Vクラスのボンゴフレンディ!!まさかの!

往年の名車、ボンゴフレンディ・オートフリートップをメルセデスが復活させた!!と言える、Vクラスマルコポーロホライゾン。
image.MQ6.12.20180126091735.jpeg

かたやボンゴフレンディ
10252009_200501.jpg
15年前に300万円くらいの車でした。
いま思えば安い設定ですね!
10252009_200501bk.jpg

カタログモデルとしてルーフテントを純正装備しているモデルは現状では他にないのではないか?と思うので、唯一無二のニッチなモデルをブッコンで来たな、メルセデスベンツ!って感じです。
V 220 d Marco Polo HORIZON ¥8,460,000
全長×全幅×全高:5140×1928×1980㎜ ポップアップルーフ展開時は全高2839㎜

お値段は846万円・・
ベースとなったV220アヴァンギャルドロングの713万円に比べて100万円以上のエクストラを払う価値はあるのか!!
専用装備の数々をチェックですね!
まずは大人二人就寝可能を謳うポップアップルーフ・ベッド(寸法:2,050×1,130mm)
image.MQ6.8.20180126080504.jpeg
ポップアップルーフ内リーディングライト付き、色と写真の質感が高級感を醸している。
image.MQ6.12.20180126063458.jpeg
海とサーフィンとキャンプと・・超おしゃれな写真ではあります。(メルセデス公式サイトより)

運転席と助手席の回転式シート
image.MQ6.6.20180130114222.jpeg
車内での休憩時のスタイルの選択肢を広げるモノは最近は少ない。
淘汰されて消えたタイプの装備ではありますが、キャンピングカー系のカスタムとしては定番になっている類のもの。

3列目フルフラット機能付ベンチシート(アンダーシートボックス付)
image.MQ6.6.20180130111657.jpeg
一応ベッドになるとのことですが、プラスアルファマットとかは必要っぽい。

ラゲッジルームセパレーター、カーテン、18インチ5ツインスポークアルミホイール、ブラウンウッド調インテリアトリム
といった内装と外装などの特別装備品があったりするようではあります。

メルセデスのコンセプトとして、安全性、というのがあり、Vクラスのベースモデルでも、ディストロニックプラス(ACC:アダプティブクルーズコントロール)などの運転支援、レーンキーピングアシストやプレセーフと呼ばれる予防安全を盛り込んでおり、「安全性」に終わりはない、とい姿勢を貫徹しているようです。

電子制御7速AT、7G-TRONIC PLUSも実はメンテナンスの長期耐用を謳っており、トランスミッションオイル交換サイクルも約125,000kmとメーカーで指定されています。長距離を走るキャンピングカーとしての耐久性を多少なりとも後押ししてくれている感じですね。

Vクラスの標準車にチョイノリ試乗したことはありますが、コーナーでの不安定感は多少なりともある、というのと、峠は辛そうだなってところです。ハンドルの切込みに対してフロントの片輪がガクっと沈み込んでから旋回するような感じでやや不安感を覚えるような気もします。多人数乗車時のほうがリア荷重がかかってそういった挙動は少なくなるのかもしれませんが、商用車ベースの安っぽさが出ます。車高が高いネガが出ているのかも。マルコポーロだと天井に重量物を載せているのでそういった挙動もどうなるのか気になります。
走行性能としては2.2リッターのターボディーゼルで163馬力、トルク38.7キロとかなりパワフル、2トンを超える車体で7人乗車時でも苦しい感じはなく走れる数値です。走り出しも加速も軽快ですが、ハイウェイクルーザー的な感じです。
インテリアは写真や画像のほうが高級感があり、実物のほうがなんとなく安っぽい。550万円~850万円のベンツに期待するほどの上質感ではなく、CクラスやEクラスのほうが安定の質感の高さだと思います。Vクラスは大き目の木目や紋様のパネルで誤魔化している感じで、そこらへんは車体の大きさにコストを割いた物だと理解すると納得いくかもしれません。

2.2リッターでディーゼル・・この組み合わせで想像するものは・・デリカD:5とかですよね!メルセデスベンツVクラスでも4WDの設定を出してくれれば最強なのに・・と思ったするのはわたくしだけではないはず!?買えるかどうかは置いといて、そういうモデル、今後出てくると面白いですよね!!

いずれマルコポーロも展示車やテストドライブもできれば、インプレッションします。
キャンピングカーについてのその他記事もよかったら参考になればと思います。



テントのススメ ルーフトップにおひとつどうかしら?

意外なところからのキャンピング仕様 シボレーキャプティバ2.4L 4WD

キャンピングカーショー2016レポート① ルノーカングーでテント?カジュアルピクニックスタイル

これぞ本命!カングーEDC 試乗インプレ

続きを読む

さながら走るオール電化か!?東京キャンピングカーショー2016

展示台数は多くはないけども、いつも新しいコンセプトの車が話題になる、東京キャンピングカーショー2016・・・行きたかったなぁ・・・

いくつかの車種を写真を交え紹介したいと思います。
rem Forest(キャンパー鹿児島)車載用リチウム蓄電池を搭載したモデル。
20160704-10247615-carview-005-1-view.jpg
走行して充電出来るタイプ。
満充電だと、エアコンなら約13時間、IHクッキングヒーターで約7.5時間、液晶テレビで約80時間、全部同時に使うと3時間位使えるとのこと。エアコンだけなど、炎天下の車中泊であれば、一晩持つくらい。料理も電気で出来る。テレビならナイター中継くらいは冷房を聞かせながら見ていられる、イメージでしょうか。

トヨタハイエース(スーパーロング)をベースに制作すれば、室内居住空間にも不足はないでしょう。
蓄電池やシンク、家庭用エアコン、給排水タンク、外部電源、常設ベッド、フロア施工などが標準装備され、19インチテレビや冷蔵庫、電子レンジ、リアヒーターなどのオプションが付いて、約690万円で販売とのことなので、結構興味がわきませんか?
装備てんこ盛りだとこの価格ではありますが、使用用途や装着アイテムなどを厳選すれば理想の一台を作り上げることも出来るはず。
キャンピングカーイベントなどあれば行きたいものですね。
日本を旅する楽しい人が増えれば、経済の活性化にもなるかも?

キャンプの第一歩、何を買うべきか!

キャンプを始めたい方へ

日常生活から抜け出し、時には自然に囲まれてリフレッシュしたいと思いながらも、キャンプは準備が大変そうと、なかなか次の一歩が踏み出せない方も多いはず。まずはフィールドでテーブルやチェアを広げてピクニック的な雰囲気からスタートして、キャンプデビューに向けてのこことの準を!初心者の方にも使いやすいアイテムを紹介!



まずはこういうチェアやテーブルと言った形から入るのがいいかも?

緑の中、砂浜で、座って空を見上げた時に、「あっ 、あれもあったらいいな・・・」と思い付いたものを買い足していけば、自分の思うフィールドでの理想の空間が作れるかもしれませんね!
人によってこだわりポイントは違うケースも良く耳にします。

テントにこだわる人、チェアにこだわる人、焚き火台にこだわる人、食材にこだわる人 etc・・・



みんなで囲炉裏を囲みたい人、なんてのも居たりしますね。

自然の中で五感をフル稼働できる「キャンプ」を通じて、新たな発見や思いもよらぬ力の発揮など、気付きもあるかもしれません。
BBQシーズン、何かアクションを起こしてみましょう!

テントのススメ ルーフトップにおひとつどうかしら?

IMG_0114.JPGIMG_0096.JPG
キャンピングカー的な装備の
まさかの、アマゾンでルーフトップテントが販売・・・

キャンピングカーほどではないけども大物の取り付けが必要なタイプですかね。
ルーフレールやバー、マウントステーなどあれば意外と作業自体は重いだけで簡単だとは思いますが・・・

DIYが無理っぽい方は専門のショップでの作業をお勧めします。



本体価格の割に送料が安すぎて不安になりますが、こういうアイテムも市販されているので愛着のある車へのカスタムで長く付き合う、車との付き合い方を変化させていくというのも良いかもしれません。


震災などがあると災害時の対策として車やテントがあると良いですね。
車が大きければ荷室や座席を大きく倒してフラットにして過ごせますが、コンパクトカーとかセダンとかエコノミークラス症候群になりやすそうな車種の場合はテント一つくらいあってみ良いかもしれません。
家族の人数に応じて、足を伸ばして過ごせる大き目の物が備えとしては良いですね。
今の時期はテントの売れ行き好調なようなので、早めにチェックしましょう。

対応人数+1~2くらいは余裕を持たせた方が災害時には快適です。

2~3人用



4~5人用


4~5人用と言っても荷物が何もない状態で4~5人寝る面積があるというだけで、快適に過ごすとなるともう一回りあった方がよいでしょう。



大型のものもあります。中で立って過ごせるものも。キャンプをラグジュアリーに、災害時に快適に。

実際必要になった時には品切れになるのでとりあえずチェックしましょう。
今はアマゾンで値引きされて売っていますが、欲しい時には値段は吊り上がっているでしょう。

ルーフの上に常にテントを積んでおくも良し、ラゲッジに折りたたみテントを積んでおくのも良し、軒先や家の裏手などの家屋が倒壊しても取りに行ける場所にしまっておくも良し、キャンプやバーベキューで活躍してもらうのも良いでしょう。

備えと日々の生活のスパイスにいかがでしょう?


その他関連記事として

バイク×テント 軽量ソロテントのススメ

車とバイクのロードサイドピクニックスタイル

なども見てほしいですね。

意外なところからのキャンピング仕様 シボレーキャプティバ2.4L 4WD

2016年の限定車 シボレーキャプティバキャンパー のご紹介。


Introduction.jpg

まさかのGMから簡易キャンピングカー仕様風の特別仕様車が出るとは、と言ったところですが、あまりメジャーでない車種ゆえにそこまで取り上げられていないので記事にしようかと思います。

JP_CH_CAPTIVA_MastheadColorizor.jpg

シボレーキャプティバ と言う車種は2006年頃の登場、日本に導入されたのはかなり遅れて2011年でした。韓国GM製で生粋のアメ車と言うよりは、グローバルスタンダード規格を作ろうと各国のデザインやアイディアをミックスした車です。2011年に日本に導入され、2013年、2016年1月に若干のマイナーチェンジを行っているようです。外観インテリアなどのアップデートなどがされていますが、搭載されるエンジンは2.4リッターのまま、組み合わされるミッションも6ATのまま、4WDのみの組み合わせはそのままキャリーオーバーされています。

全長×全幅×全高 : 4,690 × 1,850 × 1,790 mm 右ハンドルの 7人乗り!仕様のみ、サイズ的には日産ムラーノや、レクサスRX、トヨタヴァンガードに近い感じで、輸入車にしては値段的にはかなり安めの設定です。
ベースグレードで380万円~ 
今回のキャンパー仕様のモデルで
400万円~ となっていて、輸入中型~大型SUVの中ではかなり安めです。

なにげに定期的にアウトドアコラボレーションモデルを発表していて、コールマン仕様のモデルが過去に何回か登場したことがあるそうです。その時もキャンプグッズがセットと言うか、プレゼントされたというか、そういう打ち出し方をしてたそうです。2016年の仕様ではもう少し車中泊に特化したアイテムが組み合わされて、キャンピングカーっぽいテイストを打ち出しているので要チェックですよ。

リアハッチテント 簡易的な着替えスペースに
Tent.jpg

車中泊用 ベッドキット 専用品で中々クッション性が良さそう。
Bed.jpg

内側窓用のサーモシェイド 断熱と目隠し 車中泊には非常に有効
Thermo.jpg

テーブルセット おそらくコールマン製の物
Table.jpg

まさかのキッチンシンクセット ハッチテントと組み合わせて簡易シャワーとしても使えるそうです。
KitchenSink.jpg

その他にも、専用バックドア防虫ネット、ポータブル冷蔵庫、LEDランタンなどの車内外で使えるキャンプグッズが特別装備されているとのことです。

興味を持たれた方は一度実車を見てみると良いかもしれません。

肝心のベースの車の性能ですが、3列シートの7人乗りの3列目は緊急用、子供用との割り切りが必要な大きさで、3列目へのエントリーのしやすさや使い勝手はBMWのグランツアラーぐらいよろしくないです。そこは中型SUVレベルのエマージェンシーシートレベルです。

インテリアの装備はappleカープレイへの対応などのアップデートされたナビなどのインターフェースや、装備品などは高級感は無く普通、と言った感じです。シートは大き目で着座感も悪くはないと思います。さりげなくアクティブヘッドレストなどのいざと言う時のムチ打ち軽減のシステムが着いていたりします。
Captiva MY16 Infotainment BB 1480x551.jpg

今どきダウンサイジングターボでなく造りが古いのが残念ではありますが、167PSを発揮する2.4リッターエンジンは街乗りでの燃費は7㎞/Lくらい、高速での燃費は10㎞/Lくらいとのことで、大きさの割にそんなに悪い数値ではないようです。
走りもアメ車っぽいイメージの柔らかいサスとうよりはどちらかと言うとヨーロッパ車のようなフラット感を狙った少し固めのものかと思います。グレードにかかわらず19インチのアルミというのも影響しているかもしれませんが、総じて乗り心地は良いと思います。

日本での登場から5年、中古車では200万円弱~ 7人乗りのSUVでは新し目で価格が安めで出回っているようなので、そちらもチェックして見ても良いかも。

あえての中古の3列7人乗り大型輸入SUV選び

短命だった、ランドローバーディスカバリー3
新型が2016年に登場して型落ちに、ボルボ XC90
新型が2016年に登場して型落ちに、アウディQ7


同じ価格帯~選べる7人乗りモデル

BMWグランツアラーの試乗記

新型ワーゲントゥーランの試乗記

同じ価格帯~5人乗りSUV人気モデル

メルセデスベンツ GLAクラス インプレッション

BMW X1 インプレ 前編 / X1インプレ 後編

おなじくモデル末期のミニクロスオーバーの試乗記

フィアット500X 試乗記

ボルボ V40クロスカントリー 試乗記


の試乗記なども良かったら見て下さいね。

続きを読む