禊は済んだの?ワーゲンパサートディーゼル導入へ!!

2015年のディーゼル不正において、日本は不正のあったディフィートデバイスを搭載したディーゼルモデルの導入はなかったにも関わらず販売は壊滅的になっていたりしました。

ワーゲンのディーゼル・・てだけで話題にするだけで嫌悪感が走りそうなこのご時世・特に煽りたがりのネット民はネガティブキャンペーンを巻き起こしたいところかもしれませんが・・
まさかの3年足らずでワーゲンパサートにディーゼルの追加モデルが発表・発売になりました。

2112.jpg

これは・・きっと売れませんね

パサートTDIエレガンスライン:422万9000円
パサートヴァリアントTDIハイライン:509万9000円
値段が微妙に高めな上に、目新しさがない。ベースモデルをどこに合わせるかによりますが、30~40万円くらいは価格上昇しているそうなので、割高感があります。BMWはほぼ一律20万円高に抑えるように企業努力として取り組んでいるので、見習ってほしいところ。ワーゲンの腹の中では世界展開している不正を起こしたディーゼルエンジンであっても、もとを取るために高めでも日本にも入れといた、ってくらいの物なのかもしれません・・
そして、主観ではありますが、ワーゲンのディーゼルに乗っている・・と言ったら村八分目になりかねないほどまだ不信感は根強く残っているのではないかと。

目新しさがない部分・・スペックもそうですが、最高出力190ps、最大トルクは400Nmであり、高負荷・高トルク対応型とは言え、トランスミッションは6速デュアルクラッチ式:かなり耐久性で不評なDSGを組み合わせております。燃費は20.6km/Lでライバルに対してさほどのアドバンテージがあるようには感じられず、同じパサートのガソリンモデルの2.0TSI:15.6km/L、1.4TSIが20.4km/Lに比べれば良いけれども、ぱっとしない部分もあります・・
メルセデスやBMW、ボルボ、プジョーなどの輸入ディーゼルとスペック上・価格上の優位点はないような感じ、マツダにもコスパや性能で譲る部分がありそうです。

パサートヴァリアントは全長×全幅×全高=4775mm×1830mm×1510mmでサイズ的には3シリーズより大きく、居住性の面ではリードする部分がありますが、あくまで大きさに対してのコスパって部分のみ、割安に感じるパートでしょう。

ワーゲン的には最新のテクノロジーで日本の環境規制をパスした、と言いますが、導入しているテクノロジーはベンツやプジョーでは良く聞く装備や技術で、あくまでワーゲンの中では最新というだけで、コマーシャルの仕方の問題かな?ってところ。

2152.jpg

選択肢が増えたことは歓迎したいところですが、モデルチェンジのタイミングなどで持ってくればよかったのに・・と思います。待ちきれないのはメーカーの都合であって、ユーザーのニーズではないところが残念なところです。ニーズ喚起できるほどの戦略的な価格設定でないのも残念なところ。

値引きはディーラーによる部分も大きいでしょう。ワーゲンのイメージ低下による下取り、買取の下落分の補填などを含めた、そもそもの価格をもっと下げるべきではないか?と思います。
日本人の意識下にはイメージとして根強く残るものがあり、昨今はネット上で荒れるケースがあり、それがアングラなメディアからメジャーなニュースにまで波及するケースも多いです。日本市場はディーゼル不正関係なかったと開き直ってはいないと信じたいですが、実際の狙いはいかがなものかと。もっと明確なユーザー向けのメリットの提供をPRしないと不味いのではないでしょうか?

パサートディーゼルの新車購入を考えている方はしばらく様子見、というのがお勧めです。試乗や展示車のチェック、アイドリング音の確認などにとどめておきましょう。
悪い車ではないでしょうが、購入→売却までのトータルでは現状非常に割高で、他の輸入ブランドのほうが安定感がある値動きだと思います。

パサート試乗記 1.4でアウディ要らず?

ワーゲンの不人気車?実はすごいハイテク先進安全NEWパサートについて

3シリーズのディーゼルの性能は如何に?値引き情報も!
展示車を見たり、試乗して買い替えを考えるときは!こちらもチェック!
↓↓
新車購入や中古車に買い換え時の値引き分と下取り価格は、実はまとめられているから、実際の下取り額は不透明。
そういった時に買い取りに出すことも視野に入れると愛車の価値が解るので、査定サイトや出張査定は活用した方が良いでしょう。












90%くらいの確率で下取りよりも買い取りの方が高値が付きます。
ディーラー等、他メーカーの物は結局別に流すことになるため、中間マージンの2度手間3度手間がかかってしまいます。
買い取り店であれば、直販が多く、その後の再販価格に近い額で売ることが出来れば、納得も行くもの。
中国や東南アジア、ロシアなど海外に販路を持っていて、古くても過走行でも売れます。
売らなくても気まずくはならないし、1~2時間で数十万の差が出ることもあります。
ぜひ気軽に買い取り店を検討して見ましょう。

この記事へのコメント