ワコーズの添加材はどうやら国内仕様向けらしい・・?その効果は?

自動車ディーラーで取り扱いが多くて値引きがあまりなくて、入れてみたいけど使ったことはないって方に!
アマゾンでなら・・2%OFF(笑)
まぁ、送料込みと考えると割安かも

61wSYB+2iTL._SL1500_.jpg

ワコーズフューエルワンの話です。
ステマであったり、プラシーボ効果なのでは?と言った懐疑的な意見も解らなくもないですが、使ってみるとソコソコ効果を感じるものだと思います。
スムーズになるというか、良いもの感やエンジンのフィーリングの良さがアクセルペダルから伝わってくると言うかあると思います。

オールマイティに使えるフューエルワン。ハイオクでもレギュラー車でも、ディーゼル車にも使用可能です。


燃焼室や吸排気バルブ、インジェクターなどに堆積したカーボン・ワニス・ガム質などを除去と言った効能がありますが、満タンに一本注入後、高速道路とかで2速とか3速固定でそのエンジンの許容最高回転数の7割くらいを維持して回して走ると、その後の吹け上がりが良くなるように感じます。7000RPMがレッドゾーンの車であれば5000rpmくらいをキープして走るような感じですね。特に待ち乗りばかりや短距離で短時間の車移動しかしていな車両には効果が高そうな感じです。

クリーンディーゼル車にはワコーズD-1というアイテムもあります。

トヨタ2KD(ハイエース200系2.5L型等)エンジンへは使用禁止など、細かな指定があります(笑)
現行のディーゼルエンジンではトヨタ2KD(ハイエース200系2.5L型等)エンジンの制御系が一番複雑かつ丈夫とされているようで、使用年数や距離などで機械的な故障を抱えた車輛へ添加した場合、コンピューターの燃料補正値範囲を超え、燃料提供ストップ、白煙の原因となったりエンジン自体の故障を誘発する恐れがあるそうです。多少機械的な故障があっても頑丈で走れてしまうトヨタ2KD(ハイエース200系2.5L型等)は、インジェクター周辺の不純物によるエンジン不調かの判断は一般ユーザー様では判断が難しく、調子悪いからとワコーズD-1を入れるとトドメを刺しかねない、とのことで「ご使用に際する重要注意事項」にあるそうです。

中古車販売店などでも、フューエルワンはアイドリング不調などのトラブルの際には投入していたりするそうです。
故障の予防のためや、フューエルラインの清浄によるアイドリング不調や吹け上がりの詰まり感の解消など、活用できると思います。

ちなみに・・輸入車の純正ガソリン添加剤と言うのもあります。

どうやら中身は小分けされたリキモリ製品だそうです。


ご自身でガソリン添加剤を投入する場合はリキモリのインジェクションクリーナーの方がリーズナブルかもしれません。

ガソリン添加剤もディーラーやガソリンスタンドのオススメで投入するだけでなく、自分で選んで楽しく調子のモーターライフを!!

個人的なモーターショーの目玉 SV650Xのエックスはアドベンチャークロスオーバーではなかった・・

スズキのブースにてSV650Xをチラっとみましたが・・人ゴミすごくてちょっとね・・

全長2140×全幅730×全高1090mmとコンパクトでセパハンでビキニカウルのSV650って感じです。

Xという響きでアドベンチャーとのクロスオーバーかと思いきや、カフェレーサーをクロスしちゃったってあたりがさすがのスズキのバイク部門。とんでも失敗作を生み出すことも多いけども、時折見せる会心の一撃に痺れたりしちゃいます。

SV650X.jpg

SV650をカフェ仕様に?ヨーロピアンな純正パーツをご存知?

SV650試乗インプレ ポテンシャル高くてもやはり売れないけども・・値引きがきく!?

過去の記事でも紹介していますが、欧州仕様のタックロールっぽいシートは日本でオプションでスズキのロゴ入りですが、一応購入する事が出来たりもします。参考シート高は785㎜で、SV650Xも極端のリアサスのカチ上げとかなければ同じくらいのスペックに落ちつくはず。

メーカーカスタムでキレイにまとめてくれたモデルとして発売を期待したいところです。
現行のSV650ABSが73万円くらいで、カフェ仕様となるSV650Xであれば80万円強と言ったところになる予定で、来年春ごろの発売予定だそうです。ぶっちゃけるとヤマハのXSR700の値段次第で安くも高くもなり兼ねないという、ライバルあっての派生車種と販売戦略になるとも言えそう。

ちなみに国外ではプアマンズドゥカティと揶揄されることもあるようですが、本家のドゥカティもモンスターのエントリーモデルはかなりSVを意識しているようで、一世代目の696・796モデルや現行の797・821モデルなどのエントリーモデル価格を下げていた入りするようです。

セパハンとタックロールシートにビキニカウル、中々攻めてていいですね。まさかのロケットカウル仕様なんかも登場しかねないのがスズキのマニアックさと懐の深さ。

ライバルは強豪ぞろいで個性の強いツブぞろい。
SV650シリーズにも個性を発揮したバリエーションモデルが増えるのは良いですね!!

取り敢えずSV650 のアップハンドルでも試乗しときましょう!!

ハンズフリーハンドソープ!?バイクDIYで汚れた手に!

バイクや車のメンテナンスを自分であれるDIY派で、手洗いの後のツメの間の汚れが気になる方って結構いるのでは??

DIYをされる方で油汚れをしっかりと落としたい方はもう使っているかもしれません。
クレ シトラスクリーン
一時期CMやってましたけど、最近はあまり見ないな・・・


TVであまり見なくなったからって売れてないわけではありません。業務用のキロ単位で結構出回っていたりします。

セットで爪用のクリーナーブラシもあると便利だったりします。


そして、今回パワープッシュしたいのが、ハンズフリーハンドソープディスペンサー、ミューズ。ノータッチで泡で出てくるものですね。

2057air.jpg



手をかざすだけで自動で泡が出てくるミューズノータッチ泡ハンドソープ。
ボトル本体や、ポンプのヘッドを汚れた手で押すことがなくなって、洗面所やキッチンをよりクリーンに保てるというアイデア商品だったりします。



詰め替えもあってリーズナブルなサイクルコストで活用できます。

手をかざすだけで泡が出てくるなんて高級なホテルやレストランとかお高めのショッピングモールの洗面所アメニティかって話ですが、一家に一台あるといいかも。
特にバイクや車の油脂関係を自分でメンテナンスするような方にはシトラスクリーンと合わせて活用してみても良いアイテムかも知れませんね!!

バイクも車も、自分自身も、美しく、スタイリッシュに決めましょう!!

バイクの寒さ対策で最強?ハンドルカバーのコスパを考える

常々バイクと言う乗り物は不便で苦痛を伴うが、それがまた快感とのトレードオフの関係である・・と思っていますが、これからの時期の寒さは辛いですよね・・

過去の記事でも寒さ対策や暑さ対策など、バイクライフを多少なりとも快適に、というのと優れたギアを所持することでの一人愉悦に浸るというマニアックな楽しみを紹介してきました。

冬のバイクを温浴効果的に楽しめる?電熱ヒートインナー

10度以下のお供にバブアー 車ではなくバイクやアウトドアに!

2万円以内で手に入れる マウンテンダウン!

欧州仕様!?スクーター用スカートってご存知?

春のバイク生活のスタートに!夏の暑さ対策にも、インナー特集!

クールマックスソックスのベストバランス?コミネのアイテム!

通勤で毎日バイクに乗る方も、ツーリングで毎週乗る方も、鑑賞メインで月に数回しか乗らない方も、各種アイテムを活用してほしいところではありますが・・

今回はバイク用ハンドルカバーと言う、賛否別れるアイテムをレビューしたいと思います。
何が賛否って、見た目のダサさ(;^_^A と使ってみるとヤバいくらいのあったかさのジレンマってヤツです。
グリップヒーターあるから関係ないやっ・・てならない位の保温性があり、グリップヒーターと組み合わせるとコタツみたいな感じでこれがまた侮れないんですよ。

スクータータイプの原付に装着する事例とインプレを。

20171024_095648.jpg

まず手にした商品は・・
OSS( 大阪繊維資材 ) ネオプレーン素材の物でアマゾン価格で2600円前後。バイクショップよりもホームセンターにあるタイプの汎用品です。


ちなみにこのカテゴリーでベストセラーを争っているのはバイクショップでもよく見かけるコミネ(Komine) のネオプラン素材の汎用ハンドルカバー、およそ2700円~のもの。通販より店頭の方が値段に幅があり、セール期間とかだと2500円くらいになっていたり、通常プライスだと3000円を超えていたりします。


ネオプレン素材は防水、防風、防寒効果が高く売れ筋のようです。保温効果があり外気温に関係なく手の周りの温度を保ってくれる感じです。

20171024_105259.jpg

汎用品ゆえに様々な車種に装着可能となっていて、グリップ部分だけをカバーするように形です。

20171024_104127.jpg

20171024_104139.jpg

鍋つかみのようでもありす。親指の部分が出っ張っていてウィンカーやセルなどのスイッチを操作しやすいような形状になっています。

20171024_105259.jpg

穴がいくつか開いていますが、ミラーのネジと共締めできるようにもなっています。
ヒモはミラーやスイッチボックスなどに通して絡めて結んでハンドルカバーを支持固定するための物です。
ミラー共締めの方が安定しますが、バイクの形やミラーの在り方などによっては紐を活用することになるでしょう。

装着は超絶簡単、ようするに簡易的で汎用的な造りです。

グリップとブレーキorクラッチレバーをハンドルカバーに空いている穴に通して・・
20171024_112825.jpg

結ぶだけです。
20171024_112946.jpg

瞬殺です。ミラー穴近くにあるのですが、敢えてヒモで留めてみました。紐が丸っこくて緩み易そうだなぁ~と思いますが、使っているとつぶれて馴染んでほどけなくなりそう・・とも思います。特に初期の数回は結び目のゆるみに気を付けて増し締めしましょう。

スクーターでの使用感としては、15度前後であれば手袋要らないレベルの暖かさだと思います。薄手の手袋もしくはメッシュグローブで十分な感じです。

10度を下回ると少し厚手の方が良いかもしれませんが、体感としては全然違います。
衝撃的な暖かさです。

組み合わせる手袋はバイク用の物が良いと思いますが、手首周辺の隙間風対策としてはリストバンド併用するとか、袖をしっかりとカバーに入れるとか、グローブの丈長めの物を組み合わせると良いかも。

バイクに軍手で乗ってないよね? ライディンググローブのススメ なども参考に。

ちなみにハンドルカバーとの組み合わせでオススメなのがレバー用のカバー。


冷たくなりがちな鉄製のレバーをカバーすることで指先からの冷えを防げます。
しかし、ブレーキやクラッチのタッチやフィーリングが変わるので、多少の慣れは必要かもしれませんね。

リストバンドも結構色んな種類、メーカー、アフターパーツメーカーから出ています。


コミネからはネオプレン素材の物とかも。


組み合わせれば手元の防寒対策はかなりできます。

ハンドルカバー自体、とうか、通し口から中が濡れないようにバイクカバーもかけておくと良いでしょう。出かけようとしたときに中がビチョビチョだとかなり萎えると思います。
駐車時などには袖口を絞るなどで対策も併せてしておくと、いつも快適に使えると思います。

バイクの盗難防止の基礎!カバーについて

バイクカバー 敢えてのヤマハ製チョイスのススメ

色々なギアを組み合わせて快適で楽しく安全なモーターライフを!!

ランナーの安全装備をライダーに!アレンジして使えるアイテムたち

ランナーの夜間の相手からの視認性を高めるアイテムとして一定の人気を得ている光るバンド。

シューズに装着するタイプや腕、足に装着するタイプなど種類があったりしますね。

ダウンロード.jpg



LEDの普及で本体も電池も小さくすることが出来て着けている感じのホトンドしない軽量な物が増えています。
ウェアラブルって言葉も普及している時代、安全性向上のためにバイク乗りも取り入れられそうなアイテムを紹介したいと思います。



ジョギング、ウォーキング、サイクリングにLEDのセーフティバンド、と言うのが商品コンセプト。
ネオンカラーの発色でバンド部分も光ファイバー的に発色します。
リチウムボタン電池(CR2032)×2個仕様で実用点灯時間70時間ということで、夜間のツーリングや薄暮時などに使ってもかなりの日数使うことが出来そうです。
防滴仕様なのでパラッとした雨には耐えられそう。

付属の電池は中国製でほぼ点灯テスト用レベルのもの。
信頼のパナソニック製のものが10個業務用パッケージの切り売りで安く出回っています。



夜間のキャンプ場などでも自分の居場所を示すのにも活躍します。

キャンプ場で周りを照らすのあればヘッドライトも便利ですが・・
変わったランプもあったりします。180度周りを照らして視野を広くなんてものも。
ランニングやバイクには使えないかもしれませんが、ネタとして・・ではなくて、キャンプやテント泊などの夜間アウトドアに便利な感じがします。夜間のDIYでの車やバイクの整備などにも活用できそう。



靴ひもに着けて周りを照らすと言うアイテムもあったり。ワイド配列のLEDで270度の広範囲照射と言うのがセリングポイント。



ランナー向けの物を中心に、ライダーにも被視認性を高めるために活用できそうなアイテムをいくつかピックアップしてみました。

バイクでも三角停止板と発煙筒(緊急信号灯)を!! の記事でも紹介していますが、いざと言う時のために備えたりしてみても良いかもしれませんよ。

バイク乗り自身を光るドレスアップと言うのも、目立ちたがりの悪ふざけと言うことでなく、身を守るために光って目立つ、という観点から考えてみてもいいでしょう!!