3シリーズのディーゼルの性能は如何に?値引き情報も!

2012年日本への導入が始まったと記憶している6代目(F301/F31型)、2015年5月にエンジンの改善や追加、進化したナビゲーション・システムなどの変更といったマイナーチェンジが実施されました。
ちなみにBMWは日本でも使用しやすい全幅1800mmにこだわっていて、駐車環境に全幅制限がある人はBMWがオススメかもしれません。メルセデスやアウイディは若干大きいんです。
荷室は40:20:40で前倒しできる後部座席を倒せば、1500Lとそこそこの積載量を誇り、使い勝手は悪くありません。SUVタイプだと高さ方向のゆとりがあり、視覚的に広く感じますが、ワゴンは奥行きがあってそれなりに実用的な広さを確保しています。キーを持った状態で、リヤバンパーの下に足を入れるとテールゲートが開くシステムや、キー操作でテールゲートを開閉できるオートマチック・テールゲートが標準装備で使い勝手が若干進化しています。正直なところリアシートは広くなく、ライバルのほうが広く感じます。なんなら日本車で言えばマークXの方が広いくらいに感じます。レクサスでいうとISよりかは広いかもしれませんが。
s_20160220_153730.jpg
エントリー・レベルの「318i」には、最高出力136psと最大トルク22.4kgmを発生する賛否両論を巻き起こしている1.5リッター直列3気筒を搭載。軽自動車か!と批判の声を聴くこともなくもないですが、ダウンサイジングの波と燃費性能達成のためには仕方のないことかと思いますが、3気筒で400~500万越えはなぁ・・・と思わなくもないですね。
ディーゼルの方は、2.0リッター直列4気筒を搭載する「320d」の最高出力が184psから190psへアップ、最大トルクも38.7kgmから40.8kgmへ向上。こちらは販売の主力になっていて3シリーズの半数以上をディーゼルモデルが占めているとか?販売店によっては8割とか・・・?
同じエンジンを積むX3についての試乗インプレッションはこちら
LTE接続機能が標準装備され、ナビゲーションシステムの起動や読み込みが早くなっています。また地図データはネットワーク回線を通じて3年間無償でアップデートされるようになっているそうです。エマージェンシー機能があって、事故の際に作動して救助要請などもできるらしいです。


試乗インプレッションは、2リッター直列4気筒ターボエンジン搭載の320dツーリングについて。燃費(JC08モード)が19.4km/Lと、同じ直列2リッター4気筒の320iガソリンモデルの16.4km/Lより2割増しの数値を実現している。320i:505万~と320d:528万~の価格差は23万円で、エコカー減税やその後の維持費(軽油はリッター当たりハイオクガソリンよりも20~30円前後安い)を考えると320dの方がお得感があります。トルク型のエンジン特性も町中を流したり、高速をそこそこのペースで流す分には加速性能においては優位に感じます。アクセルを踏み込んだ時の回転の上昇感や、排気音、メカニカルノイズはガソリンエンジンのほうフィーリングが良いです。ディーゼルモデルはガラガラ音があり、室内にもうっすら聞こえてきます。
ドライビングセレクト的なギミックで、スポーツ、コンフォート、エコプロの3種類から走行モードを選択できるシステムがあり、もっさりしすぎず適度に燃費走行を促してくれたりします。ちなみにメルセデスやアウディにも同様のシステム切り替えギミックは採用されていますが、エンジン出力を絞りすぎたりと不自然な制御になるため、BMWのものが勝手が良いように感じます。実際の街乗り燃費は、おおよそ14〜15km/L程度、で車格の割には悪くはなく、サイクルコストなどを考えても同クラスの中では良いチョイスになりえるかもしれません。安全装備充実で前車追従クルーズコントロールやヘッドアップディスプレイ付きがお勧めです。そこそこのハンドル操作で未来の車の感じがします。
5,280,000~と言う3シリーズディーゼルモデルですが、時期によっては大幅な値引きが可能な車種のようです。台数が入ってきている車種ということで、おおむね10%引きは行けるようです。ディーラーによっては渋るところもあるようですが、決算時期などで在庫の車が眠っていると100万円ほどの値引きも行けるとのこと。装備やグレード・色は限られますがそこそこ売れそうと見込んで発注したものが残った場合に限れば、安く買える可能性があるということですね。BMWの販売店が近くに2~3軒あれば、交渉して回るのもよいでしょう。アフターサービスは全国共通で受けられるとのことですので。

3シリーズの限定車! お買い得モデルなのか?

の記事も良かったら見て下さいね!
展示車を見たり、試乗して買い替えを考えるときは!こちらもチェック!
↓↓
新車購入や中古車に買い換え時の値引き分と下取り価格は、実はまとめられているから、実際の下取り額は不透明。
そういった時に買い取りに出すことも視野に入れると愛車の価値が解るので、査定サイトや出張査定は活用した方が良いでしょう。












90%くらいの確率で下取りよりも買い取りの方が高値が付きます。
ディーラー等、他メーカーの物は結局別に流すことになるため、中間マージンの2度手間3度手間がかかってしまいます。
買い取り店であれば、直販が多く、その後の再販価格に近い額で売ることが出来れば、納得も行くもの。
中国や東南アジア、ロシアなど海外に販路を持っていて、古くても過走行でも売れます。
売らなくても気まずくはならないし、1~2時間で数十万の差が出ることもあります。
ぜひ気軽に買い取り店を検討して見ましょう。

この記事へのコメント