痒いところに手が届くバイク小物をリーズナブルに!

ちょっとしたパーツだけどもあると便利orないと不便だったりするもの。
バイク用品店に買いに行くのもなんだかなぁ~ってアイテムをネット通販でサクッとゲット!!
そんな微妙に欲しいアイテムをちょっとピックアップ!

ぶっちゃけネット通販のほうが安いもの、送料などを考えると割高なものなどありますが、家に重い部品が届くとか、小さなパーツであればポストにポイっと投函されるとかメリットデメリットあるのでそこは各自の自己判断で願います。

ミラーのかさ上げスペーサーねじ。
視界の確保やミラーアダプターで取り付けるタイプのアイテムとの調整で使えたりもします。コレだけバイクショップに買いに行くのはちょっと億劫かも。


合わせて使われるアイテムとしてはミラーのオフセット用のもの。

デザイン的に気にっているミラーであってもハーフカウルやスクリーン、各種ホルダーをつける時などに少し取り付け位置を調整するときに重宝します。

61e+2NEWXtL._SL1024_.jpg

最近の流行であるスマホホルダー取り付け用の追加バー。
バーハンドルであれば直でつけたりできるのでは?と思っていても、クランプにミラーにスイッチボックスにハンドルの曲がりなどいろいろあって、取り付け位置については若干の調整が必要になるパターンも多かったりします。ノーブランドのアイテムであれば1000円くらい、デイトナとかで1500円前後で通販で買えたりします。


最近人気のスマホホルダー。
ナビに使ったりする方が増えて、ツーリングのお供になることも多いそうです。
パーキングエリアや停車時に使いやすいむき出しのタイプが人気だそうです。スマホ対応手袋や、グローブを外してすぐ画面の操作ができるのがメリットですが、雨に弱いという弱点もあります。霧の中を走行するものスマホに種類によってはNGであります。


雨天対応のフルカバーされる物のほうが実は値段が安い。自転車用だとこっちのほうがメジャーだとか?

防水風のカバーがついていて急な雨に対しても多少はガードされているのと、落失のリスクが少なめな感じではあります。
デメリットとしては操作性が悪く、ビニール素材のカバー部分超しではほぼ操作できないと思っておいたほうがいいでしょう。視認性においても液晶部分にビニールカバーが重なり、反射や曇りなどで正直見難い。グローブを外し、カバーから出して設定や確認などの操作するひと手間が剥き出しタイプよりネガティブに感じる方が多いようです。

バイク乗りの方は少しのわずらわしさであっても集中力を削がれたり、危険と直結する部分も多いので、こういった小物類で視界の確保、ナビの設定・確認しやすさの担保、いろいろと工夫してセーフティライディングを心がけましょう!!

この記事へのコメント