プチプラドを目指したRAV4(2019)はアドベンチャー出来るか?

まさかのオフロードイメージを前面に出しての復活を遂げた、新型RAV4。納車まで半年前後と、大人気です。ホンダのCR-Vはラグジュアリー気味であるのに対し、トヨタとしてはハリアーやCH-Rなどのシティ派SUVとバッティングしないオフロード推しとのことで日本導入が決まり、そしてアウトドアのアクティビティーを楽しむ人向けのマーケティングを展開し成功したようです。イメージ戦略を重視し、泥や砂の中を走り回るネット広告とTVCM、動画配信などでうまくマッチさせることが出来たとのこと。

design_customize_4.jpg

ちなみに、自動車関係の試乗インプレなどを掲載のネットメディアではサムネ画像にはなるべくオフロード走行の画像を入れるように指示が出ているとかいないとか・・??

若年層に受けるグレードとしてはアドベンチャーグレードが有り、内外装ともに少し華がありつつも、価格的には320万円ほど。そして値引きや乗り出しなど価格を調整して350万程度に抑えつつ、残価設定ローンとKINTOなどの月々の負担の少ない所有の方法を提案し、若い世代にも頑張れば届く、というラインを用意しています。

実車をチェックし、試乗したので簡単にブログでご紹介したいと思います。

車体は全長×全幅×全高=4610×1865×1690mmです。フォレスターやCR-Vと近いサイズ感で、重量もこのクラスとしては普通とも言える1630kg前後。エンジンは2リッターNAで171PSと平凡なスペックで、燃費も15.2km/とこれまたほとんどライバルと似たり寄ったり。ハイブリッドモデルはシステム出力は200馬力を超え、燃費も20を超え、これまたCR-Vのハイブリッドと近しいスペック。

ではどこでCR-Vと明暗を分けたのか・・

内装と値段,そしてプラドと言う兄貴分の威光ですね。
正直CR-Vは要らん小さいナビ標準で320万円~ となっていますが、RAV4は265万円~とけっこう差がある印象です。もちろん、7人乗りの設定や、インテリアパネルの質感などはCR-Vの方が高級感やちょっとイイモノ感がありますが、そこじゃない、ってところで差が付いた感じです。ハリアーというネームバリューや良く走るフォレスター、コンパクトなCH-Rやヴェゼルなどとの差別化で、CR-Vは失敗し、RAV4は成功した、という印象です。デザインもランドクルーザープラドと関連性を持たせたり、本格的なオフロード走行性能のアピールなどは通ずるところがあり、プラドの高級なイメージを利用した部分もあると思います。

プラド
ダウンロード.png

RAV4 エアロ付き
ダウンロード (1).png

プラドエアロ付き
carlineup_landcruiserprado_customize_modellista1_cover_pc.jpg

どれもカッコよく、トヨタ車イケてるーってイメージを作っているような感じですね。
ネットでの画像を見るとCH-Rと似てるなぁと思ってましたが、個人的には実車を見たらプラドっぽい部分もあるな、と思いました。


内装はアドベンチャー(Adventure)グレードであればアクセントのカラーと少し明るめのインテリアで華があります。
シエンタ的なアクセントカラーの上手な活かし方で素材はプラスチック感丸出しでも、コーディネートとして上手な感じです。

img_8a03cb798432de8d3af022ba5adf8b7d203428.jpg

ただ、無印の廉価グレードだと結構地味。シンプルで良いと言えばいいですが、少し安っぽくも見えます。

20190622_183652.jpg

シートも無難なつくりです。ホールド感も普通、たぶんシートの出来ならフォレスターやCX-5の方が良いと思います。

20190622_183714.jpg
20190622_183828.jpg


個人的にはリアシートリクライニングの角度が中々に倒れてくつろげる感じが出せているのかなぁと思います。
シート自体は平板ですが、角度が良く、展示車見た人にさりげなくアピールできる感じがあります。

20190622_183728.jpg

荷室が地面からの高さがありますが、広く感じる視覚的なまとまりがあるように感じます。
物理的な限界はミニバンに勝てなくとも、印象としては結構広く見えます。

20190622_183737.jpg

足回りはアドベンチャーでは235/55R19という中々にかっこよくワイルドなアルミのサイズで、乗り心地を優先したと思しきサスとの相性も良く、ロードノイズやボディの振動音などもそこそこ抑えられています。コーナーを楽しめるといううたい文句のダイナミックトルクベクタリングAWDの性能は正直イマイチです。もっとキビキビ走るSUVは他にもたくさんあるので、走りは平凡な印象です。ランドローバーなどにもよくあるマルチテレインセレクトなるものも備わり、オフロード感の演出だけでなく、本格的なSUV=ランクルとの関連性も見え隠れしてグッドです。走破性が上がる装備は試す機会はありませんでしたが、安心感を高める装備として良いと思います。

売れ筋のアドベンチャーグレードは319万5500円~となっており、プラドよりも100万円は安く、本格っぽいSUVが手に入る、と言うのが人気の秘密でしょうか。当たり前ですが、車格も大きく走りの性能が高いランドクルーザープラドに対して、取り回しはしやすく燃費性能もプラドほど悪くもないため、扱える・身の丈にあったSUVとしての印象もプラスに働いている部分かと思います。

セーフティセンスなどの装備は当然として、安全装備系や快適装備系のものとしては、踏み間違い関係のミスを多少はリカバーするインテリジェントクリアランスソナー(2万8600円)リアクロストラフィックオートブレーキ<パーキングサポートブレーキ[後方接近車両]+[BSM]ブラインドスポットモニター>(6万8200円)などはお薦めしたいところ。高齢者だけでなく、運転に不慣れな若者もこういう装備は積極的に選んでいただきたいですね。スマートキーを持って足でリアゲートをオープンできるハンズフリーパワーバックドア(8万1400円)もアウトドア好きであったり、ホームセンターや業務スーパーで買い物したりで荷物の出し入れが多かったりする場合は重宝します。イメージとしては週2~3回ラゲッジを開けることがあればあった方が良いそうです。

T-Connectナビ 9インチモデル(24万4200円)を筆頭にエントリーモデルでは(8万9100円)からナビの設定がありますが、カローラツーリングなどでディプレイが標準となるとなんだか微妙です。スマホとのリンクで使おうとしても、最低でもエントリーナビが必要になりますが、個人的にはオートバックスなどのカー用品店で後付けした方が性能もコストも手ごろに出来ると感じます。

一応4WDをウリにしていますが、最安値のグレードはFFだったりします。安く、四駆が必要なければ、RAV4という見た目を手に入れるならそれもあり。

アグレッシブなデザインで攻めているように見せて、中身は無難な感じでまとめられています。
安全装備の充実などを含めて、人気はあってカッコいいから選んだ、となっても後悔はしないモデルでしょう。

試乗したり、展示車を見て、こういうクルマ良いなぁ~と思ったら、他のSUVとも比較しても面白いかもしれません。
走りの良さならフォレスターとか、ディーせるならCX-5、7人乗りならCR-VやCX-8もある、と選択肢が広がると車選びはもっと楽しいはずです。



過去の試乗インプレッションも参考になれば

なんとなくボルボっぽい?CX-5試乗インプレ①

〇〇が足りない!?CX8試乗インプレ①

CR-V復活!これでCX-8に勝てるか!? 試乗はまだよ インプレ①

超速試乗 C-HR ターボ4WD試乗インプレ① 加速が重くないか?

これでもソフトになったのか・・ヴェゼルハイブリッドRS試乗記短評
展示車を見たり、試乗して買い替えを考えるときは!こちらもチェック!
↓↓
新車購入や中古車に買い換え時の値引き分と下取り価格は、実はまとめられているから、実際の下取り額は不透明。
そういった時に買い取りに出すことも視野に入れると愛車の価値が解るので、査定サイトや出張査定は活用した方が良いでしょう。








90%くらいの確率で下取りよりも買い取りの方が高値が付きます。
ディーラー等、他メーカーの物は結局別に流すことになるため、中間マージンの2度手間3度手間がかかってしまいます。
買い取り店であれば、直販が多く、その後の再販価格に近い額で売ることが出来れば、納得も行くもの。
中国や東南アジア、ロシアなど海外に販路を持っていて、古くても過走行でも売れます。
売らなくても気まずくはならないし、1~2時間で数十万の差が出ることもあります。
ぜひ気軽に買い取り店を検討して見ましょう。

この記事へのコメント