最新ディーゼルで引っ張るCX8 その走りの完成度はいかに?試乗インプレ②

CX8最大の美点は、エンジンとそのサイズ当たりのコスパにある、と言っても過言ではないかも?
CX8試乗インプレ①からの続き


試乗インプレ①では私が感じるネガティブな点を主に上げていますが、試乗インプレ②ではエンジンにや走行フィールについてまとめていきたいと思います。

20171224_172203.jpg

CX8に搭載されるエンジンは1種類、SKYACTIV-D 2.2は最新世代のマツダのディーゼルエンジンであり、190馬力トルク45.9kg-m、燃費性能においてはJC08モードで17.6km/L(FF)CX-5と比べて200kgの重量増のボディを難なく走らせます。むしろ力感的には軽快と言えるレベルでぐいぐいと走ります。感動物です。それでいてボディの大きさや車重がかさむ割には燃費性能も申し分なく、全体的な完成度も高いと思います。

20171224_172228.jpg

エンジン音、排気音、共にアイドリングレベルであれば共に非常に静粛性が高く、ほとんどディーゼルであることを感じさせず、パワーと燃費の良いただのエンジンだ、とポジティブに評価できます。これまでのどんな乗用車のディーゼルエンジンよりも音質的に爽やかで、最新世代なんだなぁと感じさせてくれます。

ただ、唯一難癖をつけるとしたら、坂道や多人数乗車の際でエンジンにそれなりの負荷がかかっている時、加速しようとした踏み込みに対し、ターボのタメ・ラグ、みたいなものを感じる、というのと、そういったシチュエーションにおいて2000rpm前後でブルブルとエンジン・駆動系から振動を感じることがある、といった点でしょうか。エンジンの負荷に対するバイブレーションか、オートマやクラッチからの振動か、なんにせよ過剰に反応する部分があると思います。重箱をつつくようなネガティブな要素ですが、2リッターのターボディーゼルであっても、ボルボ・BMW・プジョーの方がそういうトルク変動に対するレスポンスやスムーズさでは劣るかもしれない、ということです。

ディーゼルエンジンのスペックだけ羅列するのであれば、2リッターで190馬力のボルボのディーゼル各車もあるし、燃費で言えばBMWの2リッターでX3(重量が近い)の17.0km/L(4WD)~218dGT(7人乗りで価格が近い)の20㎞/L(4WD)やプジョー5008の17.3㎞/Lと、CX8の強みは??となったりします。実際のところはここも圧倒的なコスパ、というのが国産車であるマツダの強みと言えると思います。350万円~マックスオプションなどを盛っても500万円弱、サイズ的に立派で大きいというのもポジティブに捉え、馬力や燃費が輸入車バリのスペックでありながらFFと4WD、そして7人乗り3列シートの人気のSUVスタイルで比較的安価にチョイスできるというのがCX8最大のストロングポイントだと思います。

20171224_164710.jpg

ハンドリングに関しても、乗り心地の良さに関してもおおらかなボディのメリットと、そこそこの敏捷性とを備えており、運転者も同乗車も疲れにくい特性の乗り物だと思います。運転席でも、2列目のシートでも、自分が特等席に座っている、と感じる素敵な車だと思います。高速道路を淡々と走るロングツーリングであっても、出かけた先のワインディングロードであっても、そこそこハイペースに流れをリードできるGTカー的な仕上がりといっても良いでしょう。

前側の見切りは悪くありませんが、リアサイドの視認性は余り良くはありません。
標準装備のバックソナーやオプションの360度アラウンドビューモニターなどを活用して安全性を担保しようとしているのは間違いありませんが、全長も長く4900mmのCX-8に試乗する機会があれば、縦列駐車や車庫入れなどを試してみることをお勧めします。

エンジンの微振動などは個体差による部分もあるかもしれません。運転するシュチュエ―ションによっては程度の差があったり、発生しないこともあると思います。私が試乗した例に挙げた他の車種でも条件によってはネガティブなエンジンの反応もあったりするかもしれません。この辺りはみなさまで試乗し、各種情報がいろんなところに出てくると良いですね。個人的には自動車評論家の方々が絶賛し続けるのはちょっと疑問な完成度だとは思いますので、試乗インプレ①、試乗インプレ②にて記しました。

インテリアなどについて、
試乗インプレ③ へと続きます。

なんだかんだ言っては居りますが、ライバルとなる車種はちょっと価格帯の上の輸入モデルたちかも?

5008は7人乗りSUVのベストチョイスか?試乗インプレ①

新型トゥーラン 試乗インプレ① エンジン性能、操縦安定性編

BMW2シリーズグランツアラーを選ぶ理由とは?7人乗り必要?

攻めのディーゼルNEW XC60 2017年新型試乗インプレ① 乗ったのはガソリンだけどね・・

BMW X3d Mスポーツ 試乗記 日本での販売の主力となりつつある2リッターディーゼルの実力は?

X3 年次改良で装備充実、でももうちょっと古臭い!?

各記事も参考にしていただければ幸いです。


続きを読む

〇〇が足りない!?CX8試乗インプレ①

タイトルで煽りますが、もしかしたら剛性不足なのではないか?と思った、2017年末に試乗したマツダの7人(6人)乗りSUV、CX-8。試乗インプレ①として書き始めたいと思います。

マツダのCX-8の成り立ちとしてはCX-5のストレッチ版ではなくて北米仕様のCX-9のシュリンク(縮小)版だと言うことですが、正直なところ、完成度はイマイチだなぁってのが私の正直な感想です。ボディはCX9の全長を詰めたものに、足回りのアーム類がCX5の流用で車幅をCX5と共通の1840㎜という日本国内でも大型車なりに許容されそうな数値に収めています。

CX8のサイズは 
全長:4,900mm 全幅(車幅):1,840mm 全高(車高):1,730mm

20171224_170749.jpg

見た感じの全体のバランス感は良い感じに立派であり、全長の4900㎜という長大な感じの割に車幅は1840という中々のバランスの良さ。全高も1730㎜と成人男性くらいの高さがありますが、ミニバンやハイト系軽のように幅は狭いのに車高だけは180㎝という感じの見た目の腰高感もなくカッコいいシルエットだと思います。画像で見るよりも実車の方が断然ボリューム感とスタイリッシュさが感じられるはず。

試乗したのはCX8のLパッケージと呼ばれる一・二を争う人気グレードの6人乗りのレザー仕様。木目のパネルがあしらわれる等最上級グレードではあります。価格はFFで400万円弱、4WDで400万円強、といったゾーンです。

20171224_172138.jpg

色んなシュチュエーションで乗り回してみての試乗インプレッションとしては・・
ちなみに私が残念に感じたポイントとしてボディ剛性というのがあって・・

20171224_172033.jpg

右リアのドアの建付けが悪いというのがあり、半ドアになり過ぎってなぐらいでした。閉まる直前に引っかかりというか重くなるところがあり、閉まる直前に押し込むように強めに勢いつけて閉める必要がありました。
ちなみに逆の左バックドアは異常に軽く締まると言うか勢いが付きやすいと言うか・・
30年前、シャコタンなセダンで峠を走り込んだ後にボディが歪んでドアの建付けが左右で極端に変わったクルマあったなぁ~なんてのを思い出しました(笑)そんなレベルの試乗車に当たったのは初めてだったので結構ショッキングでしたが、走行距離は12月末時点で2000㎞くらいだったと思いますが、プロトタイプなのか試乗車としてメディアに持ってかれててハードに走り込まれたりしたのか、展示車で全国を回ってドアをハードに傷めつけられた個体だったのか・・もちろん個体差があると思いますし、納車整備ではドアの調整というのはもちろんされるとは思うので、おおむね心配は要らないと思います。
あくまで私個人の感想で、試乗車のコンディションをたまたまそういう風に感じただけ、ということもあるので、参考までにしていただいて、気になる方は各個人でドアの感触を確かめてきてくださいまし。言い過ぎかもと思ったらこの辺の記述はいずれ削除するかもしれませんので、悪しからず。

その他、気配りが足りない、というポイントとしてはエルパッケージのレザーシートモデルの6人乗りはセカンドシートに巨大なアームレストが備わりセンターのウォークスルーが出来ないという点。
20171224_170920.jpg
ミニバンからの代替モデルとしての役割を担うというメーカーのコメントと矛盾する、安直なラグジュアリー仕様でちょっと残念です。2列目のシートの広さや快適性はかなり良いと思うので、単純にキャプテンシートでイスと一体式の可倒式アームレストを付ければ良いのに、と思います。この辺はマイチェンあたりで仕様変更があり得る部分なようなので、敢えて今急いでレザー仕様をオーダーしない方が良いかも知れません。6人乗りのセンターウォークスルーであればプロアクティブグレードの方が良いかと。装備の組合せにユーザーの声が反映されたり、テコ入れで装備の組合せに柔軟性を持たせてくるのを待った方が、より満足度の高い仕様をゲットできるかもしれませんね。そのころには多少の値引きも効くでしょうし、中古も安く出回り始めれば選択肢も増えるでしょう。マイチェンや特別仕様車などの最新情報は常にチェックしましょう!

融通が利かない、というポイントとしては、スタッドレスでのタイヤサイズで保証が効かない、というのもあるそうです。
20171224_172216.jpg
純正の19→17へのスタッドレス用などでのインチダウンは、純正指定サイズのものに限り可能だと言うことで、タイヤサイズ:225/65R17・・ホイールサイズ:17×7Jオフセット45mm のみ、とのことだとか。ユーザーが概ねおなじくらいのタイヤ直径やオフセットなど、幅や扁平率を工夫して17インチや18インチで組んだりするのは、車両の挙動安定装置や安全装置、歩行者用エアバッグなどの作動を妨げて重大なトラブルになりかねない、という理由でメーカー完全に責任持ちません体制を取っているそうです。まぁ、19インチのサマータイヤで納車して、純正の17インチサイズのアルミとスタッドレスタイヤをセットで用意するのが色んな意味で無難ではあると思いますが、ちょっと融通が利かずトゲがある感じも受けます。悪意はないでしょうが、こだわりが強くてメンドクサイ感じのメーカーになり過ぎないように気を付けてほしいものです。
ちなみにCX5と同様の感じで19インチのオプション価格54,000円で同じサイズであり、マニアックな225/55R19の19インチ。カスタムしにくいサイズ設定なのも事実ですが、純正でも十分にかっこよく、特に全長が長いCX8には19インチの足回りは見た目にも美しく収まりも良いと思います。

今回はドアの建付けや6人乗りレザーグレードの課題やスタッドレス換装についてなど、とりとめのない話ばかりになってしまいましたが、次回以降、走りや内装、3列目の使い勝手や居住性についてまとめていきます。
ただ、なんだかんだ言っても話題だし人気も出てきている車なので、実車チェックや試乗、ぜひ行ってみましょう。7人乗りのランクルプラドよりか安いし運転しやすくていいかもね。」

最新ディーゼルで引っ張るCX8 その走りの完成度はいかに?試乗インプレ② 
 へと続きます。

過去のCX5の試乗記なども参考になるかも?



なんとなくボルボっぽい?CX-5試乗インプレ①

CX-5は内装もヨーロピアン?試乗インプレ②

装備と価格に納得できる?CX5はコスパ高いか!?試乗インプレ③

続きを読む

バイク用のスタッドレスをご存知?冬用にいかがでしょう?

突然の雪や、低温の日が続く時の凍結路への保険として、スタッドレスタイヤの装着、車では当然の事ですね。
バイク用でも実はあったりします。
サイズはかなり限られますが・・
知人で原付に装着している方がいて、チョイノリでのインプレッションを紹介したいと思います!!

914u4+nJfgL._SL1500_.jpg

サイズがかなり限定されていますが、IRC やTIMSUN (ティムソン)、BONSAN(ボンサン)などのメーカーくらいしか取り扱いがないようではあります。ボンサンは降雪地域用のスパイクタイヤが主のようです。スノータイヤやスタッドレスと言うのは一応タイヤに鋲などのスパイクが打ってないものとなりますね。
今回チョイノリした、90/90-12 ・100/90-10 56Jあたりのサイズは50㏄~原付2種などのサイズで多いかもしれませんので、参考になるかもしれませんね。スノータイヤの設定サイズとしては年式や製造時期や車種を完全に把握するのは難しいですが、カブやリトルカブ、キャノピー、ジャイロやディオ、トゥデイやリードなどの実用的・ビジネス用などの原付サイズとかがメインな感じかと思います。

IRCのサイトなどでサイズの適合表などを確認くださいませ。下の方にスクロールして品番がSN になっている物がスノータイヤです。



雪の上で走ってみて、新雪や圧雪などであれば、タイヤの掻き出し能力の高さからか発進の力がグッと路面を捉えて強めです。アイスバーンだと発進の力は弱いですが、それでも動き出せます。バイクの場合は後輪駆動ですのでハンドルと駆動輪の制御をそれぞれのタイヤで分担して、かつリアに荷重がかかりやすいので走りに関しては意外と安定する物なんだなぁと感心しました。反面、コーナーではかなり怖い感じであり、アイスバーンなどではさすがにかなり速度を落とさないと危険な感じがしました。ほとんど歩いているのと変わらない位まで徐行しないとコワいです。雪道でのバイクのブレーキングに関してはフロントを強めにかけるとコケそうになります。リアブレーキ主体がよろしいでしょう。ホンダ車に採用されるコンビブレーキはリアを掛けるとフロントにも少し弱めにブレーキ圧が伝わりますが、それくらい弱めの連動でちょうどいい感じかもしれません。普段フロント主体でブレーキ掛けている方はかなり意識してリアブレーキを使いましょう。轍が深い路面では轍から抜けられなくなります(笑)交差点や車線変更にはライン取りによっては轍を乗り越える必要があり、車体下部を擦る感じがあるので、トレースするラインを先んじて選べるようにしましょう。焦ると良いことないのでそういう時こそ先を見て、先行的な動きを飛ばさずスローに行きましょう。

ドライ路面でのバイク用スタッドレスタイヤの使用感、正直言って意識しなければ普通のタイヤとの違いは解らないレベルです。言われてみれば、倒し込みが軽すぎる、とか、接地感が薄いとか、ロックしやすいとか、ロードノイズが大きいとかあるようです。ですが、スノウ用だからそういう風に感じるのかも?と言ったくらいで、IRCの物に関しては普通だと思います。減りが早いとかは使っている人の感想としてはあるようなので、コスト面では標準的なタイヤよりも高価なのも含めて割高なのかもしれません。地域によりますが、使用頻度とバイクに意地でも乗るかどうか!?というか、必要性として雪の中バイクで出なければいかないのかどうか?などとの兼ね合いがあると思います。

都市部のバイク用品店では冬用のバイクタイヤなんてものは取り扱いはほぼ皆無で、通販で買って行き付けのバイク屋に持ち込み交換をお願いすることになるでしょうか。そうなると持ち込みでの割高な交換工賃を請求されるなど、トータルでのコストはかなりかかることになるかも。

原付のリアタイヤ交換をDIYで!!・・はお勧めしないかもしれない。 のブログにて書きましたが、DIYでのタイヤ交換というのもやってやれないこともない。スノータイヤとノーマルタイヤを頻繁に履き替えるならセルフでできておいた方が良いかもしれませんが、人によって技術や根性のハードルも違うので、そこらへんはバイク歴やメカニックテクニックと照らし合わせて考えてみてください。


スノータイヤは割高だし必要ないかな・・という方には一応バイク用のタイヤチェーンなんてのもあり、応急的にはこういうのもアリかな、とは思います。新聞配達や郵便局のカブなどが装着しているものですね。



バイク用のスノータイヤ情報はあまり出回っていないようなので、少しでも参考になればと思います。
思わぬ雪の時でもバイクでの機動性を確保したいと思う、タフなライダーの参考にでもなれば。
雪道ではドライ路面と違った特性を考慮して、よりセーフティなライディングを心がけましょう!
安全で楽しいモーターライフを!!

雪の後のドライブこそ快適に安全に!

全国的に雪が激しく降り注ぎ、雪にあまり縁がない地域でも積雪で大変なことになったりって、年に2~3回とか、数年に1回とか、人によって感覚と間隔が違ったりしますが、まぁ、住んでいる地域も違えば実情も違ったりするものでしょう。

でも、雪降ると交通的に大変なのはどこも変わらず、車をどおしても使わなければならない事情の人も居たりするので居つくかの便利アイテムとか注意点とか。

雪道をノーマルタイヤで走行すること自体が実は道路交通法違反?ということでその辺は確実にスタッドレスを履くかチェーンを装着するとして・・
次いであってはならないのが車のルーフの雪をそのままに走ること!!

IMG_20180123_205011.jpg

全国共通なのか、それとも県によってのルールなのか、長野県などでは、自動車の車体及び積荷等の積雪が走行時に飛散し、又は落下することにより、交通に危険を及ぼし、又は及ぼすおそれのある状態で自動車を運転しないこと、などと条例かなにかで定められていたりします。

周りに迷惑である、というのと、ルーフの雪がフロントガラスに滑り落ちてきて視界ゼロ!なんて笑えません。やめましょう。

備えればなんとやら、車関係の雪かきグッヅとしては・・

AZスノースクレーパー 車用


アウトドアブランドのキャプテンスタッグからも


車の通路の確保のために


小さめのスクレイパーとグローブ、タオルなどがセットになったものも
使い切りとは言いませんが、セットで用意しておくとラクでいいかも。


フロントガラスの凍結取りには開票剤のベストセラー、クレのアイスオフ。


そもそもの雪や結露、フロントウィンドウの凍結を防止するなら安物でもガラスの外にカバーを掛けておけば予防にはなります。


朝の大切な時間を時短でケアするにはこういったアイテムを活用するというのは大事かもしれません。道具なしで支度すると冷たさで手がやられて運転時に支障がでるかも。作業で袖が濡れてたりすると快適性の面でもよろしくない。
積雪時の交通状況などは時間帯などによって刻一刻と変化するので早め早めのスタンバイが大事です。
雪下ろしに窓の解氷、車両周りの雪かきに道具がなくて手際が悪く、1時間とかかかっていたら渋滞しない時間帯を逃すかもしれません。タイムイズマネー、ほんのちょっとの早出がスムーズな交通状況に乗れることにもつながると思うので、こういったアイテムを活用して見て下さい。

なにか代用できるものがあれば、在るものを使う!という精神でいいと思います。
あったら便利そうだな、と心にヒットするものがあれば、ゲットしましょう。
スクレパーなどのアイテムは洗車後のウィンドウの水切りに、とか家の窓にも使えるとか。雪の時に限らず活用できるかも。

安全に、よきモーターラーフを!

箱根駅伝で気になるバイク?XJ6ディバージョン

駅伝中継仕様のバイクは積載性や安定性向上のため独特のカスタムを施されているケースが多いのですが・・白バイはCB1300であったり、カメラバイクがCB400スーパーボルドーるであったりDN1ベースのトライクであったり・・低速における安定感の高いモデルが多いなぁって・・マラソン系の中継バイクだとBMWのRT系もあったりするよなぁ~って
その中になぜかヤマハの逆輸入車XJ6ディバージョンの姿が(笑)

なぜ~?っていうかその車種なに~?ってかたも多いと思うのでちょっと解説しときましょう。

XJ6 Diversion 2010年登場のモデルで新車価格:810,000円~ ABS仕様は86.4万円~

img_main.jpg

FZ6のエンジンをトルク型にチューニングして気負わず扱えるスポーツ性とツーリング向けにアレンジした大型バイク。と言っても大型のジャンルの中ではミドルサイズに分類され、ビギナーからベテラン(やや年配)まで幅広いライダーに向けた扱い切れる高性能と言うのがテーマとしてあるバイクでした。MT-07に現在はそのポジションを譲ったというか奪われたというか・・

77.5馬力の出力と、フロント120/70ZR17、リア160/60ZR17サイズといった過剰ではないサイズを設定しており、そのバイクの方向性はマニアックで売れ筋ではないけれども味のあるバイクと言えるモデルです。スペック的にはスズキのSV650ABSに近い感じかもしれません。

ツーリング向け、のように謳っていますが、リアのカウル形状などからツーリング適性が決して高くなかったはず・・ということでエンジンの特性の扱いやすさでカメラバイクとして抜擢されたと思いますが、おそらくクラウザー製のパニアやリアキャリアなど欧州向けのステーやパーツをアレンジして中継車になっている物と推測されます。まぁ、特殊装備車両としてワンオフで色々架装されているとは思いますが。
扱いやすさなどの点では、車体下にコンパクトに収められているマフラーなどもデザインのアクセントと車体リアセクションの改造の自由度としてもポイント高いのかも。排気をまき散らしている感じにも見えにくいし、低重心化にも一役買っている。実際はこのマフラーと足つきの良さの両立のためにバンク角はあまり確保できていないとも言いますがね(^-^;

しかし、ディバージョンのこの顔。
欧州を意識したのか東南アジアでのウケを狙ってのこのヘッドライトなのか・・
テレビでの中継を見てあの変なヘッドライトのバイクはなんだろう?と疑問に思った人も多いのではないでしょうか?

ダウンロード.jpg

ベーシックなバイクとして定評ではありますが、MTシリーズの影に隠れて目立たないバイク。よって中古などではかなり安く出回っています。いまだに新車もありますが、どうやら2015年モデルから進化していないというか、下手すれば2015年から売れ残って在庫のままってオチも・・値引き交渉の材料になりそうですね。

新型でメジャーでは無いバイクですが、乗ってみると足つきの良さや取り回しの良さが好評のモデルのようではあります。

バイクとの出会いは一期一会、その時には箱根駅駅伝で見たかも!?ってバイク屋さんで運命の出会いをすることもあるかも?

MT-07って優しいストリートファイターなのか?MTシリーズ比較試乗インプレッション


SV650試乗インプレ ポテンシャル高くてもやはり売れないけども・・値引きがきく!?


NC750X 試乗記 2016年モデルDCT これはカブ750なのか!?