新型アクシスZ 低燃費軽量なんとなくいい感じ風スクーター!

燃費はよくコンスタントに50㎞/L走り、60㎞/h前後での走行性能に主眼を置き、重量は50㏄原チャ並みの100㎏、そして安いという戦略的なスクーター。2017年登場男ヤマハの新型アクシスZのことです。ホームページに通勤快速と書いてあって、それはどちらかというとスズキのアドレスV100 ~ アドレスV125のことでは?と思うのは私だけではないはず。

243,000円という価格設定はかなり頑張っています。登場からしばらく経ち、落ち着いたころ合いになってきて値引きは2万円前後イケる感じです。2017年に変更になったアドレス125と競合させる感じですね。

axis-z_gallery_002_2017_001.jpg

サイズ感は原付に近い全長1790㎜で50cc原付よかちょっと大きいくらい。アドレスV125では1750㎜、新型のアドレス125では1900㎜なので、旧型のアドレスV125よりのサイズです。
全幅は730㎜でハンドル幅はちょっとある。アドレスが700㎜ない感じなので結構広めですりぬけには気を遣い可能性もあります。

馬力や加速に関してはパンチの効いたアドレスに対してややマイルド。125㏄のバイクなりに高い速度域でのしんどそうな感じもあり、60㎞/hくらいまでで走る感じのスクーターです。アドレスシリーズの方がもう少し活発な感じだと言えるでしょう。走りのパワー感的には国道を流れに乗って余裕を持って走るのであれば、この車種:アクシスZではないかも、って感じです。動力性能はパッとせずとも燃費性能としてはクラストップで、スクーターの新たなベンチマークとなるかも。ホンダもきっと負けじと燃費の良い125をけしかけてくるはず。

実用面では全長の短い小型の車体の割にメットインが広く浅く、積み込む物の種類によってはかなり使い勝手がいいでしょう。ビジネスバッグを平たく積むなども可能で、書類などを多く運ぶ人にも良い形かもしれません。

浅い分、ヘルメットの収納には向いていませんが、ヤマハの売っているヘルメットで参考画像として2個入る画像を店員さんが見せてくれたりしました。
画像のヘルメットは[前]SF-7 Lea Winds(ジェットタイプ ※125㎤以下用)、[後]YJ-14 ZENITH(ジェットタイプ)です。一応二つ入る風ですが・・

リーウインズ と ゼニス のジェッペルなら入るらしい。両方ともヤマハのヘルメットブランドではあります。モノは良いヤツですね。


フルフェイスはまず入らない。ジェット型のヘルメットメットに関してもサイズ次第では収まりがかなり厳しいと言えます。

ヘルメットの収納に余裕を持たせるにはトップケース必須という感じですが、リアキャリアは別売のオプションだったりします。
リアキャリア 12,960円
Q5KYSK105E01.jpg

アマゾンでも出回りだしています。少し安いのでDIYで着けるのも良い。


ケースがユーロトップケース30L 9,720円 とリアボックスE300NY 12,420円から選べます。
だいいたい25,000~30,000くらい追加コストがかかるので、車体価格の1割に達してしまいます。値引いても相殺されてしまう感じですね・・

社外品ですがアクシスZ専用のキャリアステーとボックスのセットになったものもあり、少し安い。


アクシスZの美点としては凸凹していて浅いですが、メットインの広さで人によってはツボな造りだと言うこと。燃費性能の高さも時代の流れと125㏄に求められる維持費の安さという要素を一つ極めているとも言えます。前後のタイヤサイズなんかは50㏄の原付レベルで乗り心地もそんなに良いわけではなく、路面の悪いところだとガクブルします。揺れが大きいわけでは無いですが、振動や衝撃音が大きい、みたいな。飛ばすと余計不安になったりするので注意が必要ですね。揺すられ過ぎてタンデムステップがしゃきーんと飛び出るくらいですが、スピードを出し過ぎないように気を付ければ良いかもしれません。

シートはパンチングメッシュ風でスタイリッシュかる蒸れにくい感じですが、雨や結露で濡れるとパンチングのイボイボの中に水が残ってズボンが湿ります。気になる場合はカバーを着けた方が良いでしょう。


価格的にもサイズ的にもだいたいアクシスZに比し2万円安いアドレス125あたりと凌を削る戦いをすると思いますが、アドレス125もメットインのガッカリさが顕著。アクシスZは走りが凡庸で加速や最高速などの性能は見込めませんが、燃費がオニのように良い。
トップケースを着けるとなるとリアキャリア標準のアドレスに方に分があり、着けないで街乗りメインであまり速度を出さないのであれば、異常に安い維持費でアクシスZの方がベター。塗装面の面積や各パーツの質感などは個人的にはアクシスZは手を抜いている部分がすくないな、と思います。総じてデザイン性はアクシスZは妥協してない感じがあります。

ちなみに営業マン的にはヤマハの新型はリコール多いし初期不良なども出ることが多いから、多少ダサくてもアドレス125の新型の方が信頼感とかは高いですよ~と
トップケースを着けてダササを極めるのであればアドレスで決まりでしょ!みたいな感じでアドレス推しでした。

とは言う物の、こればっかりは見比べて各自がどんな風にどんな道を走りるかので選んでほしいところです。


小さいことが美徳となる125㏄以下で最小のスクーターは?

スウィッシュはアドVを高級にしただけの125㏄なのか?

アドレス125 Vなし 新型のがっかりポイントを要チェック! 

過去記事なども参考に比較検討して見て下さいね。

この記事へのコメント