装備と価格に納得できる?CX5はコスパ高いか!?試乗インプレ③

モデルチェンジ前のCX5でも度々議論になっていた、足回りは19インチか17インチか問題。54000円の差額で17インチ→19インチになるならお得、というのと19インチから17インチにインチダウンすればマイナス54000円となるレスオプションも出来るという珍しい設定です。見た目重視か実用性とサイクルコストを取るか、みたいな感じが面白いところです。

20170217_125038.jpg

225/55R19サイズの19インチは確かに硬めのごつごつとしたSUV的な部分もあります。17インチともタイヤの幅は225サイズと変わらないことを考えると、ほぼグリップの限界に差はないことになり、見た目と乗り味で選ぶということになります。個人的には19インチが見た目に美しく乗り心地もそこまで悪いとは感じないの許容であると思います。225/65R17となる17インチはスタッドレスタイヤセットとして用意すれば冬季をやり過ごしつつ夏タイヤの19インチの寿命を延ばすこともできると思います。19インチと言えども5万キロくらいでの交換目安とのことで極端に寿命が短いわけでもなく、ランニングコスト的にも許容できるのではないか?といったところ。タイヤの銘柄があまり選択肢がなく(このサイズはトーヨータイヤくらいしかない?)、ということもあるので17インチで納車して18インチの社外ホイールに換装するというのも一つの手だとも思います。18インチであればタイヤ銘柄の選択肢の幅も多く、バランス的にもベストのように思われなくもないですが、しかし18インチ化はどんなに安くても10数万円はかかる算段となりそうなので、19インチが割安に思えてくるような気がしなくもないです。実際のところ19インチ装着によってCX-5が立派な車に見えるという感じもあり、この辺は好みと車のデザインとの折衝と言えます。

サイズを超えて立派なに見える車ですが、ポイントとしてキレ長のヘッドライトもあります。ヘッドライトのサイドへの回り込み具合がワイルドで、フロントから見てもサイドのボリュームを想像させ、サイドから見てもフロントのグリルの大きさが伝わるような細くキレイでありながらワイド感もある素敵なヘッドライトだと思います。そして時代の流れに合わせてLEDタイプであり、プロアクティブグレード以上であればコーナリングの先を照らすアダプティブヘッドライトにもなるので機能性も高い物。
20170217_125101.jpg

ボリューム感、サイズ的にもコスパが高いモデルとも思います。
CX5のサイズは全長x全幅x全高:4545x1840x1690mm 約270万~ですが4WDであればおおよそ300万円~
スバルレガシィアウトバックは全長x全幅x全高:4815x1840x1605mm 310~350万円
自動ブレーキ搭載、ACC(アダプティブクルーズコントロール)装備などと、2.5リッターNAガソリンモデルの4WDで装備の前提とエンジン・駆動方式を整えるとだいたい同じくらいの価格で燃費性能も似たような数値になり、スバルレガシーアウトバックと競合するという風に見ることもできます。ナビはマツダは+5万円、スバルは20万円~くらいとなっているのでCX-5の方が結果的にコスパが高い。更にはディーゼルを選べばエンジン的にアドバンテージがあるくらいの感じで、先進性と安全性、そして上質な走行フィーリングなど、クラスを超えた価値を持っていると言ってもいいかもしれません。

RSE、リアシートエンターテイメントシステムとなるフリップダウンモニターは10万円くらいとなっていて、アルパインの10.1インチ、アマゾンで40,000円弱となっているのでちょっと割高かもしれません。ルーフ装着用の専用ベースプレート、マツダコネクト用の配線、工賃などを含めて6万と言うのもなんだかなぁ・・と感じなくもないです。


ライバルとなるミドルクラスのSUVとしては日産のエクストレイルやトヨタのハリアー、スバルのフォレスターと言ったところでしょうか?ざっくり各モデルを評すると、エクストレイルは7人乗りやハイブリッドを選べることなどがメリット、ハリアーは古い造りではありますが価格の割に高級感があるっぽい感じで下取りが異常に高いトヨタのある意味ドル箱モンスター、スバルは走り好きが極まった人が選ぶ敢えてのマイナーSUVと言ったところでしょうか。CX5を選ぶ理由としてはディーゼルエンジンのパワー感と足回りのデキの良さ、インテリアで言えばL-packageのレザー仕上げのフィニッシュのまっ正面から見た時のモダンで上質っぽい感じ、そして意外にも高くない、といったストロングポイントがあります。

CX5の納期と値引き、売れ筋の色を聞いたところ、納期は1か月~前後、モデルチェンジ初期の値引きとしては10万円ちょっと、色的にはレッドとグレーが人気とのことでした。メーカーの打ち出したい色が順調に売れているとのことで、マーケティングやイメージ戦略、企画通りの狙い通りの感じで反響は上々とのことでした。値引きに関してはグレードやメーカーオプションによったりするそうですが、在庫即納条件合えば20万近くイケるとのこと。CX3目当てでディーラーに見に来た方にもCX5を勧めたりできる価格設定で売りやすいとのこと。一つ上の車格の物をリーズナブルに、といったこともできるようです。ちなみにCX3も20万前後値引きはしているとのことです。マツダはディーラーや元締めの販売店によって値引きの方針は違ったりすることもあるようなので、オートザム店や○○マツダとなっている2社くらい比較してもいいかもしれません。地域によってはあまり値引きしていないってこともあると思うので、一応参考までに。

ローンの提案として、残価設定プランというのもあり、3年後に55%買い取り保証など中々頑張っています。金利も2%台と低めで、月々の支払いを抑えて乗ることもできます。ディーゼルモデルであれば一回の給油でかなりの距離を走ることもでき、給油回数の手間を減らすこともできるのでなんだかんだオススめ。ぜひ一度テストドライブをしてみましょう!

過去の記事も参考になれば。

なんとなくボルボっぽい?CX-5試乗インプレ①

CX-5は内装もヨーロピアン?試乗インプレ②

実用的だけど地味なインテリア? レガシーアウトバック試乗

ボルボのグレード名に惑わされるな?XC60 試乗記

BMW X3d Mスポーツ 試乗記 日本での販売の主力となりつつある2リッターディーゼルの実力は?

GLC 試乗インプレ 前編 最新のメルセデスのSUVの見た目と走りはどうか?

新型ワーゲン ティグアン上陸間近 初代ティグアンはどう?

目が細くて背が伸びたデミオなのか? CX3試乗 走り編

続きを読む

CX-5は内装もヨーロピアン?試乗インプレ②

ディーゼルのパワー感や燃費性能、そして19インチという大径のアルミを履きこなしつつ、コーナリングや荒れた路面での身のこなしの滑らかさなどまるで欧州車のようなCX-5。インテリアはどうなのか?インプレッション続編です。

なんとなくボルボっぽい?CX-5試乗インプレ① からの続きです。
前回の投稿ではXC60を引き合いに欧州車っぽい走りと走行性能と書きましたが、インテリアに関しては決して北欧っぽくはありません。どちらかというとドイツ的と言うか、アメリカのモダンな感じの家具などのイメージでしょうか。
パッと見はヨーロッパ車の内装? CX3のインテリアインプレッション! 定評のあるCX-3やデミオのインテリアについての記事も参考になるかもしれません。

20170217_124644.jpg

特にLパッケージのようなレザーシートのグレードにおいては高級感すら備えていると言ってもいいでしょう。

img_cx.jpg

いい感じなのに残念なのはモニターサイズです。
ナビはナビゲーション用SDカード48600円を差し込んで使うマツダコネクトというものです。悪評高いナビではありますが、道案内にはまぁ、使えるから良しとしても・・この車格で7インチなのは頂けないですね。小さいうえにあまり画面とか画質とか美しくなく、ちょっと世代遅れの感があります。ここは減点ポイント。ディーラーオプションやオートバックスで後付けとかできないタイプとのことで、このモニターやナビに納得いかなくてCX-5を見送るって人もいるみたいです。メーカーに今後の改善を期待したいところですね。

20170217_124654.jpg

シートの着座感はお尻のサイドのサポートもあり、そこそこホールドされる感じだと思います。体格によるので一概には言えませんが、シートの感触はしっかり感があって長距離ドライブでも快適なのではないかと想像できます。ファブリックは沈み込みとホールドが適度で、レザーはしっとり感があります。総じて良い物感があるシートの出来栄えかと。

個人的にはインテリアのパネルの上部にはいい感じの質感のフィニッシュをしているように思いますが、加飾パネルよりも下、目につき難い部分のパーツの造りが雑というか、華がないというか、アジがないというか。

20170217_124712.jpg

グローブボックスやドアパネルの内側の下部は平面的で色気がないように感じます。Lパッケージレザー仕上げの部分に関しても、とりあえず革で覆っておけば良いか、見たいな感じのような。素材もハードなプラスチックでシボの処理もパッとせず、コストカットか手間を省いたのかと感じる部分です。こだわり抜いて欲しい部分でもあります。

エアコンスイッチなどの操作感はマツダのデザインの則った共通の感じでデミオ、ロードスターともに同じような感じの〇ダイヤルとスイッチ類、使い勝手は悪くなく、デザイン性もそこそこ。誰でもほぼ迷わず使える感じです。

リアシートは結構足元から頭上まで広めに仕上がっています。リア用のエアコンの吹き出し口もあります。

20170217_124725.jpg
シートがやや低めで座った時にやや膝が持ち上がるような、シート低めだから頭上空間広めに感じるのか、色々と工夫であったり狙いであったりするのかもしれませんが、リアシートの居住性も悪くないとは思います。CX-3とかだとホントにリアシート狭くてウインドウもかなり小さめで閉塞感あったりしますが、CX-5であればレガシーアウトバックなどと同じ位の広さ感があると感じました。
そしてマツダのモデルでは珍しく、リアシートエンターテイメントシステムとして約10万円で10インチのフリップダウンモニターが付けられます。なぜマツダ車で珍しいかと言うと・・マツダコネクトという独自のナビがエンターテイメント性能が非常に弱かったからってのと、ここ最近マツダ製のミニバンが壊滅状態でほとんどそういった装備を取り扱っていなかったから・・と言うことです。

ディーゼルモデルであればエンジンの性能の良さもあり、荷物満載で4人で遠出、とかでも苦ではないでしょう。ドライバーもパッセンジャーも快適に移動できるポテンシャルを持っています。4WDであればゲレンデエクスプレスとして、積極的に選ぶ理由にもなります。冬場にスノーボードやスキーなどウィンタースポーツを楽しむ週末長距離ドライブを繰り返す人にもお勧めできるでしょう。そういった方にはレザーシートではないモデルの方がオススメかもしれません。レザーも耐久性は期待できますが、汚れが目立つ感じの色のレザ-だし、傷とかも目立ちそうだな、とも思います。
使い方に合わせてチョイスすると良いでしょう。

装備と価格に納得できる?CX5はコスパ高いか!?試乗インプレ③ に続きます。

過去の記事も参考になれば。

実用的だけど地味なインテリア? レガシーアウトバック試乗

ボルボのグレード名に惑わされるな?XC60 試乗記

BMW X3d Mスポーツ 試乗記 日本での販売の主力となりつつある2リッターディーゼルの実力は?

GLC 試乗インプレ 前編 最新のメルセデスのSUVの見た目と走りはどうか?

目が細くて背が伸びたデミオなのか? CX3試乗 走り編

続きを読む

なんとなくボルボっぽい?CX-5試乗インプレ①

グレードによっては欧州車っぽくモダンで、走りの質感もまた良い車だと言える、マツダの新しくなったCX-5。ガソリンの4WD、ディーゼルのFFに試乗しました。

20170217_125049.jpg

実車を前に第一印象ではサイズは見た感じ大きいと感じましたが、寸法的にはそこそこの大きさのSUVといったところでしょうか?個人的にはXC60に乗った時の感じを思い出して重なる部分があるように感じました。
全長x全幅x全高:4545x1840x1690mm
となっていて、欧州製のSUVなどと比べれば幅が狭いかも?それでもまぁ、大きいっちゃ大きいですが、1850㎜以下と言うのは日本での扱いやすさと、グローバルなサイズ感を考えると良い落としどころなのかもしれません。いい意味で第一印象では立派なサイズ感に感じたので、まんまマツダデザインにしてやられたのかも。

img_cx-5_grade_gallery_ext_front.ts.1612150201504730.jpg

XC60のサイズは
全長x全幅x全高:4635x1890x1715mmと幅が1900㎜に迫ろうとしている。
CX-5の方が少しづつ控えめな数字です。

この車、自動ブレーキが全車標準です。素晴らしいとこです。
そして自動ブレーキ付きのスターティングプライスがおよそ250万~(ガソリンのFFモデル)となっていてこのサイズの車としては安いってくらいの感じです。
i-ACTIVSENSEと呼ばれるマツダの安全装備パッケージ搭載グレード・(PROACTIVE)プロアクティブというグレードで270万~となっていて、選ぶならアクティブセンス付きのプロアクティブか、プロアクティブをちょっとゴージャスに仕立てたLパッケージが断然よろしいかと。むしろそこを前提に選ぶべきと言ってもいいでしょう。
レーダークルーズコントロールなどの前車追従走行機能は便利機能であるのと同時に安全性にも寄与します。レーンキープアシストとの連携で長距離ドライブも楽になります。そしてAT誤発進抑制制御機能もアイアクティブセンス搭載で前後進ともにカバーされるので必須と言えるでしょう。高齢者のための誤操作防止って意味合いが強いですが、これからこういった車が中古で出回った時にもそういったセーフティ機能の着いたものが1台でも多く安く出回ることに期待したいものです。

エンジン関連ではディーゼルモデルの方が満足度は高いと思います。窓を開けて走るとガラガラと騒々しいかもしれませんが、走り出せば風切り音とロードノイズであまり聞こえなくもなります。基本的には30㎞/h以上で走っていればガソリンもディーゼルも騒音では変わらない感じかなぁと思います。燃費性能:FFで18㎞/L・4WDで17.6㎞/Lという良好な数字や加速のフィーリングでもディーゼルを選ぶと間違いないでしょう。売れ行きとしてもディーゼルが8割近い比率だとかで人気だそう。ちなみにボルボのXC60 ディーゼルモデルFFの燃費は18.6㎞/Lとちょっと負けていますが、ほとんど変わらないと言ってもいいでしょう。

BMW X-3などのようにわざとらしく締め上げられた硬い感じではないですが、適度に引き締まった感じと言うのが正しいのかな?メルセデスGLCほどのフラット感はないですが、滑らかな動きの足回りはレベルが高いと言えます。これまたボルボっぽいのかなぁなんて思ったりしました。

4WDかFFかは必要かどうかで選べば良さそうな感じです。古いスバル車のように4WDを選ばないと走りの満足度やフィーリングの良さを味わえない、というわけでもありません。

この走りの性能で300~350万円くらいの車として考えると、大きさの割にコスパが高い!ってのが正直な印象です。装備品などのクオリティやレベルの違いもありますが、ボルボXC60では600万の車になってしまいます。見た目や内装は全然違いますが、中型のSUVで似たような感じの走行性能でこの価格なら満足度は高いはず。ボルボではディーゼルのAWDモデルを選べないというのもネックです。ボルボも決算時期だと100万円値引きなどしてくれますが、それでも500万円は下らない。フルオプションのCX-5の方が安いのは間違いないでしょう。

価格的な面でもう一つ、マツダノ弟分に当たるCX-3 とも価格帯が接近しているというのもあります。もう一声予算を増やせばCX-5が買えるかも・・?なんて思うような価格設定です。CX-3がディーゼルモデルのみと言うことでちょっと割高に見える設定に問題があるように思いますが、Cx-5を売る足掛かりにもなりそうな、無駄に高いデミオSUVと揶揄されることも多いそうですが、咬ませ犬的な感じでちょうどよいのかもしれません。CX-3にはFFのガソリンモデルも追加されるとかでテコ入れもありそうですが、登場は時期をズラすとかなんとか。

ミドルクラスSUVのベストバイ、もしかしたらCX-5が大きく名乗りを上げるかもしれませんね。
CX-5は内装もヨーロピアン?試乗インプレ② に続きます。


過去の試乗記

ボルボのグレード名に惑わされるな?XC60 試乗記

BMW X3d Mスポーツ 試乗記 日本での販売の主力となりつつある2リッターディーゼルの実力は?

GLC 試乗インプレ 前編 最新のメルセデスのSUVの見た目と走りはどうか?

目が細くて背が伸びたデミオなのか? CX3試乗 走り編



なども参考にしていただければと思います。

続きを読む

車速ドアロックを後付けで!OBD活用でお手軽に!

ドアロックやハザードアンサーバック的な物って後付けで着けるときに別体のユニットを装着するようなカスタムはもはや遠い昔なのでしょうか?

最近はOBDポートに差し込んで車両の設定を変えれちゃうというチューニングにシフトして来ているようです。

新しめの輸入車 TVキャンセラーについて

ライトオン16 ジーンズショップではないよ! DRL=デイタイムランニングライトについて

の記事などで紹介していますが、OBDⅡポートに差し込んでカスタムするアイテムがあり、
ここ最近では国産車でもそういったカスタムパーツがラインナップされるようになっています。

41CoINfkkpL.jpg

国産車向けで多いのが15キロ/hになったら自動ドアロックするという物。
小さなお子様が誤って走行中にドアを開けてしまうなどのヒヤリとする事故を未然に防止することが目的です。実際は輸入車やグレードの高い国産車では当たり前のように着いているような機能ですが、ホンダのコンパクトカーからトヨタのミニバンのノアやボクシー、ハイブリッドで人気車種であるプリウス、ダイハツの軽自動車などの、車速センサーでドアロック機能が装備されていない車にも手軽に施行することが出来るようです。



車両運転席の足元付近にあるコネクタに挿すだけで機能をグレードアップできます。
今まで車速感知ドアロックが装着されていた車から被装着の車に乗り換えた場合等ではきっとあった方が安心できるのではないかと思います。

各社ごとにラインナップされているので、ご自身の車の年式やグレードなど、調べてチューニングしましょう!

TVジャンパーなどもOBDでセッティングできる時代、これからのチューニングは車のコンピューターのコードを書き換えるコーディングが主流になっていくのでしょう。

こういった新しい車イジリの楽しみ方、付き合い方、旧世代の人間であっても幅を広げていきたいものです。
よきモーターライフを!

スクリーンマウントにスマホホルダー!時代的にはコレ!?

ナビ代わりにスマホを活用したり、といったケースに丁度いいアイテムたちが増えてきているようで。
スクリーンのある車種にスクリーンマウントに装着するタイプのアイテムもリリースされてきています。

CRF1000_.jpg

CRF1000アフリカツインを例に

スクリーンマウントにこれを噛ませて


こういうホルダーで固定すればフィットします。



スクリーンがもともと装着されていない車種であってもビキニカウルを装着する時にそのマウントやステーを活用したりも出来るかもしません。

スクリーンをロングスクリーンにリプレイスするときにステー付きのものを選ぶという選択肢も少数ではありますが出てきているようです。

例えばNMAX専用スマートフォンマウントロングスクリーン+φ28マウントアダプター

純正ワイズギアのハイスクリーンとほぼ同寸の快適性向上アイテム。
スマホやナビなどを設置するクリアランスを持たせて社外品としての強みを発揮しています。
人気のエヌマックスをグレードアップできます。視線の移動を少なく安全快適に。


MT-09 XSR900などのモデルに装着できるハンドルクランプにナビマウントを着けるタイプもあります。

Mt-09 XSR900.jpg


amps(エーエムピーエス)ホールパターンと呼ばれる四方に停めるポイントのある穴が開いています。ホンダ・ヤマハ・ハーレー・BMWなどにOEMで装着されるガーミン(GARMIN ZUMO660など)や、その他ユピテルなどのメーカーのナビなどが使用する規格であったりします。

ステーをたくさん噛ませるよりシンプルで、低予算で出来るのがメリットです。
車種専用パーツであったり、流用したり、色々と工夫を凝らして乗るからバイクってのはまた面白いものですね。

今後は社外のスクリーンや音付けカウルを選ぶ理由の中に、スマホマウントとの親和性が高いのか?と言うのが入ってくるような時代なのかもしれませんね。

バイクにナビの時代ですかねぇ~

バイクのナビ、DIYで着ける方用のマウントをご紹介!

スマホ時代のタッチグローブ 後付けで加工とか!

各種バイク関連の記事も良かった見てくださいね。