タブレットの入門機とはコレか・・アマゾンFireタブレットのススメ

アマゾンオリジナルのタブレット端末、Fire ファイア 登場からかなり年数が経ち、今では7世代目ということでアイパッドばりに歴史があったりします。

7インチで5980円

どでかいスマホくらいの感じ

8インチのハイビジョンで8980円

iPadミニくらいの感じ

10インチで15980円

旧型iPadやiPadプロみたいな感じの大きさ感。

アマゾン製品は好きだけども、食わず嫌いだったファイアタブレット、買ってみました。

20180719_120435.jpg

8インチモデル8980円 季節ごとのセールやたまにやるタイムセールだと1,000~2000円は安くなることもあるようです。
そういう時は買いだめのチャンスかもしれません。コスパ高いので、複数台欲しくなったり、親しい人に薦めたりしたくなるかもしれません。実家に置いてあげたり、子供用にしたりと、可能性が広がりそうなお安さ。

シンプルな梱包で好感が持てます。
グーグルのアカウントと紐づけたり、アマゾンのプライム会員の設定をしたりと言ったのは必要で、スマホのセッティングとにたような感じで使い始められます。

20180719_120626.jpg

iPadMiniが5万位するのに比べてAmazon fireHD8 のこっちは10000万円切り・・

20180719_120552.jpg

正直なところ、液晶の美しさで言えばiPadの圧勝。しかしそれ以外の質感の部分では決して劣ってはいない、使い勝手もOS的にはアンドロイドベースのアマゾンアレンジなだけで特に不便ではない。

FireシリーズはWi-Fi環境下で使うことに特化しているタイプのタブレットなので、Sim挿入で4gで使ったりはできないタイプ。
イメージ的には室内でPrime動画を楽しんだり、Kindleという読書アプリや電子書籍を楽しんだりというのがメインです。

プライム動画を端末内にダウンロードしてオフラインで楽しむことも可能ではあります。
ただ、時期などにより無料で観られる動画が入れ替わったり、先月まで無料だったものが今月になったら1話108円になっていたりします。
オフラインでの視聴も制限があり、再生開始から48時間以内に見終わらないと動画が再生できなくなったりといった制約もあります。
オンラインでWi-Fi接続環境下では改めてストリーミングで観れたりしますが、ドライブお供に同乗者や子供などの暇つぶしに活用するとしても、ある程度の計画性を持たせて運用する必要があります。

オフラインでの動画視聴の拡張性を考えると・・・

グーグルで 『firehd8 グーグルプレイ』と検索すれば出てくる、純アンドロイドのOSをインストールする技。4つくらいのリンクからアプリというかデーターを順番に入れれば、アマゾン用にアレンジされたアンドロイドを普通のアンドロイドタブレットとして使えるようになるので、超高コスパ端末にすることも可能。ただし自己責任で。

ClipboxやYoutubeダウンローダー系のアプリを入れればMVなども楽しみやすくなるかもしませんね。

ファイアタブレットはタブレット初心者にもお勧めできるし、人気がある理由もわかる品物でした。
GooglPlayを入れちゃえば3大通信事業者のアンドロイド端末など不要とも言える物に変貌するし、ポテンシャルは高い。
安過ぎて怪しいくらいの物ですが、理由としてはアマゾンにドップリ浸かってないと使い勝手が微妙、というのも、グーグルプレイが解決してくれたりもします。

子供用にであれば7インチモデル、プライムビデオを楽しむなら8インチ、大きくてテレビ要らずにするのが良ければ10インチモデル・・かな。個人的には10インチは中途半端な大きさに思える。

残念なのはカメラの画質の悪さ。そしてアマゾンファイア端末からテレビへのミラーリングができないこと。HDMIも、MHLもなく、ミラキャストなども使えずってことです。この端末内で完結する感じで、画像のシェアなどはSNSを使おうってことですね。

本体の内蔵メモリーの容量もありますが、microSDカードで容量を増強することもできます。



64ギガや128ギガが5,000円しないなんて・・記憶容量当たりの価格のデフレは加速的に進んでいる・・でもありがたい。

アマゾン独自の制限もありますが、プライム会員であれば買って損はしないアイテム。プライム会員の会費は年間で3000円ちょい、だったはず。
タブレットへの憧れを手にするなら、あえてのFireシリーズ、アリです。コスパの高さは保証できると思います。
ドライブのお供に、同乗者や子供の退屈しのぎに、きっと役に立ちますよ。



後部座席用のタブレットホルダーとか、渋滞のお供に良いかもしれません。
ライフスタイルの中でのタブレット活用、お手軽価格でもスタイリッシュに行きましょう!

ライダーの熱中症対策にはやはり・・塩!

2018年のこの猛烈な熱波、猛暑日の連続に体力を奪われている人も多いとは思います。
そこで、基本となる塩分と水分の補給をしっかりとしていきましょう!

取り合えずポカリとアクエリはマストです。

準備が手間ではありますが、粉を好みの濃度に薄めて飲むのは夏の楽しみの一つと言ってもいいでしょうか。ボトルで凍らせても良し。

濃い目に作っていって出先で少し薄めながら補充していくというマニアックな楽しみ方もありでしょう。
湧き水で作るというのもいいけど、お腹を壊すリスクもあるので気を付けましょう。

81aCK49RhqL._SL1500_.jpg

ペットボトルでまとめ買いというのもグッド。通販だと、玄関先まで誇んでくれるので、持ち運びがラクでいいかも。

500のペットをツーリングのたびに一本~二本持ち出したり、2リットルをトップケースやパニアケースで運び出すなど、パッケージングボトルは気軽な感じが良い。

ここ数年で定番になりつつある塩系のキャンディも忘れずに。

減塩ブームに対するカウンターとしてミネラル塩というジャンルを切り開いたソルトキャンディ。
水分だけでなく、塩分も補給しないと脱水症状になりやすいということから、ここ最近は塩が夏の定番になってきていますね。
高血圧の人は気を付けねばならないかもしれませんが、夏場は定番人気の塩、上手く取り入れていきましょう。

夏のバイクのツーリングにおいて、高速道路を連続走行で距離を稼ぐような人は要注意。毎年毎年夏の暑さは脅威を増し、そしてあなたは年を増し、体力的に衰えていてもバイクの性能向上などで打ち消しているだけだったりします。どんなに疲れにくい性能のバイクに乗っていても、こまめな休憩と水分補給を心がけましょう。

運転しながらも水分補給できなくもない、トライアスロンやトレイルランニングで活用されるリュック内蔵のウォーターバッグもあったりします。キャメルバックのハイドロバッグなどが有名でしょうか。


背中の熱と日射であったかくなるのであまりススメませんが、ハイテクで武装する立ち止まらないライダーにはいいかも。

とはいうものの、休憩は必須、いつもは1時間くらい走ったら休憩を取る、とかツーリングのペースを決めている人も、安全策として30分に一回くらいにした方が良いかもしれないのが、猛暑日のスケジューリング。体力の消耗やツーリングのプランや、もろもろ夏場の尋常じゃない暑さにはこだわりを捨てて柔軟にプラン変更して休息を取る感じをお薦めしたいと思います。パーキングエリアにちょくちょく寄って休息を取るとか、道の駅にちょくちょく寄って水分補給するとか、暑さに気を付けて無理のないモーターライフを!!

ヘルメットの中の快適さに役立つアイテムとかの過去ブログもちょっと紹介しておきます!

ヘルメットの中を快適に!全ては集中力と快適性の両立のため!

北へ・・もしくは長野へ・・!?

夏のツーリングシーズンとしては北海道へと舵を切る人も多いですね。

今回はとあるアニメに触発されつつ、キャンプグッズについて少し記事にしていきたいと思います。





野外活動サークル、略して野クルに入りたい・・と思った方も多いのではないかと思います。

物語を彩るバイクとしてはヒロインの一人が乗るビーノの可愛いカラーリングのモデルと、その子のお爺ちゃんのトライアンフ系のモデル。ストラクトンのような感じです。

トライアンフの傍らに佇むお爺さんも素敵だったりしますが、ワンポールのテントなどでちょっとヒネリを効かせつつオシャレさもある演出が憎い。


女の子たちが多く登場する萌え系のアニメではありますが、景色の雄大さや細かなキャンプ道具の解説やチョイスなど、アウトドア好きの方やバイクでのツーリングへのヒントになりえる興味深いアニメと評してもイイでしょう。




ちょっと上等なグッズや、あえての安くて小さい小物類など、様々なアイテムが登場して、コストのかけ方の参考になるかも?



一点豪華主義でもいいですね。そんなお金のかけ方や楽しみ方、考え方として受け入れてもいいのかも。



物のチョイスがイチイチオシャレでいいのよ。

ストーリー的には富士山の周辺でのキャンプや長野方面への原付ソロツーリングなどが主軸です。長野に走りに行きたくなるし、山梨の富士山周りの五胡や草原に行きたくなったりもします。

夏は避暑地へと足を向け、バイクで旅に出る方も多いでしょう。

北海道へと発つ人も多い季節です。
肩慣らしに長野や山梨周遊なんてのもいいかも?

2018 BMW X3バイヤーズガイド試乗インプレ③

新型になったBMWのX3、ベストグレードは・・Xラインかな 内外装をバランス良くアップグレードしていると言えます。

cq5dam.resized.img.485..jpg

外装のデザインのカタログで多いのはMスポーツですが、外装やアルミホイール、サスペンションなどにパラメーター配分をしている感じが強く、Xlineは外装はちょっとアレンジしたくらいで内装のレザーなどの装備を加え、内外装にバランスよくパラメータ配分したと言えます。

ガソリンかディーゼルかで言えば、ディーゼルの価格上昇の差額23万円をどう考えるか、というのと、エンジンのノイズやフィーリングをどう捉えるかというのがあります。燃費性能だとガソリン・13.5㎞/L とディーゼル・17.0㎞/Lとなっていて、ディーゼルの23万円の価格上昇差額をペイするというのは難しい。高速走行時の実燃費を期待するならディーゼルがお勧め。燃料代安いしトルクフルな走りで高速走行時の加速減速時のゆとりもあってグッドです。ガソリンはターボのかかりから加速するときのパンチはありませんが、回転の上昇が鋭く吹け上がり気持ちの良いフィーリング。ディーゼルはガラガラ音は小さく抑えられていますが、やはりガソリンエンジンに比べるとちょっとガサツさがあると言えるかもしません。

cq5dam.resized.jpg

2018新型X3のディーゼル 現行型を買う価値あるのかどうなのか?試乗インプレ①

買うなら最新か・最終型か・・2018 X3 20d 試乗インプレ②

試乗インプレッション続編です。
装備品などについて少し触れていきたいと思います。

アップルカープレイに対応、という車種が増えてきていますが、実はカープレイの使用に当たっては、有効期限は3年間で価格は38,000円 (税込)というApple car Play プレパレーションの契約が必要、オンラインで決済する感じで、BMWコネクテッドドライブ・オンラインサポートデスク:3年で32,000円とは別で、正直なところ割高。スマホの画面をナビにBluetoothで表示してアプリを使えるようにするだけではやはり割高と言えます。スマホホルダーを着ければいいだけとも言えます。5シリーズや7シリーズに続く採用ということで、ケーブルなしでスマートにスマホ連携をしたい新しもの好きの方にはオススメできます。若手起業家年収高めの人が選ぶようなオプション的な感じのようです。



オプションではサンルーフが20万円。ここ最近の傾向だと若い人はあまりサンルーフを着けないとか。バブリーな世代の名残のオプションになりつつあるとか?X3を購入できる年収となると世代もやや上だとは思いますが、それでもバブリー世代よりかは少し若返りを果たしているそう。
ハイラインパッケージはXラインにはプラス17万円
MSportsにはプラス約29万円となっていて、木目調で高級感をより高めるのであればXラインにオプションを追加していく方がリーズナブルに仕立てられます。

20180501_150823402.jpg

イノベーションパッケージは約17万円となっていて、7シリーズから始まったディスプレイキーが欲しいかどうかってのが選ぶポイント。ディスプレイキー単品だとかなり割高なのが目につくのでヘッドアップディスプレイやナビのジェスチャーコントロールと抱き合わせで値段を加減している感じです。ディスプレイキーを使用して駐車の時などに車両を微速前進できるなどが目玉、しかし、日本での使用に合わせて機能を若干セーブしているようなので選ぶのは微妙。しかし、BMWなどの外車に便利機能であるリモコンエンジンスターターを後付けするのは難しいというか、あまり最近はそういうのは流行っていないというのもあって、そういう機能を使うと言う意味でチョイスするのもアリかもしれません。

cq5dam.resized.img.1185.large.time1447949020160.jpg

最近はあまり流行っていないエンスタとかですが、ハイテク化時代にそういった機能が見直されてきているのでしょう。ディスプレイキーで車内の熱気抜きのベンチレーションをさせたりとか、2000年代にちょっと流行った後付けカスタムでの機能を、ドイツのメーカーがやっているということです。



BMWの、というか700万円前後の車両のオプションの中では2万円と安いのですが、ぜひ着けた方が良いもの、リアシート・バックレスト・アジャストメント。要するにリアシートのリクライニングです。これは純正でつけてよ・・と思うガッカリオプションの一つかもしれません。
これがないとリアシートの快適性がワンランクというか、X1に対してというか、旧型に対しても劣るのではないか、という3人以上で乗ることがあるなら必須と言える装備なんですが・・BMWのディーラーが中々やりやがるな、と思うのが、このたった2万円のオプションがために受注生産になるとかなんだかで、値引きできません!と強気で来やがる。納期もかかる・・とか返答を濁したりしますが、実際はそんなに変わらないとか・・なんだか扱いがメンドクサイオプションなようで、付けないっていうかどうでもよくなるそうで。

半分くらいわざとなんじゃないか?と思えるようなリアシートのオプション。マイナーチェンジや年次改良などで改善されることを祈りたい。少しでも良い車を多くの人に味わってもらうため、そしてリアシートの居住性を少しでも良くしてトータルでいい車に魅せるためにも是非。

とまあ、オプションはそれなりに高額ではありますが、バリエーションはそこそこ。純正でもリアシートリクライニングがついて無いだけで、ナビや自動ブレーキ、ACC=アクティブクルーズコントロールが標準など、特に不足があるわけではありません。
2リッターターボのガソリンモデルのスタンダードモデルで639万円~ シートがレザーでないのが残念というだけで素のモデルで十分おいしいところを味わえます。

2リッターターボディーゼルのMスポにオプションテンコ盛りにすれば900万円近い乗り出しになるなど、2リッターというくくりにしては高額だったりもします。

車幅としては1890㎜あるので、カッコだけで乗るアシ車としてははっきり言って大きく、値段の高さのその割に車内広々という訳ではないと思うので、正直日本で売るには微妙な車にモデルチェンジしちゃったなーって感じです。X1の台頭、もぅすこしでX5買えそう・・見た目でスタイリッシュならクーペライクなX4のほうがオシャレ。Mモデルやよりハイパワーなユニットを積んだりしたモデルの追加もありそうですが、イマイチ立ち位置的にぱっとしなそう。なんてボヤケテしまう要因も増えてきているのかも。

コーナリング性能の高さ、高速巡行時の安定感、ディーゼルであれば燃費も期待出来て、荷室が広い、というのが強みでしょう。ぜひ一度実車をチェック!ライバルと比較してバリューを見極めよう!!

X3 年次改良で装備充実、でももうちょっと古臭い!?

ようやく真打ち登場BMW X1 dieselモデル18d!

(2016)BMW X3d Mスポーツ 試乗記 日本での販売の主力となりつつある2リッターディーゼルの実力は?

GLC 試乗インプレ 前編 最新のメルセデスのSUVの見た目と走りはどうか?

ポルシェマカン2リッターターボの試乗記

試乗記レンジローバーイヴォーク これがランドローバーが考えるコンパクトカーなのね・・・

攻めのディーゼルNEW XC60 2017年新型試乗インプレ① 乗ったのはガソリンだけどね・・

続きを読む

買うなら最新か・最終型か・・2018 X3 20d 試乗インプレ②

前回の投稿で旧型(F25)の最終型でもいいんじゃない・・?みたいな感じで試乗インプレとして書き記しました。レザーシート標準でACC(アダプティブクルーズコントロール)がついている高年式の中古、もしくは登録済み未使用者や展示・試乗車落ちの最終型と、最新のインターフェースで操作系がアップデートされハンドルの協調制御の入った、より自動運転に近づいたクルコンを備えた2018年新型X3と・・サイズやカテゴリ的にハマるのであれば、どちらもイイチョイスであり、予算的にも幅を持たせられてグッドかも、ってところです。

試乗インプレ①からの続き

さて、スタイリングとしては新しいデザインでまとめて来ているBMW新型X3。
フロントサイドのフェンダー部分のエアベントなどが上位のクラスと共通のデザインです。

20180501_150803744.jpg

スポーティでカッコいいアクセントとなっていると思います。
空気の流れやエンジンルームの熱逃がしなどなどエアロダイナミクス的に一応機能性もあるようです。

フロントのボリューム感も、BMWの最新のデザインとバランスを取り入れて、押出は強めだけども少しクリーンでエレガントさも出そうとしている感じです。旧型の丸形のフォグランプのデザインを排し、バンパー内は横のラインでクリーンに。グリルは大きく立派に、LEDのヘッドライトはポジションランプを少し多角形にしてエッジ感を出しています。BMWっぽさにほんのちょっとの未来感を取り入れている感じ。
20180501_150847498.jpg

新型X3・コードG01は旧型F25に比べホイールベースが伸びており、少し大きくなったように見えるサイドビューに仕上げてある。

20180501_150901507.jpg

ですが、居住性に関しては進歩を感じない・・特にリアシートのつくり、ポジショニングはダメ。ちなみにリアドアやリアクオーターガラス、リアガラスのスモークはディーラーによる貼り付けで別途数万円かかります。ダークティンテッドガラスではない。
20180501_150815875.jpg

ひざ前の空間は及第点、フロアが高く、着座時に足が持ち上がり、あまり快適でない。古いハイラックスサーフみたない感じとでも言いましょうか。クラスのわりに前後方向の広さ感を感じない微妙な狭さ。リアドアのウィンドウと座った位置とのバランスも悪く、感覚的に狭く感じてしまう方もいるのではないかと思います。旧型と変わらない、というか、悪化している・・?正直ここのところのバランスで新型をあまりススメたくなくなる感じです。
多分、リアシートの造りや広さ感ではFFベースでリアシートスライド&リクライニングがほぼ標準のアクティブツアラーやグランツアラー、X1などのモデルより劣るのではないかと。新型X3はリアシートのリクライニングは標準装備ではなく、メーカー製造段階でのオプション。価格が約2万円だったと思いますが、オーダーオプションの受注生産的な感じで値引きが難しくなって納期がかかる最悪の選択肢となるかも。
3シリーズのリアシートよりかは腰上や肩回りの空間が増している分若干は快適性は向上していると言えますが、見た目のボリューム感に中の広さを期待するとガッカリするかもしれませんね。

逆にラゲッジは広い。ここはすごい美点と言えます。サードシートを備えるX5よりも使いやすくて良いんじゃないかと言えるくらい広さとラゲッジルームの形が整ってていい。
20180501_150918385.jpg

ようするにリアシートの着座感よりも、荷室のほうに重きを置いたような感じではないかと感じました。

インテリアの質感としては、高級志向にパラメーター配分した用なイメージです。X1でも木目のパネルを装着したら面積もそれなりにあるので高級に見えたりしますが、デザインからシルバーのラインのアクセントまで、根本的な部分での高級感がワンランク上。特にドアパネルなどの部分までしっかりと造りこんだ感じはX1より遥かに上質で、横幅の広さの分凝った造形にでき、価格設定分しっかりとレベルを上げたと感じられる部分です。
20180501_150808602.jpg

走りは間違いなくBMWしており、歴々のX3の弱点である乗り心地の悪さを若干改善してきている。しかし、やはりMスポーツはかなり硬めの設定&オプションの大き目の20インチを選ぶとガツガツというかガチガチの乗り心地なのはあるようで、ディーラー的にはそういう不評がでないように割とXline推しというのがあるようです。

Mスポーツだとフルレザーではない、というのと足回りスポーツサスで固め、フェンダーが同色塗装仕上げで外装のアグレッシブさが一番あり、そして一番価格高い。
Xラインだとレザーシート装備で19インチ(245/50R19)の足回りで外装はそこそこのワイルドさ、とのことでエクステリアとインテリアにバランスよく力配分した設定でバリューが高いとのこと。

20180501_150739533.jpg

売れ筋というか、オーダーのほとんど(8割くらい?)を占めるディーゼルモデルのカタログ燃費は17.0km/Lとなっていて、ライバルと想定されるボルボXC60ディーゼルエンジン・2リッターターボ4WD・8ATの16.1km/Lとの大きな差は無さそう。
BMWのディーゼルエンジンの熟成はスペックやパワー感はいい意味で旧型と変わっておらず、扱いやすくパワフル。高速クルージング時には無敵とも言える性能なのではないかというほど静かで余裕がある感じです。8速ATもオートマとしてはこの上はないのではないかと感じるほどスムーズに変速し、変速ショックが皆無で前後の揺すられ感がなく、快適性に寄与している。オートマのおかげで乗り心地が良くなったと感じられほど、スムーズです。

なによりも車内ではディーゼルっぽいノイズをほとんど感じさせず、加速時にも静けさを保つという領域に達し、旧型に比べてのレベルアップを感じさせてくれます。社外に出たり、窓全開でなければガソリンと区別がつかない・・は言い過ぎかもしれませんが、わりとそんな感じです。



ただまぁ、現状では大幅な値引きは期待できず、あまりお得感を感じるモデルではないというのが正直なところ。
初代や2代目のX3は3シリーズに対して4WDを追加してリアシートの居住性を上げて長さ・全長方向は縮んでその分高さ・全長を上げて荷室の容量をキープしつつ運転しやすく値段の上昇はそこそこに抑えて・・と3シリーズや5シリーズに比べてお得感があったのが最大の魅力だったと言えます。ですが、X1の登場によってサイズ面でのコンパクトさでの使い勝手の良さや、特にリアの居住性は格下の兄弟に譲るという流れだと思います。北米では売れ筋だとしても、日本では巨大化してきて食傷気味なX3、トゥマッチなサイズや高級感、イマイチな居住性に価格の上がり具合など、他メーカーの似たサイズの車や、X1などと比較されることをお薦めします。

試乗インプレ③ オプションや装備品など へと続きます。

X3 年次改良で装備充実、でももうちょっと古臭い!?

ようやく真打ち登場BMW X1 dieselモデル18d!

(2016)BMW X3d Mスポーツ 試乗記 日本での販売の主力となりつつある2リッターディーゼルの実力は?

GLC 試乗インプレ 前編 最新のメルセデスのSUVの見た目と走りはどうか?

ポルシェマカン2リッターターボの試乗記

試乗記レンジローバーイヴォーク これがランドローバーが考えるコンパクトカーなのね・・・

攻めのディーゼルNEW XC60 2017年新型試乗インプレ① 乗ったのはガソリンだけどね・・

続きを読む