125 125㏄ 155 18インチ 2008 200t 2016 2017 2018 250 250cc 250㏄ 2シリーズ 3008 3シリーズ 420i 428i 435i 4WD 4シリーズ 5008 500馬力 5ドア 5ナンバー 5人乗り 750 7シーター 7人乗り A4 ABS ACC AGUSTA Amazon AMG Audi Aクラス BBQ bike Bluetooth BMW C-HR C4 C63 C63S C650 CITROEN CRF1000L CVT CX3 CX5 CX8 cx9 Cクラス D4 DCT DUCATI Duke ETC ETC2.0 EV Eクラス F-PACE FF Fペイス Fペース GS GT hybrid i3 iPAD iPad mini KTM Led LEGACY LEXUS MINI MOTO GUZZI MT-09 MVアグスタ Mスポーツ N-BOX nbox NC NC750 NEW XC90 NX PEUGEOT PHV POLO Q7 r1200 r1200r R1200RS ROAMER s SUV SUV風 SV650 TNGA Tシャツ V40 V9 VOLVO VW X1 X3 X5 XADV XC60 XC90 Xline xmax YAMAHA お洒落 ではない アイサイト アウディ アウトドア アウトバック アクションカメラ アクティブツアラー アグスタ アジリティ アダプティブクルーズコントロール アップ!EV アドベンチャー アドベンチャーツアラー アドベンチャールック アバルト アバルト124 アバルト124スパイダー アフリカツイン アマゾン アメリカン アルファード インテリア インナー インプレ インプレッサ インプレッション イーパワー エスティマ エステート エヌボックス エフペイス オフ車 オプション オープンカー オーリス カスタム カッコいい カフェレーサー カローラ カローラスポーツ カローラツーリング カワサキ カングー カーナビ ガソリン キャンピングカー キャンピングカーショー キャンプ クォーター クラシック クラシックバイク クラシックBike クラブマン クリーンディーゼル クロスオーバー クロスカントリー クロスシティ クワトロ クーパー クーパーS クーペ クールマックス グランツアラー グランドC4スペースツアラー グレード グローブ コスパ コンバーチブル コンパクト コンパクトワゴン コーヒー ゴルフ ゴールドウィング サマータイヤ シエンタ シトロエン シミ シルク シートヒーター ジャガー ジャスティ スイフト スイフトスポーツ スクランブラ― スクーター スズキ スタイリッシュ スタッドレス ステップワゴン ステー ステーションワゴン ストリートトリプル スニーカー スバル スパシャリテ スピードトリプル スペシャリティカー スペースツアラー スポーツ スポーツスター スマホ スマホケース スマホホルダー スマート スマートEV スマートアシスト スライドドア スーパーカー セダン セレナ セーフティ ソックス ソリオ タイヤ タイヤ交換 タンク ターボ ダイハツ ダウンサイジング ダウンサイジングターボ チューニング ツアラー ツードア ツーリング ツーリングワゴン ティグアン テストドライブ テント ディーゼル デリカ トゥインゴ トゥーラン トヨタ トライアンフ トラクションコントロール トラコン トラブル トレーサー トール ドゥカティ ドライブ ドライブレコーダー ナビ ナビゲーション ネオクラシック ノスタルジック ノースフェイス ノート ハイエース ハイテク ハイブリッド ハスラー ハッチバック ハリアー ハンズフリー ハンドリング ハーレー バイク バイクカバー バス バッテリー バンディット パサート パッカブル パッソ パナソニック パニアケース ビックスクーター フィアット フォルクスワーゲン フォーフォー フランス車 フリード フルハイブリッド フレンチ ブルターレ ブルートゥース ブレーキ ブログ ブーツ ブーン プジョー プリウス プレミアム プロパイロット ヘッドアップディスプレイ ヘルメット ベンツ ホンダ ボバー ボルボ ポケッタブル ポケモンゴー ポルシェ ポロ マイチェン マイナーチェンジ マイナーチェンジ前 マイナーチェンジ後 マイルドハイブリッド マキシスクーター マツダ マニアック ミニ ミニバン メガスクーター メダリスト メッシュ メッシュジャケット メルセデス メルセデスベンツ メンテナンス モダン モデルチェンジ モンキー モンスター モーターサイクル モーダ モードプレミア ヤマハ ユニクロ ライダー ラクティス ラグジュアリー ルノー ルーミー レインウェア レガシィ レガシー レクサス レトロ レポート レヴォーグ レーンキープアシスト ローダウン ロードスター ローマー ロール ワゴン ワーゲン ヴェゼル ヴェルシス250 ヴェルファイア 一発屋 三菱 下取り 不人気 不正 中古 中古車 乗り心地 人気 低燃費 価格 値引き 値引き情報 値段 兄弟車 充電 冷感 割高 加速 助成金 即納 原付 収納 外車 大型バイク 安い 安全 安全装備 対策 後付け 快適 快適性 性能 手袋 掘り出し物 改造 故障 新型 新車 日本 日本仕様 日本市場 日焼け 日焼け止め 日産 旧世代 旧型 最終型 最高速 本田 次世代 欧州車 決算 燃費 発売 発売日 発電 納期 納車 紫外線 維持費 自動ブレーキ 自動運転 装備 見劣り 評価 評判 試乗 試乗インプレ 試乗インプレッション 試乗記 買い取り 買取 質感 贅沢 走り 足回り 車中泊 軽キャンパー 軽自動車 軽量 輸入車 通勤 遅い 違い 重い 鈴菌 防寒 防水 防災 限定車 電子制御 電気自動車 靴下 馬力 高い 高速走行 高速道路 ASC BMW Fシリーズ F800 POLO

スバル乗りはWhy?ブルー系のデコレーションが好きなのか?

2017/05/15 22:07
その答えはWRC にあった・・みたいな。最近は世界ラリー選手権から撤退して久しいですが、スバルは1990年代にインプレッサGC8型の時に黄金時代とも言えるような中で伝説を築き、そして度重なるレギュレーションの変更を機に消えざるを得なくった・・と言った歴史はあります。 WRCの規定は欧州車ありきのものになり、2010年代以降ではトヨタがラリーへの参加に復活しましたが、それも資金力あってのこと。そして、過去の不正:WRCでの意図 的なレギュレーション違反、を働いたトヨタの過..

続きを読む

史上最高の乗り心地を実現 インプレッサスポーツ試乗②

2016/11/21 23:26
乗り心地の良さはスバル車で屈指のレベルと言える、新型インプレッサスポーツインプレッション第2弾。 インプレッサスポーツ試乗①・レガシィを超えるのか?の続きです。 正直なところ、18インチのモデルでここまで乗り心地がよい車はそうそうないのではないかと思うレベルで、快適です。段差の突き上げの少なさ、ロードノイズの侵入の少なさ、速度を上げた時の安定感に、乗り心地のしっとり感。それでいてロールが少ないスポーティなコーナリングを楽しめます。ゴルフやアウディ的な乗り味と言えます。..

続きを読む

インプレッサスポーツ試乗①・レガシィを超えるのか?

2016/11/20 11:18
BP型レガシィの再来に思える、新型インプレッサスポーツ。 鷹の目と呼ばれ、史上最も美しいレガシィと言われたBP/BL型を彷彿とさせます。 デザイン的にはかなりシャープにソリッドに。 旧型レガシーもけっこうカッコいいと思いますが・・ ちょっと古さがありますかね・・ HBもセダンも値段一緒!インプレッサのインプレッション!の記事も参考になれば。 「アイサイト」(EyeSight ver.3)を全車標準装備、ボンネット上で展開される歩行者用エアバッグ..

続きを読む

実は超豪華ハイテク満載 レガシーアウトバック試乗③

2016/05/17 11:23
レガシーはスバルのフラッグシップであり、北米のスターです。シックススターゆえに。 装備品についても実は物凄く充実しているんですね。特にアイサイトを軸とした自動ブレーキとアダプティブクルーズコントロール、後方や側方の危険に関しての検知などの安全装備やヒルディセントコントロール(下り坂ゆっくり下る制御)つきの4WDなど、グレード共通で標準、LEDロービームやリアランプ、オートハイビームなどもついています。ドライビングモードのselectや、キーレスアクセス、左右独立調整フルオー..

続きを読む

実用的だけど地味なインテリア? レガシーアウトバック試乗②

2016/05/16 22:55
レガシーは北米での販売に主眼を置いた車体の成り立ちです。とは言え、北米ではかなりの販売台数を誇り、日本ではイマイチ?インテリアの好まれるテイストと言うのは万国共通する部分があるはず。ライフ・クオリティ・カーというコンセプトがあるらしい、レガシーのインテリアなどについて記事にまとめていきたいと思います。 レガシーアウトバック試乗① からの続きです。 真面目に作り込まれたとう感じのインテリア、スイッチ類がやや煩雑なような気がしますが、まぁ、だれが運転してもとり..

続きを読む

時代遅れのパワートレインと肥大化したボディ レガシーアウトバック試乗①

2016/05/16 20:32
2014年の10月にフルモデルチェンジしたスバル レガシーシリーズ。栄華を極めて空前のスポーツワゴンブームをけん引したツーリングワゴンはカタログ落ち、エンジンのバリエーションも4気筒のターボに2.5リッターNA、3リッターNAのフラットシックスなどたくさんありましたが、今はB4とアウトバックのラインナップで2.5リッターのNAのみです。ターボや水平対向6気筒がフラッグシップにふさわしいと思わなくもないですが、北米的にはこのエンジンのウケが良いということで、一本化されています。..

続きを読む

もっと見る