実は超豪華ハイテク満載 レガシーアウトバック試乗③

レガシーはスバルのフラッグシップであり、北米のスターです。シックススターゆえに。
装備品についても実は物凄く充実しているんですね。特にアイサイトを軸とした自動ブレーキとアダプティブクルーズコントロール、後方や側方の危険に関しての検知などの安全装備やヒルディセントコントロール(下り坂ゆっくり下る制御)つきの4WDなど、グレード共通で標準、LEDロービームやリアランプ、オートハイビームなどもついています。ドライビングモードのselectや、キーレスアクセス、左右独立調整フルオートエアコンにパワーシート、などなど、標準装備でもそこそこのレベルの高さですね。価格と装備に関してはかなりの高水準なんじゃないかと思うので、センスが良いかはまた別として、ご紹介したいと思います。

031_o.jpg

インテリアはピアノブラックのパネルとシルバーの縁取りが標準、オプションで約7万~で木目に変更できます。Si Driveと呼ばれるエンジン制御を燃費モード~スポーツモードに3段階に変更出来ます。
通常グレードとリミテッドでの差はメーターリングの照明の有無が相違点。細かいところだとアクセルぺダルとブレーキペダルにアルミのカバーがつくなどの違いも。リミテッドにはそういう装備がつきます。
パワーシートは標準で、レザーは+10万、前後4シートヒーター付き革シートは+18万のオプションです。リミテッドには4座席シートヒーター付き本革シートが標準になります。
オプションのナビは15万円~ありますが、ハーマンカードンのオーディオとSDナビのセットで30万円と言うのもあります。
045_o.jpg
ラゲッジにウーハー、ハイエンドオーディオのとのセットで割安になっているのでお得なセットのようです。

シフトレバーはオーソドックスで、電動式のパーキングブレーキが標準。パドルシフトも標準なのであまりシフトレバーは使わないかも。ドリンクホルダーは車幅・室内幅相応に横に2つ並ぶ配置です。
033_o.jpg

ラゲージの容量も広大です。使い勝手も良好。
042_o.jpg
ラゲージルームからレバー操作でリアシートを倒すことも出来ます。
044_o.jpg
パワーテールゲートはオプションで約7万、リミテッドには標準、足をかざすだけでテールゲートを開閉する機構まではついていません。

リアシートも広々、足元も頭上空間も広いです。全長x全幅x全高:4815x1840x1605mmのサイズを使い切り、
039_o.jpg

アウトバックも、アウトバックリミテッドもナビは別、
アウトバック 318万~
リミテッド  345万~
リミテッドとの差額は27万、17インチ→18インチに変わり、スタブレックスライドと呼ばれる上級サスペンションが付き、4席シートヒーターの本革シート、パワーゲートが付くかつかないかが大きな差。革シートが必要ないというのと、17インチで標準サスの方が柔らかい乗り心地が期待できそうだというなら別ですが、装備内容と価格的にリミテッドを選ぶ理由にはなります。ワゴンとしてラゲッジルームを使用する頻度が高いならパワーテールゲートも魅力的かも。18インチの方が欧州車っぽい絞まった乗り心地ですが国産に乗り慣れている人にはかなり硬めに感じるかもしれず、17インチでもふにゃふにゃではなく、日本車の中では硬めではあります。個人的には18インチ推しです。

在庫のみの販売、とマイナーチェンジをうかがわせる対応を取られることも良くありますが、マイチェンでなく年次改良というのが定例となっています。A型、B型と呼ばれたりするんですね。2016年~2017年にかけてはC型になる予定で、リア用の自動ブレーキがつく予定だとか。エンジンもターボの搭載が噂されていたりもするようですが、近いうちには日本仕様にわざわざ設定しない可能性の方が高いとか。レヴォーグが主力ってことですかね。ナビ装着で400万円近い乗り出しになりそうで、値引きは10~30万前後、年次改良のタイミングが値下がりのチャンスのようです。

大きいことは良いことだ、とは言いませんが、全長x全幅x全高:4815x1840x1605mmという堂々とした車格で、アイサイトという自動ブレーキなどの安全装備も充実、走りも欧州車と渡り合える安定感と操縦性を備えていて、運転していて楽しい車だと思います。すごく魅力的なポテンシャルを秘めていますが、デザインがねぇ・・というところですね。好みに合えば物凄くお勧めです。実車をぜひ見に行ってみましょう!



ちょっと頑張れば買えるかも?欧州製ディーゼル四駆の7人乗りミニバン
BMWグランツアラー4WD・7人乗りミニバンディーゼル:BMW≒ディーゼルイメージの構築のため!
の記事なども良かったら参考に

時代遅れのパワートレインと肥大化したボディ レガシーアウトバック試乗①

実用的だけど地味なインテリア? レガシーアウトバック試乗②

などの過去記事インプレッションもあります。

価格的に輸入コンパクトSUVやワゴン系の4WDの車種などがライバルになりそうなのがレガシー。サイズが近いと価格帯が違うケースもありますが、比較対象として、国産のクロスオーバーワゴンの水準を知るために、レガシー・レヴォーグ辺りは一度内覧をしておくといいかも?

右往左往したエクシーガ クロスオーバー7試乗インプレ短評

2016年新型インプレッサスポーツ試乗①・レガシィを超えるのか?

史上最高の乗り心地を実現 インプレッサスポーツ試乗②

レガシーを超えた?レヴォーグ 試乗インプレ①

スポーツカー並みの走り レヴォーグ試乗インプレ②

狭さもスポーツカー並み?レヴォーグ試乗インプレ③ インテリア編

参考までに以下のリンクを

モデルチェンジが近いワーゲンティグアン 価格が近いかも

メルセデスベンツ GLAクラス インプレッション

BMW 新型X1 インプレ 前編 / X1インプレ 後編

モデル末期のミニクロスオーバーの試乗記

フィアット500X 試乗記

ボルボ V40クロスカントリー 試乗記

アウディA4オールロードクワトロ コンセプトは同じ、価格はかなり上、サイズはレガシーの方が大きいかな?

などなど、よかったら参照ください。
展示車を見たり、試乗して買い替えを考えるときは!こちらもチェック!
↓↓
新車購入や中古車に買い換え時の値引き分と下取り価格は、実はまとめられているから、実際の下取り額は不透明。
そういった時に買い取りに出すことも視野に入れると愛車の価値が解るので、査定サイトや出張査定は活用した方が良いでしょう。












90%くらいの確率で下取りよりも買い取りの方が高値が付きます。
ディーラー等、他メーカーの物は結局別に流すことになるため、中間マージンの2度手間3度手間がかかってしまいます。
買い取り店であれば、直販が多く、その後の再販価格に近い額で売ることが出来れば、納得も行くもの。
中国や東南アジア、ロシアなど海外に販路を持っていて、古くても過走行でも売れます。
売らなくても気まずくはならないし、1~2時間で数十万の差が出ることもあります。
ぜひ気軽に買い取り店を検討して見ましょう。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック