価格帯を超えたインテリア!CX8のコスパを語る試乗インプレ③

CX8のインテリアはサイズも高級感も居住性も高次元でバランスしている。弱点と言えばナビくらいのもの。多分、ほとんどの人がそう評価すると思います。私も輸入車を中心に多くの車のインテリアを見て触れて、実際に走って感じるように努めていますが、CX8は価格帯を超えてバランスが良いと、人気車になりつつあることがわかります。

〇〇が足りない!?CX8試乗インプレ①

最新ディーゼルで引っ張るCX8 その走りの完成度はいかに?試乗インプレ②

試乗インプレ続編です。過去のインプレでは物足りない部分をいくつも列挙していますが、あくまでもう少し上の価格帯やヒエラルキーの車種やミニバンとの比較でのこと。サイズの割に良好な燃費とパワフルなエンジン、6人乗りや7人乗りとしては5ナンバーのミニバンに居住性では一歩劣りますが、走行性能が高い分のアドバンテージや、流行りのSUV的なスタイルとデザイン性で差別化をしていると言えます。

本当に残念なのはナビ系統のシステム。
20171224_172003.jpg

悪評高いマツダコネクトのナビは装着するか悩むところです。マツダのナビの通例でナビゲーションとしてはSDカードのソフト購入というシステムで48,600円というお値打ち価格ではあります。PNDと呼ばれるポータブルナビを別で着けたり、スマホをナビクレードルなどで装着して地図代わりに使うという方も多いようで、そういう選択肢もあります。マツコネはちょっと・・という方はそうした方がいい。



私の試乗した2.2リッターディーゼルターボのLパッケージでは、CD/DVD再生+TVチューナー:32,400円、や360度ビューモニター+フロントのパーキングセンサー43,200円にボーズのサラウンドシステム81,000円などが装着されておりました。バックソナーとバックカメラは標準だそうで、大き目の車体に合わせて視界や見切りのフォローしてのアイテムを推していると言っていたと思います。360°モニターに関しては画面サイズが7インチと小さく見にくいかなぁ~と感じたので、フロントのソナーだけで25,000円で追加できるもので十分かとも思います。

インテリアの見どころとしてはフロント周りのパネルなど。
20171224_172131.jpg

木目とダッシュボードの質感などもキレイで、300~400万円の車にしては高級感があるように感じるはずです。
20171224_172138.jpg

シートのサイズもたっぷりとしていて、座り心地も良いと思います。
20171224_172052.jpg
長距離ドライブに行きたくなるようなエンジンの特性と乗り心地と走り、その性能を底上げするのはシートのデキの良さというのがあると思う。ペダルの配置などもこだわっているそうですが、普通です。今どきはそんなに違和感のあるペダル配置の車はないとは思いますが、マツダとしてはそこをウリにしています。
20171224_170802.jpg

センターコンソールのプラスチック部分の質感は高くありませんが、レザーで覆われた肘置き部分で相殺している感じです。ドア側のアームレストなども触れる部分はソフトパッド素材とレザーのコンビで座っていて心地いい理由がわかる感じです。
20171224_172103.jpg

私の試乗した車両の固有の問題かもしれませんが、リアドアの建付けは悪かった。CX-8試乗インプレ①参照。
20171224_172033.jpg

リアシート、2列目のシートの感触も良く、ホイールベースがCX5より延長された分を活かして広々と過ごせます。
20171224_172016.jpg

センターのアームレストはレザー仕様だとレスに出来ず、2列目乗員の快適性を極めた仕様となる感じです。
20171224_170920.jpg

2列目用のエアコン吹き出し口やシートヒーターなども備わり、贅沢な造りとなります。上位車種やグレードなどで採用されることが多いと思いますが、国産ではエクストレイルとかにリアシートヒーター採用があったような・・?
20171224_170844.jpg

2列目のシートリクライニングは7人乗りのベンチシートと6人乗りでは可倒角度が異なり、キャプテンシート仕様の6人乗りの方が深く倒せます。走行中には余り倒しすぎるのは危険なのでオススメしませんが、車内での休息などを取るタイプの使い方であれば6人乗り仕様の方がお勧めになるかもしれません。
ちなみにシートアレンジはどうやったってフルフラットにしたりは出来ませんが、7人乗りのベンチシート車には純正オプションでベッドクッションというのが79,920円であるので、2~3列目を格納してフルフラットっぽくアレンジすることも可能です。7人乗りを2人仕様の車中泊仕様にするという贅沢な使い方をするのであれば、そういう選択肢もあります。フロントサンシェードが9720円、運転席・助手席、を含めてリアゲートのウィンドウまで全部カバーするウィンドシェード(網戸機能付き)はフルセットで43,200円で用意があり、車中泊を極めることもできるそうです。

3列目に関してはやはり狭い、というのが正直なところ。ステップワゴンやセレナ、ノア・ボクシーには勝てません。
20171224_170834.jpg
乗り降りに関しても6人乗りでもセカンドシートのスライドと前倒しで、エントリーする感じなので、ドアの開口部の形状やフロアの高さを踏まえてもイージーとは言えません。
20171224_171122.jpg
リアタイヤ上のボリューム感とドアのエッジのあるデザインのために開口部の形状も仕方がないところ。6人仕様であればセンターウィークスルーという乗り方もありますので、サードシートを使う方はLパッケージ以外の6人乗り仕様を勧めます。5人乗りまでが多い・・であれば7人乗り仕様で荷室を広く使う方が良いでしょう。

3列目の後頭部・ヘッドレストはリアガラスギリギリにあり、寒い時期には首元がスースーするでしょう。
20171224_171025.jpg
リアハッチのガラス部分がデザインとして傾斜しているので仕方がないところ。ガラスに近いとは言うものの、例えば86やRX7のようなクーペモデルのセカンドシートのような狭さはなく、足元が少し狭めというだけで、まあまあ快適です。シエンタ・フリードの3列目よりかは快適だとは思います。
3列目を使っていてもラゲッジにはスペースがあり、ここは素晴らしいな、と思うところ。3列目は倒して使うことも多いかもしれませんが、大き目のステーションワゴン的にも、7シーター(6シーター)としても十分に使える、利用価値のある車としての完成度は高めだと思います。

良い車だとは思いますが、私にはネガティブな印象のあるパートもあります。
納車までに時間のかかる車種能ようなことを営業担当マンは言っていましたが、どうやら色による部分が大きいようです。マシーングレーメタリックだけはかなり納期が掛かるようですが、それ以外の色では地域によっては多少在庫が出るようになってきたようです。ホワイトやブラックなどでは中古で登録済み未使用車が出回っているところもチラホラあったりするようではあります(笑)。納期2か月前後と言われてネットでそういうのを見つけちゃうとなんだかなぁ~と違和感を覚える方も居るかもしれませんね。

走りの部分に関しても、熟成が必要な部分も散見されます。改良型の2.2リッターのターボディーゼルも、これから横展開する中で熟成されてさらに改善されていくでしょう。
CX8に搭載されるエンジンも、3年後のマイチェンあたりでは、CX3の前例にならってディーゼル一本ではなくなることも考えられます。スカイアクティブXとか、ガソリンターボとか、いろんな可能性があるようです。CX-3はディーゼル一本でスタートして結局CX5を売るための咬ませ犬的な役割を担うに至り販売は不振だったようです。ディーゼルは長距離を走る分には良いですが、街乗りで短距離走行を繰り返すようだとかなりの確率で煤がたまるなどトラブルが起こるそうです。例えば片道10キロ前後を平日毎日朝夜通勤で、ということになると1週間では100㎞~という走行距離になりますが、それはNGパターンであまり使い方的にはよろしくない、とのこと。週末の土日にしか乗らないが、100㎞ビューンと走る、とかであればOK、となってディーゼルはオススメ!ってことになるそうで、同じ100㎞を走るのでも走行パターンによっては前者はスス関係のトラブル発生率がかなり高いようです。ぶっちゃけるとCX5ではユーザーの使い方やトラブルの事例を積み重ねて来た、みたいなことを言ってました。

正直買うタイミングとしては値引きの効く時に買うか、マイナーチェンジを待つか、といったチョイスがオススめになりそうです。まずは現行を試乗してみて、使い方のイメージや6人乗り仕様か7シーターか、グレードはどんなが良いかをイメージしつつ、購入時のタイミングで年次改良などもあるかもしれないでのサイド吟味いして試乗するのが良いかと。国産ではライバル不在のクオリティーと価格、中古の輸入車なども視野に入れつつ、楽しく夢想してみましょう!!


5008は7人乗りSUVのベストチョイスか?試乗インプレ①

新型トゥーラン 試乗インプレ① エンジン性能、操縦安定性編

BMW2シリーズグランツアラーを選ぶ理由とは?7人乗り必要?

攻めのディーゼルNEW XC60 2017年新型試乗インプレ① 乗ったのはガソリンだけどね・・

BMW X3d Mスポーツ 試乗記 日本での販売の主力となりつつある2リッターディーゼルの実力は?

X3 年次改良で装備充実、でももうちょっと古臭い!?

各記事も参考にしていただければ幸いです。


続きを読む