納期と物流とお薬計算の力強い味方★日数計算と余り計算デキる最安値電卓の決定版!!

たいがいのことはスマホで出来る。アプリで出来る。それはそれなりに簡易にお手軽に出来る。間違いないことです。
が、それを業務に頻繁に使うとなるとスマホでは支障が出る時も出てきます。

締め切り・納期、次回来局日の予測に役立つ!「日数計算」機能。
調剤薬局や物流倉庫などピッキング業務の効率化に。
割り算の答えと余りを一度に計算! 「余り計算」機能。
12桁/日数計算/時間計算/税計算/エコマーク認定★

業務用の電卓、基本は高機能で高価だったりするんで・・
おおむね6000円を超えるあたりから、高いものは10000円位する場合もあります。
業務用でサイズもデスクタイプなど一般的なサイズよりも大き目の物も選べたりします。



しかし、カシオで相場から外れて驚くほど安くて実用的なサイズの日数計算と余り計算が出来る電卓が!!

時期によりますが1200円~1500円の間くらいでしょうか(アマゾンのお値段は変動します)取り扱いがなくなることもあるので、今が掘り出し物として購入するチャンスかも!


機能的な物はシンプルなもんです。
20181216_162854.jpg

裏に簡単な使い方があります。説明書ももちろん同梱され細かく使い方が書いてありますが、直感で使えるようになるレベルの使い勝手です。
20181216_162905.jpg

サイズ感としてはスマホよりも横幅があり、タブレットよりかは一回りは小さいって感じです。
胸ポケットや内ポケには入らないサイズです。
20181216_163033.jpg
キーの打感も良く、計算しているって実感があります。スマホのタップに比べ、やはり正確な押し込み感があり、桁が多い計算になるとやはり電卓は重宝します。


一般的にこういう多機能な物が必要かどうかは人次第だったりしますが、日数計算は資格試験などで重宝することもあります。
比較的簡単な操作で、

1月8日から 2月28日までは何日あるのか? = 51日

と出したりできます。

余り計算機能というのも聞きなれないかもしれませんが、調剤の現場では

10錠のお薬を一日3回飲むと・・なんて割ると 3日と1錠余り、と簡単に出ます。
暗算できる・・と思うかもしれませんが、1シートに何錠、それが何シート、合計何錠、それを一日3回飲む、何日分で何錠余って、残り何錠分をカットすればいいのか、と言うのを割と簡単に計算できるようになります。

物流の現場では1パレット当たり何個の荷物(ユニット)を乗せて、余りがいくつ、とか出すことが出来て便利で実用的だと重宝しています。

締め切りや納期に追われている人にもあと何日、とすぐ出せるので、リスケジュールしたりする時にも役に立ちますね。

クルマやバイクだと車検まであと何日、とか、オイル交換まであと何日とか細かな日数残を計算出来たりします。
メンテナンス管理にも活用できそうですね。

1000円台で買える最高の機能を備えた電卓、一家に1つ2つはあるとは思いますが、1つアップデートはいかがでしょう?

この記事へのコメント