デリカD5新型の走りの質感は?試乗インプレ②

顔面の破壊力ばかりが取り沙汰されている新型デリカD5、その走りの性能などを試乗インプレ②としてまとめていきたいと思います。


こわもて顔のデリカD5新型 アルヴェル意識するとこうなるの!?試乗インプレ①

からの続きです。

見た目ではかなり押出の強いルックスでアルファードとヴェルファイアを意識していますが、中身やコンセプトは全く違います。
まず、パワーユニットの主力がディーゼルであり、そして4WDとの組み合わせで走破性はSUV並み、というのが基本的なポイント。
燃費性能も意外に悪くなく、高速を走れば15㎞/ℓ位は走ります。
JC08モード燃費で13.6㎞/ℓ、WLTCモード平均で12.6㎞/ℓとなっていて、ハイブリッドを除く国産ミニバンよりかは低燃費です。

略称では2.2リッターのディーゼルターボのエンジンは145馬力を発揮し、トルクは38.7kgf・mを2000回転から発揮。低回転から豊なトルク感で、ボディの重さを感じさせず速度を上げていくことが出来ます。
2.267㏄で排気量の税金の区分は2リッター以上2.5リッター未満になります。
エコカー減税で取得税の減免や2年目の自動車税の減免、1回目の車検時の減税などもあり、サイクルコスト含めて割とお得感があります。

足回りはSUV的な感じです。
225/55R18タイヤ(マッド&スノー)&アルミホイール(切削光輝仕上げ)オールシーズンタイヤという事でスタッドレス要らずであり、そして往年の三菱パジェロの系譜である4WDの性能の高さと相まって走破性は折り紙付きです。

20190322_153904.jpg

最廉価グレード以外はこのアルミとタイヤの組合せ。
最安グレードのみ215/70R16であり、見た目的にはボヨんとした感じのタイヤになりますが、それはそれでデリカ的には意外とマイナスイメージにはならないと思います。オフ車っぽさがタイヤサイズの設定にも表れており、SUVとしての資質を備えていることを感じさせます。

20190322_152839.jpg

バンパーは張り出していてオフ走行に向かなそうに見えても、地上高は確保されていて、さらに坂道やデコボコを顎を擦らずに走れるようにアプローチアングルとデパーチャーアングルは確保されていたりします。

20190322_152947.jpg

乗り心地や静粛性もマイナーチェンジでアップデートされているらしく、車内で聞くエンジンノイズは小さめ。ロードノイズや風切り音なども比較的抑えられていて、タイアも大きい割にショックを上手くいなしSUV的な足下の重さを感じさせず、乗り心地も良いと思います。いい意味で車体の重厚感、ガッシリ感があり全体としてイイモノ感があり完成度高めです。

しいて難点を上げるとしたら、窓を開けて走るとディーゼルのガラガラ音やシュイーーン~プシャー、みたいな吸気音が意外と賑やかかなってところでしょうか。吸気音は個人的には好みでちょっと強めに早く踏み込みたくなったりしますが、思いの外速度のノリが良いので加速し過ぎに注意ですね。

8速あるオートマ的には踏み込まなければいつ変速したかわからないくらいスムーズにショックなく変速します。
タコメーターで回転が下がったのを見て変速したんだな、ってことがわかるくらいスムーズ。こういうマナーのいいATを見ると、プジョーやシトロエンも見習ったら良いのに、と思います。

効率よくスムーズで乗り心地が良くエンジンは踏み込めばソコソコエキサイティング・・完成度高くて高級車化していると思います。見た目アグレッシブなミニバンで四駆の走破性もあり、欲張りだけど良くできていると思わせる完成度です。
装備と値段などのバランスを考えると、ナビ付乗り出し450万円前後~となると納得のプライスでありますが、アルファード買えちゃうとか、輸入ミニバン買えちゃうとか、選択肢が広がることを考えると、購入リストの筆頭に来るか悩ましいところ。

ディーゼル4WDの7人・8人乗りとなるとたぶんこの車しかない!!となるかもしれません。
ウィンタースポーツを思いっきり楽しむ人には根強い人気があるのも納得です。
試乗してみて気に入るかどうか、唯一無二の価値を見出せるかどうか?によるかもしれません。
ぜひミツビシという事で食わず嫌いせず、見てみましょう。



試乗インプレ③へと続きます。
展示車を見たり、試乗して買い替えを検討するときは!こちらもチェック!
↓↓
新車購入や中古車に買い換え時の値引き分と下取り価格は、実はまとめられているから、実際の下取り額は不透明。
そういった時に買い取りに出すことも視野に入れると愛車の価値が解るので、査定サイトや出張査定は活用した方が良いでしょう。








90%くらいの確率で下取りよりも買い取りの方が高値が付きます。
ディーラー等、他メーカーの物は結局別に流すことになるため、中間マージンの2度手間3度手間がかかってしまいます。
買い取り店であれば、直販が多く、その後の再販価格に近い額で売ることが出来れば、納得も行くもの。
中国や東南アジア、ロシアなど海外に販路を持っていて、古くても過走行でも売れます。
売らなくても気まずくはならないし、1~2時間で数十万の差が出ることもあります。
ぜひ気軽に買い取り店を利用して見ましょう。

この記事へのコメント