【緊急】携帯トイレとPボトルの準備を

平成と令和をまたぐ史上最長のゴールデンウィークに緊急提言!
渋滞でのトイレの処理、携行品として携帯トイレとPeaボトルについて、記事にまとめていきたいと思います。

Pボトル・Peaボトルとは、縦走での登山や過酷な環境でのアウトドアなどでどうしても尿の処理をせねばならないときにPea=尿 をためておくボトルのことです。使い道としては例えば北極圏などの屋外の環境が激しく寒いことや、尿を撒き散らして立ちしょんをしてはいけないような環境保全が義務付けられた海外の自然などでのテント内で用を足すなどの時に活用されるアイテムです。

31kVtmpZ3YL.jpg

本来は飲料水を入れる広口のボトルとして丈夫さとデザイン性の良さで人気のナルゲンボトルですが、Pボトルとしても重宝します。
変質しにくい素材で、間口が広く、キャップも少ない回転でロックされ、機能性が十分。車の中で使うのにも小回りが効きます。



ボトルでは用が足りないものとして、大便の処理、というのもあり、それはやはり専用の物を使うのをすすめます。



使い勝手はソコソコですが、車内で使うには匂いが気になる物。
凝固消臭の物が良いです。
渋滞時に車外で用を足す時に車の助手席ドアとリアドアを開けた状態でその間ですることもあるかもしれませんが、ちょっとポンチョ的な物もあると恥ずかしさも和らぐかもしれません。



あとは大人用オムツを一つ二つ用意しておくと言うのも結構大事です。
ちなみに大人用の尿漏れパッドでは用が足りない。あれは容量50㏄程度のキャパのようなので、一回の尿量200㏄前後というのは持ち堪えられない。



そんな渋滞時に困るほどトイレを我慢しないで小まめに休憩を取ってお手洗いを済ませておけば・・という正論もありますが、想像を超える信じられない大渋滞というのも起こるものです。
単純な交通の集中による渋滞と、サグ部などでの人為的な物による渋滞、事故渋滞などや工事による車線規制などは想定を超える物もある。
いくらトイレをこまめに行くなど備えていても突発的な体調不良もあり得ます。
クルマの中で吐いたり漏らしたりなど、最悪に備えて一つくらい用意しておいても良いものです。
アマゾンなら翌日には届きます。
帰省先でも出先でも近場のコンビニなどでの受け取りも可能だったりします。

サクっと一つ、ポチっと行っときましょう。

善きドライブとカーライフを!!




この記事へのコメント