夏の足蒸れ対策インソール編!

足の裏からの発汗は一日当たりコップ一杯分とか?
200mL~300mLは足の裏から汗が滴っているということになるそうです。

ソックスでの対策ももちろん大事です。


クールマックスソックスのベストバランス?コミネのアイテム!
の記事も参照いただきたいところです。

バイク乗り、車をそこそこの頻度で運転される方であれば足の蒸れ、靴の中の蒸れ、というのも気になるところ。お手軽価格のインソールで匂いと蒸れ対策、そして靴の臭いの浸み付き防止をしてみませんか?

そこで私の大好きなアマゾンの掘り出し物シリーズ。
靴屋さんでスニーカーや革靴などを購入するときに一緒に購入しても良いアイテムたちですが・・ネット積ん半であれば物は同じでも安い、もしくはネットでしか売ってないリーズナブルな物もあったりするのでチェック!

ドクターショールの物が500円前後で手に入るのは通販のつよみ!

足のニオイの元を徹底的に中和・分解し、消臭・防臭・防カビ効果あり。ビジネスシューズ向き。

メッシュなどで靴底と足の裏の間に空間を作るものもあったり。
こういったものは店頭では中々見かけなかったりします。

足の蒸れをかなり緩和出来るので、ゴム長靴や作業靴を長時間履いて作業をする飲食業や工事関係などの方にも愛用者がいるようです。水虫などの方もそこそこ緩和されるようなので、気になる方はインソール各種要チェックですね。1000円前後であればお手軽に試せるレベルかと。高級な3000~4000円のインソールは試着の時は良くても長時間の使用で違和感が出た時には悲しくてしょうがない・・
難点としてはメッシュが体重でつぶれる方がいる、耐久性は体重によるかも?ってところです。

私もいくつか買って試してみています。
20170501_124524.jpg

メッシュ素材だけどソフトなタッチのもの。


ソール部分はカップ状になっていて厚みは10㎜あるかないかくらいでしょうか。20170501_124533.jpg

合わせた靴はコンバースのオールスターハイカット20170501_124638.jpg



ファッションアイテムとしても通用するおしゃれ靴の定番。いろんな洋服に合わせやすく、キレイめにもカジュアルにもマッチすると思います。白か黒、なんなら両方持っておいてもいいくらい。
20170501_124738.jpg

車の運転にも、バイクに乗る時にも、スクーターに乗る時にも重宝します。ハイカットでクルブシの保護にもなります。車の運転の時に窮屈であれば紐を上まで閉めなけば適度なサポート性でグッド。
20170501_124715.jpg

難点はソールがフラットで薄く、長時間歩くと辛い、と言ったことがあるので、インソールでフォローする感じで使っています。クッション性の良い物と組み合わせると見た目と機能性の両立が出来る感じですね。

27㎝の靴を目安に参考になればと
20170501_124758.jpg

そのままだと少し大きく、靴のつま先の中でクシャッとなってしまうでのカット。靴によってはインソールとのマッチングが異なるので参考程度に。切らずにそのまま使用できるのであればそれがベストですね。
20170501_124551.jpg

ハサミでシャクっと切れます。
20170501_125027.jpg

中に入れると黒のメッシュが涼し気。
20170501_125142.jpg

履き心地も少しソフトになります。
20170501_125247.jpg

コンバースのキャンバス生地の物であればそこまで蒸れたりはしないタイプの靴ではありますが、足の裏を中心とした蒸れはかなり軽減され、夏場でも快適に過ごせると思います。インヒールの背高効果もあるかも。
クッション性が上がれば歩行の時の膝や足首へのダメージの緩和になるだけでなく、バイクで言えばステップからの振動を和らげる効果も期待できるので距離を走った時の疲労感も疲れにくくなるという効果もあると思います。

ミッション式のBikeでスニーカーを履くときは靴のダメージの緩和のために、シフトチェンジパッド、カバーがあるとベスト。左足の靴の寿命を延ばすことが出来ると思います。


靴の中のメンテナンスの定番と言えばドクターショール 消臭・抗菌 靴スプレーとKURE メディゾール

店頭ではあまりお目にかからないアイテムかもしれませんが、こういったスプレータイプの消臭剤は重宝します。

バイク乗りにとっては不快感は集中力を削ぐことにもなるので、いろんなアイテムを組合せて、スタイリッシュで快適なモーターライフを過ごせると良いですね。

メッシュジャケット 4月が買い時の理由とは?

春のバイク生活のスタートに!夏の暑さ対策にも、インナー特集!

デオナチュレのような制汗剤を自作?ミョウバン水のつくり方

脇汗を止める 本当に止めるには何を使えばいいのか?

夏に向けてのバイクギアについての過去記事も良かったら見て下さいね。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック