禊は済んだの?ワーゲンパサートディーゼル導入へ!!

2015年のディーゼル不正において、日本は不正のあったディフィートデバイスを搭載したディーゼルモデルの導入はなかったにも関わらず販売は壊滅的になっていたりしました。

ワーゲンのディーゼル・・てだけで話題にするだけで嫌悪感が走りそうなこのご時世・特に煽りたがりのネット民はネガティブキャンペーンを巻き起こしたいところかもしれませんが・・
まさかの3年足らずでワーゲンパサートにディーゼルの追加モデルが発表・発売になりました。

2112.jpg

これは・・きっと売れませんね

パサートTDIエレガンスライン:422万9000円
パサートヴァリアントTDIハイライン:509万9000円
値段が微妙に高めな上に、目新しさがない。ベースモデルをどこに合わせるかによりますが、30~40万円くらいは価格上昇しているそうなので、割高感があります。BMWはほぼ一律20万円高に抑えるように企業努力として取り組んでいるので、見習ってほしいところ。ワーゲンの腹の中では世界展開している不正を起こしたディーゼルエンジンであっても、もとを取るために高めでも日本にも入れといた、ってくらいの物なのかもしれません・・
そして、主観ではありますが、ワーゲンのディーゼルに乗っている・・と言ったら村八分目になりかねないほどまだ不信感は根強く残っているのではないかと。

目新しさがない部分・・スペックもそうですが、最高出力190ps、最大トルクは400Nmであり、高負荷・高トルク対応型とは言え、トランスミッションは6速デュアルクラッチ式:かなり耐久性で不評なDSGを組み合わせております。燃費は20.6km/Lでライバルに対してさほどのアドバンテージがあるようには感じられず、同じパサートのガソリンモデルの2.0TSI:15.6km/L、1.4TSIが20.4km/Lに比べれば良いけれども、ぱっとしない部分もあります・・
メルセデスやBMW、ボルボ、プジョーなどの輸入ディーゼルとスペック上・価格上の優位点はないような感じ、マツダにもコスパや性能で譲る部分がありそうです。

パサートヴァリアントは全長×全幅×全高=4775mm×1830mm×1510mmでサイズ的には3シリーズより大きく、居住性の面ではリードする部分がありますが、あくまで大きさに対してのコスパって部分のみ、割安に感じるパートでしょう。

ワーゲン的には最新のテクノロジーで日本の環境規制をパスした、と言いますが、導入しているテクノロジーはベンツやプジョーでは良く聞く装備や技術で、あくまでワーゲンの中では最新というだけで、コマーシャルの仕方の問題かな?ってところ。

2152.jpg

選択肢が増えたことは歓迎したいところですが、モデルチェンジのタイミングなどで持ってくればよかったのに・・と思います。待ちきれないのはメーカーの都合であって、ユーザーのニーズではないところが残念なところです。ニーズ喚起できるほどの戦略的な価格設定でないのも残念なところ。

値引きはディーラーによる部分も大きいでしょう。ワーゲンのイメージ低下による下取り、買取の下落分の補填などを含めた、そもそもの価格をもっと下げるべきではないか?と思います。
日本人の意識下にはイメージとして根強く残るものがあり、昨今はネット上で荒れるケースがあり、それがアングラなメディアからメジャーなニュースにまで波及するケースも多いです。日本市場はディーゼル不正関係なかったと開き直ってはいないと信じたいですが、実際の狙いはいかがなものかと。もっと明確なユーザー向けのメリットの提供をPRしないと不味いのではないでしょうか?

パサートディーゼルの新車購入を考えている方はしばらく様子見、というのがお勧めです。試乗や展示車のチェック、アイドリング音の確認などにとどめておきましょう。
悪い車ではないでしょうが、購入→売却までのトータルでは現状非常に割高で、他の輸入ブランドのほうが安定感がある値動きだと思います。

パサート試乗記 1.4でアウディ要らず?

ワーゲンの不人気車?実はすごいハイテク先進安全NEWパサートについて

3シリーズのディーゼルの性能は如何に?値引き情報も!

続きを読む

痒いところに手が届くバイク小物をリーズナブルに!

ちょっとしたパーツだけどもあると便利orないと不便だったりするもの。
バイク用品店に買いに行くのもなんだかなぁ~ってアイテムをネット通販でサクッとゲット!!
そんな微妙に欲しいアイテムをちょっとピックアップ!

ぶっちゃけネット通販のほうが安いもの、送料などを考えると割高なものなどありますが、家に重い部品が届くとか、小さなパーツであればポストにポイっと投函されるとかメリットデメリットあるのでそこは各自の自己判断で願います。

ミラーのかさ上げスペーサーねじ。
視界の確保やミラーアダプターで取り付けるタイプのアイテムとの調整で使えたりもします。コレだけバイクショップに買いに行くのはちょっと億劫かも。


合わせて使われるアイテムとしてはミラーのオフセット用のもの。

デザイン的に気にっているミラーであってもハーフカウルやスクリーン、各種ホルダーをつける時などに少し取り付け位置を調整するときに重宝します。

61e+2NEWXtL._SL1024_.jpg

最近の流行であるスマホホルダー取り付け用の追加バー。
バーハンドルであれば直でつけたりできるのでは?と思っていても、クランプにミラーにスイッチボックスにハンドルの曲がりなどいろいろあって、取り付け位置については若干の調整が必要になるパターンも多かったりします。ノーブランドのアイテムであれば1000円くらい、デイトナとかで1500円前後で通販で買えたりします。


最近人気のスマホホルダー。
ナビに使ったりする方が増えて、ツーリングのお供になることも多いそうです。
パーキングエリアや停車時に使いやすいむき出しのタイプが人気だそうです。スマホ対応手袋や、グローブを外してすぐ画面の操作ができるのがメリットですが、雨に弱いという弱点もあります。霧の中を走行するものスマホに種類によってはNGであります。


雨天対応のフルカバーされる物のほうが実は値段が安い。自転車用だとこっちのほうがメジャーだとか?

防水風のカバーがついていて急な雨に対しても多少はガードされているのと、落失のリスクが少なめな感じではあります。
デメリットとしては操作性が悪く、ビニール素材のカバー部分超しではほぼ操作できないと思っておいたほうがいいでしょう。視認性においても液晶部分にビニールカバーが重なり、反射や曇りなどで正直見難い。グローブを外し、カバーから出して設定や確認などの操作するひと手間が剥き出しタイプよりネガティブに感じる方が多いようです。

バイク乗りの方は少しのわずらわしさであっても集中力を削がれたり、危険と直結する部分も多いので、こういった小物類で視界の確保、ナビの設定・確認しやすさの担保、いろいろと工夫してセーフティライディングを心がけましょう!!

マジェスティSはどんな人にハマるのか?試乗記②

150㏄クラスのスクーターのそもそもの需要を考えてみると見えてくるもの。バイクを利便性の高い道具として見極めて使い、時間とお金の節約につなげる合理性と、バイクにしかない爽快感に酔いしれる娯楽性と、多くの物を高次元で求めているのではないか?と。

マジェスティSの試乗記①からの続きです。

今回のブログでは装備や使い勝手について記事にまとめていきたいと思います。

マジェスティSでなくとも高速道路の走行がなければ経済性や合理性では間違いなく125㏄クラスのスクーターで十分ではあったりします。保険や税金などの維持費を考えると125㏄が今の日本では最強のコミューターだと断言できる・・かもしれません。
となると、高速を走る、として、250㏄のビッグスクーターの方が良くない?となりそうですが、意外に車体が大きくてかさばり、値段もかなり高価(新車で50~70万くらい)、保管場所や取り回しにも気軽さが減るのでデメリットと感じる部分もあります。突き抜けてバイクが大好きであればスクーターという選択肢を取っ払ってすくなバイクを新車中古の予算内で選べばよいですが、やはり、通勤の合理的なアシとしてはまたちょっと違ったりします。

とまぁ、高速に乗れつつ、馬力や加速にそこそこパンチがあるマジェスティSではありますが、フロントのカウルは風防効果はあまりない。デザイン的にはハンドルよりもカウルが低く構えられていて、スタイリッシュではありますが、実用性ではちょっと物足りない部分もあるかも。
IMG_20180129_205220.jpg

後付けでスクリーンを装着する方も多いようではあります。

スクリーンをつけないと割とネイキッドや50㏄のスクーター並みに風を受けるので、ウェアやメットなどで防寒や防風、風切り音対策をすることをお勧めします。60㎞までの街乗りと100㎞/hの高速では体感温度は2乗で寒くなると思うので何かしらの方策を講じましょう。

シートは前後長はそこそこありますが、ライダーとタンデマーの段差が大き目。
20180128_152347.jpg
意外と前側の着座スペースが小さく、ステップと足の置き場とのバランスからライディング時の姿勢の自由度は低め。足を前に投げ出せないこともないですが、足首が窮屈に曲がり、安楽に座れる感じではないです。

20180128_152240.jpg

デザイン的にもシートのボリューム的にも意外やパッセンジャー部分はボリュームがあり、オマケ感は少ないです。

そのデザインのおかげか、メットインは前後に余裕があって深い分もあり、約32Lのシート下トランクにはサイズや形にもよりますがジェット型ヘルメットを2個何とか収めることもできないこともないようです。ちなみに250㏄クラスのビッグスクーターであれば40~45リットルの容量があるモデルが多い。

20180128_152112.jpg

ETCの取り付けもメットインの前側につける感じで装着率が高いアイテムだとか。
高速に乗れるメリットを考慮してマジェスティSを購入するケースが多く、高速をバンバン使うためという感じ。高速を延々と淡々と走るというのではなく、1~2区間を距離は短くとも毎日のように走る、という使い方を想定して買う方が多いとか。

足つきに関しては悪くはないですが、ローダウンキットなども出回っているで比較的安価なところから手を付けて対処は可能です。乗っていて不満・不安が出てくれば追加すればいいくらいのものかもしれません。


通勤快速・・となるとリアにトップケースを着けたくなったりしますが・・
IMG_20180129_204717.jpg
リアキャリアはない。ので、オプションや汎用品でリアキャリアをつけねばならない感じです。
メットインで事足りる人や、フラットフロアの足元に荷物をしっかり固定できる人は不要かもしれませんので用途を合わせて検討しましょう。フラットフロアでカバンなど置きやすいですが、しっかり固定しないと高速走行時には落下などの危険などあり危険ですのでバンドで固定するなどしたほうが良いでしょう。

リアキャリアとトップケースのセット、ヤマハ純正の物などがちょっとディスカウントされて出回っていたりします。


ハンドルはアップタイプでバータイプ。22.2㎜の径なので汎用のステーやマウント類が簡単につけられます。
20180128_152244.jpg

追加のバーなども設置しやすいですね。スマホマウントなども設置位置調整しやすくなります。


マフラーに関してはノーマルでも歯切れのいい感じで音質は悪くないと思います。
20180128_152300.jpg
逆いうとノーマルでもそこそこ騒々しく、高速域では詰まった感じがあり、カスタムしたくなるポイントかもしれません。


ブレーキに関してはフロントはペータルディスクでタッチも効きも申し分なし。
20180128_152228.jpg

20180128_152306.jpg
リアに関しても効きに不足はないですが、制動力の立ち上がりとピークが唐突でロックしやすいかな?と思います。重量配分やサスの硬さでリア荷重が抜けやすい傾向にあるのかもしれず、慣れが必要かも。リアには無駄に高性能なパッドではなく、耐久性良さげなソフトな当たりのパッドをリプレイスするのをお勧めします。


150㏄クラスのスクーターの中では走りが良いですが、装備品に関してはカスタムの余地を残しているといえるのがマジェスティSでしょうか。それぞれの使用用途に合わせてチョイスするモデルで、オプションやチューニングでさらに幅広くニーズに合わせた使い方ができるバイクだと思います。

わたくしが試乗したのは2017年モデルで、2018年の2月にマジェスティSは新型に切り替わります。
共通の部分もかなり残してのモデルチェンジではありますが、フロント周りは大幅にブラッシュアップされLEDヘッドライトに、スクリーンなどは新しいものの登場を待つ感じでしょうか。新しくなると走りの面やブレーキのタッチの改善、DCソケットの追加などでの使い勝手の向上、スマホの充電しやすさとナビ利用の勝手の良さ向上など、改良も進みそう。反面在庫車は安い値段で処分されるなど、新型、旧型、両方ともに注目のモデルといえるかもしれません。
新型新車のメーカー定価は372,600円
モデルチェンジ前の新車は29~30万円で在庫車が値付けされています。7~8万円の値引きになりますね。この安さはチャンスかも。
2018年の新型であるXMAXは64万円くらとなっているので、マジェスティSha 破格に安い感じもします。
気になったらまずは跨りに行ってみましょう!!

ビグスクブームへのカウンターはスポーツ性能で!?それっぽい見た目で?XMAX250 2018年新型インプレ①

このSはショートかスポーツか?マジェスティS 150クラススクーター試乗記①

旧世代のマジェスティ250の性能を125㏄サイズで実現した、というのが第一印象。マジェスティS:150㏄モデルで2018年に新型に切り替わる前の型のいろんなステージで試乗したインプレッションとして記していきたいと思います。

過去に何度も150㏄クラスのバイクはスクーターに限らず現れては消え、を繰り返してきたりしていますが、2010年代に新たなトレンドとしてまたいくつかの人気車種が生まれていたりします。

IMG_20180129_204236.jpg

ヤマハのマジェスティS 150㏄モデルもその一つであります。

ヤマハにはNMAX155や、トリシティ155がおり、ライバルの本田にはPCX155が居たりするなど、ちょっとした賑わいを見せるクラスであったりします。過去のモデルではスズキのヴェクスターやアヴェニスなどの150㏄スクーターでゲテモノバイクがあったりしましたが、消えたモデルといえるでしょうか・・中古だと5万円前後で出回っているようなので参考までに。

現在人気の150㏄クラスの大きな特徴として、高速走行にも耐えうる車種で、60㎞/h以上での走行性能にも余裕があって、サイズや重量が125㏄のちょっと大きめのモデルくらいに収まっている、という共通点があります。

マジェスティSは15馬力という最高出力で車重は145kg、90年代ごろのビッグスクーターの20馬力/160㎏に対しスペック上は見劣りする部分がありますが、実際の走行性能は現代的なもので従前の250㏄のビッグスクーターに対して見劣りしないポテンシャルを備えています。100㎞/h巡行に耐えうる足回りとボディの剛性感、エンジンの許容回転数にも余裕があり、タンデムでなければ高速道路の最高速が120㎞/hに上がっても対応できそうな感じです。ただまぁ、長距離をクルージングというのであれば250㏄モデルの余力には及ばないですが、想像以上には走る印象ですね。

IMG_20180129_204527.jpg

足元はステップスルーでコンビニフックを装備し、荷物の積載に考慮していますが剛性は確保。前後長が長くなくコンパクトではあるので、250㏄スクーターのように前に足を投げ出して快適に、という訳にはいきませんが、快適性はそこそこです。

20180128_152334.jpg

足回りはかなり硬めに仕上げてあり、セッティングの狙っている速度域、負荷を想定している部分が明白です。
IMG_20180129_205326.jpg

タイヤサイズはフロントが120/70-13、130/70-13で、リアが細めですが、ビッグスクーターのそれと近いものです。見た目のどっしり感も悪くはありません。PCXの大き目の径のホイールに細めのタイヤというのと好みが分かれる部分かもしれません。

20180128_152228.jpg
足回りのハードさは街乗りではけっこうネガティブな印象です。
30~50㎞/hではかなりゆすられる印象で、ライダーの座る位置によってフロントの上下への細かい揺すられというか突き上げのピョコピョコ感があったりします。上下にずっと動いているのでハンドルを抑えつけたくなったりしますが、あまり意味はなく、少し後ろよりに着座位置を調整するほうがハンドルに動きが気にならなくなるような感じがしました。街乗りの速度域では二人乗りとかだと調子が良いのかもしれません。

逆に高速走行する速度域だと安定するというセッティングです。
IMG_20180129_203720.jpg

こサイズのわりに不安感は少ないと感じます。フロントがかなり低めで、ハンドルよりもカウルが低くもぐりこんだようなデザイン、風をモロに受けるので大き目のスクリーンが欲しくなります。
最近のスクーターモデルではカタログ映えするショートスクリーンが標準で、ほんとの意味での純正サイズのスクリーンはオプションという悲しい時代ですね・・・

画像はマジェスティ250の1995年モデルのカタログ画像。
majesty_1995.jpg
スクリーンは長いのが当たり前で、その後のモデルではショートスクリーンがオプションで3万円前後だったと思います。さらにその後のモデル位からはショートスクリーンが標準でロングスクリーンがオプションで3万円前後とか、2000年代の中盤から変わっていったような・・

150㏄を敢えて選ぶとしたら、高速走行を念頭に入れる部分もあると思うので、風切り音を感じにくいフルフェイスのヘルメットや、大型のスクリーンも考慮しておいたほうが良いかもしれません。



燃費性能的にはカタログスペック上で40.0km/L、ライバルとされるPCXは52.9km/Lとなっているので、燃料代も原付並みとはいかに感じです。レスポンスがよく馬力を絞り出している反面、タコメーターも盛大に踊りますし、燃費的には250㏄のスクーター寄りだと思ったほうがよさそうです。実質では25~㎞/Lくらいの感じです。

馬力に関しては路面に砂が浮いていたりして、シートに荷重をしっかりかけないと、発進でホイールスピンします( ゚Д゚)ラフな操作は禁物で、バイク側はなにも制御を助けてくれたりはしません。

アクセルの開け方と車速によりますが、タコメーターはかなり高回転を刺したがり、かなりスポーティです。ホールベースが短いのも街乗りで小回りが利くというメリットと、ツイスティな道での倒しこみの軽快感とを叶えています。速度域によるサスの突き上げと併せて考えると、バイクがスポーティに走れと訴えているような感じ(;^_^A

NMAXのやPCXのほうがステップスルーではなく剛性的に有利なはずですが、なぜか150クラスで最速スポーティなバイクはマジェスティSになりそうです。PCXやNMAXからは上質さや快適性、リア充感が漂ってきますが、マジェSからは漢(オトコ)って感じがします。実用性とパワーを求める姿勢、とでもいいましょうか。そういった面が評価されてそこそこの人気車種になったんだなってのがわかります。まぁ、マジェスティSについた〝S〟はショートホイールベースのスポーティな走りを備え、250よりも小排気量なスケール的にスモールなモデルだ、ということでしょう。


パワーや走りを求めるカスタムというのも人気なようで、アマゾンでパーツを購入してDIYで装着というのも楽しめるでしょう。安い中華製の汎用パーツなどを工夫して取り付けるのも面白いでしょう。


マジェスティSは2018年にフロント周りのデザインを中心にモデルチェンジが行われる予定です。
この試乗記もすぐに古いものとなり、乗り味に関してもニューモデルにおいては改善が施されたり、味付けが変わることも考えられるのでこのブログは参考までに・・
majesty-s_color_001_2018.jpg
ニューモデルになると最新のヤマハデザインに沿ってフロント周りはかなり精悍な印象になりますね。
旧型はヘッドライトユニットの面積が大きく、ハロゲンです。
20180128_152218.jpg
ヘッドライトは新型のLEDのほうがメリットも大きく、DCジャックもフロントのポケットに追加されるようなので、洗練されてややイマドキに。
わたくしはあえて古臭い最終モデルもアリかな、と思いますが、展示車や試乗車でチェックしたほうがいいですね!!

試乗記②へと続く。 新型の新車価格や最終型の値引き情報などもあります!!

その他に250㏄クラスのスクーターでも参考になるかも??
ビグスクブームへのカウンターはスポーツ性能で!?それっぽい見た目で?XMAX250 2018年新型インプレ①

Vクラスのボンゴフレンディ!!まさかの!

往年の名車、ボンゴフレンディ・オートフリートップをメルセデスが復活させた!!と言える、Vクラスマルコポーロホライゾン。
image.MQ6.12.20180126091735.jpeg

かたやボンゴフレンディ
10252009_200501.jpg
15年前に300万円くらいの車でした。
いま思えば安い設定ですね!
10252009_200501bk.jpg

カタログモデルとしてルーフテントを純正装備しているモデルは現状では他にないのではないか?と思うので、唯一無二のニッチなモデルをブッコンで来たな、メルセデスベンツ!って感じです。
V 220 d Marco Polo HORIZON ¥8,460,000
全長×全幅×全高:5140×1928×1980㎜ ポップアップルーフ展開時は全高2839㎜

お値段は846万円・・
ベースとなったV220アヴァンギャルドロングの713万円に比べて100万円以上のエクストラを払う価値はあるのか!!
専用装備の数々をチェックですね!
まずは大人二人就寝可能を謳うポップアップルーフ・ベッド(寸法:2,050×1,130mm)
image.MQ6.8.20180126080504.jpeg
ポップアップルーフ内リーディングライト付き、色と写真の質感が高級感を醸している。
image.MQ6.12.20180126063458.jpeg
海とサーフィンとキャンプと・・超おしゃれな写真ではあります。(メルセデス公式サイトより)

運転席と助手席の回転式シート
image.MQ6.6.20180130114222.jpeg
車内での休憩時のスタイルの選択肢を広げるモノは最近は少ない。
淘汰されて消えたタイプの装備ではありますが、キャンピングカー系のカスタムとしては定番になっている類のもの。

3列目フルフラット機能付ベンチシート(アンダーシートボックス付)
image.MQ6.6.20180130111657.jpeg
一応ベッドになるとのことですが、プラスアルファマットとかは必要っぽい。

ラゲッジルームセパレーター、カーテン、18インチ5ツインスポークアルミホイール、ブラウンウッド調インテリアトリム
といった内装と外装などの特別装備品があったりするようではあります。

メルセデスのコンセプトとして、安全性、というのがあり、Vクラスのベースモデルでも、ディストロニックプラス(ACC:アダプティブクルーズコントロール)などの運転支援、レーンキーピングアシストやプレセーフと呼ばれる予防安全を盛り込んでおり、「安全性」に終わりはない、とい姿勢を貫徹しているようです。

電子制御7速AT、7G-TRONIC PLUSも実はメンテナンスの長期耐用を謳っており、トランスミッションオイル交換サイクルも約125,000kmとメーカーで指定されています。長距離を走るキャンピングカーとしての耐久性を多少なりとも後押ししてくれている感じですね。

Vクラスの標準車にチョイノリ試乗したことはありますが、コーナーでの不安定感は多少なりともある、というのと、峠は辛そうだなってところです。ハンドルの切込みに対してフロントの片輪がガクっと沈み込んでから旋回するような感じでやや不安感を覚えるような気もします。多人数乗車時のほうがリア荷重がかかってそういった挙動は少なくなるのかもしれませんが、商用車ベースの安っぽさが出ます。車高が高いネガが出ているのかも。マルコポーロだと天井に重量物を載せているのでそういった挙動もどうなるのか気になります。
走行性能としては2.2リッターのターボディーゼルで163馬力、トルク38.7キロとかなりパワフル、2トンを超える車体で7人乗車時でも苦しい感じはなく走れる数値です。走り出しも加速も軽快ですが、ハイウェイクルーザー的な感じです。
インテリアは写真や画像のほうが高級感があり、実物のほうがなんとなく安っぽい。550万円~850万円のベンツに期待するほどの上質感ではなく、CクラスやEクラスのほうが安定の質感の高さだと思います。Vクラスは大き目の木目や紋様のパネルで誤魔化している感じで、そこらへんは車体の大きさにコストを割いた物だと理解すると納得いくかもしれません。

2.2リッターでディーゼル・・この組み合わせで想像するものは・・デリカD:5とかですよね!メルセデスベンツVクラスでも4WDの設定を出してくれれば最強なのに・・と思ったするのはわたくしだけではないはず!?買えるかどうかは置いといて、そういうモデル、今後出てくると面白いですよね!!

いずれマルコポーロも展示車やテストドライブもできれば、インプレッションします。
キャンピングカーについてのその他記事もよかったら参考になればと思います。



テントのススメ ルーフトップにおひとつどうかしら?

意外なところからのキャンピング仕様 シボレーキャプティバ2.4L 4WD

キャンピングカーショー2016レポート① ルノーカングーでテント?カジュアルピクニックスタイル

これぞ本命!カングーEDC 試乗インプレ

続きを読む