新型デリカD:5まとめ 試乗インプレ④

モデルチェンジ級の顔面チェンジでPR力を増したデリカD:5新型モデル。
試乗インプレ続編で、いろいろと値引き情報などもまとめていきたいと思います。

こわもて顔のデリカD5新型 アルヴェル意識するとこうなるの!?試乗インプレ①

デリカD5新型の走りの質感は?試乗インプレ②

新型デリカD5のインテリアは質感UPでタフ&ジェントルに・試乗インプレ③

exterior_01.jpg

さて、ごつさ、走りの良さとタフネス感など、デリカ単品で見れば正直完成度は高いのです。ですが、500万円位の車選びと思うと輸入車を含めていろんな車種を選べるので、予算面を踏まえてまた違った視点も必要になってくるでしょう。

最大のベンチマークとされる大型ミニバン、アルファード。比較検討するのは顔違いの兄弟車・ヴェルファイアが多いとか。

いつかはクラウン、ではなくアルファード?試乗記 アルファード2.5L S〝Aパッケージ7人乗り仕様 
ちょっと古い記事ですが、アルファードについて試乗インプレです。

TO_S009_F003_M001_1_L-thumbnail2.jpg

正直さほどオフを走らない、とかであれば、アルファードは500万円前後筆頭と言える完成度の高さです。ヴェルファイアとかだとDQNな人の選ぶ車やVIPカー的なイメージもあり、ちょっとワルそうな車のイメージもあります。ですが、アルヴェル両方とも正直乗り心地は良いし、座り心地も良いし、思いの外走りは悪くないし、とトータルでの性能が高い。アクセルの踏み込みに対してもCVTのラバーバンドフィールはあれども意外と意のままに加減速出来たりするなど、けっこう走りの質感も悪くないんです。モデルチェンジを2020年に控えており、値引きも効くようになっているし、買い時の熟成の域にあると言っても良いでしょう、

carlineup_alphard_interior_seat_17_pc-thumbnail2.png

インテリアもバリエーション豊富で選択肢も多いのがアルファードの美点と言えるでしょう。ハイブリッドや中排気量、大排気量のエンジンを選べるのもトヨタ的に至れり尽くせり感があります。

ただ、見た目のイメージや車種名で好みが分かれる部分もありますし、車好きであれば余り選ばないチョイスの車種でもあります。


ディーゼルエンジン搭載の4WDモデル、となるとランドクルーザープラドとかも思い浮かびますが、重量級で排気量もワンランク上、見た目SUV過ぎるモデルとして除外し、次点での比較に挙がってきそうなのが、BMW2シリーズグランツアラーディーゼルモデルの4WDモデル。さらに対抗モデルとしてはフォルクスワーゲンのゴルフトゥーランのディーゼルモデル(FFですが・・)などがあります。

グランツアラー4WD・7人乗りミニバンディーゼル:BMW≒ディーゼルイメージの構築のため! の記事参照いただければと思います。

主力のグレードは乗り出し500万円前後となりますが、ナビは標準だし、スポーティなアルミやレザーも割と安価な組み合わせでチョイスできるのでお勧めです。燃費も20㎞/ℓのカタログ燃費となっており、街乗りでは7掛けくらいのイメージの実燃費のようです。

ただ難点はスライドドアでないというのと、サイズや居住性ではデリカにもアルファードにも劣り、さらには国産の5ナンバーのフルサイズミニバンにも広さ感で劣ります。日本ではメインストリームではなく消えた、ウィッシュのパワフルな輸入車版くらいの感じです。ただ、メインストリームではありませんが、7人乗りのディーゼル四駆はニッチな部分では最強だと言えます。スキーやスノーボードなどの高速で長距離走るようなウィンタースポーツを楽しむ方には良いチョイスで、ルーフボックスやキャリアなどで武装すればウィンターエキスプレスとなります。車中泊というニーズも満たせないのも難点かもしれませんが・・

デリカも歴々シャモニーというグレードで雪遊び仕様のイメージリーダーを担ってきているので、長距離ドライブを伴うウィンタースポーツとの相性も良いです。燃費の良いディーゼルエンジン、ゆとりの室内、上質・・とまでは言えなくても安っぽくはないインテリアでの車中泊や車内待機の快適さなど、性能高いと思います。もちろんランエボやパジェロで培ってきた4WDの性能の高さが安定感と安心感のベースになっており、アウトドアユースでこそ性能を発揮するのは言うまでもありません。


新型デリカの比較対象となるモデルも王道の物であったり、ややニッチな所であったりしますが、正直デリカもニッチなモデルです。
かなり好みやこだわりが強い人向けのチョイスであり、車が好きで、車の性能や機能などを語りたい人が乗るべきクルマとも言えます。
ナビを豪華に10インチの物を入れ込むというのも今的なアップデートではありますが、そこが決め手ともなるモノでもないでしょう。
外観に関してもかなり好みが分かれますが、LEDの機能美である部分もあり、自分の物となるとチャームポイントにすら思えてくるのではないでしょうか。エクステリマもスリーサイズにはほぼ変更がなくても、立派に見えるデザインに進化いしていると言えますし、悪くない押出感とも言えます。

車両本体価格に関しては、5ナンバーのフルサイズミニバンの最上位グレードよりも高く、アルファードよりかは安く、微妙なラインと言えますが、2019年夏時点ではそこそこ値引きが出来るようになっているようです。
比較検討車種などを上げることで、値引き交渉が進むことも多いようなので、気持ちの中では一点買いであってもライバルの名前を出すと良いかもしれません。
だいたい25万円くらいは引けるようで、装備品/グレード、オプションなどなどのサービスを加味すると50万円前後引いた事例もあるようです。せっかくの完成度の車、欲しくてたまらないのを価格で折れてしまわないように、ぜひ交渉を頑張りましょう。

カスタムで自分色に育て上げていくのも楽しめる車種だと思います。歴々リフトアップやオフロードテイストのカスタムなど、いろんなショップやDIYマスターが挑戦しています。目の保養にもなりますし、自分なりのこだわりを具現化するのも楽しいものです。車中泊仕様でプチキャンピングカー風に仕立てるのも楽しそうです。




展示車を見たり、試乗して買い替えを考えるときは!こちらもチェック!
↓↓
新車購入や中古車に買い換え時の値引き分と下取り価格はブラックボックス、実際の下取り額は不透明かも??。
そういった時に買い取りに出すことも視野に入れると愛車の価値が解るので、査定サイトや出張査定は活用した方が良いでしょう。交渉の足しにもなりますね。








90%くらいの確率でDの下取りよりも買い取りの方が高値が付きます。
ディーラー等、他メーカーの物は結局別に流すことになるため、中間マージンの2度手間3度手間がかかってしまいます。
買い取り店であれば、直販が多く、その後の再販価格に近い額で売ることが出来れば、納得も行くもの。
中国や東南アジア、ロシアなど海外に販路を持っていて、古くても過走行でも売れます。
売らなくても気まずくはならないし、1~2時間で数十万の差が出ることもあります。
ぜひ気軽に買い取り店を検討して見ましょう。

この記事へのコメント