意外なところからのキャンピング仕様 シボレーキャプティバ2.4L 4WD

2016年の限定車 シボレーキャプティバキャンパー のご紹介。


Introduction.jpg

まさかのGMから簡易キャンピングカー仕様風の特別仕様車が出るとは、と言ったところですが、あまりメジャーでない車種ゆえにそこまで取り上げられていないので記事にしようかと思います。

JP_CH_CAPTIVA_MastheadColorizor.jpg

シボレーキャプティバ と言う車種は2006年頃の登場、日本に導入されたのはかなり遅れて2011年でした。韓国GM製で生粋のアメ車と言うよりは、グローバルスタンダード規格を作ろうと各国のデザインやアイディアをミックスした車です。2011年に日本に導入され、2013年、2016年1月に若干のマイナーチェンジを行っているようです。外観インテリアなどのアップデートなどがされていますが、搭載されるエンジンは2.4リッターのまま、組み合わされるミッションも6ATのまま、4WDのみの組み合わせはそのままキャリーオーバーされています。

全長×全幅×全高 : 4,690 × 1,850 × 1,790 mm 右ハンドルの 7人乗り!仕様のみ、サイズ的には日産ムラーノや、レクサスRX、トヨタヴァンガードに近い感じで、輸入車にしては値段的にはかなり安めの設定です。
ベースグレードで380万円~ 
今回のキャンパー仕様のモデルで
400万円~ となっていて、輸入中型~大型SUVの中ではかなり安めです。

なにげに定期的にアウトドアコラボレーションモデルを発表していて、コールマン仕様のモデルが過去に何回か登場したことがあるそうです。その時もキャンプグッズがセットと言うか、プレゼントされたというか、そういう打ち出し方をしてたそうです。2016年の仕様ではもう少し車中泊に特化したアイテムが組み合わされて、キャンピングカーっぽいテイストを打ち出しているので要チェックですよ。

リアハッチテント 簡易的な着替えスペースに
Tent.jpg

車中泊用 ベッドキット 専用品で中々クッション性が良さそう。
Bed.jpg

内側窓用のサーモシェイド 断熱と目隠し 車中泊には非常に有効
Thermo.jpg

テーブルセット おそらくコールマン製の物
Table.jpg

まさかのキッチンシンクセット ハッチテントと組み合わせて簡易シャワーとしても使えるそうです。
KitchenSink.jpg

その他にも、専用バックドア防虫ネット、ポータブル冷蔵庫、LEDランタンなどの車内外で使えるキャンプグッズが特別装備されているとのことです。

興味を持たれた方は一度実車を見てみると良いかもしれません。

肝心のベースの車の性能ですが、3列シートの7人乗りの3列目は緊急用、子供用との割り切りが必要な大きさで、3列目へのエントリーのしやすさや使い勝手はBMWのグランツアラーぐらいよろしくないです。そこは中型SUVレベルのエマージェンシーシートレベルです。

インテリアの装備はappleカープレイへの対応などのアップデートされたナビなどのインターフェースや、装備品などは高級感は無く普通、と言った感じです。シートは大き目で着座感も悪くはないと思います。さりげなくアクティブヘッドレストなどのいざと言う時のムチ打ち軽減のシステムが着いていたりします。
Captiva MY16 Infotainment BB 1480x551.jpg

今どきダウンサイジングターボでなく造りが古いのが残念ではありますが、167PSを発揮する2.4リッターエンジンは街乗りでの燃費は7㎞/Lくらい、高速での燃費は10㎞/Lくらいとのことで、大きさの割にそんなに悪い数値ではないようです。
走りもアメ車っぽいイメージの柔らかいサスとうよりはどちらかと言うとヨーロッパ車のようなフラット感を狙った少し固めのものかと思います。グレードにかかわらず19インチのアルミというのも影響しているかもしれませんが、総じて乗り心地は良いと思います。

日本での登場から5年、中古車では200万円弱~ 7人乗りのSUVでは新し目で価格が安めで出回っているようなので、そちらもチェックして見ても良いかも。

あえての中古の3列7人乗り大型輸入SUV選び

短命だった、ランドローバーディスカバリー3
新型が2016年に登場して型落ちに、ボルボ XC90
新型が2016年に登場して型落ちに、アウディQ7


同じ価格帯~選べる7人乗りモデル

BMWグランツアラーの試乗記

新型ワーゲントゥーランの試乗記

同じ価格帯~5人乗りSUV人気モデル

メルセデスベンツ GLAクラス インプレッション

BMW X1 インプレ 前編 / X1インプレ 後編

おなじくモデル末期のミニクロスオーバーの試乗記

フィアット500X 試乗記

ボルボ V40クロスカントリー 試乗記


の試乗記なども良かったら見て下さいね。
展示車を見たり、試乗して買い替えを考えるときは!こちらもチェック!
↓↓
新車購入や中古車に買い換え時の値引き分と下取り価格は、実はまとめられているから、実際の下取り額は不透明。
そういった時に買い取りに出すことも視野に入れると愛車の価値が解るので、査定サイトや出張査定は活用した方が良いでしょう。












90%くらいの確率で下取りよりも買い取りの方が高値が付きます。
ディーラー等、他メーカーの物は結局別に流すことになるため、中間マージンの2度手間3度手間がかかってしまいます。
買い取り店であれば、直販が多く、その後の再販価格に近い額で売ることが出来れば、納得も行くもの。
中国や東南アジア、ロシアなど海外に販路を持っていて、古くても過走行でも売れます。
売らなくても気まずくはならないし、1~2時間で数十万の差が出ることもあります。
ぜひ気軽に買い取り店を検討して見ましょう。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック