ライディングの肩凝りに磁石やチタンの力を!(ドライビングも・・)

長時間同じ姿勢をキープするとコリが生じて血流が悪くなる・・ライディングでもドライビングでもなったりしますね。
デスクワークで一日中、しかもウィークデイはほぼ毎日同じ姿勢って方もいらっしゃるとは思いますが、週末ライダーであってもちょっとした前傾であったり1~2時間同じ姿勢であったりすると、血流の滞留が起こったりするもの。

お仕事の日の疲れをライディングの時に持ち越さないため、そしてライディングのさわやかな疲労感をお仕事の日に引きずらなためにも、肩首の疲れを緩和するアイテムをちょろっと紹介したいと思います。

定番で安い、というか価格競争にもまれて安い部類になったピップマグネループ。
すごい古い定番商品でおじいちゃんおばあちゃんの装着しているダサい首輪・・ってのもう昔の話。今は普遍的でシンプルなデザインの物が、1200円前後~で手に入るいい時代です。マグネットパワーが強めのでも2000円しないのが実勢価格。昔は3000~10000円位したのがあったような・・と思います。 医療機器認証(承認)を受けていたりするので、胡散臭い感じはしないし、効果はあると思います。



磁気が、筋肉内の血行をよくし、コリの悪循環を改善して肩と首の筋肉のコリをほぐす。マグネループは販売累計1,000万本を突破しているということで、国民の10人に一人は持っている計算・・!?

なんお変哲もない輪っか。よく言えばシンプルなチョーカー風。
20181125_091936.jpg

20181125_091941.jpg
マグネループの刻印が本物の証・・ねじやナット、ホッチキスの針などもくっ付きます。
20181125_091952.jpg

愛用して要るので結構年季が入っていますが、効果は衰えず。永久磁石万歳と言ったところ。
2004年の初期モデルは磁器が露出していたり、表面のカバーの質感が良くなかったりでカブレることも多かったそうですが、現行のナイロンチューブの被膜に覆われたものではそういうトラブルはほぼないそうです。(すべてのかたにアレルギーが出ないことを保証はできないそうでもありますが・・よくある注意文句ですね)



アプローチが違うところだたと、チタンの効果でリラクゼーション効果を、と言うのがファイテンでしょうか。
後発のアイテムゆえにトラブルが少ないですが、効果も評判は分かれるところのようです。

価格帯は2000円~となっていて、3000円前後でデザインやカラーバリエーションを選べる感じですね。磁気メインであったりアクアチタンの組合せであったり、モノによって値段と効能が違うので、注意。
磁気タイプの物はちょっとおしゃれなマグネループみたいな感じ。



アクアチタンを練りこんだ素材の物はリラクゼーション効果を主にした物で、癒し系アイテムです。効果・効能については人によるバラツキが大きくなりがちな曖昧なものですのでご注意を。チタンゆえに非常に軽く、装着感していることを忘れるくらいです。


デザインもちょっとおしゃれです。
20181114_205808_001.jpg

チョーカー部分も軽めですが、わっかの中のクサビとなって首周りでぐるぐる回りにくくなっています。装着感は非常に軽く、そういう肌触りや重さを少しでも感じたくないって方にはオススメです。
20181114_205856.jpg

接続部分も少し変わっていて、脱着しやすいと思います。
20181114_205920.jpg

そして最後はコラントッテシリーズ。
非常に高価格帯で、デザイン性も一番アクセサリー的な感じになっています。

お値段的には10000円~となっています。


20000円前後のネックレスにチャームが付いたものが売れ筋だそうで。


コラントッテはシルバーアクセサリデザイナーを交えての商品開発などもしており、医療用機器としての認証を受けつつもデザイン性の高さで人気があったりします。
アスリートとのタイアップではゴルファーが多かったしますね。
芸能人でも愛用する方が多いようですが、磁気ネックレスの中でちょっと変わったもの、オシャレな物、人とは違うものを探している人にウケがいいとか。カラバリやデザインも多岐にわたり、新しいデザインの新製品やマイナーチェンジ、限定品のリリースなども積極的に行っています。
反面、そういう見た目や打ち出し方にコストが掛かるのが、商品の価格に上乗せされている感じもあるので、機能を重視するか、デザインを重視するかで、アイテムをチョイスすると良いかと思います。

ちなみに、医療機器認証のISOを取得している製品も各メーカーからリリースされていますが、ISO取得の物であれば一定以上の効果は認められていると考えてOKです。そうなってくるとあとはデザインとかブランドで選ぶ、ってことですね。

結構が良くなったかどうか、というのは夏場は正直わかりにくいですし、装着して汗をかくとべと付いて不快なのがどの商品も大差ない。冬場にこそ効果を感じやすいので、ぜひ凝り対策にワンアイテム導入してみてくださいませ。

では、善き善きモーターライフを!!

この記事へのコメント