NBOX ホンダ・エレメント風メーカー純正カスタムモデル登場?

N-BOX 専用アクセサリー「ELEMENT Style Package」
NボックスをホンダのかつてのクロスオーバーSUV・エレメント風に仕立てるという謎のパッケージがあるんですね。

実車を2台ほど見かけたことがありますが、外観のカスタムでSUV風味に仕立てられてて結構サマになっていました。
2016041004.png

ダイハツのキャストアクティバや、スズキのハスラーとかよりもわかりやすくSUVしている感じです。
2016041007.png

そういう派生車種なのかと思ったくらいで・・・(;^ω^)
調べたらバンパーやフェンダーの意匠変更によるパッケージオプションだったという。

もとのホンダエレメントは日本では超マイナー車種。北米向けゆえの迫力のあるボディサイズと外観、無塗装樹脂を多用したクロスオーバーテイスト、観音開きの4ドア、シート・フロアが撥水加工されているなど機能面でもデザイン性でもかなり攻めていて先進性があったけども2004・2005年にちょこっと販売されただけでヒットには至らなかった車です。ホンダの車は早すぎて攻めすぎているのか・・・?
2016041002.png

思い出した!!3代目ステップワゴンの魅力
変わったオプションを打ち出したりとか、面白いことをやろうとする姿勢が良いですね。
現行のステップワゴンでもワクワクドアにダウンサイジングターボを取り入れるなど、先走り感がスゴイです。


N-BOXをベースにエレメントの雰囲気を出す無塗装の樹脂パーツとラッピングフィルムを装着、オプション価格は250,000円(税抜)
2016041004.png
価格は高めですね。
ですがNboxは販売台数もかなり多い車種、ひととカブリたくない方も結構居るかもしれません。
デザイン的にもかなりまとまっていて、軽のシティ派SUVよりも逆にSUVっぽい感じが出ているように感じます。かといってバンパーやフェンダーを変えてもロードクリアランスやアプローチアングル、デパーチャーアングルなどが劇的に変化してオフロード性能があがるわけではないので、あしからず。

個性的な外観の軽をお求めであれば、オススメのオプションかも!?

2017年にモデルチェンジしたN-BOX新型についての記事や、過去のブログなども参照いただければと思います。

N-BOX新型を見ていると他の車種でも本気出してほしい・・なんて 試乗インプレ①

NBOX キャンピングカーベース車両で人気、ホンダの軽自動車のハイトワゴンの実力は 試乗インプレ①

1世代目のNBOX 試乗インプレ② インテリア・キャンピングカーベースになる理由

展示車を見たり、試乗して買い替えを考えるときは!こちらもチェック!
↓↓
新車購入や中古車に買い換え時の値引き分と下取り価格は、実はまとめられているから、実際の下取り額は不透明。
そういった時に買い取りに出すことも視野に入れると愛車の価値が解るので、査定サイトや出張査定は活用した方が良いでしょう。












90%くらいの確率で下取りよりも買い取りの方が高値が付きます。
ディーラー等、他メーカーの物は結局別に流すことになるため、中間マージンの2度手間3度手間がかかってしまいます。
買い取り店であれば、直販が多く、その後の再販価格に近い額で売ることが出来れば、納得も行くもの。
中国や東南アジア、ロシアなど海外に販路を持っていて、古くても過走行でも売れます。
売らなくても気まずくはならないし、1~2時間で数十万の差が出ることもあります。
ぜひ気軽に買い取り店を検討して見ましょう。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック