強調する足回りのセットアップも可能なようです。

“TNGA”(Toyota New Global Architecture)と呼ばれるプリウスから採用される新しいプラットフォーム、これをTENGAと読み間違うのは私だけではないはず。と、そんな話はおいておいて、C-HRに装着されるショックアブソーバーのメーカーはSACHS(ザックス)という欧州製の物。BMWへの純正採用など、ヨーロッパ車に多く装着されているもので、アフターパーツもリリースしていたりします。日本車だとスバルなどがモデルによって採用していたりします。

40-1.jpg

欧州製の足回りを手に入れて、プラットフォームもしっかり感があり、18インチのタイヤの剛性感もあってフラットな乗り心地とそこそこ俊敏なハンドリングを手に入れていると思います。デザインコンシャスでハンドリングがキビキビ系のなコンパクトSUVとしてはホンダのヴェゼルなどありますが、あちらは足回り突っ張っているのかと言うくらい硬かったり、日産ジュークはソフトなテイストだけど少し頼りなく、R60型 BMWのミニクロスオーバーに近い感じかも?と思います。ただしC-HRの1.2リッターターボでは、加速感などのエンジン性能では、正直なところ旧型になるミニクロスオーバーの1.6リッターにも劣っていると思います。回して楽しいとかフィーリングの部分は欧州車に及ばず。

剛性のある骨格にやや硬めだけど良く動く足回り、そういったセットアップは言うほど簡単な事ではないと思いますが、C-HRはそれを実現した車だと思います。タウンスピードでの硬さも許容と言えるますし、速度を上げた時のスタビリティもSUVっぽさを感じないフィーリング。峠道のようなコーナーの連続でも揺り返しが少なく、運転者は楽しめる車かと思います。デザインのアグレッシブさに目が行きがちですが、作り込みの良さとハンドリングの良さは試乗してみると良いのではないかと思います。ダウンサイジングターボはパワー不足を感じることもあるかもしれず、トヨタとの協業が噂されるBMWの1.5リッター3気筒ターボなんかと組み合わせることが出来ればいいんじゃないかなぁと夢想を膨らましたくなるような車です。

試乗インプレッション③デザインとリアの居住性などなど  まだまだ続きます。 

続きを読む