明り取りに懐中電灯とランタンと

災害時の明り取り、今はSNSで懐中電灯と水の入ったペットボトルや、ティッシュを活用したものなどが広まっています。ネットを中心に拡散されているものは知恵を共有するものとして活用したいところ。
災害時の備えとしては、そもそもの懐中電灯であったり、LED式のランタンなどがあると便利だと思います。
いくつか紹介をしていきたいと思います。

rantan.jpg

王道で往年のベストセラーアイテム、コールマンのLEDクワッドランタン。



本体と直結で全方向に明るく、パネルタイプで部分的に取り外して使うことも出来て便利。我が家にもありますが、明るさも十分すぎるほどあると思います。

派生モデルもあったりして、コンパクトタイプのほうが今は人気が高いのだそうです。



ランタンタイプはアウトドアで活躍するのはもちろん、停電などの緊急時にも役に立ちます。
激甚災害などで長期間停電の際には、懐中電灯だけ、というよりも、こういったアウトドアアイテムのほうがデザインや色などで不安な心を紛らすこともできるのでオススメです。被災、というのを少しでも野外活動、アウトドアの延長のように捉えられればストレスも和らぐというもの。特にお子さんがいる場合は家族みんながストレスを全体で受け止めつつ分散する必要があり、かつポジティブに変換していきたいものです。悲観的にならないためにも、緊急事態っぽさは少し抑えて出来る限りポップなアウトドアアイテムを活用、活力に変えていきたいものですね。

ベーシックな懐中電灯に関しては、通販でかなり安いものがあり、電池などとセットでそろえるのがよろしいかと思います。




電池もストックしておくとベターですよね。有事にはなかなか手に入りにくくなるものです。




手回しのラジオ、充電器も定番人気だったりします。災害発生時には品薄になるものなので、タイミングを見て備えをそろえたいですね。




モバイルバッテリーも容量当たりの価格がだいぶ安くなってきています。むしろ1~2年前に比べてめっちゃ安い。
容量と価格のバランスがデフレしているような感じでしょうか。ケーブルなどと合わせて押さえていきましょう。



災害発生時にはどうしても不安で情報収集しがちです。スマホの充電もすぐなくなるリスクが発生します。情報収集は共通の行き先・帰宅方面や移動手段が共通で目的地が同じ、ホテル探しなどで共有する情報が同じ趣旨となる数人のグループで持ち回りにするなど、スマホの使用を控えつつ、緊急節約モードなどを使用する方が良い場合もあります。安否確認や、家族や友人との合流など、タイムリーに連絡を取り合い続ける必要もある時も考えられるので、一概には言えませんが、電波状態も混線しやすく電池の消費も早まるので、そういうときほど冷静でありたいものです。

バイクや車の交通手段や、道路の状況なども把握しきれないときもあったりします。
バイクは機動性がありますが、激しい段差や障害物を乗り越えたりするのはオフロードモデルに限られるので、無茶はしないように。
クルマは雨風凌げますが、車内熱中症やエコノミークラス症候群になるなどのリスクもある。
交通がマヒしたときには立ち往生しやすく、動けなくなる時も。

自宅、車の中、バイクと共に、簡易トイレなどもあると衛生面を良い状態に維持できるので、参考までに。



なんでもそろえすぎるとやり過ぎ感も出るのでは?と思う方もいるかもしれませんが、そんなことはありません。
こういうアイテムたちは出番がなければそれに越したことはないけど、もしあれば、一番大変な時にものすごい活躍を見せてくれる。
2018年は災害は多いという事もあるし、9月は防災月間でもあったりします。
そなえをあれば憂いなし。ぜひ、ご検討くださいませ。
posted by 車好き芸人? at 23:28Comment(0)日記

台風にはゴム長 そしてゴム長には○○

雨の激しい時にゴム長靴は重宝します。

511159000_.jpg

バイクでも、買い物でも、雨の中のどうしても自転車を使うときでも、徒歩でもなんでもひざ下までカバーするタイプは大活躍。



パッカブルなタイプだと畳んでカバンやリュック、自転車のカゴやバイクのメットインなどにしまえてさらに便利
薄手の生地の物は素材も原価も安く、販売価格もかなり安い。
履きつぶしても良いお値段ですが・・

この手のレインブーツを長持ちさせるために必須のアイテム・・

インソール


ゴム長系のアイテムはシームレスで完全防水な反面、蒸れやすい。
気温とのバランスが良ければさほど汗や湿気がこもらないかもしれませんが、湿度の逃げる余地がないので、蒸れます。

そして、お手入れ的にもその後放置され気味なので、においが付いて履くのがイヤになってゴミになる・・

そういうのを防ぐためにもインソールは必須。
長靴は使用頻度が高くないこともあり、ソールが減って買い替えまで使い切るというか、におい原因でオシャカになること多い。
いくら原価安いからといって、資源や原料の無駄、コストの無駄というのはいただけないですよね。



日本野鳥の会オリジナル バードウォッチング用なんて変わり種のセットもあったりします。
ネットショッピングゆえに見つかるお楽しみアイテムみたいなものでしょうか。
ちなみに夏フェス用にパッカブルな物を用意する方も増えてきているようです。

荒天時、都市部の雪の時、雨のツーリングの時など活躍する場も多いレインブーツ、活用して、長持ちさせて、快適ローコスト、ローエミッションなライフを送りましょう!!

新型CR-Vの弱点はコレ、間違いなく、そしてCX-8も同じような感じよね インプレ②

2018年の新型CR-V、満を持しての登場なのは間違いないです。
自動ブレーキやアダプティブクルーズコントロール、3列シートの7人乗りや、5人乗り限定ではありますがハイブリッド仕様、そしてハイブリッド4WDという組み合わせも、車の資質としては非常に高くなってのリバイバルであるのも間違いありません。

インプレ①からの続き またテストドライブはしていませんので、内覧した印象をブログとして報告しています。


お値段の上昇やサイズアップに関しては、車の属するクラスその物を上げて、レベルアップして高次元でバランスさせよう、という意気込みは感じますが・・

新型CR-Vの弱点、まずはナビ で間違いない。

20180901_170805.jpg

ナビは標準装備。7インチのホンダ純正インターナビ。中身はパナソニックでしょうか。
中身や機能は問題ありません。ただね、選択肢がない、というのと、
7インチしかない。

ここの部分のインチアップはできない。8インチは入らない。
現状では社外の2dinサイズのナビでも奥行きやインパネの中身のパーツやでっぱりとの兼ね合いで入らないものもある・・とかです。

フローティングタイプの大き目の液晶のナビなんかも入るか微妙、とのことです。


車格や価格帯的に、もっと大き目の液晶のナビを収め、操作系の集約であったり見やすい地図を・・と思ったりします。
リアシートからも見難い大きさで、まぁ、正直パッと見の華がない。

なんでもこのナビ以外選択肢がない・・というのもアメリカ企画、規格、が原因とのことで、パワートレーンの準備や3列目の追加、そして走りの部分の質感の向上を狙ってたら、結果ナビをおろそかにしてしまったらしい・・というのがあるようです。

20180901_170059.jpg

なんかね、物足りないのよね。
ステップワゴンでも、フリードでもN-BOXでも選べるもの(8インチナビ)が、装着不可。
残念です。

さらに機能も微妙な部分としては、HDMI入力もなかったりするので、スマホからの画像や動画をナビ画面に表示というのも出来る部分とできない部分があるそうです。運転中の操作や視聴はご法度なのは基本で前提です。iPhoneに関してはカープレイに対応とのことですが、iOSや世代によって出るもの出ないもの、使える機能についても勝手が変化するようで、なんとも言えません。
タブレットで後席用に動画視聴など、地図機能とバックモニターとして活用する、となるとナビ込み標準のパッケージングが少し割高に感じるかも。

CX-8も、というかマツダの現行モデルのナビがポンコツ、というのに定評があります。マツダコネクト、通称マツコネが使い物にならないナビの筆頭として自動車業界の通説。そしてサイズも7インチのみの設定。使い勝手も悪く、社外品の交換も不可、ナビで失ったお客様も多いのではないかと言われています。CR-Vは機能的にそこまで劣悪ではなくとも、積極的に選びたくなるようなインターフェースでもない、というのが正直な所でしょう。メーター内の液晶も多機能で鮮やかではありますが、そこにデジタルメータークラスター的なナビやメディアの表示ができるわけでもなく、操作系の先進性をワーゲンティグアンやアウディQシリーズなどと比べてはイカン。
あくまで実用性をシンプルに、というのが北米的な感じなんでしょうかね。

実用性重視でポジティブに評価する部分としては、1列目のシートのたっぷりとした感じと、2列目シートのリクライニングの気持ちよさやと言った基本的な快適性に良さがあります。
20180901_170044.jpg
フロントシートは大振りでアメリカンサイズなのか。腿側のサポートはそこそこ、シートバックの背もたれの方が結構フィットします。電動ランバーサポートなるものも付いていて、背中の方を挟み込むようにフィット感を調整可能で、普段はゆったり、長距離ドライブの時はちょっとタイトに、など調整しても良いでしょう。

運転席と助手席の間の肘置き、小物入れは大きめで深い。
20180901_170718.jpg
パテーションもあってざっくり物を入れるのに向いている感じで、大味でアメリカンな雰囲気。小ぶりのバケツっぽいと思うのは私だけ?

ドリンクホルダーは横に2個並ぶタイプ。
車幅があるのを活かしてゆとりのある感じですね。
20180901_170709.jpg

木目のパネルが安っぽくて残念。フリードの古典的な高級感を狙うよりも失敗した感じで、チープです。
多分、色味的には少し新しさを目指したカッパーやマホガニー系の色味なんでしょうが、ここは普通でよかったのでは?と思う。

20180901_170109.jpg
20180901_170104.jpg
運転席、助手席周りの木目のパネルも安っぽい感じです。ピアノブラックのパネルと組み合わせており、ブラックのパネル面積が少し大き目で光沢のあるエリアが広めな感じです。木目の色味がアッシュとかこげ茶なら普通に良いのに、と思うのはわたくしだけではないはず。これは現車を見ればきっと多くの人に共感してもらえるポイントでしょう。

意外にもフロアが気持ち高めで、SUVっぽいのかな?とも思いましたが、乗り降りや座ってみての感触だと悪くない。気持ち座面が低くて床が高い感じもありますが、イスの座面の前後長がしっかりと有り、リクライニングもそこそこの角度に倒れ、天井が高い感じの座りというか収まりです。2列目は結構くつろげる気がします。

20180901_170052.jpg

2列目用のエアコン吹き出し口もあり、2列目の真ん中は肘置きとドリンクホルダーもあり、快適性も上々。
20180901_170529.jpg

オーソドックスですが、割と普通に勝手が良い感じです。2列目からでは特に高級感は感じない仕立てかもしれません。

20180901_170604.jpg

ワンクラス上の車種であれば、リア用の吹き出しに液晶の操作パネルを備えたり、色々加飾があったりします。CR-Vでは2つのUSB出力があるくらいですね。

2列目はアレンジや3列目への乗り込みのために結構色々可動式です。

20180901_170435.jpg

乗り降り用にはスライドし、荷物を最大限積むときのためには前にフォールディングされます。

20180901_170225.jpg

3列目は乗り降りも含めて窮屈です。多分リアドアが少し小さい。CX-8のほうが全長がある分、ドア一枚当たりの大きさや形状が開口部の確保をしやすいというのがありそうです。CR-Vは乗り込むときに、足、靴で踏む足場が無いというか、非常に狭いという印象です。
座った時の印象だと、足元空間のなさと、膝前の空間のなさが致命的です。
20180901_170351.jpg

一応小物を入れるスペースと、簡易なドリンクホルダー的なものもあります。
20180901_170413.jpg

3列目の快適性はCX-8より劣り、プジョーの7人乗りSUVである5008よりも劣ります。
グランツアラーと同等、トゥーランよりは劣る、と7人乗りスタイリッシュミニバン程度かそれ以下か、といっておきましょう。
当然ながらステップワゴンやノア、ヴォクシー、セレナにも完敗です。5ナンバーのフルサイズミニバンは大概の7人乗りSUVより乗車定員全員の快適性だけは遥かに完成度は高い。3列目の常用は考えないようにしましょう。そうれあればたぶん、フリードの方がマシです。

大柄なアメリカンサイズの強みとして、荷室の確保というのがありますかね。

3列目を使っていてもそこそこのラゲッジスペース。

20180901_170235.jpg

アレンジ次第ではかなり広大なスペースがあります。
20180901_170245.jpg

荷室にちょっと段差が付くけども、ラゲッジフロアの高さ調節用のボードもあり、解消できます。高さが整った荷室であれば車中泊などにも付かないこともない。さすがに天地方向の高さに限界があるので快適かは微妙ですが、車内でマット敷いて仮眠や手足を思いっきり伸ばしての休息も可能ではあります。

実際のところ、静的な部分、展示車をいじくりまわしての感想として
ナビがしょぼい、高級感が嘘っぽい(安っぽい?)、2列目快適、3列目は使い物にならない、荷室はまあまあ、車中泊はできなくもないけど、そこまで広くもない、ってところでしょう。

レザーとサンルーフはセットで、マスターピースグレードには勝手についております。
これが要るか要らないかで、グレードや内装選びが決まることになりますね。

個人的には・・レザーとサンルーフ込みで差額40万円高、となりますが、割安でお得だとは思いました。
クルマが上位移行しようとしているコンセプトゆえに、そこに乗っかるグレード選びで意外とマッチングが良いのかな~と。

他の車と比較試乗してみるのもイイでしょう。
3列目の使用頻度が高いとかだと、他の選択肢も考えた方が良いのも間違いない。



走らせてみないとなんとも言えません、ってことで試乗したブログインプレ!!
↓↓
普通に走るCR-V、でも色気はない?2018年新型試乗インプレ③


〇〇が足りない!?CX8試乗インプレ①

5008は7人乗りSUVのベストチョイスか?試乗インプレ①

ステップワゴンスパーダは結局買いなの?試乗インプレ③

これでもソフトになったのか・・ヴェゼルハイブリッドRS試乗記短評

新型フリード内覧 これでシエンタに勝てるのか!? インプレ①

続きを読む

CR-V復活!これでCX-8に勝てるか!? 試乗はまだよ インプレ①

北米に軸足を移し、世界的にはヒット車になったホンダCR-V。日本での年間販売台数約70万台だが、世界ではCR-V単一車種で70万台以上売るグローバルモデル。北米では2016年末にデビューしていたが、国内導入は2年遅れた。2年の間に何を準備していたのか、その真相に迫る。

と、ドキュメンタリー風にしてみましたが、モデルの遍歴をたどると国内ではデカくなり過ぎて売れ行きが悪くなり、初代のCR-Vのコンセプトはヴェゼルに引き継いだ、ということです。CR-Vの復活は3列7人乗り仕様の設定と、ハイブリッドの設定を満を持して準備していたという事のようです。この歴史や沿革、成り立ちというのがコンセプトや立ち位置、ライバルと想定するモデルとの兼ね合い上、結構大事だと思います。

20180901_170021.jpg

ボディサイズは結構ワイドで全体としてボリュームがある、というのが第一印象。
全長4,605mm・全幅1,855mm・全高1,680mm
全幅1855㎜、気にある人は気なる数値かも。

ガチンコのライバルと想定されるCX-8は
全長4,900mm・全幅1,840mm・全高1,730mm

CR-Vのほうが短く低く、幅は広い。

この数字上の差が、7人乗り仕様であれば、3列目の居住性などでCR-VがCX-8よりも劣る、という要因とも思えます。
逆に5人乗り仕様だと2列目も荷室も逆転出来ると思いますが、乗車定員で劣る、というオチもあります。

しかしながら、CR-V日本導入の追い風がCX-8だというのだから不思議です。
先行するライバルあっての日本導入、二匹目のドジョウ狙いというのも正直あるようです。
日本仕様を見据えてハイブリッドの設定があり、
日本仕様をメインに7人乗り仕様の設定をしている、
とのことです。海外の使用でハイブリッドや7シーターがないのか、今後追加されていくようではあります。
IT社会ゆえに、日本仕様だけにあって、北米にはないのか?とか、欧米仕様はああなのに日本には?など、顧客の情報の感度と要求はエスカレートしているようなので、メーカーもディーラーも精一杯対応するように頑張っているようですね。

車格としては一応ホンダのSUVラインナップの中では頂点に位置するという事になります。と言っても現状はヴェゼルしかなく、CR-Vを加えてようやく2車種目なのですよ。
今後MDXやエレメントの復活を期待したいですね・・←ないない 

20180901_170642.jpg


フラッグシップSUVというポジションになり、ナビ・ETCは全グレード標準。ホンダセンシングなどの先進安全装備も標準です。グレードでは布シートのEXと、レザー+サンルーフ+パワーテールゲートなどの上級装備が追加されるマスターピースなるグレードの2種類。エンジンは1.5リッターターボと、2リッターNA×割とモーターメインのiMMDというハイブリッドシステムの2種類。駆動方式的にはFFと4WDの2種類。それらを組み合わせていく感じで、4WDのハイブリッドという組み合わせもあります。

ターボ(非ハイブリッド)5人乗り布シートのEXが323万円 で 7人乗りが342万円
ターボのレザーなどなど追加装備で5人乗りが 359万円 で 7人乗りが381万円
となっていて、3列目のイス代が約20万円、
レザーなどなどの費用は35万円高くらい。7人乗りのレザーがちょっと割高なのは3列目の革代のようです。

20180901_170133.jpg

加えて4WDは約21万円高、となっていて、必要に応じて選べばいい感じです。見た目はSUVですが、実際の初期受注の販売比率としてはFFのほうが多いようです。CX-8でも7人乗りのディーゼルのSUVでもFF比率が高め、とのことで、見た目と駆動方式のマッチングにはこだわらない方が今は多いと言う傾向を知っていただければと思います。

ハイブリッドモデルについては11月初旬に発売、納車開始とのことで、値段のアップはおおよそ55万円。ステップワゴンのハイブリッドとの差額とも同じ感じです。ハイブリッドは荷室の床下にバッテリーなどを仕込むとのことで、3列7人乗り仕様の設定ができないこともあり、乗車人数に応じてエンジンを決める、ということもあるでしょう。

外観と走りに大きく影響する足回り、アルミホイールのサイズは18インチ。
タイヤサイズは235/60R18となっていて、CX-8の225/55R19と比べて、ワイドで扁平的にボリュームがある感じです。
試乗はまだですが、乗り心地やグリップ感、テイストがどんななのか、楽しみな所ですね。

20180901_171405.jpg

今回はモデルの概要と成り立ち、値段やエンジン、駆動方式についてのブログとなりました。
引き続き内装などのインプレッションに続きます。



新型CR-Vの弱点はコレ、間違いなく、そしてCX-8も同じような感じよね インプレ②

普通に走るCR-V、でも色気はない?2018年新型試乗インプレ③


〇〇が足りない!?CX8試乗インプレ①

ステップワゴンスパーダは結局買いなの?試乗インプレ③

これでもソフトになったのか・・ヴェゼルハイブリッドRS試乗記短評

続きを読む