クルマ買取業者に高く買ってもらう方法~一発競りver

私のブログでは下取りよりも、車買取業者による高価買取を強く推奨しています。

自動車ディーラーで下取りをする場合、新車本体価格・オプション価格からの値引きと、下取り車の価格のUPとをうやむやにして説明するケースが多いです。

事実、ディーラーで下取り査定をしてもらい、
新車300万円の購入予定の車で
値引きで30万、下取り車を50万で一度査定したものから⤴70万にアップします。と、
合計で40万円お得~ と見積もりをもらって帰って思っていても・・

翌日、某高価買取専門店に持ち込んだら90万円の値が付いたので、

値引き30万円だけで良いです~下取り予定の車は他で売れました~と、ディーラーに言ったところ(買う人からすると30万の値引きと70万で売れる車が90万になってラッキーな気持ち)

その後、驚きの結末が!!












値引きが10万円になりましたとさ(´・ω・`)


これ、よくある話ですよ。


納車の手付金を入れてから下取りをキャンセルして買取に出したりすると、メッッッチャ揉めますので、特に注意しましょう。




結局そこのディーラーでも本気で下取りをしようと思えば90万位で引き取れるのでしょうが、低めに査定してから吊り上げ、かつ新車の価格から値引きするように見せるというのは常套手段です。


そもそもディーラーでの下取りの査定が50万、相場よりかかなり低く出してくることもこのケースのように多いです。

そして、ディーラー系で下取りに出すと、なぜか下取り費用を取られます。
買取業者なら無料で喜んで引き取りに来てくれると言うのに、乗っていったディーラーでは費用を請求されます・・・(´;ω;`)
メリットとしては乗っていった車と新しい車を並べて写真撮ったりできる、ってことくらいでしょうか??(ディーラーによりますが)

乗っているクルマのメーカー違うと特に低い査定額の傾向が強いですし、同じブランドの車でも6年以上落ちや過走行の場合は自社で優良中古車・保証付きで販売できないから高値は付けられない、というケースもあります。


と、まぁ ディーラでの査定はあまりお勧めしません。
ディーラーではこのくらいの価格が付いた、くらいの参考数値を手に入れるくらいに思っておいた方が良いと思います。


特に乗っているクルマのメーカーが変わる時には買取業者を使った方が高値が付きますので、活用方法を一つ紹介したいと思います。


当ブログでも出張無料一括査定であったり、簡単ネット査定、高額買取をうたう業者さんのバナー広告があったりします。



そういった一括見積のサイトに関しては、車種や電話番号を登録したり、メールを登録したりすると、ジャンジャンやメールが来たりしますが・・

まずはスケジュールを何日の何時から一時間だけ、と自分の中でビシっと一つに決め、例:今度の土曜の11時、とか


来る業者さんすべてをバッティングさせましょう。いっぺんに呼んじゃいましょう!


これだけで1業者当たり1時間かかる査定が1回で済み、時間の無駄をバッサリ省けます。



中には他の業者さんがいる時はできない、という買取業者さんもいるようですが、そういうところは冷静に断りましょう。
そういうところは高値は付く可能性が低いと切りましょう。そういうところのために別の時間を取るだけムダです。



あとは指定の日時と場所で、一斉に査定を始めてもらいましょう。
自分の車のオプションやPRポイント、こすったりぶつけたした個所の説明も1回で済むので非常にスムーズに自分の負担なく進められます。


そして、今回のオススメは一発競り を始めるのですが・・


名刺の裏に最高値を書いた業者に売る


これで一瞬でカタが付きます。


早ければ査定で15分、競りの前の調整で各業者さんが上司や本社に上限額の確認で15分、


30分で最高値が出ます。


実際の名刺の画像がこちら

↓ ↓


20191203_133916.jpg


一番高かった業者さんだけ残ってもらい、

あとは売買の手続き書類をやり取りしておしまいです。ローンの残りとかあってもわりとサクッと終わります。
書類のやり取りは、このブログから飛ぶであろうサイトや業者さんであれば、信用しても大丈夫だと思います。


この方法がベストであるかは業者さんの立場や意見、ディーラーとの付き合い方、売る車の価値の見極めなど、色々踏まえなくてはいけないので、なんとも言えません。


ただ、買取業者さんを利用したけど、しつこい電話であったり、あそこがいくらだったとの電話を他の業者にかけたり、査定で一日拘束されたりと、嫌な思いをした、と言う方がいたので、活用方法の一つを紹介しました。


元が70万円くらいの査定が、100万円を超える買取額に上がった、という例の一つです。すべての車種に当てはまるわけではなく、車種・年式・走行距離・色・グレードなどで相場はバラツキがあるながらも存在し、その中で可能な限り最善の値段で引き取ってもらう、そんな選択肢の一つとして、参考になればと思います。



少しでの役に立って、より良いモーターライフを送っていただければ幸いです。

クレーム、ご意見やコメント、御座いましたらお気軽にどうぞ。







この記事へのコメント