冬のバッテリーを少しでも・・格安で延命パーツが出ている!!

バイクでも車でも、冬場はエンジンのかかりが悪かったり、バッテリーが弱っていて始動困難となったり・・
特に週末にしか乗らない趣味性の高いバイクや、スポーツカーとかだと、そういったバッテリートラブルに悩まされたりするものです。
更にさらには旧車であったりとかヒストリックカー・バイクなんて趣味の極みのようなものであれば、なおのことツーリングとかに出かけようとしたら出鼻をくじかれる確率が高くなってきますね。

バッテリーのメンテナンスで補充電をするアイテムももちろん大事ですが、待機電力/暗電力の消費を抑えるアイテム、実は安く出回っているんですね!!

バッテリーカットオフスイッチ!!
どおーん

81fRoTbAbsL._AC_SL1500_.jpg

画像はバイク用の物ですが、車、バイク、両方ともあります。
バイクだとフューエルコックが付いている車種と言うのもちょいちょいありますが、それのバッテリーバージョンと思っていただければわかりやすいでしょうか??

車用だと500~1000円前後でスイッチが出回っております。車、トラック、ボート用となっているもの。スイッチ単体が基本で、バッテリーのマイナス端子に直接着けるタイプです。ボンネットの中にあるバッテリー用なので、簡素なつくりとなっています。バイク用に流用するなら多少なりとも配線の追加やDIY加工が必要になってくると思います。



バイク用にパッケージングされたものもあって、付属のケーブル長が選べるタイプで、装着が容易、かつ多少なら雨風にさらされても大丈夫なようにケーシングされています。




スイッチを回すだけ、工具無しでバッテリーのマイナス端子をオフにできるというのが大きなメリット。
ハーレーなどの電装系の弱いバイクであったり、旧車、バッテリー容量の極めて小さいレーサーやオフロード車などは特に重宝すると思います。

バッテリーを守る行為は車両のランニングコストの比率として高め、年式や走行距離関係なく、劣化するときは突然に、そして長期間乗らないと当然にトラブります。

もちろん、バッテリーチャージャーも併用すればベストですよね。



機械式のパーツは安い物を自力で加工するのは良いと思うけど、バッテリーの補充電を行うような電子機器は多少は値が張ってもそこそこの物を手に入れた方が良いかもしれません。原付とかなら安いので試しても良いかもしれませんが・・そこらへんは自己責任とチャレンジ精神で。

ちょこっとしたアイテムで、バイクの電装系やバッテリーの寿命を延ばせます。一工夫検討して、善きモーターサイクルライフを!!

この記事へのコメント