しゃべる車とAIスピーカーとAクラス(2019)そのスマートさの完成度を探る!試乗インプレ①

2019年最新であり最先端のメルセデスと言えるAクラス。
Aクラスではありますが、メルセデス・ベンツブランドとして先進の装備を、Sクラスなどの上位車種より先行して搭載していて話題になってます。先進のAIスピーカー的な物をAクラスが初搭載の理由としては若者向けゆえに最初に搭載する車種になったとか。そして他社に遅れることなくリリースするためにはAクラスで出さねばならなかったとか、事情もあるようですね。BMW3シリーズのボイスコントロールに話題性でも負けてはならないなどもあるようです。

image.MQ6.12.20181129101939.jpeg

そんなAクラス、展示車をいじくり回して試乗してきたのでブログにまとめたいと思います。まずは語るところの多いインテリアやインフォティテントあたりからご紹介いたします。

まず、音声操作にて新しいユーザーエクスペリエンスを提供、という意味では一つ成功したと言えます。ナビなどで音声入力出来るものも過去にあったりしましたが、まぁーなんせ精度が悪い物が多かったですよね…
Aクラスから採用を開始する音声操作、ハイ!メルセデスと声掛けで音声操作の受付が開始するのはアレクサやシリ、Googleアシスタントなどの音声操作に通じるフォーマットです。



ちなみに私はアレクサでリビングの家電をほぼ音声でコントロールしているので抵抗はまったくないタイプの人間です。

空調などの車両制御も音声で比較的精度高くできるし、目的地の設定や、天候の情報もまずまず間違いなく案内されます。今までの(過去の)音声認識って一体なんだったんだ?と思うくらい、反応が良く使い勝手も悪くないです。自然な会話での応答を目指しているとのことで、命令口調で[温度を下げて]と言わずとも、[暑い]と言えばエアコンの温度を下げてくれます。[すごい暑い]と言っても二度下げると言うことまでは性能は及びませんが、十分便利です。こういった車と対話という事になると、ナイトライダーというアメリカドラマのKITT(キット)なるものをイメージする方もいるかもしれませんが(世代が古いか・・)、そこまでフランクに会話する感じでもありません。ドラマの中のSF的な未来の車が現実で身近な物になったのは間違いありませんよ。
各種空調などの操作は普通に物理ボタンでもできるので、今までの車のように普通に接することもできます。メルセデスにはお馴染みのコマンドシステムと呼びれるセンターコンソールのパッドやダイヤル、スイッチでもナビなどの操作も出来ます。今までのメルセデスユーザーで音声入力に抵抗のある方も普通に使えるのでそこは安心できます。

image.MQ6.12.20181129102204.jpeg

インパネと言うか、メーターもナビもすべて液晶で大きなパネルで繋がり、見た目の先進性も中々に見映えがいいです。ハンドルのスイッチでも液晶内のスイッチ操作が可能です。ハンドルの右側はメーター関連の操作系、左側はナビ側の操作系となっています。液晶はタッチパネルでも操作できます。一つの操作に対して、音声やタッチやコマンドシステムやハンドルスイッチでも操作できるなど、アプローチが増えたと認識するのが正しいのかもしれません。

image.MQ6.12.20181009230004.jpeg

とまぁ、営業マンが色んなシチュエーションを想定して色んな音声操作を試してくれたりはしますが、果たしてそこまで使うのか疑問な感じもします。家を出て車に乗った時点で天気予報を知っても遅い気もするし、そんなに毎日ナビを設定して走るわけでもないでしょう。寂しくて話し相手にするというのもありますが、そこまで話上手で聞き上手なわけでもないと思います。使用頻度が高いとAIの学習機能でより使い勝手が良くなるようですが、逆に言うと使わないと初期性能のままなのか、それとも通信によってそれなりに基本性能が上がるのか、微妙です。メンテナンスで預けた時にアップデートされるのはあるようです。過渡期のアイテムとして普及推進をする機能の一つの段階だと思います。自動運転への一つの布石のようなもので、クルーズコントロールやレーンチェンジ、車庫入れを音声で出来るようになるまでの繋ぎでしょう。

image.MQ6.12.20181009230125.jpeg

スマホっぽい操作感や、AIとのやり取りっぽい感じなど、新し物好きの人には魅力的に写るかもしれません。ですが、現時点では最良であるかは微妙です。スマホで出来ること活用できることの一部をナビに表示している感じで、完成している機能と評価するにはまだまだ物足りないと思います。近隣のガソリンスタンドの最安値を調べるのも、近隣の駐車場の最安値&満車/空車情報の取得、レストランのレビュー評価や混雑具合など、ドライブに付随する部分の機能に特化した物を磨きあげないと、スマホの代わりに使う意義を見出だしにくいままかもしれません。スマホにBluetoothで車と接続して操作するとかの方が現状だとスマートに見えるかも。スマホでのリモートパーキングや、シートアレンジが出来るなど、色んな面での進化の中の一つの道として対話型の操作という物が生まれたというのが大きなポイントです。

なんやかんやで難癖をつけまくってはいますが、2019年現在の車の中で、スマートスピーカー風の対話型AIによる車両制御において、メルセデスベンツがエントリークラスのAクラスでもってリリースした、というのが一つのエポックメイキングです。今後こういったインターフェイスはソフトウェアの更新で常に最新に保ることが出来るようになるなど、車の進化の在り方が大きく変わる可能性を秘めているとも感じます。Aクラスを選ぶ、という選択肢は一番安いベンツを選ぶという事ではなく、最先端のハードウェアを手にする、という風に置き換えることが出来るかもしれません。グレードによってはMBUX搭載車を選ぶことが出来ず、コンパクトクラスでありながら実質400万円前後のクルマとなると決して安いとも言い切れませんが、積極的に選ぶ価値があるのではないか?と思います。

セグメントのベンチマークであるゴルフ、走りに定評のあるBMW1シリーズ、おしゃれ感とゴーカートフィーリングのスポーティさを備えたMINI、そして最先端を行くメルセデスAクラスと、コンパクトカーでもカーライフを楽しめる選択肢が増えるのは良いですね!

最新・最先端のモデルで時代の半歩先を行くモーターライフを満喫するのも良いかもしれません。

現状では同じような装備を備える車は同カテゴリにはなく、唯一無二の存在。Aクラスをチェックしてみましょう。
Aクラスはデザインに見合った躍動感が備わっているか?試乗インプレ② 走りなどについてアップしました!

過去のインプレッションも参考に

旧型Aクラスインプレ・200万円台から、は釣りでは?メルセデスベンツAクラス

3代目 MINI/ミニ3ドア(F56)クーパー試乗記 前編

今敢えての1シリーズ 完成度の高いFRモデルの出来は?

MCはあまり関係ない?ゴルフの買い時グレード選び!


展示車を見たり、試乗して買い替えを考えるときは!こちらもチェック!
↓↓
新車購入や中古車に買い換え時の値引き分と下取り価格は、実はまとめられているから、実際の下取り額は不透明。
そういった時に買い取りに出すことも視野に入れると愛車の価値が解るので、査定サイトや出張査定は活用した方が良いでしょう。










90%くらいの確率で下取りよりも買い取りの方が高値が付きます。
ディーラー等、他メーカーの物は結局別に流すことになるため、中間マージンの2度手間3度手間がかかってしまいます。
買い取り店であれば、直販が多く、その後の再販価格に近い額で売ることが出来れば、納得も行くもの。
中国や東南アジア、ロシアなど海外に販路を持っていて、古くても過走行でも売れます。
売らなくても気まずくはならないし、1~2時間で数十万の差が出ることもあります。
ぜひ気軽に買い取り店を検討して見ましょう。

この記事へのコメント