新型カローラツーリング試乗!スタイリッシュな3ナンバーやや狭めインプレ①

カローラと言うトヨタの大衆車に抱くイメージをいい意味で裏切り、スタイリッシュで安定感のある車へと進化したカローラシリーズ。カローラツーリングのハイブリッドW×Bと1.8リッターNA・Sグレードに試乗したのでインプレに記していきたいと思います。

さて、このカローラツーリングの外観やスペック等々で、往年の失敗車、カルディナを思い出す人もいるのではないか?と思いますが、ご存知の方はどれくらいいるでしょうか・・?

20190926_114329.jpg

ちなみにカルディナはワゴン専用車、妥当レガシィツーリングワゴンを掲げ、後出しであの手この手でモデルチェンジを行いましたが3代にわたる進化は世間に認められず、レガシィツーリングワゴンの牙城を崩せず廃番になりました。時代が追い付いたのか、テクノロジーの進化とのマッチングか、カローラツーリングワゴンは中身は全然違いますが、カルディナと全長・全幅・全高とも酷似しており、車の寸法の行きつくところは似たようなものなのかと考えさせられます。

20190926_114342.jpg

カローラツーリングのサイズは全長×全幅×全高 4,495mm×1,745mm×1,460mmとなっています。
幅が1745㎜のため、3ナンバーサイズという事になります。

ここは賛否両論分かれるところです。欧州仕様とハッチバックであるカローラスポーツに比べれば45㎜スリムにし、1745㎜。世界基準と日本基準の5ナンバー(1700㎜未満)の間を取った感じです。ドアやミラー形状、バンパー、ホイールベースなども調整し、全長を4500㎜以下にするなど日本向けの微調整は行われていて、このサイズ感、個人的にはアリ、だと思います。

20190930_220022.jpg

走らせた時の車体の揺すられ感の抑え具合、ボディ剛性の高さ、コーナーでの踏ん張りなど、この3ナンバーボディだからこそのバランスを成立させているように感じるのでポジティブに捉えても良いのではないかと感じます。むしろスポーティな方向にパラメーターを振ったカローラスポーツ(ハッチバック)よりも適度なスポーツ感で好感が持てるようにも思うのはわたくしだけではないはず。特にW×Bグレードは遮音性にも力を入れいているらしく、W×Bとハイブリッドと組み合わせればカローラセダンが最も静かなようで、僅差の次点でツーリングが静かなそうです。1.8リッターNAのエンジン搭載モデルのSグレードの車両も試乗しましたが、意外に滑らかに回り騒がしいユニットでもないようにも感じました。カローラスポーツのロードノイズのひどさと言うのはメーカーも認識しているようで、カローラスポーツよりも台数が見込めて既存のユーザーからも不満が出ないよう力を入れて改善しているとのことです。

20190930_220046.jpg

1.8リッターは最高出力が140馬力・最大トルクは17.3kg-mCVTとの組合せのみ。コスパが高いグレードはこれです。

今回試乗していない1.2リッターターボは116馬力・18.9kg-m6速MTを組み合わせたマニアックなグレード。W×Bグレードしか用意していないちょっと割高なグレードで、車好きor物好きな人向けとのこと。ニッチな最上級グレードという位置付けのようです。ちなみに一番納期がかかるそうです。

旧来の主力であった1.5リッターは用意されず。車重が旧型のカローラよりも200㎏くらい重くなったのを動かすには動力的に物足りないようで、肥大化したツケがエンジンの選択肢に出てしまったもよう。排気量による税金の区分で1.5リッターが欲しい、と言うのはすでにディーラーにも声が届いているようで、動力性能的にギリギリでも今後最廉価グレードととして1.5リッターNAが追加されるかトヨタの対応が楽しみでもあります。

ハイブリッドはプリウスでおなじみの1.8リッターとモーターとの組み合わせ。よくこのエンジンの車に乗る機会もありますが、新しいモデルで乗るたびに完成度の高さに感心します。世代を経るごとにスムーズに走るように進化しているように感じますね。静かさと滑らかさがアドバンテージであり、燃費も良いイメージで、ザ・トヨタって感じでグッドです。ただ、値段の高さがネックです。

燃費的には1.8リッターエンジンが14.6km/L、1.2リッターターボは15.8km/L、ハイブリッドは29km/Lで、理論上はハイブリッドはガソリンの倍走る換算となっています。1.8リッターの街乗りでの燃費は10㎞/L前後、決して悪くはなく、高速道路の走行ではカタログ燃費通りくらいには走ります。多分、カローラのベストバイはこのエンジンでW×BグレードかSグレードとなるでしょう。

20190926_121559.jpg

W×Bグレードはアルミホイールが大きく17インチ、214/45R17という量販店でも取り揃えが多いサイズで、往年のレガシィやカルディナと一緒(笑)スポーティにも走れるし、コーナーでの踏ん張りも良いというバランスのとりやすいサイズなのかもしれません。懸念されていたロードノイズも大きくなくきれいに封じ込めている印象でした。そこそこスポーティに走ることも出来るし、わだちにも取られにくく、ノイズも穏やか、良い車感が出てます。W×Bは装備品も総じてイイモノ感あふれる加飾などで、所有した時の満足度、悦に浸れる感じはあります。

16インチと非ハイブリッドの組合せも乗りましたが、こちらも乗り心地とコーナーでの踏ん張りのバランスが良い。CVTとエンジンの相性も良いのか、違和感も抑えられているように感じます。ロードノイズも同じくらいかややSグレードの方が音が響く?かのような印象を受けました。W×Bグレードの方が遮音性が高められているのか?と思ったら、カタログガン見してW×Bのみフロントに高遮音性ガラスが使われていた、というのに気づくオチでした。想像するに、W×Bグレードに16インチのハイブリッドなんてのが有ればそれが乗り心地×静けさのベストグレードになるのかなぁと思いました。シンプルでイヤミがない組合せとしてはSグレードも良い。

20190926_121609.jpg

乗ってみて走らせて良い車感を感じるグレードとエンジンで、完成度の高さを実感しました。残念な部分は値段でしょうか。旧型と比して約30万円は上がっています。人によってはどうしても大きくなった横幅のサイズが許容できない、ということもあるかもしれません。
しかし、自動ブレーキにアダプティブクルーズコントロールもレーントレーシングアシストも標準、オプションではブラインドスポットモニターやリアクロストラフィックオートブレーキ、ヘッドアップディスプレイなど先進安全装備も装着可能で、次世代のベーシックカーたり得る素晴らしい完成度と言っても良いと思います。走りもレガシィやレヴォーグくらいの感じのイメージで質感高いと言ってもいいでしょう。絶対的なコーナリングスピードや質感でスバルのワゴンに劣る部分も少しあるかもしれませんが、何となく似せていて、でも偽物という訳でもないレベルの高さがあります。欧州車との比較でもゴルフやメガーヌなどにも後れを取らない、と思います。

まずは試乗してみましょう。カローラのイメージをいい意味で裏切る、素敵な車です。ただ、お値段も300万円くらいの車を想定しましょう・・

大きくなったようで○○になった?カローラツーリングインプレ②



その他の試乗インプレも良ければ参考に。

カローラスポーツはGRまで(もしくはマイチェンまで)我慢すべきモデル?試乗インプレ短評

レガシーを超えた?レヴォーグ 試乗インプレ①

インプレッサスポーツ試乗①・レガシィを超えるのか?
展示車を見たり、試乗して買い替えを考えるときは!こちらもチェック!
↓↓
新車購入や中古車に買い換え時の値引き分と下取り価格は、実はまとめられているから、実際の下取り額は不透明。
そういった時に買い取りに出すことも視野に入れると愛車の価値が解るので、査定サイトや出張査定は活用した方が良いでしょう。








90%くらいの確率で下取りよりも買い取りの方が高値が付きます。
ディーラー等、他メーカーの物は結局別に流すことになるため、中間マージンの2度手間3度手間がかかってしまいます。
買い取り店であれば、直販が多く、その後の再販価格に近い額で売ることが出来れば、納得も行くもの。
中国や東南アジア、ロシアなど海外に販路を持っていて、古くても過走行でも売れます。
売らなくても気まずくはならないし、1~2時間で数十万の差が出ることもあります。
ぜひ気軽に買い取り店を検討して見ましょう。

この記事へのコメント