レガシーを超えた?レヴォーグ 試乗インプレ①

2014年の6月にレガシーツーリングワゴンと入れ替わるようにしてデビューしたスバル LEVORG(レヴォーグ)。レヴォーグはワゴン専用車でしたが、派生車種として「S4」「WRX」が追加ラインナップされました。レガシーシリーズはSUVスタイルの「アウトバック」、セダンの「B4」はさらにサイズアップてして2014年10月にデビュー。サイズの異なる別のラインとしてラインナップを整えていると言った感じですね。レヴォーグについては2016年の6月にマイナーチェンジ予定、さらにはSTiモデルの追加を予定されているなど、ホットなモデルですね。
ちなみにレガシーは北米での販売に軸足を据えていて、レヴォーグは国内専用、と思いきや、日本でのヒットを受けてヨーロッパでも販売をするようになったとか。

レヴォーグに用意される排気量は、1.6リッターと2リッター、ともにターボで加給されたもの。そんなレヴォーグの1.6リッター(1.6GT eyeSight)と2リッターモデル(GT-S アイサイト)に試乗したので記事にしたいと思います。

photo5.jpg

ボディサイズは、全長x全幅x全高 4,690x1,780x1,490(mm)となっていて、大型化して不評だったBM/BR系レガシーと車幅は一緒です。レガシーの大型化に対応すべくレヴォーグが追加されたのに結局大きいのでは?と思わなくもないですが、全長や全高などが一応許容範囲ということでしょう。あとはレヴォーグはコンパクトだ、というイメージ戦略、デザインの妙で多くの人がそういう風に思ったということですね。
エンジンのラインナップは
1.6リッターターボは最高出力が170馬力、最大トルクは25.5kg-m・カタログ燃費 17.4km/L
2リッターのターボは最高出力が300馬力、最大トルクは40.8kg-m・カタログ燃費 13.2km/L
GTとGT-Sというグレードが各エンジンに用意されていますが、主にアルミの大きさやビルシュタインの足回り、ロアアームにピロボールを採用するなどのスポーティさのチューニングが違うというのがポイント。他メーカーが外観や内装の差別化でグレード分けすることが多いですが、サスや見えないところのパーツで差別化するのがスバル流。ワゴンなのにスポーツカーのように速いというのがウリでしょうか。

そこそこのサイズと選べる動力性能と足回り、ワゴンとしての使いが手の良さとスタビリティの高さと鬼のように曲がるAWD=4WDという、日本のスバルファン・スバリストのために開発されたと言っても過言ではないクルマかもしれません。

レヴォーグ試乗レポート② に続きます。 

時代遅れのパワートレインと肥大化したボディ レガシーアウトバック試乗①

実用的だけど地味なインテリア? レガシーアウトバック試乗②

実は超豪華ハイテク満載 レガシーアウトバック試乗③

などの記事インプレッションもあります。

価格的に輸入コンパクトSUVやワゴン系の4WDの車種などがライバルになりそうです。
参考までに以下のリンクも


メルセデスベンツ GLAクラス インプレッション (排気量・駆動方式が近いものがラインナップされています。)

BMW 新型X1 インプレ 前編 / X1インプレ 後編

モデル末期のミニクロスオーバーの試乗記

フィアット500X 試乗記

ボルボ V40クロスカントリー 試乗記

アウディA4オールロードクワトロ 価格がかなり上ですが、4WD=クワトロと言えばアウディ そのワゴンですね。


なども見て下さいね。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック