マンガや雑誌、ペーパーレス行っとく?

最近とある美容院で調髪していたところ、店内に雑誌が無いことに気づいたんです。

イケメンの店員さんに聞いたところ、雑誌はやめて全部電子書籍にしたんです、とのこと。
タブレット端末は業販で仕入れて5台ほど入れたそうで、1台はレジや予約管理にも使っているというので、It革命しているなぁって思いました。

アゴヒゲでパーマのイケメン美容師さん曰く、

雑誌の買い付け、テープ貼っての補強、2か月前後での入れ替えでのゴミ出し、そういう手間が省けてすごくいいそうで、お店の規模にもよるのでしょうが、1か月あたりの雑誌購入代金数千円から数万円が、月額定額の〇〇-マガジンなどのサービスで数千円台前半で収まるそう。5万前後するようなタブレットであっても、1年でペイする、とのことです。
雑誌の管理から解放され、タブレット端末という汎用性の高いもので元は取れたよ、とのこと。

個人で導入するならアマゾン系のサービスと端末だよな・・と思いつつ・・

現行(2018年末)であれば7インチタブレットが5980円~

8インチ推しなようですが、
8インチで8980円


電子書籍に特化したモデルであれば、7980円~


パーパーホワイトなる画面のギラつきを抑えて日中でも読みやすい、という進化版で13800円~


一個導入すればマンガなども新しいのが出る度に買いに行かんでもいい。


だいたい1冊当たりの単価は20~50円下がるので、26巻まで続く進撃の巨人や、95巻まで続く名探偵コナン、52巻まで続いているキングダムなどの長編マンガもまとめれば結構安く読めてハイテクガジェット感も楽しめて最高です。

もちろんスマホでも読めたりはするけども、液晶のサイズによってはちょっと読みにくくもあるので、7インチ前後のタブレットをお薦めしておきます。

保管の場所も取らず、動画や映画の視聴もリーズナブル。
タブレット生活でペーパーレス、悪くないチョイスかもしれませんよ。



この記事へのコメント