あえて中古のRHT NC型ロードスターなんて?

ND型とアバルトに、RFなんかを試乗してふと思った事があったんですが・・
NDのこの安全装備であればNC買ってもいいじゃないか? と言うこと。
そして社外のナビに換装しやすいのならソレもアリなんじゃないか、とか。

車両の型式によりそれぞれの世代のロードスターを NA(初代)、NB(2代目)、NC(3代目)、ND(4代目)と呼ぶのが通例。今回注目したいのはもっともロードスターらしくないロードスターとの呼び名の高い3代目ですね。3代目 NC系は2005年~2015年までのモデルライフを全うしたさりげない長寿モデル。その中でも2008年のマイナチェンジモデル以降は現在のマツダデザインに通じるものがあって素敵かも。

Nc-con.jpg

NA、NBは非力で超軽量、NCは3ナンバーになって大型になってエンジンも2リッターになってパワフルに、そして2015年からのND型は1.5リッターにパワーダウンしてある意味原点回帰した、とメーカーも言っていたと思います。

NC型は全幅が1720mmとなり3ナンバーとなって出た当初は一部でかなりの反感を買っていました。北米と言うメインマーケットを意識したサイズではないか、とか、ライトウェイトスポーツとは言えないとか、いろいろありましたが、過去のマニアックなユーザーだけと向き合っていたのでは売り上げにならない、そして衝突安全とのバランスを取ることで大きくならざるを得なかった。そんな不評なモデルでありながら、ND型の現行ではRF=開閉式のハードトップ仕様は2リッターじゃん・・とか全幅1,735mmってNCより更に大きくない?とかツッコミを入れたくなりますよね~?ND型は正常退化した、とか言われていたりするようではありますので、そういった評価も参考にしていただければ。

NC con.jpg

世界最速の開閉時間である約12秒の電動ハードトップ「パワーリトラクタブルハードトップ」がNC型のロードスターにも設定されていて、NDと同じ2リッターだし、どうせ新しいロードスターでも自動ブレーキなどの先進安全装備があるわけでもないし、NDのナビのマツダコネクトはお世辞にも性能が良いとは言えないし、もしかしたらNCロードスターRHT(リトラクタブルハードトップ)が狙い目なのかも!!

Mazda_Roadster_RHD_(NC)_front.JPG

NC型はND型と同じように電子制御6ATの設定もあり、5MT,6MTもあり、NDの新車だと350~400万円のところ、NCの中古車であれば100万円善後でそこそこの走行距離と年式のタマがあったりするので、お得感が高いかもしれません。

Mazda_Roadster_RHD_(NC)_rear.JPG

走りに関してはオープンスポーツの爽快感を手軽に楽しめるモデルとして定評があります。モータージャーナリストとかはサーキットを走り込んだりするとエンジンの重さがハンドリングに悪影響、とか評していたと思いますが、峠道を流すくらいであればそこまで気になるものではないでしょう。
むしろ1.5リッターの現行モデルよりもパワフルでズボラなシフトが出来るなど扱いやすい面もあるでしょう。加速にも余裕があり、実際は現行モデルよりも早い、との声もあるようです。

中古で探すとして、注意するとしたら改造されている個体が多い点、そしてハードに走り込まれた車もタマに紛れ込んでいる点、でしょう。目利きでないとわからない部分もあるかもしれませんが、多分、数台見比べれば程度の差は見えてくると思います。直感的に怪しい・・と思ったらパスしましょう。
数台見比べてみてボディの隙間とか、色褪せとか、気になったらその個体はきっとハズレです。使い込まれたとか、丁寧に扱われていなかったとか、そういうモデルは避けた方が良いでしょう。店員さんに煽られて乗せられて舞い上がって1件目で決めないように注意しましょうね。下取りとかも即決せず、買い取り店も含めて冷静に判断しましょう。

ロードスターRFを選ぶ理由とは?試乗インプレ①

ある意味アバルト?ロードスターRF 試乗インプレ②インテリア編

マツダND型ロードスター ソフトトップ・RF比較試乗インプレ


続きを読む

廃版になると値落ちする見本のような・・プジョー5008のススメ

同じ型番5008のシリーズでも旧型7人乗りミニバンと、最新型の7人乗りSUVとの違いがあるのをご存知でしょうか?プジョーというフランス製の車のラインナップのお話です。車に詳しくない方からすればどうでもよい話かもしれません。ですが、同じ5008でも2017年を境に全く違うモデルになっており、かつモダンで人気が出やすいジャンルである7シーターSUVの新型車である5008に対し、2013年に日本導入されずんぐりむっくりでミニバン風でスライドドアではない、という中途半端な感じの旧世代5008は残念ながら4年間で雲泥の差とも言えるモノとなっています。

7人乗りのSUVというCX8が話題になるなど、2017年にやや盛り上がったジャンルに登場したプジョーの7シーター。
ガソリンターボとディーゼルターボの2種類のエンジンを設定し、価格帯も上昇、400万円~となっており、ナビやオプション装備で乗り出し500万円前後と、輸入車を購入する一つの指針となる500万円の壁ぎりぎりで7人乗り、そこそこのドライバビリティと見栄えを叶えるかなり頑張ったプジョーといった感じです。
SUVではありませんが、グランツアラーやトゥーランと言ったモデルとも競合しそうな感じですね。
2017090900.jpg
いずれ新世代プジョーのフラッグシップたり得るNEW5008も試乗してレポートにしたいものです。

2013年登場当時は7シータープレミアムミニバンと言っていたような気がする旧型。
35202501_201502.jpg
デビュー当時はフラッグシップとまでは言わないが、それなりに上級車種扱いされており、荷室や上院空間の広さなどlevel高めでした。
1.6リッターターボは確かBMWとの共同開発エンジンの改良型とかであり、6速ATを組み合わせて結構キビキビ走るタイプです。足回りはかなり柔らか目ですがコーナーではロールが少なく猫足と呼ばれる独特の浮遊感のある走りがウリ、別名と言うか俗称で猫バスと呼ばれることもあるそうです。

前から2-3-2配列の7人乗り。2列目が3席独立でスライド可能、座席幅や造り込み的には真ん中のシートが狭いと言うことなく、平等な設定をしています。全ての堰に3点式シートベルトも備わり、各席にチャイルドシートを着けることも容易なようです。配置的には助手席以外ならどこに着けてもOKな感じ。ファミリー向けですね。
35202501_201302abb.jpg

シエルというグレードでは2~3列目の頭上がガラスルーフとなります。開放感がかなり増します。キャリアなどを着けたりしないようにしましょう。これも子供が喜びそうなアイテムです。
35202501_201302acc.jpg

自動ブレーキ搭載でないのが残念なポイントであったりしますが、3列目までカバーするエアバッグや横滑り防止装置であるESCなどは当たり前に備え、ヨーロッパ基準の剛性、安全性、走行性能を備えていると言えます。

運転席周りのデザインなどに特に見どころもなく、オーソドックスな感じです。ダッシュボードなどが日焼けして色褪せてないかはフランス車の中古を探すときのチェックポイントかも。
35202501_201302aaa.jpg
ナビやTVなどは国産の後付けナビをインストールしているパターン、輸入メーカーのオリジナリティが溢れすぎている物に比べて使い勝手は悪くないはずです。リアのフリップダウンモニターやヘッドレストモニターなどのシステムを追加するのも容易なようで、中古でもそういったリアシートエンタテインメントを備えた車両もチラホラあり、割安でオトクだと思います。

フランス車は中古になった時の値落ちが激しい・・とはよく言いますが、新車当時プレミアムという安い方のグレードで300万円~(シエルという上位グレードは360万円~)で、ナビETCバックモニターなどのオプション追加で350万前後~の車体価格であったものが中古で3年落ち3万キロ走行で約120万円と、3分の1くらいになって非常にお買い得となっていたりするんですよね~
恐らくですが3年の車検時で愛車を売る時の下取りや買い取り価格は60万円~90万円の間と思われ、オーナーさんで辛い思いをされた方もいらっしゃると思います。新型5008の発表や発売のタイミングの兼ね合いもあったりして、買い時、売り時と言うのは難しいですね・・
プジョーでのミニバンは売れず、307SW~308SWという背の低いトヨタのウィッシュのようなスタイリッシュ7シーターというジャンルは一時人気が出ましたが今は下火、5008という数字自体はカタログ落ちしたわけではありませんが、実質のミニバンモデルの廃板カタログ落ちです。これからはプジョーは2008のヒットに続いて3008を導入するなどSUVに力を入れていくということで、ミニバンはしばらく導入されなそうと言った感じですね。

変わり種になるのは間違いありませんが、国産の7人乗りはヤダ、って方にお勧めのモデル。2017年現在では高年式でメーカー保証も残っているようなものもそこそこあります。割安なのは数字は残るけどカタログ落ちに近いから・・といういわく付きのような感じです。

新型3008は機能が良いから選んだと言える初のプジョー!試乗インプレ①

プジョー2008 ナビとか内装とかどうなの? 試乗インプレ③

フランス製のウィッシュ!?プジョー308SWのススメ

BMW2シリーズグランツアラーを選ぶ理由とは?7人乗り必要?

旧型ワーゲントゥーランのススメ 型落ちで美味しいところをいかがでしょう?

新型トゥーラン 試乗インプレ① エンジン性能、操縦安定性編

フランス製のウィッシュ!?プジョー308SWのススメ

右往左往したエクシーガ クロスオーバー7試乗インプレ短評

過去記事もよかったら参照いただければ参考に物があるかもしれませんね!

続きを読む

3列シートのSAVなんていかがでしょう?X5 E70前期型とか

BMWではSUVと言わず、SAV(スポーツアクティビティヴィークル)と言うようですが、その中で微妙なというか、短命な3リッターNAエンジンを積んだE70型 X5をピックアップしたいと思います。
7人乗りのSUVを紹介する過去の記事では旧型Q7やランドローバーディスカバリーⅢ、XC90旧型の記事があったのですが、なぜX5の7人乗りオプション設定のモデルを記事にしないのか?  一応私なりに理由はあったのですが・・せっかくなので記事にしたいと思います。

BM_X5.jpg

当時出たばかりで試乗し、マイナーチェンジやモデルチェンジの度に一応色んなグレードを試乗したしたりしているのですが、E70型 X5をお勧めしない理由が一つあって先にそれを述べると・・
3列目の乗り心地がかなり悪い、と言うのがあります。特にM-Sportsなんかを選んだ日にはびっくりするくらい揺すられます。まぁ、BMW車全般乗り心地が硬めですが、特にX5の乗り心地はハードかもしれません。実際のところコーナリング時のライントレース性やロールの少なさとかはスポーティなモデル並みと言えますが、それと引き替えにサスが硬い感じです。電子制御のハンドルはかなり切れ角少なくてもグワッと曲がったりと演出も素晴らしく、実際は小回りはそんなに効く方ではなくても、なんとなく小回り効いちゃうようにかんちがいさせてしまう絶妙なセッティング。
敢えての中古で・・となるとMスポーツ以外のモデルの方が安く、足回りもちょっとへたっているくらいが丁度良いような気がしなくもないということで、案外人によってはハマるかもしれませんね。
2017年時点で中古車的にはE70型X5の7人乗りは200万円から出回っていますが、平均的に300万円強といったゾーンが程度と価格のバランスが良いかと思います。と言っても新車当時価格800万円から~の車、10年落ちに近い感じでそんな感じです。ちなみに修理にかかるコストなどはもちろん新車当時価格の高さからパーツ代も高いですが、エンジンはBMWで共通のもの、当時の5シリーズや7シリーズと共有するパーツも多いとのことで、そこそこのメンテナンス費用で維持できると思っておいてよいでしょう。専用部品が多すぎる車種だとパーツ代が異常に高いと言うこともありますが、そこまでではないでしょう。ディーラー以外で安くメンテナンスしてくれるショップが見つかると心強いかもしれません。

乗り心地に関しては、ボルボの旧型XC90がベスト、XC90は反面コーナリングは面白みはないかもしれません。
乗り心地的にはX5とXC90の間にQ7とディスカバリーがいますが、Q7の方がBMWより、ディスカバリーはXC90よりと言えるでしょう。各モデル各世代上位グレードにはエアサスの設定があったりするなど、乗り心地に配慮した感じもあります。ワインディングを楽しめるという選択肢でしたらBMWのSAVが圧勝です(笑)

旧型X5のサイズは全長×全幅×全高 4860×1935×1775mm アメ車のような大柄な車体で2トン超えと中々の重量級ボディですが、どのグレードであっても走りは軽快です。2007年からのX5 E70には若干古い世代の3リッターのNAをラインナップしていた時期があったりしましたが個人的にはそれがお勧めです。グレードとかバッジ的にはX5 X-DRIVE30iとかって感じで、やや非力なくらいでちょうどいいような気がします。市場からの要請でもっとパワフルに、というのと、ターボを装着して走りを磨いて値段を上げるというBMWの思惑もあって2010年にマイナーチェンジで3リッターターボ X5-Xdrive35iに切り替わり、燃費性能も出力も向上するなどものすごい進化を遂げています。さらにはモデル末期の2012年には3リッターターボディーゼル:Xドライブ35d ブルーパフォーマンスも追加となって、スマッシュヒットとなり、X5のディーゼルの販売比率はかなり高くなったとかって話です。

インテリアは解り易くBMWっぽいラグジュアリーな感じです。
20X5.jpg
乗り心地に関してはフロントシートが最高です。
20152X5inte.jpg
シフトレバーは当時としては最新の感じのもので、現行型にも引き継がれています。ジョイスティック風のレバーは操作後に元の位置に戻るスイッチとしての機能だけのもの。そして連綿と受け継がれるidriveというナビの操作系インターフェース。
X5shift.jpg
3列目は緊急用、XC90と同じくらいの広さで、Q7より少し劣るかもしれません。ディスカバリー3が一番開放感あるかな。BMW初の7人乗りモデルとして当時は注目を集めたものです。
2015X5.jpg

安全装備に関しては自動ブレーキシステム系の物以外は一通り装着されています。
横滑り防止装置や、ABSや急制動時のブレーキ点滅、多数のエアバッグなどは標準。
ナビゲーションも標準装備、レザーシートも標準だったのではないかと思います。逆にファブリックやハーフレザーの方がレアな設定だったような感じで、新車当時の価格帯の高かったモデル故にゴージャスな装備などは一通り装着されており、高級感などでも不足を感じることは無いかもしれません。
中古で探すときには何台も見比べるのが大事です。
時には新車も見に行ってみるのも目を養うには良いことかもしれません。
よき車との出会いと、よきモーターライフを!!

その他記事で
あえての旧型トゥーランのススメ
あえての2世代前のステップワゴンのススメ
あえての旧型BMW X1についての記事
3列シートの旧型ボルボXC90の紹介記事
3列シートの旧型ディスカバリー3の紹介記事
3列シートのSUVなんていかがでしょう?③ プレミアムなダイナマイトボディ、アウディQ7なんてどう?

などの謎のピックアップポストも見ていただければ。

続きを読む

先取りしすぎて爆死 ゴルフプラスを中古で・・はススメないかな・・

余りにも早すぎる時代の先取りは時として悲惨な結末を招くこともあるのかも?

コンパクトクラスでありながら上位グレードを超える快適性、居住性を持たせて新たな価値を創出・・メルセデスベンツのBクラスやBMWの2シリーズアクティブツアラーのことではありませんよ。ゴルフプラスという過去のモデルのことです。売れずにすぐに導入中止に。アクティブツアラーやBクラスのモデル展開や販売台数を見て、ワーゲンはどんな思いなのでしょう?ってくらい、ゴルフプラスは自動車評論家の評価や評判は良いけど販売台数的に不人気速攻絶版車送りという不遇のモデルです。
ちなみに当時のライバルはフォードフォーカスシリーズのFOCUS C-MAXというなどのMPV的な車種がいました。フォーカスとゴルフ、欧州では良いライバルのようですが、日本に於いては欧州フォードモデルは壊滅、というか日本撤退にまでなるほど不振で不信なメーカーに。

先取りした割にダメなモデルと言えばステップワゴン。
ステップワゴンは先走りすぎ!?5代目RP型試乗レポート
思い出した!!3代目ステップワゴンの魅力
3代目はボディ、5代目はエンジンをダウンサイジングしたのに全く評価されず不人気車になっています。そしてなぜか4代目だけは人気が出ていたという謎の現象が起きたりとか。

話をゴルフプラスに戻して、7型のゴルフになっても日本復活はないようです。コアなファンはいるようではありますが、ドイツ本国というか、欧州では後継車が販売されているようで、もし、日本でイギリス仕様の右ハンドル並行輸入モデルを購入しようとすると400万円を超えるような感じで手に入ります。メカニズム的には現行のワーゲンの物なので耐久性、整備性は変わりませんが、チョイスとしてはちょっと割高かも。

ぱっと見はトゥーランのように見える海外仕様のワーゲンゴルフプラス現行。
vw_golfpuks.jpg

日本に於いては大は小を兼ねる、という理屈に負けてか3列シートを備え7人乗りで荷室も広いトゥーランはそこそこの売れ筋のモデルとなっても、ゴルフプラスでは中途半端になってしまうという。BMWはアクティブツアラーもグランツアラーも売れているようなので、当時のワーゲンの販売戦略として失敗した、という悲しい過去のようでもあります。ゴルフのブランド性は高くとも、バリエーション戦略で逸したような感じでしょう。

ゴルフプラスは2005年から2008年前半までの3年ちょっとしか売っていなかった車です。
20.jpg
ゴルフⅤと共通のボディで全長×全幅×全高=4205×1760×1605mmといったサイズ感。
エンジンやミッションはダウンサイジングターボのTSIや電光石火のシフトのDSGにアップデートされずに顔つきもボヨンとしたままフェイスリフトでテコ入れもされず・・

Bクラスは
全長×全幅×全高は4400×1785×1545mm
アクティブツアラーは
全長×全幅×全高は4350×1800×1550mm

BMWアクティブツアラーやベンツBクラスと近い印象なんですが、全高が1550㎜を超えていて機械式立体駐車場に収まらない可能性が高いというネックがあります。Bクラスもアクティブツアラーも一応そこは考慮して日本仕様はスポーツサスを装備してローダウン仕様にしたりルーフアンテナやその他調整して1550㎜に合わせてきているのでフォルクスワーゲンにしては詰めが甘い。

Bクラス VS 2シリーズアクティブツアラー どっちが良いと思う? の記事参照。

インテリアは当時のティグアンに近いテイストのもので、現代の水準では野暮ったい感じもありますが、そこまでは古臭くは感じないかもしれません。ナビさえ新し目にリプレイス出きれば後のパーツ類はメッキの加飾があったりとそこまで貧相でもない感じかと思います。
1in.jpg
リアシートとかは現在の水準でも十分広く、そこをうまくPRできなかった模様。
多分、パサートやフェートンを超える居住性、と言われてもピンとくる人は少なかったのでしょう。


逆に古い輸入車の方が2DINタイプのナビをキットでインストールしやすかったりします。

リアシートのスライドやリクライニングなど、現行でも素のゴルフにはないような装備があって実は快適性はワンクラス上であったりします。

10年落ちくらいになりますが、新車当時は300万円の車がいまや中古で50万円前後です。走行距離はあまり関係なく、程度相応に相場は低め。DSGとダウンサイジングターボなど先進性がないため走行フィーリングにはもっさりした感じもあるかもしれませんが、意外と排気音とかはドイツ車っぽい低音と抜けの良さを感じるかも。メカニズム的にはDSGのような派手に壊れて50万、みたいなことは少ないようなので(器械物なんで私で保証は出来ませんが)もしかしたら車検2取りの2年で乗りつぶす足車として良いチョイスとなるかもしれません。せめて整備記録や点検簿はしっかりチェックしましょう。たまに中古車に整備簿付き、となっていてもあるだけで整備の履歴がかなり前で止まったまま、なんてものもあったりします。記録簿はあるから嘘じゃないけどさぁ・・って思うようなないような。整備記録があったところで最後にどんな整備したのかは自分で確かめましょう!ってことですね。

旧型ワーゲントゥーランのススメ 型落ちで美味しいところをいかがでしょう?

新型トゥーラン 試乗インプレ① エンジン性能、操縦安定性編

今買うならどっち!?ざっくり比較・2シリーズグランツアラーと新型ゴルフトゥーラン

などの記事も読んで回っていただければと思います☆

続きを読む

敢えての旧型レクサスGSをクーペのように使うとかどぅ?

販売的にズッコケてしまった初代レクサスGS。2005年の登場から販売不振で話題になることもなく、2012年に2代目にバトンタッチ。10年落ち、10万キロに迫るミディアムセダンが中古だと100万円位で手に入ります。それをクーペのようにスタイリッシュに乗りこなしてみるのはいかがでしょう?といったところです。

241_01.jpg

なぜセダンなのにクーペのように使うという想定なのか?
それはスタイル優先に仕上げた旧世代GSのリアシートの狭さから。リアドアから乗り降りする時に頭をぶつけるくらいに低い開口部、美しさを得た代わりに居住性を失い、日本人でなくより大きな体躯の欧米人からは敬遠されてしまったモデルです。日本でも600万円からの車にしてはパッケージング優先のクラウンやマークXよりも居住性がよろしくないとあまりヒットには至らず・・エンジンや走りには何気に個性があって、ある意味クーペライクな車として逆に今かっこいいかなぁなんて思います。

640x480.jpg

全長×全幅×全高 4850×1820×1425mm といったサイズで全長が長く、幅はそこそこ、全高は低めといった感じでスタイリッシュ。GSの先代になる日本名アリストはややブックりした感じだったので、引き締まった感じに仕上がっていました。それでも全長は結構長めで丸みのあるボディのラインなどは鯨っぽいと揶揄されることもあったりしたとか。一応レクサスの日本販売スタート当時はラインナップの頂点のモデルであったりしました。

搭載されるエンジンは初期型からずっとラインナップにあるハイパワーな300馬力オーバーの3500㏄V6 
とセルシオからのキャリーオーバーのオニの静粛性=タコメーター見ないとエンジン掛かっているかわからないレベルのV8:4300㏄ → モデルの途中でLSと同じ4600㏄に切り替わり
3.5リッターにハイブリッドシステムを組み合わせたバッジ的にはGS450hとなるパワー重視のハイブリッドモデル、などなどわりと魅力的なラインナップとなっています。4WDモデルもチラホラ設定があったりして、いろんな地域に対応できるモデルだったりしたんですね。
GS350 は当時のラインナップの中ではパワーもあって中々のスポーティな走りをこなせるキラリと光る車であり、430はセルシオ=後のレクサスLSの圧倒的な静けさとマイルドな出力特性で滑らかな走りの極みと言えるモデル、450hハイブリッドはビッグセダンでありながら10㎞/L以上コンスタントに走る燃費性能と電子制御のアクティブスタビライザーなどを備えた新しいセダンの道を切り開くような意欲的なモデルだったりしました。

インテリアに関してはやや古臭さはありますが、高級感を演出した王道の仕立て。奇をてらった造形はありませんが、純粋に良い素材、良い建付け、そして使い勝手をオーソドックスにまとめてあります。

_640x480.jpg

シートの造りは完全に前席優先であり、ある意味メルセデスベンツのCLSクラスのような4ドアのクーペのようなイメージでとらえると良いかもしれません。ドライバーズシートの造りは幅がありつつもサポート性も備わっていて良い物感があります。

_5_L_640x480.jpg

狭いと言ってもリアの広さは常識的な4ドアセダンとしての居住性はあり、ただトヨタブランドのクラウンと比べたりすると劣る部分があって割高なイメージが付き纏ってしまっただけなのかもしれません。300万円台のクラウンと、600~800万円のGSですからねぇ・・
足回りのつくりもゼロクラウンなどと共通ではありますがチューニングがやや異なり、350はやや硬め、430or460はエアサスを備えるモデルもあったりとかなりソフトで大らかな感じで、450hとなるハイブリッドだと電子制御スタビライザーなどを備えロールが少なくフラットなヨーロピアンな乗り心地を実現するなど、走りと乗り味の美味しい車だと言えます。

中古で100万円くらいで出回っている車両で2年車検を取り、2年2万キロくらい付き合うというGSなんてのはいかがでしょう?
ちなみに走行距離が相当行っちゃっていても中古で出回っている個体があるように、かなりの酷使にも耐えうるクオリティは備えていると思います。10万キロオーバーで購入してさらに走行距離がかさんでもその後に売値が付く、そんな素敵な車です。古くなっても東南アジアや中東などに販路があったりするようで、廃車同様ゼロ円になることは少ない部類の車種と言えます(程度によるので保証は出来ませんが・・)。
興味を持ったら一度中古車を見てみたり、新しくなっている現行GSを見て比べてみたりしてみるといいかもしれませんよ!
カスタムされた車両、特に19インチ以上のアルミを履いてエアサスコントローラーを後付けされているような車両はサスが酷使されていて不具合が発生する可能性が高いので注意しましょう。避けた方が無難かもしれません。

旧型レクサスIS250 試乗インプレッション

あえての旧型ミニ しかもコンバーチブル!しかもマニュアル?(笑)

W204 Cクラスステーションワゴンのススメ!

敢えての旧型AMG C63 スーパーカーなCクラスのススメ! その①

敢えての旧型車の面白いと思うところ、その他記事も良かったらご覧くださいね。

続きを読む