チェーン義務化 でも案ずることはない?

冬季積雪時のチェーン義務化!日本列島に激震が走った国土交通省の報道は2018年11月のリリースでした。いつから?と疑問思った方も多いですよね。
対象区間や規制の在り方などに先立って発表されただけあって今回のタイヤチェーン義務化(チェーン規制ではない)に関する報道で、仕事やプライベートで日常的に車を使う雪国の人にとっては、チェーンがないと通ってはいけない道が現れること、罰則が付されたことなどもあって大きな混乱を招いたのは記憶に新しいですね。

ちなみにチェーン規制=冬用タイヤ規制とは違います。冬用タイヤ(スタッドレスタイヤなど)またはタイヤチェーンなどの滑り止め装置を装着しないと走行できないのが冬用タイヤ規制です。チェーン義務化=チェーンが無いと(スタッドレスでも)特定の区間は走ってはダメという違いがあります。

20181230_094903.jpg

1シーズン中に「大雪警報が出て、指定された高速道または国道の通行止」に出くわすことは決して多くない実情と、昨季の大雪立ち往生の報道が大きく報じられた影響を鑑みて、先行リリースされたのが実情です。

IMG_20181228_123252.jpg

スタッドレスタイヤで動けなくなるような大雪で「タイヤチェーン着けたら走れるの?」という疑問が頭をよぎった雪国の方も多かったのではないでしょうか?そういう実情をある程度反映して北海道地方は、今季の規制が見送られたという、本州とは異なる 雪 の事情が考慮されたケースもあるようです。

ちなみに対象となる時期は大雪特別警報や大雪に対する緊急発表が行われるような異例の降雪時平成29年度は大雪に対する緊急発表は3回あったようで、警報はなかったようです。

チェーン規制の対象となる場所・区間は勾配の大きい峠道でこれまでに大規模な立ち往生などが発生した区間を対象、従来であれば通行止めとなる状況においてタイヤチェーン装着車のみ通行を可能とするものという解釈です。あくまで本来は全面通行止めが前提の場所と状況だけどもチェーンを付ければ許可をする、という着地点・見解です。現時点で、国土交通省と警察において調整しているチェーン規制区間・場所は全国13区間( 高速道路7区間・国道で6区間)
高速道路
・長野県信濃町ICから新潟県新井PA間の25km
・山梨県須玉ICと長坂IC間の9km
・長野県飯田山本ICと園原IC間の10km
・福井県丸岡ICと石川県加賀IC間18km
・滋賀県木之本ICと福井県今庄IC間の45km
・岡山県湯原ICと鳥取県江府IC間の34km
・島根県旭ICと広島県大朝IC間の27km
国道
・国道112号線の山形県西川町志津から鶴岡市上名川の27km
・国道138号線の山梨県山中湖村平野から静岡県小山町須走字御登口の9km
・国道7号線の新潟県村上市の大須戸から上大鳥の16km
・国道8号線の福井県あわら市熊坂から笹岡の4km
・国道54号線の広島県三次市布野町上布野から島根県飯南町上赤名の12km
・国道56号線の愛媛県西予市宇和町から大洲市松尾の7km

そして罰則も用意され、6か月以下の懲役または30万円以下の科料(罰金)が課されることになっています。


しかし、ご安心ください。

対象の区間は全国でもかなり限定されていて、比較的都市部は対象外となっています。

県をまたぐ山間部などが多い印象です。長野・新潟や広島・島根にお住まいであるからと言って絶対にチェーンが必要、とも言い切れません。対象の道路を通るかどうかでその必要性が決まります。毎日のように通るのであれば天候の変化で緊急に必要となる可能性もあるので必需品となるかもしれませんね。
オートバックスやイエローハットなどのカー用品店の店員さんであればこういった国土交通省発表の情報を正確に把握して整理してくれているので、お住いの地域や活動範囲に対象のエリアがあるかを相談してチェーンの必要性を考慮すればいいと思います。

個人的には通常の雪道に関してはスタッドレスで十分だと思います。



お住いの地域によっては積雪が年に数回などのケースではオールシーズンタイヤでも十分かとも思います。かなりサマータイヤ寄りの雪道も走れないこともないタイヤみたいなイメージです。M+S(マッドプラススノー)などと表記されいることもあり、純正で装着されていることもあるのでご自身のタイヤをチェックしてみましょう。



ただチェーンを履いた時の走破性の向上もあるので、必要に応じて購入を検討するといいと思います。
チェーンを装着すると30㎞/h以上出したりはできなくなりますが、圧雪路や凍結路などでもFFでもFRでもそこそこ走れるようになります。セダンにサマータイヤでチェーンの組合せで場所によってはスキー場なども行けないこともないです。あまりオススメはしませんが・・スタッドレスに更に深い雪などからの脱出用に緊急用にチェーンが最高だとは思います。



一度でも使うことがあるなら、その一度で事故を起こしたり、立ち往生したりで悲しい思いをしないためにも携行しておいてもいいでしょう。
ただ、スタッドレスやオールシーズンタイヤの購入の方がいろんな面でメリットが大きいと思いますけども。

今後も各年の状況などを踏まえて規制となる場所や規制の在り方など、国土交通省からの通達・発表が行われる可能性があります。いつから、そしてどこで?罰則は?など情報のアンテナは高く張っておかないといけませんね!

スタッドレス要らず!? オールシーズンタイヤのススメ!

過去記事も参考になればと思います!

人数に合わせて空気圧を調整!意味があるぞ!!

夏休みでお盆で帰省や年末年始のお休みなどなど、長距離ドライブのタイミング・・に限ったことではありませんが、車屋バイクのタイヤの空気圧、チェックしていますか?
そして、人数や積載重量に応じて、空気圧を高めに設定する基準というのが、各車種ごとにあるのをご存知でしょうか?
各車種ごとの取扱説明書やオーナーズマニュアルなど、だいたい車検証とセットでグローブボックスに入っている分厚めの本か、もしくは運転席ドアの所にシールで貼ってあったりするのが基本です。

20180827_231505.jpg

コレですね。
人数や荷物の量でビジュアライズされていますが、要するに重量の負荷に合わせて空気圧を標準のフロント2.6hPa:リア2.4から、適宜フロント2.6:リア3.3までは上げましょうってことです。そして7人乗りの車とかだと、リアの空気圧をかなり高めにするんだなぁ~ってことも推察されますね。



空気圧をそこまでセンシティブに気にかけずとも、サスペンションで諸々吸収してくれるのでは?と思ったりもしますよね。
一部の上位車種やラグジュアリーなグレードであれば、エアサスで乗車人数での車高の沈み込みを防ぐセルフレベリング機能があったり、、サスの粘性を変化さて乗り味をある程度キープしたりもできます。
クルマのサスの設定は、ノーマルであれば基本的には1人乗車からマックスの乗車定員の乗車までを設定して、サスストローク的に底付きしないようになっていたります。ただ、ややスポーティに振ってある輸入車だと、フル乗車人数での負荷をあまり想定していない車種やグレードというのもあったりするので注意が必要。空気圧をしっかりと高めてあげないと想定のダンピングが得られず、スポーツグレードなのに良い走りをしてくれないといったこともあるようなので、空気圧の設定を気にかけてあげましょう。

ちなみに、そういった傾向が顕著なのが一時期のBMWのM-SPORTSとかです。スポーツサスでローダウンされておりリアタイヤがワイドで太目、クリアランス的にギリでチェーンの装着が不可だったり、4~5人フル乗車でリアが沈み込みすぎだったりとか、多人数乗車をあまり歓迎してないようなグレードのようなものもあったりとか・・?

空気圧の調整はガソリンスタンドでサービスでやってくれたり、セルフで出来るようにエアボンベを貸してくれたりするので、ぜひ気にかけてほしいものです。



最近はハンディタイプの物も出回っており、お出かけ前にシチュエーションに合わせてこまめに調整した方が、より快適なモーターライフを楽しめるでしょう。



そして、車の多人数乗車時のポテンシャルも引き出せてその性能を堪能できるとなお善し。タイヤの転がり感による燃費変化やタイヤのダンピング、荷重かかった時の車両の特性の変化など、感じ取りながらセーフティドライブを心がけましょう!乗車人数が多く、車体の重量が増したほうが上屋の安定感は増して乗り心地がおおらかに変化するケースが多いかな~と思いますが、加速に時間がかかったり、重さゆえにブレーキの効きがかなり悪くなって止まり難くなることも多いのでそこは警戒しましょう。特に国産5ナンバーミニバンはリアがドラムブレーキで絶対的な効きが甘かったりするので要注意。安全マージン取った運転をしましょう。

ちなみに多人数乗車時には空気圧を高めるのが良いですが、1~2人乗車時にその高い空気圧のまま乗ると結構車が跳ねます。転がりの抵抗が低くなり、燃費的にはよさそうに感じたりしますし、実際に燃費性能を追求すると空気圧はパンパンな方が良いようですが、乗り味とのトレードオフとなるので、自己責任で適正な範疇で調整しましょう。グリップのためにはちょっと低めが良い・・とか素人が峠でやると事故が起きたりするので止めましょうね。バイクでもタンデムや荷物満載の時に空気圧上げてプリロード高めにかけたりとか、適宜やるのが良いと思いますが、極端な設定や、一人乗りに高め・固めの足回りの設定で走ると、バイクとかだとバランスを崩しやすく転倒のリスクも上がるのでホントに気を付けて。

なにごとも適正ってな数値の範囲があるので、試行錯誤をするのは良いかもしれませんが、調整しつつ、快適にモーターライフ行きましょう!!

ランクスを忘れてないか?カローラハッチバックのカムバックについて!!

カローラハッチバック、ぶっちゃけると車高を下げたCH-Rやね。
北米仕様の参考寸法が全長4,370 全幅1,790 全高1,435㎜ となっていて、肥大化するボディサイズの悪い見本みたいな数値です。カローラが3ナンバー・・ってのは許容できますが、そこは1750㎜までにしとしてよ・・と思う方は多いはずではあります。
同じプラットフォームを使うプリウスで1750㎜なので、なんとかならんものかと。
ワイドな分は左右のタイヤの配置、トレッドを大きく取れるので、コーナーでの踏ん張りがきく、という走りのメリットもありますが、そこまでのポテンシャルを秘めているのか、なぞは深まるばかり。
日本向けだけ1750㎜にフェンダーを狭めてくるはずはなく、おそらくセダンやワゴンは様子見で幅の狭い設定をしてくるのかどうなのか、淡い期待を抱きたいところです。決して3ナンバーを否定するわけでもなく、5ナンバー信者でもないですが、カローラって名前に対してワイドすぎやしないか心配になっちゃうってことです。


外観のデザインはヨーロピアンを入れてきた感じです。
corolla-hatchback-LED DRL.jpg

ターゲットというか、ベンチマークとしてはワーゲンのゴルフといったところです。
ゴルフのサイズも現行型では全幅で1800㎜となっているので、そこに照準を合わせたのは間違いない。

ただまぁ、似せたのはワーゲンのアルテオンでしょう。

imgarteon.jpg

ポジションランプのラインが近く、グリルしたの開口部の形状も全体的に寄せてきている感じです。

奇しくもゴルフのサイズに近く、デザイン言語はワーゲン風でもあり、そしてダウンサイジングターボ。しかも1.2リッターとか。ベンチマークは旧型ゴルフにあり、といったところではありますが、後出しの強みが出せるか心配です。

カローラハッチバックのポテンシャルはどんなものか、乗ってみたいところです。

ですが、皆さん。過去の栄光のカローラハッチバック=カローラランクス/アレックスをお忘れではないでしょうか?

ランクスエアロツアラーZ 2ZZ-GE型エンジン(1,800cc)で6速MTの設定を用意していた、過去のスポーツハッチバックです。
可変バルブタイミングとバルブリフト「VVTL-i」を採用し、最高出力は190ps、最大トルクは18.4kg-mというマニアックにパンチの効いたモデル。リッター当たり100馬力をNAで達成するという素敵なマシーン。足回りはローダウンが純正でフェンダーとの隙間を埋めてヨーロピアンスポーツ風、スタビの装着などでロール量も適度に抑える素敵な車でした。ちなみにカローラランクスは当時はアウディA3に似てる、とかよく言われていたように思います。ワーゲンのポロとかも似てたかな。

RUNX02.jpg

新しいカローラでユーザーの若返りをはかる、というフレーズも何度も出てきては達成できず、歴史は繰り返されるのか?

当時のこのパンチの効いたランクスのエンジンは販売台数こそ多くはありませんでしたが、いまだに高く評価されているスポーツユニットです。中古で見つければ即買いをお勧めしたいくらい。ひそかな人気中古モデルですね。シビックなどと同じFFですが、RUNXってネーミングでだけで当時は評価がイマイチだったような気がします。

即買いをお薦めしたい理由、なぜならこのテンハチNAエンジン、ロータスにも流用されているユニットだからですね。ロータスエキシージなどの軽量ミッドシップモデルに、このランクスの1.8リッターユニット、OEMで供給されて載っています。NAのままのもあるし、スーパーチャージャーで武装されているのもある。ベースユニットが軽量ハイパワーってことで評価は高く、マニアックですが朱玉のエンジンと言えるでしょう。

果たして新しいカローラハッチバックはパンチのある仕上がりなのかどうなのか?
50年を超える歴史の中で、全幅1790㎜、やっちまったんじゃないのか?
シビックハッチバックが初期の受注を大きく伸ばし、今年はスポーツハッチの当たり年として流れに乗っかれるのか?

カローラハッチバック(仮称)となってますが、ほぼこの(仮)は取れてそのままでリリースがされそうです。
ディーラーでもそんな感じで説明していたし。

発売されたら試乗レポートします。

各車種ライバルなどベンチマークになりそうな輸入車などのインプレッションも参考になればと思います。
特にドイツ車などかな。

歴代ゴルフをちょこっと解説 7代目と6代目の識別点とか

MCはあまり関係ない?ゴルフの買い時グレード選び!

アウディA1スポーツバック3気筒1リッター 試乗インプレ スタイリッシュ都会派低燃費スペシャル

(前方だけ)見晴らしの良いプリウス?C-HRハイブリッド試乗インプレ 

世界基準のホットハッチと言えば聞こえはいいけど・・シビック2018年新型試乗インプレ

続きを読む

新型フォレスター(2018)ディーラーで聞いてきたよ!展示車も試乗もまだ・・

2018年に新しくなるフォレスターのっ新型について、複数のディーラー筋の情報をまとめたいと思います。

スバルフォレスター新型のボディーサイズは全長×全幅×全高=4625×1815×1715(ルーフレール装着車は1730)mmで、ホイールベースは2670mm。おおよそ車重は1530㎏~ で、ハイブリッドは1640㎏となるようです。

20180520_172144.jpg

SGPとよばれるスバルの新世代プラットドームを共有するインプレッサXVのボディーサイズは全長×全幅×全高=4465×1800×1550mmでホイールベース:2670mm(!・・フォレスターと同じ)で車重が1440kg。ホイルベースはフォレスターと同値、ほんのちょっと大きくして100㎏重くなって、そのためにエンジンを少し大きめにして、となるとインプレッサとフォレスターは兄弟関係の濃さが見て取れます。

先代フォレスターが全長×全幅×全高=4,610mm×1,795mm×1,715mmとなっています。サイズ的には新型との差はあまりありません。
ぶっちゃけるとフォレスターはレガシー寄りというよりも、インプレッサ寄りであって、歴々インプレッサの頭上空間を少し広げたような車みたいなものです。もちろん全長分は室内空間と荷室も要領を増していますが、初代のフォレスターなんかはまんまインプレッサの足元空間みたいなデキだったりして、全高高くなった分広く感じるってだけでしたので、世代を経て幾分かは進化しているとは思います。

しかしまぁ、展示車もない状態で先行予約という商売はいかがなものかと、いくらかの疑問点もわいてきたのでその部分も少し触れるのに先代フォレスターとインプレッサを引き合いに出しました。

なんてったって、フォレスターの見本にインプレッサXVの展示車でインテリアを説明されましたので・・

新型フォレスターのインテリア カタログ画像
20180520_172222.jpg

現行(2018)スバルインプレッサのインテリア画像
interior_pict_6.jpg

ええ、間違い探しレベルで一緒です。
現行インプのセンターコンソールにある電動パーキングの位置にフォレスターはSiドライブ・Xモードの切り替えダイヤルが来ているのが相違点くらい。まぁ、Xブレークのインパネやシートのアクセントカラーのオレンジのステッチなども違いますが、おおよそ一緒。
インプレッサの頭上が少し広くなったくらいで、操作系やデザインはほとんど一緒です、と説明される感じです。

20180520_172236.jpg

個人的には嫌いなインテリアな造りではないので、まあ、OKでしょうか。
しかし・・リアシートやスペースユーティリティについては旧型のフォレスターの展示車にてご確認くださいって・・
179159a2ee4dda65b1ec61b56a69408c.jpg

ほとんど変わってないそうで・・
とまぁ、ありものでなんとかサイズ感などを体感してもらおうとする姿勢はある程度評価したいと思いますが、この状態だと先行予約を検討するのはいかがなものか?と思った次第であります。

値段についてはベースモデルが2,808,000円(仮)~ ハイブリッドの設定となるアドバンスが3,100,000円(仮)となっているようです。おおよその見積もりで行くと、ナビやETC等を装着して350万円~400万円くらいのご案内になることが多いとか。
納車時期に関しては7月の上旬~8月中を予定しているそうです。試乗車や展示車は7月の初頭に店頭に並び、現状の受注状況であれば7月上旬の発注で9月内の納車が可能かなぁ~ってところだそう。(2018年5月19日現在)地域によって差はあるかもしれませんが、基本的には納車までは2~3か月前後を見てもらっているとのこと。

カラーとしてはモノトーン系の色が人気で、その中でもホワイトが一歩抜き出ているか?みたいな感じの用です。
20180520_172730.jpg

グレードでいうとXBreakというアクティブなイメージのラインを推している、そして人気があるそうです。エックスブレークで選べるカラーはホワイトとシルバーとグレーとブラックという完全にモノトーン。アクセントでオレンジが入っているもので、旧型でも人気のあったグレードとのこと。
20180520_172745.jpg
17インチのオールシーズンタイヤを装着しており、サイズ的にもベストバランスなのかも。ただ、好みの問題かと思いますが、せっかくのダークガンメタのホイールがフン詰まり感のあるデザインで野暮ったく見えるというのが少し残念。もうちょっとスッキリしてほしいかな。

ハイブリッド以外のモデルは新開発のターボなしの2.5リッター水平対向4気筒エンジン、といいつつも旧世代の物の改良進化直噴化バージョンで、最高出力184ps/5800rpm、最大トルク239Nm/4400rpmを発生して、JC08モード燃費はは14.6km/リッター。

「e-BOXER」と名付けられたハイブリッドモデルは、ターボなしの2リッター水平対向4気筒(最高出力145ps/6000rpm、最大トルク19.2kgm/4000rpm)を一機のモーター(13.6ps、同65Nm)がアシスト。2.5リッターNAモデルを上回る加速性能を実現し、JC08モード燃費は18.6km/リッター。実用燃費と近づくといわれているWLTCモードではハイブリッド14㎞/L、2.5のNAで13.2㎞/Lと、差が縮まる。そして、カタログ記載の高速燃費だけを抜き出すと、ハイブリッドの16.0に対して非ハイブリッドが16.4・・っておい!逆転されてるぅー
なんでもハイブリッドは発進加速のアシストメインで燃費への貢献はそこそこ、2リッターの高速燃費と2.5リッターの高速燃費では重量やトルクの厚みなど実用的な部分での性能でハイブリッドは劣る、とのこと。先行カタログはそこそこメディアやモータージャーナリストに出回っていると思いますが、不都合な真実はどうやら未だニュースになっていないというか、誰も触れないというか・・・

ハイブリッドグレードに関しては、先進安全装備のドライバーモニタリングシステムだけが売りであり、そこだけアドバンス(先進)していると、ディーラー営業マンも口にしていたような・・
スバル的にはとりあえずトヨタのハイブリッドを流用して街乗り燃費だけちょっと上げたみたいなイメージです。今後のハイブリッドと水平対向エンジンのマッチングの向上と相乗効果に期待したいところですね。

プレミアム、X-BREAK、ハイブリッドの価格差はほとんどなく、310万円前後とのこと。
街乗り多ければハイブリッド、上質さならプレミアム、流行りのスタイルならX-ブレークといったところ。XブレイクはBMWでいうところのXライン、デリカのアクティブギアみたいなイメージで人気のグレード風です。
ツーリングというグレードを選ぶ意味は‥?となりますが、荷室やリアシート回りのちょっと大きいXVが欲しい!って人に、サイズのわりにリーズナブルなチョイス、ってことで、玄人好みのグレードとしてあえての簡素なベースグレードというチョイスもいいかも。

というか、サイズ感があまり変わらないのであれば、最終型のフォレースターの特別仕様車をそこそこの値引きで買うというのもイイかも。
見た目は車好きでないとわからないレベルのデザイン的に保守的なモデルチェンジです。見た目の大きな相違点としてはリアランプが横長で大きくなったってくらいでしょう。

新型はサイズが大きくなり横長、少し流線型でもありエッジのあるデザインかも
2018Nw.jpg

旧型はシンプルな造形ですが、少し古さを感じる。そして後ろ姿ではあまり上質な感じの車には見えにくいかも。
forester old.jpg

展示車や試乗車が配備されたら、また記事を更新したいと思います。
なんども言いますが、見た目の進化はほどほどだし、インプレッサを共通している部分も多い。正直試乗してから選ぶべき、だと思います。

N-BOXに寄せた?ステップワゴンスパーダマイチェンでテコ入れ!

今回のマイチェンは、スパーダのデザイン変更とSPORT HYBRID i-MMD仕様の「スパーダ HYBRID」ハイブリッドの追加がメイン。

通常グレードは1.5リッターターボでデザインに大きな変更なく、これはもはや売る気の無いグレードへと変わってしまったようです。もはや ステップワゴンスパーダ というところまでで一つの車種にするくらいの感じだそうで、スパーダに関しては見た目重視と燃費重視に更に先鋭化して5ナンバーミニバンの売れ筋から脱落した現行型をなんとか復活させたいようではあります。

pic_main_visual.png

スパーダを中心にデザインが変わり、売れる顔に仕立てたってのがメイン。
ハイブリッドの追加に関しても、セレナの偽ハイブリッドやトヨタのノア・ヴォクシーのフルハイブリッドが売れ筋なのを鑑みてダウンサイジングターボが評価されなかったのをなんとか急ごしらえで用意した感じです。
何とかしてステップワゴンをメインストリームに乗せないと現行でモデル打ち切りとなる可能性すらあり、力が入っていて、利益を度外視した値付けとかのモデルもあるようなので、要注目ですね。

エクステリアのデザイン面に関しては2段式のヘッドライトに、そこに食い込むようなメッキの大き目のグリルを備えて人気のある他社の5ナンバーミニバンやより上位のエルグランドやヴェルファイアなどのエッセンスを取り入れた感じです。要は、すでに評判のデザインを追従して人気を取りにいった感じです。

pic_car_pc_04.jpg

実車を見に行きましたが、かなりフロントの印象が変わっており、立派な車に見えます。
グレードによっては17インチアルミホイール(205/55 R17)を装着するなど、より見栄えのする仕立てに。こういうややマイルドヤンキー受けを狙ったモデルとしては大きいアルミを履きこなしてなんぼってところ。
インテリアに関しては変更点は少なく、ハイブリッドモデルがちょっと差別化されているくらいのもの。その辺はいずれ試乗してみてトータルで価値があるのかレポートにまとめたいですね。

ハイブリッド車のJC08モード燃費は25.0km/Lとなっていて、最新のWLTCモード燃費に準拠した数値については20.0km/Lとなっていて、ライバルを超えてきています。

従来ではオプションであった、で安全支援システム「Honda SENSING」を標準装備化(一部グレードでレスオプションに出来ますが・・)、渋滞追従機能付きACC(アダプティブ・クルーズ・コントロール)など、セレナと同じように半自動運転を実現しているとも言えます。

軽自動車では不動の人気を誇るN-BOXにデザインを寄せてきているというのが皮肉な感じもしますが、

pic_cs_g_ex_t_04.jpg

マイチェン後のスパーダがしっかりと新しい感じに見えるので、このデザインはアリなんじゃないかと思います。マイナーチェンジ前のスパーダを購入した方にはかなり残念な感じかもしれませんが・・

標準モデルが約250万円~
スパーダ最安値285万円~
SPADA・Cool Spiritが約305万円~
ハイブリッドでもグレード分けがありますが、330万円~となっています。

価格帯的には幅がありますが、スパーダの引き合いが多いそうです。おおよそ7~8割がスパーダとかだそうで、メーカーの狙い通りなのか、というところ。マイチェンの前から、と言うかモデルチェンジの時からしっかり反映していれば・・と思わなくもないですが、これからの巻き返しに期待ですね。

人気色は黒と濃い目のパープル系・プレミアムスパイスパープル・パールであり、これまたN-BOXの人気色と被っていますが、カタログとティザームービーで推してた色と言うことで納得できる部分もあります。
納期はさほどかからず、1か月前後とのことです。塗装の有償色等によっては納期が長めにかかる場合もあるそうですが、バックオーダーはさほど抱えていないとのことです。

気になったら展示車や試乗車チェックですね!



過去記事も要チェック!?

ステップワゴンは先走りすぎ!?5代目RP型試乗レポート

思い出した!!3代目ステップワゴンの魅力

続きを読む