パッと見1000万級のインテリア?XC60試乗インプレ③

ボルボ初の1000万超えとなるXC90と基本コンポーネンツを共有するだけあって、インテリア、特にドライバーズシートからの眺めはある意味1000万円クラスの感じ、新型XC60インスクリプションの試乗インプレ③となります。

売れ筋でもボルボ独自の世界観 XC60試乗インプレ② からの続きです。

20171127_141413.jpg

インテリアのハイライトとしてはセンターの縦型モニター。
テスラに続く2例目かな?となるタブレット風のモニターに操作系の機能を集約したタイプのもので、これも高価格帯で先進的なイメージを演出するのに一役買っており、これに続きたのはプリウスPHVや、レンジローバーヴェラールくらいのものです。プリウスPHVはベースモデルよりもかなり高めの設定で有り、ヴェラールは2017年に登場した新型で、センターを上下に分割したモニターでそこに操作系を集約した感じです。ワーゲンやアウディなどもセンターへの大型縦型モニター配置をコンセプトカーで示唆していますが現状はまだ実装されていない感じです。

20171127_141421.jpg

600万円台でここまでの先進性を備えた操作系はないゆえに、このフロントのインテリアだけで現行では選ぶ価値のある車と言えるかも。テスラやXC90とのバランスを考慮しても1000万クラスと言ってもいいでしょう。

20171127_141419.jpg

エアコンの吹き出し口の造形やセンタートンネル周りのスイッチなどに統一感があり、そして高級感を演出しています。素材に関しては最上級の物をちりばめているという訳ではないけれども上質感はあります。共通の意匠でもパーツの大きさや配置のメリハリがあり、北欧風の演出と言われれば何故か納得してしまう感じです。実際の素材は触ってみると部分部分安い素材を使って要るっぽいのはわかると思いますが、全体で次元の高いバランス感を保っている感じです。

20171127_141513.jpg

センタのアームレストは大き目で高さがあり、幅はあるのにドリンクホルダーは縦に配置するタイプ。見た目はスッキリしていても、正直この辺りはあまり使い勝手的には良くはないかも。欧州車は国産車に比べてドリンクホルダーなどの使い勝手がイマイチ・・とはよく言われたりしますが、国産5ナンバーのミニバンや軽自動車などの見た目を全く気にせず使い勝手を極めた物とは違います。国産だって高級セダンやラージサイズSUVであれば使い勝手はそこそこでデザインに振っていると思うので、欧州車だけが使い勝手が悪いわけでは無いのを覚えておいて欲しいところです。

リアシート用にエアコンの操作系もセンタートンネルにあり、タッチパネルっぽい感じで使い勝手は良好。
20171127_141428.jpg

リアシート用の吹き出し口はセンターとピラーにもあり快適性は良い。インスクリプショングレード以上であればリアシートヒーターも付いてくるので乗員のもてなしとしては十分以上に高級であると言えるでしょう。

20171127_143704.jpg

リアシートは旧型XC60よりも背もたれが若干傾斜して直立に座らせられる感じは薄らいだと言えます。総じてちょっと広くなって快適性が上がったなってのを感じるところ。ライバルと称されるドイツ製のSUVなどと近い居住性です。

20171127_143626.jpg

リアラゲッジスペースも数値的な拡大はほぼほぼ変わらないとのことですが、バッテリーの搭載位置をラゲッジ下に移動、カーゴスペースの横幅を均一に整えてゴルフバッグを4つ横積みできるようにしてあるとのことです。数値的な拡大よりも実質的な使い易さを改善したとのことです。

シートの大きさがたっぷりとあり、大人4人でも快適なドライブが楽しめる車に仕上がっているというのが印象に残ります。車の使い方としては長距離ドライブをするのであればディーゼル、チョイノリが多いのであればガソリンと言うのを定説通りに勧めたいところです。乗り方に関しては毎日乗るけどちょい乗りが多いならガソリン、週末しか乗らなくても高速を使って距離を1日でまとめて走る、というのであればディーゼルを推しときます。ディーゼルで毎日チョイノリだとエンジン内部やマフラー周りなどに煤(スス)がたまりやすくトラブルを発生する確率が高い、というのがありそうです。
年間の走行距離的に10000キロを超えるか超えないかでハイオクと軽油での価格差が・・とあったりしますが、正直なところ最終的にはエンジンのフィーリングで選べばいいのではないかと思います。

納期に関しては日本に於いてはさほどの台数を計画していないと言うのもあってか、3か月前後の待ちがあるそうです。そして3か月待つのであればオーダー仕様・インディビジュアル仕様のオーダーへの切り替えも無償でやっているとかなんとか。エクステリアから―、インテリアカラーやインテリアパネルなどのメーカー推奨以外の組合せなども自由にオーダーすることが出来るプログラムを上位グレードなどのバリエーションとしてレザーの素材が同じなら同価格で用意があるとのこと。
どうせ待つなら特別な一台を、ということで推奨でない独自のセンスでカラーオーダーもやっているとのことで、ちょっと面白いなと思いました。

ディーゼルに関しては2018年の3月発表、以降に発売予定とのことで、すでにバックオーダーを含めて6か月待ちくらいになっているそう。
車検の時期が過ぎてしまう・・というオーナーの為に、ディーラーによっては6カ月程度の短期リースプランというのも用意しているそうです。リース車両は旧型XC60の最終型で、契約金や車両返却時違約金などは無く1カ月5万円~6万円という金額で保険などもセットで納車まで貸し出すとのことです。
待たせるお客様をなんとかつなぎ止めようと必死というか、XC60の販売のバックアップとして力を入れているというか、企業としての努力姿勢を感じます。
この辺りは販売店やエリアによってもサービスや金額に違いがあると思うので、近隣エリアにてお問い合わせくださいませ。
ちなみに新型登場時の現状値引きは5~10万円くらいとのことでした。出たばかりで大きくは引けないよ、とのこと。
それと、ボルボは高級路線にシフトして中古車価格を高く維持するためにも新車価格で大幅値引きはできない、と営業マンは要っていたりしますが、アレ、完全に嘘ですよ。10年以上前から同じセリフをボルボの営業マンから聞いていますが、正直値引きの大きなメーカーだと私は思います。多分、ワーゲンとボルボは輸入車の中ではかなり値引きに柔軟なメーカーだと感じます。もちろん販売の時期や値引きできるモデルと言うのも限りがあるとは思いますが、出たばかりのモデルチェンジした新型車でなければだいたい10%はイケると思います。決算などで調子良いと点灯発表やDMなどで100万近く引けるモデルもあったりして、営業マンの言葉はなんだったのか、と思うこともしばしば。よって中古価格もメルセデスベンツなどに比べると低め、買い取りに出すときも、どうせ大幅値引きで買ったであろうと勘繰られ高値はつき難い、という感じなのでそこそこキモに銘じておきましょう。いずれはXC60も50万円引きくらいイケるようになるでしょう。

長々とネガティブな値引き・買い取り話を書きましたが、新型XC60は600万円~と高価格帯の車に入り、それに見合った価値観を見出せるか?という疑問に対しては、先進的でありながらもコスパ高くて実はスペックも高い、と答えても良いかと思います。CX-5に似てるとか、割高だとか言われていたりしますが、日本カーオブザイヤーを取るなど、その性能なども評価しても良いでしょう。
買うかどうかは置いといて、批判的な方でも一度実車を見てみればその価値の片りんに触れることが出来るはずです。



ボルボのグレード名に惑わされるな?旧型XC60 試乗記 

NEW XC90 超速レポート① ボルボ史上初の1000万越えのデキとは?まずはアウトラインを

X3 年次改良で装備充実、でももうちょっと古臭い!?(2016年モデル)

GLC 試乗インプレ 前編 最新のメルセデスのSUVの見た目と走りはどうか?

でかい…ジャガーF-PACE 試乗インプレ①

過去記事などもチェックしていただければと思います。

続きを読む

売れ筋でもボルボ独自の世界観 XC60試乗インプレ②

エンジン性能ではBMWを超え、乗り心地ではメルセデスのようでありランドローバーのようであり・・デザイン的には少し控えめなちょっと前のアウディのようであるボルボXC60。

20171127_143636.jpg

あまり注目はされませんがXC60のT5に採用される2リッターガソリンターボで254馬力というのは実は中々絞り出していて、ライバルと目されるBMW X3やアウディQ5、レンジローバーイヴォーク・ディスカバリースポーツなどよりか実は高性能だったりします。ディーゼルモデルも同様でD4というグレードの190馬力と言うのもクラス内ではトップクラスのスポーツディーゼルと言えます。ボルボにハイスペックなエンジンと言うイメージはありませんが、世界的に2リッター4気筒をベースに車両開発を進めるというテーマに沿ってしばらく使いまわしの効くそこそこ高性能なエンジンをこさえた、って感じです。2リッターターボのガソリン/ディーゼルに力を集中したことによって達成したスペックとコストカットと言えそうです。現状ではかなり高評価しても良いコンセプトなのではないかと思います。

20171127_143655.jpg

シートやインパネ周りなどはXC90と共通で乗り込んだ瞬間にモダンでセンスが良い、と感じる操作系と感じることと思います。上位車種と共通、というのは高級感を共有と意味でも良いと思いますが、実際のところモデルごとにインテリアを作り分けるよりかコストカットになり性能や使い勝手も担保できるという狙いもあるようです。ここら辺もXC90の開発に時間をかけてコストをかけた分、XC60にもそのデキの良さがフィードバックとして降りてきた、と前向きに捉えることが出来そうな、上質でハイテク、今どきであり他社と比べて見劣りせず、むしろアドバンテージがあるとさえ言えそうな部分です。特にベージュ系のインテリアは映えるなぁと思います。

今回試乗したのはT5インスクリプションと呼ばれる一応2リッターガソリンターボの上位モデルです。
外装にメッキの加飾が少々加わり、足回りが19インチになりレザーが標準でドリフトウッド(流木柄の木目)パネル、フロントシートベンチレーションとマッサージ機能や、リア左右も含めて4席シートヒーター装備など快適装備やヘッドアップディスプレイの追加とグレードアップしていて679万円のモデル。ヘッドアップディスプレイは安全に寄与するから標準では?と思いましたが、なんでもメーター内の液晶に情報をかなり表示するからそこまでは標準にしていないとのことです。アウディで言うところのヴァーチャルコックピットのようなものは標準だと言うことですね。
ディーゼルモデルであってもインスクリプションというグレードであれば679万円とこれまたガソリンモデルと全く同じプライス設定です。廉価グレードにレザーをオプションで20万円で追加するよりも満足度は高いのではないかと、装備の充実という面で売れ筋としてはインスクリプションということではありました。

20171127_143626.jpg

走りに関してはエアサス仕様もオプションで30万円で選べるようで、乗り心地をスポーティ、ダイナミック、コンフォートなど可変させるギミックが追加できるようです。試乗者は標準サスで、乗り比べはかなっていませんが、恐らく予算とのバランスによるけどエアサスは不要なのではないかと思います。よりソフトな乗り心地や高速走行時の車高ダウンによる安定性の向上と燃費の若干の向上、山道などで足回りを固めてロールを少なく、ちょっとした砂利道などのラフロードで車高を上げるなど、後はローダウンを望めば手に入るなどエアサスのメリットはあります。幅広い使い道が想定されればアリですが、そうでない一般的な使い方であれば欧州車的なコーナーでの踏ん張りと適度に絞まった乗り味、ドイツ車(特にアウディやBMW)みたいなハードな感じではないしなやかな乗り心地の良さは標準のコイルオーバーサスペンションで十分であり、その乗り味のフラット感に不満は出ないと思います。

ガソリンエンジンの馬力の良さには触れましたが、トルクについても立ち上がりがフラットで扱いやすく、ディーゼルのような厚みのある力感です。8速もある日本製・アイシンAW製のオートマとの相性も良く、変速のタイミングがわからないほど滑らか、走っていて今何速なのか?まったくわからないままポンポンと変速し、スルスルと速度を上げていきます。この辺のフィーリングは8速AT(ZF製)のBMWの変速フィーリングに近い感じで、アウディのようなダイレクト感はない反面、滑らかでこれはこれで効率よく快適性にも寄与していると感じでしょう。

ガソリン車の燃費に関してはカタログ上は12.6㎞/L、となっています。実質の街乗り的には8~9㎞/と、旧型モデルとあまり変わらず、普通~あまりよくないイメージです。燃費性能としては2018年3月ごろに導入されるディーゼルを待たれよ、といったところです。値段は同じゆえにサイクルコスト的にはそっちの方がお得かも・・と思いきや尿素SCRの補充があるので1年ごとの補充を考えるとお得感は減ってしまったかも・・
それでも年間に1万キロ前後走るのであればディーゼルが軽油の安さもあってお得、購入時のエコカー減税もあると思うので、使用頻度や状況によりますが、年間5万円前後は安くなるかもしません。
実際のところディーゼルモデルの燃費などは認可の関係で発表できる段階ではないそうですが、恐らく旧型を10%前後改善した18㎞/L~からの数値になる、とのこと。街乗り的にも12~13㎞/Lくらい走る感じを想像しますが、その辺りは乗ってみないとわからない部分も在りますね。

ディーゼルのトルクの良さや出足のパンチは魅力ですが、チョイ乗りメインであればガソリンモデルの方が良いかもしれません。逆に年間の走行距離は多くなくても週末に遠出で往復100㎞以上のドライブに出るなどの使い方をされる場合はディーゼルの方が良いかもしれません。
ディーゼルモデルはエンジンの独特のガラガラ音があり、ガソリンモデルの方が澄み切った排気音で好みも解れる部分。まだ新型ディーゼルの試乗をしていませんが、クリアな音質でより高い車内の静粛性を求めるならガソリンモデルを選ぶのもアリ。
どちらにしても新車価格に差がないので、好みで選ぶ所ですね。

試乗インプレ③へと続きます!!




ボルボのグレード名に惑わされるな?旧型XC60 試乗記 

NEW XC90 超速レポート① ボルボ史上初の1000万越えのデキとは?まずはアウトラインを

X3 年次改良で装備充実、でももうちょっと古臭い!?(2016年モデル)

GLC 試乗インプレ 前編 最新のメルセデスのSUVの見た目と走りはどうか?

でかい…ジャガーF-PACE 試乗インプレ①

過去記事などもチェックしていただければと思います。

続きを読む

攻めのディーゼルNEW XC60 2017年新型試乗インプレ① 乗ったのはガソリンだけどね・・

中国資本、日本の電装品に駆動系、北欧から世界の自動車の安全基準を決めるようなブランド、ボルボ。
スウェーデンの自動車造りの基本は安全かどうか、ってことで安全性に関してはベンツなどを差し置き世界一のレベルを実現していると言ってもいいでしょう。国産だスバルくらいしか対抗馬はいない感じです。

安全性で超一級品、というは安全装備はすべて標準、というのがあります。オプションリストに安全系の追加するものがないくらいです。数年前からそういう仕様が当たり前になっていて、車体価格に追加の自動ブレーキ代などはかからないし、更にはハンドルへの介入支援系の装備までグレード分けで安全性に差がない。仕様に関しては好みで選ぶだけ、となっています。ナビはXC60に関しては全グレード標準。

今回の2017年にモデルチェンジした新型のXC60はどこが攻めているか・・!?

K0001005905.jpg

価格です。
というか、ディーゼルの価格です。車両本体価格:¥5,990,000というのがガソリンとディーゼルで同一の価格
なんとディーゼル仕様の価格がガソリン仕様と全く同じ。これは中々あり得ないところです。
例えばBMWであれば同一グレードや装備でディーゼル仕様はガソリン仕様のプラス20万、というのが相場で決まっています。一種の社内ルールみたいなものですが。メルセデスに関しても、最近ディーゼル仕様を推しているプジョー・シトロエンにしても、ディーゼル仕様の方が高いと決まっています。装備品に差を付けて価格差をやや大きくするなどの手法もまかり通っているくらいです。基本的にはディーゼルエンジンは開発や製造に余計にコストがかかると言うのが決まり文句のようなものであって、その定説を覆しちゃうようなボルボの攻めた価格設定と言ったところです。ちなみにXC60のディーゼルモデルから排ガス浄化機構としてアドブルー=尿素SCRというシステムを採用し始めたとのことで、これも導入コストがかかっていそうなところ。しかし排ガスがきれいになるのと引き換えに残念ながら維持にかかるランニングコストもアドブルーの補充で年間1万円前後上乗ってしまいそう・・

img_18.jpg

ボディサイズとしては
全長:4,690mm / 全幅:1,900mm / 全高:1,660mm
2016年に登場したXC90のショート版の5人乗りアレンジのような感じです。XC90との比較では約30㎝短くなって2人分のイスを取っ払い、ざっくり200万円安くなったイメージです。デザインの妙か旧型のXC60と比較するとかなり立派な体躯になったかと思いきやサイズはホトンド変わっていません。最上位モデルの90シリーズとの最大の差別化としてはXC90にはディーゼルの設定がない、ということもあります。XC90に関してはラグジュアリーな世界観の維持のためにガラガラと音のするディーゼルは日本仕様では導入しないことになった、とのこと。残念ではありますが、ガソリンターボの澄み切った回転感の方がフラッグシップの相応しい、というのと、ディーゼルモデルを導入するのにかなりのコストがかかり、それでいて大して台数の稼げないフラッグシップゆえに割り切った、という懐事情もあるようです。
モデル導入の事情は違いますがマツダのCX-5→からのロングボディ7人乗りのCX-8を追加したのと逆の手順での登場となりました。2000年頃は同じフォード傘下で共通する部分の多かったマツダとボルボですが、今は全く関係はないようです。ノウハウや車体づくりは似通っている部分はもしかしたらあるかもしれませんがね。

NEW XC90 超速レポート① ボルボ史上初の1000万越えのデキとは?まずはアウトラインを


599万円のモデルでミッドサイズSUVの4WDディーゼルモデルが選べる、ということで、ボルボXC60、注目です。
ちなみに旧型XC60 に関してはディーゼルモデルでは4WDを選ぶことが出来ずFFとディーゼルの組合せでガソリンと4WDの組合せでした。新型は現状では4WDしか設定がないとのことで、逆にFFは選べない感じです。

ボルボのグレード名に惑わされるな?旧型XC60 試乗記 

旧型2016年モデル X3 年次改良で装備充実、でももうちょっと古臭い!?

などの過去記事でも上げていますが、BMWやメルセデスベンツ、変わり種としてはジャガーのF-PACEなどと比較するとプライス的にはボルボは安い感じです。新型でハンドルへの操作支援など安全装備充実で価格的には激安と言ってもいいでしょう。まぁ、それでも599万円は一般的には高価ですが・・

試乗インプレ②へと続きます。
ディーゼルモデルではなく、ガソリンモデルの試乗インプレッションとなります。
ディーゼルモデルであるD4は2018年の3月ごろに上陸予定だそうです。



GLC 試乗インプレ 前編 最新のメルセデスのSUVの見た目と走りはどうか?

でかい…ジャガーF-PACE 試乗インプレ①

過去記事などもチェックしていただければと思います。

ロックタイトって1個くらい持ってる?意外な活用法とは!?

ネジのゆるみ止め、ネジロックと言ったりしますが、商品名的にはロックタイトと言うのが有名でしょう。

ロックの強さによって低、中、強強度と選ぶことが出来たりします。


金属製ねじのゆるみ止め及びシール剤で、金属接合部で空気の供給を断つことによって硬化し、衝撃、振動によるねじのゆるみを防止するものです。

低強度のものは 低 って割にしっかりと固定され、ネジをある程度強めに力で回すと回る感じです。自転車やバイクなどに向いているイメージ。
中程度の物だと、小さなネジ以外向き、車などちょっとボルトナットネジのサイズが大きくなっているかんじでしょうか。
強強度のロックだと、完全に固定される感じで、DIYなどで屋外の何かをネジ止めしたときに併用する感じですかね。二度と取れなくなる可能性が高いので、使う時は注意が必要なレベルのようではあります。

8cadb25a-b68b-49e5-8bfe-0ac3568850fe.PNG._CB523668749__SL220__.png

今回はこのバイクや車、自転車等のメンテナンスをDIYでされる方であれば一つは持っているであろうこのロックタイトの活用法について、ココだ!ってポイントを!

えーー ゴープロなどのアクションカメラのマウントやステーなどに



車やバイク、自転車等にマウントで固定した入りしやすいのが特徴のアクションカメラですが、そのステーのネジが脱着を繰り返したりすると緩みやすくなります。



こういうアングル調整用のステーなどもネジロックを併用することで緩み防止になります。
せっかく撮ったと思っていた大切な瞬間が、ステーがアッチ向いていた(´;ω;`)・・・なんてことがなくなるはず。

低強度のネジロックの少量から試してトライしてみましょう!

オプションまでもわがまま仕様のハリア- その魅力②

エンジンや立ち位置で迷走気味でも売れまくっているハリアー。
300万円からスタイリッシュで高級感も少し備わっているとあれば人気も出るのも頷けます。
そして、人気車種ゆえに街でも多く見かける・・となると・・?
今度はオプションやカスタムなどで個性を出したくなったりしたりするものですね!

わがままに応え続けるハリアー!?迷走しながらも売れ続ける魅力とは?① からの続編となります。

特に外観は大事、というか、お隣さんや同じマンションの人との差別化とかだとそういうところをやらないと見分けが付かなくなっちゃうこともあるのかも?

なんてったてメーカーオプションでのスタイリングキット、エアロで3種類。
carlineup_harrier_accessories_top_pic_05_pc.jpg
carlineup_harrier_accessories_top_pic_06_pc.jpg
carlineup_harrier_accessories_top_pic_07_pc.jpg
モデリスタで2種類、
carlineup_harrier_accessories_top_pic_09_pc.jpg
carlineup_harrier_accessories_top_pic_08_pc.jpg
TRDで2種類って、どんだけゴツイエアロを推しているんだか(笑)
carlineup_harrier_accessories_top_pic_10_pc.jpg
carlineup_harrier_accessories_top_pic_11_pc.jpg

いちおうSUVスタイルの車なのにフロントとかはかなり攻めた低さのエアロもあったりします。都会派ってことで割り切りも大事ですね。
アルミは一応トヨタのお墨付き的には20インチの8.5Jまでは許容で、245/40R20の割と薄目の低扁平タイヤを履いて迫力のあるフォルムを演出することもできます。ハリアーのサスのテイストであればある程度の大きさのアルミでも履きこなして乗り心地は確保できそうではありますが、コーナーではタイヤのグリップが勝ち過ぎてバランス的にはスポーティになり切れない仕様、ドレスアップメインとなりますね。

メーカーオプション:製造時に装着するナビ、とディーラーオプション:その販売店で装着するナビと多少選べたりはしますが、とりあえずひっくるめてオプションのナビは最大で9.2インチの見栄えのする物があり35万円前後、バックモニターやETCとのセットで5万円前後~の割引があったりしますが、コスパが良いとは言えないかもしれません。

車外で10インチの専用品であれば25万円以下であり、


9インチのハリアー専用の物あれば17万円前後の実勢価格で出回っています。


7インチの廉価モデルであれば9万円前後です。


サイズとコストのバランスを考えると社外品のナビの方に分があるように思います。
車種によってはオプションでないと効かないスイッチが多かったり収まりが悪かったりと言うのがあったりしますが、ハリアーほどの売れ筋車種となるとアフターパーツメーカーもしのぎをけずっているだけでなく、フィッティングもクオリティーも高くなっています。予算と好みでグレードアップして車内空間を楽しむのがハリアーとの楽しい付き合い方かも。外観のドレスアップはそこそこにインテリアに力を入れる方がスマートかもしれません。

もとの選ぶグレードやエンジンの種別によって総額としての予算の幅は決まってきますが、それでもbasicなエレガンスグレードにナビなどを付けて乗り出そうとすれば350万円くらい。コスパ的には悪くない感じで、ちょっとした高級車風のSUVが手に入ります。後は走りの活発さや静粛性などとのバランスを考慮してターボを付けるかハイブリッドを積むか、の選択でかなりコスパ高い感じですね。

ただ2代目までのモデルのようにRXとの共通部分が現行ハリアーにあるわけでは無いので、北米仕様の高級SUVが日本だと安く変えてオ・ト・ク♪って感じはありません。あくまで国内仕様のハリアーって名前なだけの高級風ってなSUV風の乗用車です。ディスっているわけではなく、日本でローカナイズされた手頃なラグジュアリーカーってことでオススメです。

スタイリングに関してはホイールベースが短く前後のタイヤ以降のバンパーの面積が大きくやや古典的な車のように見えたりもします。これも使いまわしのプラットフォームの弊害で、今どきのタイヤを四隅に配置して踏ん張り感と走行性能の向上、というデザインができないといった具合です。よく言えばクラシックな上品さがある、と捉えましょう。それでもホイールベースが長く無いなりに室内空間がしっかり確保され、足回りもスポーツ走行には向いていなくても乗り心地は担保するという、トヨタの車造りの底力は健在。

この車、コンスタントに売れているだけにコンスタントに製造されています。当たり前だ(笑)
在庫が少しダブついたり、年末年始や3月の決算期になると値引きが期待できる車両があったりします。
30万~50万円を目指しましょう!
お車をお持ちの場合は下取りでなく買い取り店に出す前提でいきましょう!
下取りと値引きをゴッッチャにしてはぐらかされないように!

続きを読む